HOME > 通訳 > 通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

第22話 現場レポート(京都編)

みなさん、こんにちは
今回は京都より現場レポートをお送りします。

テンナインではお客様のご要望にお応えするため
簡易ブースを国内外に持参し、現場運用をいたします。
今回は設営時間が1時間以内で、コストも抑えることが目的です。

まずは東京から機材を宅配便にて送付します 全部で10個口
宅配便での送付が可能ですので、コストも安価です。

22-1.jpg
いざ京都へ

22-2.jpg
私の出張の楽しみは
駅での撮影です。
京都ではせんとくんがお出迎え!  
近鉄京都駅にて

22-3.jpg
到着した機材はご覧のとおり
10個口です。
これで簡易ブース、同通システム、80名分の通訳レシーバーがあります。

22-4.jpg

しかし、トラブル発生!
運送上のトラブルでケースの蓋が紛失しました。

22-5.jpg
この蓋が紛失された状態で届けられました。
この蓋の中には光ケーブルが入っていて、制御器と音声分配器を接続する予定でした。
その結果、この同時通訳システムは使用不可能に!

まずは、お客様に状況を報告し、
通訳音声のみしか、レシーバーから聞こえませんが
よろしいでしょうかと確認を取り、ご承認をいただきました。
(通常、同時通訳システムを使用する場合、会場のスピーカの音声もレシーバーから流しますが、今回は不可能であったため、お客様に念のため確認しました)

そこで以下の通り対策をしました。
予備で持参した、
ヘッドフォンアンプとパナガイドの送信機に切替えて運用しました。
また、パナガイドの送信機はチャンネル表示が小さく
1ch⇒2chの際も時折、3chに間違える場合があります。
そこで、通訳者に、チャンネル切替を間違えていた際は
私がすみやかにフォローをすることで
承諾をいただき、無事会議が終了しました。

テンナインではこのような場合に備え
バックアップ機材を用意して対応しております。
ご安心ください。

22-6.jpg
運用も終わり、ほっとしております。
富士山は見えませんでしたが 富士川を時速285Kmで渡り帰京しました。

22-7.jpg

円滑に行くのが当たり前の現場運用
秋の繁忙期もがんばりましょう!
ではまた!


第21話 HR EXPO出展のご報告

みなさん、こんにちは
第21話では
テンナイン・コミュニケーション創立15周年記念にて出展しました
HR EXPOの報告をさせていただきます。

7月7日の設営前日にはこのように仕上がりました。
通訳ブースが目立ちますね
テーブルクロスもオレンジ基調にしました。

21-1.jpg

社内に英会話学校を作ってしまう 
109 English Program109の紹介です。
朝倉さんの司会で始まりました。

21-2.jpg

弊社の担当の松本コーディネーター、シルビア両名による
デモレッスンも効果的でした。

21-3.jpg

ご覧のとおり盛況でした。

21-4.jpg

英語教育については来場者のみなさまから高い関心を寄せていただきました。
社内英会話を、人材募集の際の福利厚生として取り入れる企業も
今後出てくることでしょう!

次回の出展も決定しました。
2016年7月13日~15日 ご来場をお待ちしております。

最後に集合写真

21-5.jpg

吉岡はカメラマンですので
写っていません!

ではまた次回!


第20話 HR EXPO出展のご案内

みなさん、こんにちは
このコラムもついに20話になりました。
ありがとうございました。

お蔭さまで
テンナイン・コミュニケーションは
7月で創立15周年を迎えます、
改めて、皆様に御礼を申し上げます。

そして、7月8日から10日に開催される
HR EXPO 人事労務・教育・採用・支援展に出展いたします。
展示会概要は以下
http://www.hr-expo.jp/
出展内容は以下です。
https://www.r-expo.jp/july2015/exhiSearch/OFFICE/jp/search_detail.php?id=102846

会場は東京ビッグサイト 西3・4ホール 小間番号18-51です。
ご来場をお待ちしております。

今回は展示内容についてご紹介いたします。

1. 同時通訳ブースの展示
一般の方には、普段お目にかかれない通訳ブースを展示し、
通訳ブース環境を体験いただきます。
内部の様子は普段の現場と同じ、通訳ユニットを設置します。
発言者のマイクの音をどんな感じで聞き、どうやって通訳音声を発信するかを
来場者に実感していただきます。

