HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

体調不良から見えたこと

 以前このコラムで、「毎年2月になると寝込むほどダウンする」と書いたことがありました。ところが今年は新型インフルエンザもなんのその、冬の間ずっとピンピンしていたのです。「さては毎日続けているジョギングのお陰で体力がついたな。よしよし」と自己満足に(?)浸っていた4月第1週に、体調を崩しに崩しました。

 それまで連日4時起きで早朝ジョギング、週1回の筋トレに日々の栄養管理など、自分で自分の体を十分守ってきたつもりでいました。ところが4月4日日曜の夜中あたりからのどの調子がおかしくなったのです。以前、私は声を完全に失って仕事で大迷惑をかけた経験があります。次の仕事は6日火曜日の早朝・放送通訳シフト。月曜日の様子を見つつ、対応できないようであれば月曜の早めに代替通訳者をエージェントにお願いしなければなりません。

 幸い月曜日は体力も回復。ところが火曜朝、目が覚めてみるとのどがものすごく痛いのです。はたして6時間の放送通訳が務まるか、大いに不安に思いました。けれども始発で出ていくような早朝シフト。今更「風邪をひいたのでできません」と言おうにも、エージェント自体まだ業務を開始していないような時間帯です。のどあめを持ち、コンビニでビタミン系のドリンクを買い、スタジオ入りしました。

 よほど運が良かったのでしょう。オンエア中は緊張感もあってか、のどの痛みは感じることなく無事番組シフトを終了できました。けれどもその反動ゆえか、帰りの車内ではぐったり。いつもならスタジオから2駅分歩き、車内では立って帰るのですが、さすがに今回は崩れるがごとく座席に座りこみました。食欲も出なかったため、持参したお弁当箱がカバンの中でズッシリしています。
 
 この日は子どもたちのダブル習い事の日。息子は「くもん」とプール、娘は「くもん」とピアノです。夕方からは私が在住する市関連のレセプションに招かれていたので、子どもたちのお迎えと夕食はあらかじめ近所に住む義父母に頼んであります。「今日のところはとにかく子どもたちをくもんへ送り込んだら私はレセプションをキャンセルし、食欲もないから夕食後までギリギリまで寝ていよう」と決めていました。子どもたちは義父母宅で夕食を食べさせてもらい、入浴・就寝のためにわが家に帰ってくれば良いわけです。

 そんなシミュレーションを頭の中でしながら学童へお迎えに。ところが指導員の先生に「お兄ちゃん、ものすごく咳が出ています」と言われ、本人も「頭ガンガン痛い。くもん休む」と辛そうです。しかも今日は火曜日でかかりつけの小児科医は休診。とりあえず息子を自宅へ連れ帰って寝かせ、娘をくもんへ送り届けました。私自身、のどは痛いし体はフラフラ状態です。そして帰宅し、「とにかく今日中に息子を診てもらいたいから、私のかかりつけの内科医へ行こう」と決定。息子を起こして車に乗せ、1駅先の内科医の門をたたきました。

 ところが「あいにくうちの内科はお子さんの場合、中学生以上なんです」とのこと。「実はいきつけの小児科医の先生がお休みで・・・。小3ですが診ていただくことは難しいでしょうか?」「大変申し訳ないのですが・・・」というやり取りを経て再び車に。別の内科医へ到着し、診察、処方箋・薬入手ですべてが終わったのは夕方6時を回っていました。

 翌水曜日。息子はすっかり元気になり、娘ともどもかねてから約束していた「新学期が始まる前日にお母さんと一緒に本屋さんへ行くツアー」を朝から楽しみにしています。一方の私はフラフラ。午前中寝かせてもらって何とか歩けるようになり、午後、出発しました。

 しかしやはりこうした無理がたたったのか、翌日木曜の娘の入学式は微熱状態。のども相変わらず痛くて、写真撮影の笑顔もひきつっていました。そしてとうとう金曜日、「このままでは週末の講演の仕事ができなくなる!」と焦った私は総合病院の耳鼻咽喉科へ行き、のどカメラで声帯も診ていただき、薬を処方されてようやく一息ついたのでした。

 幸い週末には大分体調も良くなりました。講演も無事終了し、とにかくホッとしています。今日からは新しい一週間。先週の体調不良で仕事のバックログが大幅にたまっていますので、あとは優先順位をつけて一つ一つこなしていくのみです。

 今回つくづく思ったこと。それは「自分の体力は過信しない」「自分の健康あってこその仕事」、この2点でした。良い仕事をするためにはとにかく無理をしないことだとしみじみ感じています。「今週の一冊」は今回はお休み。また来週までに英気を養ってきますね。


 (2010年4月12日)


