HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

やらないことを決める

 最近書店に出かけると、実におびただしい数のビジネス書が並んでいます。「○○術」と題するもの、「△△しなさい!」といった命令形のものなど、いずれ読み手にアクションを起こさせようとするものばかりです。かつて大学生などは教養書を読み、大人も古典を紐解くような時代がありました。けれども今は「ハウツーもの」が売れる時代。私自身、本を出そうと思って以前、企画書を出版社に持ち込んだのですが、「もっとハウツー的な内容であれば出せるのですが・・・」とやんわり断られた経験があります。

 そうしたハウツー本に共通しているのは、いかにしてやる気を持つか、どうやって目標を立てて具体的な計画に落とし込んで日々実行していくかといった内容である点です。どの書籍にも「お、これなら取り入れられそう」というヒントが満載ですので、複数のビジネス書を読めば読むほど、「自分にとって実行できそうなアイデア」がたまっていくわけです。

 ハウツー本を読んで「ふんふん、なるほどね。いつかやってみよう」と思いつつ何もやらないこと。実はこれが一番ストレスをためない秘訣なのかもしれません。けれども「真面目にやろう」「やっぱり実践せねば」と思うタイプである人ほど、そうした本に書かれていることを忠実に実行しようと思いがちです。私がまさにそういうタイプです。私は以前、勝間和代さんの本に大いに刺激されました。本の中で勝間さんが「かつては私もダメ人間でした」「私だってできたのです」といったニュアンスのことを書いていらっしゃったので、「ならばやっぱりやらないとなあ」と鼓舞されてしまったのです。

 それで結果としてどうなったかと言いますと、良かれと思って取り入れたヒントそのものに今度はいっぱいいっぱいになってしまったのですね。目の前の生活をエンジョイするよりも、常にガツガツガツガツする日々が続いてしまいました。

 私の中に崇高な目標があり、それを達成するために修行僧のような生活を一定期間送るというのならまだわかります。けれども目標自体がかすんでしまい、「ストイックなルーティン生活」そのものが目的化してしまうと、次第に心は疲れてきてしまうのです。

 ではここで何ができるでしょうか?私がとった方法、それは「やらないことを決める」ということでした。

 まずは昨年から続けていた食事記録(ダイエット目的)とジョギング回数記録(マラソン出場のため)をやめてみました。放送通訳という仕事柄、新聞を読むことも大事な業務なのですが、それもできないときは無理せず、たまった新聞はザーッとめくってから捨てるようと決めました。子どもたちの連絡帳も、かつては項目一つ一つをチェックして「あれは揃えた?明日は○○があるけれど大丈夫?」と声掛けをしてから「見ましたサイン」をしていました。けれどもこちらについても「お母さんはサインはするけれど、持ち物は自分でそろえるように」と宣言し、子どもたち自身が責任を持つように伝えました。

 やらなくてよいことを少しずつ自分に許すのも、自分自身の心身に必要なのだと今は思っています。

 (2010年5月24日)


「感じる」を大切にする

 ここ数週間、どちらかと言うとペースダウンのエッセイが続いていましたが、ようやくここに来て少しずつ上昇気流に乗りつつあります。私は日ごろ忙しくしていることが好きなので、いったん失速してしまうと焦る気持ちが非常に募ってしまい、かなり空回りしていたのです。けれども、そうしたありのままの状態を受け入れてみたことで、次のステップが見えてきたように思います。

 私は普段から目標を立ててやることリストを作成し、それを忠実に実行することに大いなる達成感を抱くタイプです。もちろん、毎日のやることリストの項目すべてが達成できるはずはないのですが、何割かでもこなすことができると「今日も良い一日だった」と満足感を抱けるのです。ややこしいことは考えず、大きい課題ならば細分化し、とにかく着手する。そんなスタンスでしたので、「まずは体を動かしてやってみる」ことがポリシーでした。

けれども人間と言うのは、いつもいつもそうして計画的に物事を進められるわけではありません。なぜ以前はスムーズに行っていたかを自分自身振り返ってみると、それはひとえに自分が元気だったからなのでした。体力もあり、気力も充実。たっぷり睡眠もとって運動もして、体の循環が心身共に良い状態だったからだと思います。