2. 同時通訳者によるパフォーマンス
上記の通訳ブースを使用し
TEDを題材に若手通訳者による、同時通訳パフォーマンスをご披露します。

若手通訳者の活躍ぶりを会場でご覧ください。

通訳機材の紹介パネル
20-1.jpg

3. 通訳・翻訳事業の紹介
以下のパネルを掲示し、テンナインの通訳・翻訳業務を紹介します。
情熱あるコーディネーターがサポートすることが
テンナインの特長です。

通訳業務の紹介パネル
20-2.jpg

翻訳業務紹介パネル
20-3.jpg

4. 英語教育プログラムについて
上司が急に外国人になり、
会議やメールなど、日常的に英語が必要になって困った・・・?
そんな会社に、英語学校を作ってしまうプログラムを
テンナインで一番情熱のある、松本コーディネーターが紹介します。

20-4.jpg

以上の内容をPRして参ります。
ご来場をお待ちしております。

次号ではHR EXPOの様子をお伝えします。


第19話 通訳ブースのその後

みなさん、こんにちは
前号でご披露しました、空のある、通訳ブースのその後をお伝えします。

1.癒しの空間の追及のその後

通訳のみなさんのヒントより、制作を開始した
空のある、通訳ブースですが

4月1日より、現場での運用を開始しました。

19-1.jpg
いかがでしょうか
本番開始までは、白色LEDを点灯させ
ブースを明るくすることで、資料準備環境を向上させています。
青く見えるのは白色LEDが空に反射し、青く見えるためです。

19-2.jpg
LEDの他、手元ランプも高輝度タイプに変更し、ブース内の視認性も向上させました。

19-3.jpg
ハンガーにもこだわりました。
重たいジャケットも型崩れしにくい
ドイツ製の木製の女性用ハンガーです。
すべて、工藤社長のアイディアです。

19-4.jpg

空の絵は天井と全面と側面パネルのみに描かれており
ブースの外からは空が見えにくいようになっております。

実際にブースでご担当されて通訳さんからは
心地いいとのコメントをいただきました。

ご意見・ご感想をお待ちしております。
下記、吉岡までコメントをお寄せください。
yoshioka@ten-nine.co,jp

ではまた!


第18話 機材に対する取り組み

みなさん、こんにちは
今回は弊社の機材に対する取り組みをご紹介します。

1.癒しの空間の追及

一日の大半を過ごす通訳ブース!
緊張感のなか、集中力を絶やすことなく、業務を遂行しなければなりません。

テンナインでは、
この空間を、癒しの空間と題し
さまざまな取り組みをしています。

・清潔なブース
・携帯やPC用の電源
・空気清浄機など
・ハンガーやカップホルダーの配置など

そこで
ある通訳さんから、ブースで空が見ることができたら
いいなとのヒントをいただきました。

それが、現在デザイン中の
空のあるブースです。

弊社契約デザイナーの本田さんです。

18-1.jpg

まもなく癒しのブースが誕生します。

18-2.jpg

4月1日より、現場に登場します。
ご意見をお待ちしてます。

ではまた!



《 前 1 2 3 4 5 6 7 次 》


↑Page Top

プロフィール

吉岡余真人

吉岡 余真人さん
東京オリンピック開催直前 1964年8月に東京葛飾金町にて産声を上げました。専門学校卒業後、稼業の理髪店を経営するが、オリンピックで開催される国際会議にあこがれ、1989年同時通訳機材会社に就職し、東京サミット、APEC大阪、ADB福岡会議の機材運営に携わる。長野オリンピックでは組織委員会にも在籍し、ローザンヌのIOC本部にも出張し、すべての会場の同時通訳機材運用を統括。第107回IOC総会、理事会、メインプレスセンター、選手村、IBC国際放送センタースポーツ調停裁判所、医事委員会などの同時通訳機材運用を統括する。
その後大手通訳会社にて通訳コーディネーターとして勤務し、社内ベンチャーで機材会社を設立。退職後2005年からは舞台を中国に移し、国際会議ディレクターにて活躍。2008年北京オリンピックでは東京五輪の招致記者会見の通訳・機材の運用に携わり中国および東南アジアでの国際会議を運営する。上海・バンコクの通訳会社にも所属し、東南アジアを駆け巡る日々を送る。
2013年に帰国後は25年の経験を生かし、テンナインコミュニケーション会議部にて海外との懸け橋になる。