「段取り先読み」と「目の前のことに集中する」、このバランス

 いよいよ新年度が始まりましたね。新学期、新学年、新たな会社や大学など、緊張感を伴いながらも新鮮な気持ちでいっぱいかと思います。この春を機に、晴れて通訳者デビューを果たした方もいらっしゃることでしょう。ぜひ体を大切にしつつ、充実した新生活を送っていってくださいね。

 さて、今回のテーマは「段取り先読み」と「目の前のことに集中する」、この二つのバランスについてです。早速具体例を見てみましょう。

 たとえば通訳業務を依頼された場合、まずやるべきことは依頼日から業務日までの期間を把握することです。当日まで1カ月あるのか、それとも3日しかないのかによって、やるべきことやそのスピードも変わってくるからです。資料の有無、拘束時間、予習にあてられる時間などもざっととらえてみましょう。

 業務日までひたすら通訳の予習ができれば理想的ですが、そのほかの仕事を抱えていたり、お子さんを育てていたりすれば自分の予習時間もおのずと限られてきます。一日当たりどれぐらい勉強時間に費やせるかを割り出してみてください。その際、突発事態に備えて少し控えめに見積もることが肝心です。なぜなら、めいっぱい勉強スケジュールを組み立てた後に体調不良や予定が崩れてしまった時のリカバリー時間が必要だからです。

 次は「やることリスト」の作成です。単語リスト作成、資料の通読、関連資料の入手・通読、会場までの道のりチェック、出発時間の確認、名刺や筆記用具、辞書などの持参品用意など、やらなければならないことをすべてリストアップしていきます。私はテキストファイルで「通訳業務の段取りリスト」を作成しており、やるべきことをすべて入力してパソコンに保存しています。業務を依頼されたらこのリストを印刷し、ひとつひとつの項目が終了するごとにチェックマークを入れていくのです。こうしておけば、ヌケや漏れを防ぐことができるので重宝しています。

 なぜ最初に段取りを整えるのでしょうか?それは、実際の通訳業務を予習する際に、予習そのものに集中するためなのです。もし、資料を読みながら「あ、会場までの道のりをしらべなきゃ」「名刺も用意しなければ」などと、本来の勉強からそれたことを思いついてしまうと、なかなか予習に集中できません。資料を読んでいたはずなのに、中断してネットで路線検索を始めたところ、つい芸能ニュースも読んでしまったといった寄り道や時間的ロスを防ぐためでもあるのです。

 やるべきことを網羅したら、あとはひたすら目の前のことに集中する。これは日常生活でも応用できます。たとえば料理をする際、最初にすべての食材や調味料を用意して下ごしらえをしてから一気に炒めたり煮込んだりすれば、その都度冷蔵庫を開けたり、調味料を引っぱり出したりといった無駄な動きをせずにすみます。こうした段取りと集中力が、結局は時間の節約につながるのです。ぜひ意識してみてくださいね。

 (2010年4月5日)


落ち込んだときにどうする?

 春は出会いと別れの季節。新しい生活にワクワクしていることもあれば、慣れ親しんだ境遇に別れを告げるさみしさや不安感に直面している方もいらっしゃるでしょう。理想を言えば、どのような状況でも気分ははつらつとして前向きな思考を抱けることです。けれども人間ですので、体調の波もあれば、ふとしたきっかけで落ち込むこともあります。常にハッピーで楽観的にいる方が、むしろ無理なことなのです。

 では落ち込んだときにどうするか?大切なのは、そうした気分の波に見舞われた際、各自が打開策の選択肢をいくつか持っていることだと思います。私自身、絶好調のときもあれば、絶不調のときもあります。そこで今回は落ち込んだ気分を払しょくするためのヒントをご紹介しましょう。

1.太陽をあびる
 私の場合、気分がすぐれなくなる前兆として「疲労」が挙げられます。睡眠不足が続いたり、栄養のバランスが崩れたりしたときです。体調のサイクルがおかしくなったな、と思い始めたら、なるべく早く寝て、翌朝早起きします。そして朝一番で太陽をあびるのです。こうこうと輝く朝日を拝むだけでも、なんだか元気が湧いてきます。

2.体を動かす
なんとなくだるいときというのは、自分でも体の中に毒素が蔓延しているような気分になります。そのようなときは早歩きやジョギング、スポーツクラブのスタジオレッスンに参加するなどして、汗を流します。体を動かすと体重も軽くなり、身も心もスッキリ。毒素も流れ出ていくようです。

3.片付けをする
 気分が滅入るときに限って、部屋の中も荒れているケースが私の場合はよく見られます。雑然とした机周りや戸棚などを見て、余計落ち込んでしまうのです。そこで少しずつでもよいので片付けをしてみると、気分もスッキリします。今年西武に入団した菊池雄星選手も、落ち込んだ時はロッカーの中を片付けることで、前向きになれると述べています。