誰にとってもそうした状態が続けば本当に幸せだと思うのですが、人間ですので疲労がたまったり、ウィルス性の風邪にかかったり、自分のコントロール外の要因で状況が停滞することは大いにあり得ます。そのようなときに自分のペースでゴリ押ししようとすると、ますます疲れてしまいます。「今まで何とかこなせたのだから、これぐらいのハードルだって乗り越えられるはず!」と思って頑張れば頑張るほど、体はますます悲鳴をあげてしまうわけです。

さりとて、そうした几帳面で頑張り屋な性格の場合、今までのやり方をあっさり葬ることも難しいでしょう。それゆえに多くの葛藤を内面で抱えながら苦しみ、ますます深みにはまってしまうのです。

今回私はそうした状況を脱すべく、「とにかくありのままの今を受け入れよう」と思いました。多少家事が滞っても、自分の勉強ができなくても自分を責めるのではなく、「体力回復のために必要」とひたすら言い聞かせたのです。ポッドキャストの視聴もお休みして、木々や風などの自然音をあえて聞くようにしたり、美術展に足を運んだりもしました。その結果、「最近の自分に欠けていたことは『感じる』ということだったんだな」と思いいたったのです。

日ごろ「ことば」を生業としている分、何ごとも言語やロジックに落とし込もうと考えていました。けれども文字や文章で表現できない、いわば素のままでの感じ方があっても良いのですよね。おいしいものを食べて「おいしい」とあえて言わずにとにかく味わってみる。あるいは美しい絵画を見て「きれい」と表現せずに心で受け止めてみる。

通訳という仕事柄、ついつい私はすべてを言語的にとらえようとしてきたのですが、今回、「感情」を大切にすることが大事であると改めて思ったのでした。

 (2010年5月17日)


「待つ」ということ

 毎年4月というのはすべてが仕切り直しの時期です。新学期、新学年、新年度という具合で様々なことがヨーイドンで新しくなるからです。わが家の場合、子どもたちがまだ小学校低学年ということもあり、特に今年は下の子が入学したため、例年と比べて格段に忙しいような気がしています。

 毎日山のように持ち帰る学校からの保護者用お知らせプリントに目を通し、クラスが決まるや持ち物の記名作業、一斉に行われる学校検診用に必要な各種問診票および緊急連絡カードの記入、諸費用の用意(「お釣りのないようお願いします」とあるので、小銭の準備も必要!)などなどなど、子ども関連のことだけでも大量の作業です。

 さらに私の場合、通訳学校での指導もありますので、新学期には授業準備や授業計画立案など、自分自身の仕事も早めに軌道に乗せる必要があります。家庭と仕事、さらに子どもたちの習い事送迎など、おそらくどのご家庭も同じなのだとは思いますが、ついつい「どうしてこんなに忙しいの〜!?」と弱音を吐きたくなってしまうのも事実です。

 こういうときこそ、まずは「自分や家族の健康が良好なだけでも良し!」と思うべきなのでしょう。けれども今年はなぜか私が体調を崩し、新調したコンタクトレンズも合わず頭痛がひどく、夫は風邪が長引き、上の子は喘息気味、下の子は学校の聴力判定で要診察となるなど、毎日のように病院通いが続いています。ここ数カ月は病院と縁がなかった分、健康であることがいかにありがたいことかを痛感しています。それと同時に「どうしてよりによって今、こんなに大変なのだろう?」と後ろ向き全力疾走になってしまってもいます。

 「人事を尽くして天命を待つ」ということわざがあります。何か問題に直面したならば、自分なりに解決法を精いっぱい考えて、あとは流れに身を任せるという意味です。自分の置かれた環境下で何かがこんがらがってくると、ストレスがたまります。それでさらに心が弱くなり、体調も低下してますます悪循環に陥ってしまうのです。英語で言うところのdownward spiralというわけで、何をやっても、どうあがいてもますます悪化するように思えてしまいます。けれどもそういうときこそ、自分なりに落ち着いて対策を立ててみる、また、それがたとえ最高の結論にいたるものでないとしても、とにかくあとは開き直って展開を待つということも必要です。

