HOME > 通訳 > 通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

第27話 近未来の同時通訳システム

みなさん、こんにちは。
お久しぶりです。

今回は次世代の同通機材の運用方法について、お伝えしたいと思います。
皆さんもご承知の通り、同通機材の現場では毎回通訳レシーバーの紛失に悩まされています。
持ち帰らないように司会からのアナウンスや会場スクリーンでの案内など、
受付にて管理する方法など、様々な防止策を行ってきました。
また、近年、赤外線のワイヤレスマイクの普及で、赤外線同時通訳システムが
マイクとの干渉で使用できず、パナガイドのFM方式も同様、ここ20年来、新方式の登場はありませんでした。

しかしテンナインコミュニケーションでは、

株式会社ソニックインスツルメンツ 
sonic-instruments.com

株式会社メディアプラス 
http://www.mediaplus.co.jp/

2社のご協力により、会場内にWifiスポットを設け、通訳音声を限られたエリアに配信するシステムの、実用化に向けた試験を開始します。
このシステムは米国 Williams Sound社が開発した、Wi-Fiライブ音声配信システムです。
公共施設での多チャンネルの音声配信サービスを向けに開発されました。

kizai-1.png

● App store、Android Marketから無料でダウンロード可能
● 最大56chまで同時配信可能(多言語対応レシーバーとして活用)
● MP3以上の高品質オーディオ音声で通訳音声が聞ける
● 低遅延(およそ60ミリ秒)

使い方は以下の通り、簡単です。

kizai-2.png

試験段階ですので導入は未定ですが、このシステムの導入で受信機の管理業務が軽減されます。
赤外線・FMに次ぐ方式として、活用が期待できます。
テンナインでは今後、実用化に向けての問題を解決するように努力いたします。

では次回!



第26話 現場で役立つ、同時通訳機材講座 

みなさん、こんにちは
今回は東京モーターショーで活躍した、弊社機材の話題をお届けします。

吉岡さん1.jpg

上記は会場の東京ビッグサイトに映し出された、マッピング映像です。
テンナインは前回のモーターショーより
自動車ジャーナリストによる、モーターショーガイドツアーに機材を貸与しております。

モーターショー会場では
各社の展示ブースにおいて、音声や映像を使用した演出を行っております。
このガイドツアーでは、ジャーナリストの音声を確実に聞くため、
パナガイドを装着しております。
1回あたり、約一時間半のツアーで、5組のチームになり、会場を回ります。
送信機の1ch~5ch使用します。

吉岡さん2.jpg

吉岡さん3.jpg

また、この写真のように、一般公開では入れない、ステージに上がり
至近距離で展示車両を見ることができます。
また、この運用では、通訳のみなさんにも共通する、重要なポイントがあります。
それはマイクの使用方法です。
下記の技術者のマイクの持ち方に注視してください。
以前もこのサイトでお話しをしましたが
口元からマイクまでの距離がベストということです。
マイクまで約10㎝、これが最良です。

パナガイドのマイクは非常に精密で、強い息の吹かれに弱く、
10㎝という距離は吹かれが、軽減される距離ということです。

吉岡さん4.jpg

この秋のシーズンもさまざまな現場を担当させていただきましたが
口元にあるはずのマイクが、資料確認することに集中され
耳脇にマイクの先端部がある、方もいらっしゃいました。
どんなにいい通訳もマイクにきちんと集音されないと、参加者に伝わりません。
ではまた次回!