4.ノートに書き出してみる
 何が原因で落ち込んでいるのか、自分の今の感情はどういうものかなどをノートにとにかく書き出してみます。頭の中でグジャグジャになっていた考えも、一度しっかりと手で書いてみると、冷静に状況を見つめられるようになります。

5.得意なことをやる
 たとえば私の場合、気分的にものすごく落ち込んでいた日に子どもの学校関連で電話連絡をしなければなりませんでした。けれどもいざ連絡をしたり事務処理をやったりしたところ、どんどん元気になっていったのです。私の場合、事務処理や電話連絡など好きで得意な作業だったので、まさに行動療法だったのでしょう。

6.おいしいものを食べる
 以前からチェックしていたレストランや、食べたかったスイーツなど、落ち込んだときにトライしてみます。料理が得意な人でも、あえて外食したり、自分では作らないものを食べたりすることで気分転換ができます。

7.マッサージや鍼治療などを受けてみる
 気分が落ち込んでいるときというのは体も疲れているもの。この際、マッサージなどを受けて思いっきり体のメンテナンスをしてみましょう。「一番安いコースで」などと考えず、あえて120分ぐらいのコースを受けてみることをお勧めします。

8.美容院・ネイルサロン・カラーコンサルタントなど
 ヘアスタイルを変えたり、ネイルサロンで素敵な色を塗ってもらったりするだけでも、気持ちが前向きになります。以前私は自分に似合う色を見つけるべく、カラーコンサルタントにプライベートレッスンを受けたことがあります。メイクのハウツーなども教えていただき、とても勉強になりました。

9.映画・演劇を観に行く
 上演・上映時間は長くても2〜3時間。その間、自分とはまったく異なる世界に浸ることができるのですから、これほど素晴らしい投資はないと思います。新たな人生観や世界を知ることで、自分の悩みも客観的に見られるようになるはずです。

10.カウンセリング
 それでもどうしても気持ちが上向かないときは、思い切ってプロの力を借りましょう。心理学の専門教育を受けたカウンセラーのアドバイスを受けることにより、自分ひとりで悶々としていた問題も、少しずつ解決の糸口が見えてきます。「自力で解決できるはず」と必要以上に頑張りすぎてしまうと、余計長引いてしまいます。カウンセリングを受けることは敗北ではありませんので、勇気を持って早めの治療をすることが大切です。

 以上、10点をご紹介しましたが、いかがでしたか?上記の1から5は実際に体を動かすタイプ、6から10は感情面で刺激を加えるものです。特に通訳業の場合、左脳が酷使されますので、感情をつかさどる右脳に心地よい刺激を与えてあげることもバランスを保つ上で大事になってきます。 

 

(2010年3月29日)


大切なマナーベスト10

 日本経済新聞というと、つい経済メインで硬い新聞なのではと思われがちです。私自身、読み始めたのは社会人になってからですが、当初は経済用語のほとんどを理解できず、読み進める上で非常に難しいという印象を抱いていました。それでもあきらめずに「誌面をめくるだけでも良し」と自分に言い聞かせることで、何とか毎日続けられてきたように思います。

 ここ数年の日経新聞は、若い読者にも親しみやすい誌面構成となっています。私のお気に入りは毎週土曜日に別刷りで織り込まれている「日経PLUS1」。カラー刷りで、お取り寄せに関するランキングがあったり、アンケート結果の分析レポートや家電の価格比較なども掲載されたりしています。中でも毎回欠かさず読んでいるのが、「実践マナー塾」。社会人として必要なマナーやルールが毎週取り上げられており、意外と見落としていたマナーを学ぶことができます。

 さて、私は通訳現場で20年ほど仕事をしてきましたが、その間、通訳学校講師や先輩方からいくつか大切なマナーを教えていただきました。そこで今回はマナーベスト10をご紹介しましょう。

1.イスは机の下に戻す
 意外と忘れがちなのがイスの置き方です。ちょっと席をはずすだけでも、イスが出しっぱなしでは通路が狭くなりますし、歩く人がぶつかる恐れがあります。立ったら必ずイスを戻す習慣をつけましょう。

2.紙や新聞は静かにめくる
 たとえばブース内でパートナーが通訳をしている間、紙をバッサバッサとめくってしまえばパートナーは通訳に集中できません。最近のマイクは性能が良いので、マイクが紙の音を拾わないためにも、静かにめくると良いでしょう。

3.咳やくしゃみの音
 自分の咳やくしゃみの音は意外と気づかないものです。しかし他人が耳にすると自分が思う以上に大きい音を出しているかもしれません。これからは花粉症の季節。くしゃみの音への配慮も大切です。

4.サイトラのボールペン音
 ブース内で資料をサイトラする際、ボールペンが紙に当たる音が気になるというケースもあります。筆記用具はボールペンだけでなく、鉛筆も備えておくと安心です。