 私の場合、何か歯車が狂ってしまうと、「原因探し」に躍起になってしまいます。それはそれで再発防止には有効な手立てでしょう。けれども、ややもすると原因探しの結果、「結局は自分が悪かったのだ」と自分いじめになる傾向もあります。必ずしも自分だけのせいでないことは頭ではわかっています。しかし、体のバランスが崩れてくると何か一つに原因を求め、安心したくなってしまうのかもしれません。

 即断即決が良しとされ、何ごともスピードを持って行うことが次につながるという考えが主流となっている今の世の中ですが、実は「待つ」ということこそ、人間を楽にしてくれるものなのではないか。そんな風に私は今、自分に言い聞かせています。

 (2010年5月10日)


スローダウンも必要

 わが家は4月上旬に一家でダウンしたものの、通院と薬のおかげで何とか病欠せずに乗り切ることができました。かつてイギリスに暮らしていたころは病院で診察してもらうにも予約がとれないと診てもらえませんでしたが、日本の場合、とりあえず病院まで行けば何時間待とうと必ず診察してもらえます。今回もつくづくそのありがたみを感じました。考えてみたら、病気というのは計画的に発生するわけではないのですから、日本のようにじっと待てば診てもらえるというのは本当にありがたいですよね。国民皆保険制度を含め、日本人で良かったなとつくづく思います。

 さて、今回ダウンしてみて、私自身、いくつかの「気づき」がありましたので、今日はそのお話です。

 1点目は「スローダウンすることも必要」という点です。
 かつて私は時間管理や効率的な事務処理方法など、様々な書物を通じて取り入れられるメソッドは導入してきました。仕事や家庭、自分の勉強などを限られた24時間の中でどのように割り振り、進めていけばよいかが最大の関心事だったからです。調理しながらシャドーイングをしたり、電子レンジの数分間で音読をやったり、掃除機をかけながらポッドキャストを聞くなど、「ながら学習」と隙間時間の活用を心がけて暮らしていました。
 けれどもダウンして感じたこと。それは、人間の体力にはやはり限界があるということでした。

 どんなに効率化しても、その余った時間を楽しむぐらいの心のゆとりがなければ、結局は発生した余剰時間にさらに「やること」を押し込んでしまいます。時間を生み出してのんびりと充電することが本来であれば必要だと思うのですが、私のように「忙しい生活」が染み付いてしまうと、空いた隙間時間にさらに何かをやろうとしてしまうのです。これでは体が休まるどころか、ますます疲弊してしまいます。それゆえに、意識的にスローダウンすることも必要だと改めて思いました。

 2点目は「今、目の前のことを楽しむ」ことです。
 毎日To do listが山盛りだと、一つのことをこなしながら、心の中では「次にあれをやって、その後これをやって」と段取りを考えながら体は動いています。私の場合、子どもたちを学童保育へ迎えに歩いていくときなど、「お迎えから帰ったらお湯をわかして、炒めものをして・・・。その間に子どもたちのお箸とコップを洗って、そのあとお風呂をためて・・・」とひたすら考えていました。スズメが巣に帰ろうと群れをなしている光景や美しい夕焼け雲など、目には入るものの心の奥まで響いていなかったのです。しかも歩くときは常にポッドキャストを聞いていましたので、そもそも外部の音を遮断していました。

 このたび体調を崩して勉強もポッドキャストも「もうたくさん」という心境になったのですが、それがきっかけで自然の音や景色にも意識がいくようになったと思います。そうした音や色、顔に当たる風の強さなどが、大自然の素晴らしさを教えてくれました。目の前のことを味わう大切さがわかったように思います。