第25話 テンナインが田中電気様で紹介されました

みなさん、こんにちは
テンナインコミュニケーションが自社で同時通訳機材運用をはじめて
2年4か月が経ちました。

遮音性の高いブース
空のあるブース
空気清浄機による、クリーンなブース
LEDライトの多用で、手元の明るいブース
音質と装着感の高いB&Oヘッドフォンを採用した機材
など様々なアイディアを盛り込んでまいりました。

それらの取り組みが
評価され
秋葉原の老舗で65年以上に渡り、無線機器を販売されている
田中電気株式会社様の情報発信レター「ファクトリーニュース」10月号に掲載をいただきました。
http://www.akihabara-factoryhttp://www.akihabara-factory.com/yakudati/factorynews/13985/.com/yakudati/factorynews/13985/
以下がその掲載資料です。
弊社のミッションである
「記憶に残る通訳・心に届く翻訳」もPRいただき、田中電気様のご配慮に感謝申し上げます。

kizai-1.png

秋の繁忙期中ですが、体調を崩されないよう、どうぞご自愛ください。
ではまた次回!

kizai-2.png


第24話 テンナイン機材 in Myanmar

みなさん、こんにちは
今回はミャンマー ヤンゴンから報告いたします。
近年、民主化が加速する、ヤンゴン
国際会議のニーズが高まってまいりました。

さまざまなアドバイスをうけ、テンナインの機材がヤンゴンに到着しました。
そのテストの様子です。

150924-1 yoshioka-san.png

ヤンゴン郊外の会議施設です。
500名は入れる会議室です。
日本の会議室と比較しても設備に関しては見劣りしませんでした。

150924-2 yoshioka-san.png

ヤンゴン中心部にある、さくらタワー
ここに多くの日系企業が集結しています。

150924-3 yoshioka-san.png

こちらはヤンゴンでネット環境が一番いいですよ!

150924-4 yoshioka-san.png

最後に日本から譲渡された、元三陸鉄道の36形ディーゼルカーです。
ミャンマーの鉄道は日本のJR在来線と同じ線路の幅のため
乗降用のステップの取り付けなど、小規模の改造でミャンマーの線路を走行することが可能です。

150924-5 yoshioka-san.png

日本の車両を見ると落ち着きます。
ではまた次回!


第23話 同通機材マイスターの育成

みなさん、こんにちは
テンナインでは夏季の閑散期の間
機材研修を行っています。
もちろん社長も参加です。
研修の様子です。

23-1.jpg

テンナインでは
コーディネーターが通訳・機材を熟知し、
お客様のご要望にお応えするように日々
勉強しています。
部署の垣根を越え、翻訳部・英語教育事業部からもお客様の満足度を高めるため
参加しました。
8月は3回行いました。
今回の研修では
・ワイヤレスマイクのしくみやチャンネル設定
・電波が混信した場合の対策など
・同時通訳エンジニアが現場でなにをしているか
・またエンジニアと
通訳コーディネーターが現場でどのように連携することがいいかなど

さまざまな角度から研修をしています。

以前は北京事務所の社員も参加し、新型機材の性能を確認いたしました。

23-2.jpg

この秋も
通訳のみなさんとともに
お客様の「ありがとう 会議がうまくいったよ!」のために
がんばります。
よろしくお願いいたします。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 次 》


↑Page Top

プロフィール

吉岡余真人

吉岡 余真人さん
東京オリンピック開催直前 1964年8月に東京葛飾金町にて産声を上げました。専門学校卒業後、稼業の理髪店を経営するが、オリンピックで開催される国際会議にあこがれ、1989年同時通訳機材会社に就職し、東京サミット、APEC大阪、ADB福岡会議の機材運営に携わる。長野オリンピックでは組織委員会にも在籍し、ローザンヌのIOC本部にも出張し、すべての会場の同時通訳機材運用を統括。第107回IOC総会、理事会、メインプレスセンター、選手村、IBC国際放送センタースポーツ調停裁判所、医事委員会などの同時通訳機材運用を統括する。
その後大手通訳会社にて通訳コーディネーターとして勤務し、社内ベンチャーで機材会社を設立。退職後2005年からは舞台を中国に移し、国際会議ディレクターにて活躍。2008年北京オリンピックでは東京五輪の招致記者会見の通訳・機材の運用に携わり中国および東南アジアでの国際会議を運営する。上海・バンコクの通訳会社にも所属し、東南アジアを駆け巡る日々を送る。
2013年に帰国後は25年の経験を生かし、テンナインコミュニケーション会議部にて海外との懸け橋になる。