5.会場内は静かに歩く
 私の場合、かなり速足なのでつい足音も大きくなってしまいがちなのですが、やはりドスドスと音を立てるよりは静かに歩いた方が無難です。

6.パソコンキーのタッチ音
 こちらも上記5同様、配慮があるとうれしいものです。私自身、知らず知らずに気合を入れてガンガン叩いているので、反省の日々です。

7.突発事態にもあわてない
 通訳現場では直前になって大量の資料を渡されたり、放送通訳現場では突然画面が真っ暗になったりと、予期せぬ事態が発生することもあります。そのようなときもあわてずにいることが肝心です。

8.初めての通訳現場には1時間前に到着
 最近はラッシュアワー時に電車が遅れることがよく起きます。そのような際、あわてないためにも現場には余裕を持って到着することが大切です。特に初めての場所であれば、1時間前に着く気持ちで移動すると良いでしょう。

9.終了報告は忘れずに
 長い一日の業務が終了すると、ホッとしてつい終了報告を忘れてしまいがちです。依頼主(エージェントなど)への終了報告は、業務終了直後に行いましょう。

10.常に感謝の気持ちを
通訳の仕事というのは、たくさんの人々が関わることで成り立っています。業務を依頼するクライアント、間に入るエージェント、会場設営を行う裏方さんなど、多くの方々の存在があって初めて、私たちはこの仕事に携われるのです。「仕事をさせていただく」という感謝の気持ち。これはとても大切なことと言えます。

 ここでご紹介したマナーは、通訳者だけでなく、どのような仕事にも当てはまると思います。私自身、改善すべき点を意識しながら、歩んでいきたいと考えています。

 (2010年3月22日)


ヤル気アップ名言の探し方

 いつも「通訳者のたまごたちへ」をご愛読いただきありがとうございます。おかげさまで当コラムも連載100回目を迎えました!「リレーブログ」から数えれば足かけ5年目となります。通訳現場で「読みました!」と言っていただいたり、教え子から「先生のコラム、いつも読んでいます!」と声をかけられたりして、気が付いたら数年たっていたという感じがします。これからもみなさんに役立つ記事を書き続けたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今回は100回記念ということで、日ごろ私がどのようにしてヤル気を抱きながら英語学習や通訳業務の準備、家事や育児などに取り組んでいるかをお話いたします。

 私の場合、時間管理術や手帳術、整理収納関連の書籍を読み続けることで、少しでも効率的な生活ができるよう試行錯誤してきました。ときにうまくいくこともあれば、もちろん、失敗したり本に書かれていたヒントと相性が合わなかったりといったこともありました。けれどもそれでもあきらめずに何とか継続できたのは、ひとえに「モチベーション・アップにつながる言葉を日々の中で探し出す」ことを繰り返してきたからだと感じています。

 元気が出る言葉、ヤル気が湧いてくるフレーズなどは、古今東西の名著や古典を紐解けばたくさんあります。「今日はちょっと気分が乗らないな」というときも、そうしたいにしえの言葉を目にすることで、新たな世界が心の中に浮かび、少しずつトンネルの出口を見つけ出せるときがあるのです。

 中でも私が注目しているのは、新聞やミニコミ誌に掲載されているインタビュー記事です。現在第一線で活躍しているスポーツ選手やアーティスト、企業経営者や専門家などがそうした記事に掲載されているのですが、一見華やかで目立つ立場にあるそういった方々も、順風満帆で来たわけではありません。誰も知らなかった苦労などを経て「今」というステージに立っているのです。そうした方たちから出る言葉には重みがあります。そして、それを読む私も励まされ、私も元気を取り戻し、家族や仕事にプラスのエネルギーを再び注入できるようになるのです。

たとえば日経新聞朝刊のスポーツ欄には、現役・引退選手のインタビューやコラムがあります。夕刊には「キャリアの軌跡」と題して、各界で活躍する女性たちのインタビューが掲載されています。「R25」や「L25」などのフリーペーパーにも特別インタビューがあり、芸能人やモデル・実業家などが取り上げられています。そうした方々の言葉をじっくり読んでみると、「どの世界においても真実は一つ。努力と継続あるのみ」と私は思うのです。これは通訳業界でも英語業界でも同じです。

俳優の中村雅俊氏は次のように述べています。

「役者には定年がない。(中略)役者には区切りがないから、仕事に対するスタンスを意識して変えていくしかない。だから、自分ではいつも意識して、新しい仕事にチャレンジしてきた。」
(日経新聞夕刊「こころの玉手箱」2010年2月26日)

私は「役者」の部分を「人生」に置き換えて解釈しています。人生には区切りがありません。だからこそ、生き方そのものを常に意識し、新しいものを取り入れて、よりよき人間となれるよう、これからも歩み続けたいと思っています。

 (2010年3月15日)



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。