 3つ目は、「ガツガツしなくたっていい」という点です。
 ここ数年、書店へ行けば自己啓発本やハウツー本などがたくさん並んでいます。どれも「目標を設定し、やることを細分化し、日々実行していく」という内容です。私自身、こうした方法は大切だと思いますし、自分でもそう心がけてきました。壮大な目標も実行可能なやり方でコツコツやれば、必ず到達できると思います。

 けれどもそうした書籍ばかりを読んでいると、「目標を持たねば」「夢を実現しなければ」という「〜せねば」的な考えになってしまいます。まるで目標がないことがいけないことであるかのようにも思えてきてしまうのです。

 自分の中にはっきりとした目標があれば、そうした方法は効果的です。けれども今現在、目標がなかったとしても強迫観念にかられることはないと思うのです。ガツガツしなくても、著名人が唱えるような夢実現法を実践できなくても、日々ニコニコと暮らしていけるのであれば、それだけでその人は周りに大きな幸せをもたらしてくれます。「自分は何も夢がない。何もできない」と思ってしまうよりも、「特に目標はないけれど、自分はゴキゲン」という人の方が、多くの和みを人々に放つことができると思います。

 私自身、体調不良はしんどいものでしたが、その一方で大きなことに気づくことができました。本当に良かったと思っています。

 (2010年4月26日)


なぜ英語をやるのか?

 先日、あるセミナーでお話する機会がありました。来場者の大半が英語学習者という構成でした。最近は通学だけでなく、独学の学習手段もたくさんあります。書店でテキストを買ったりNHKの語学講座を視聴したりすることはもちろん、ネット上で英語を学べる無料サイトや携帯コンテンツなども充実しています。かつて生の英語といえばFEN(現AFN)、英語学習誌も数誌のみといった私の学習時代から比べると、実に隔世の感があります。

 今回のセミナーで私は「時間管理」と「モチベーション」を中心にお話しました。誰にとっても一日は24時間です。その限られた時間をどのように配分して自分の学習時間を捻出するか、そのポイントをお伝えしました。たとえば隙間時間を活用する、iPodなどの携帯プレーヤーを活かす、料理はまとめて下ごしらえする、掃除機にはあらかじめ延長コードをつけていちいち部屋ごとにコンセントを差し込み直さなくても済むようにするなど、勉強から日常生活にいたるまで、様々なアイデアをお話したのでした。

 一方、モチベーション維持に役立つツールもご紹介しました。中でも私がお勧めするのはフリーペーパーです。投げ込みチラシや駅などにおいてあるミニコミ誌は、実は貴重な情報源です。たとえば東京メトロの「メトロガイド」には都内の名所旧跡案内やイベントガイドがあり、「R25」には著名人のインタビューも掲載されています。広範囲にわたる知識を仕入れることは「学び」を幸せなものにしてくれますし、プロの方々のインタビューからは、元気が出てくる言葉を活字で読むことができます。英語学習というのは、必ずしも英語そのものだけの勉強に限ったことではなく、様々な知識を吸収し、自分の一般常識力・教養力を伸ばすことも大切なのです。それがひいてはやる気アップにつながります。

 私が英語学習をする方たちに一番伝えたいこと。それは「自分の今の英語力を使って社会に還元してほしい」というものです。「え?まだそんなに英語は上手ではないし・・・」「通訳者でもないのに、通訳なんて・・・」などと思うのではなく、今、みなさん自身のレベルでできることを行うことが、結果的に社会貢献につながると私は思います。

 たとえば外国人が道に迷っているところを見かけたら、一声かけて差し上げる。市発行の印刷物にスペルミスがあったので、窓口でお知らせする。こういったことは直接的な「還元」に当たります。一方、英語を学ぶことで自分自身がハッピーになり、「よし、今日も仕事、がんばろう!」と前向きになる。そしてそのエネルギーを抱きながら、たとえば営業先で商談を行う。クライアントに「○○さんは明るいし、信頼できるから契約をお願いしよう」と展開する。これなどは間接的な還元になります。

 大事なのは、なぜ自分は英語をやるのかを今一度とらえ直し、そこから自分は何ができるかを常に意識しながら生きていくことだと私は思っています。

 (2010年4月19日)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。