HOME > 通訳 > 通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座

第7回 アジアの同通現場の今

皆様
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年も皆様のお役に立てるブログを書いてゆきたいと思います。

今回は新春企画「アジアの同通現場の今」と題して、お送りします。
私の紹介にもあるように、昨年5月まで東南アジアの現場運用をしてまいりました。
その時に運用をしました、現場を紹介いたします。

現場その1:台北にて、3名使用のフルサイズブースです。
     ISO4043の移動式ブースの規格に準拠したブースです。
     詳細はこちら
特長は、3名がゆったり作業ができる幅(1名あたり約80cm)が確保され、
天井も2m、遮音特性(外部と20dB音圧比)も、現在ある移動式ブースでは最高レベルのものとなります。

このブースは2m以上のケースに入れ運搬し、大きいエレベーターを設備した会場でないと設営ができないため、残念ながら導入している会社はほとんどありません。

下記は非常に珍しい3名用のブースです。
7-1-1.jpg

下記が上記の2名用ブースです。(場所:シンガポール)
7-2.jpg

下記は中国でのモーターショー現場です。
ステージ後方に設置し、会場の様子はモニターで確認できます。
7-3.jpg

いずれのブースもスペースを最大限活用しております。
日本との違いは2名用として設置されるブースが多いということです。
ブースに備え付けのテーブルも多く、非常に狭い環境ですね。

狭い環境での通訳業務は世界共通ですね!

以上のことから、私の所属するテンナインコミュニケーションでは
同時通訳ユニットや、高輝度な手元あかりなど、可能な限り小型化とブース環境を改善するように努力しております。
ブース内部の写真は後日、ご報告させていただきます。


第6回 簡易ブースのご紹介

読者の皆様、いつもご覧いただきありがとうございます。
最近、現場でお会いする通訳者の皆様より、ブログを拝見しているわよとお声をかけていただき恐縮いたします。

繁忙期が終わり、ゆっくり静養というわけではありませんが
年末年始はごゆっくりお過ごしください。

今回は昔のお話をさせていただきます。
下記の写真は2004年1月15日(金)の読売新聞朝刊の1面です。
小泉総理の右わきに私が写っております。

6-1.jpg

これは内閣府主催の官邸経済コンファレンスの開会の様子です。
当時所属していた、某通訳会社の機材部門の責任者であった私は
エンジニアが嫌がる、首脳のマイクサポートをいたしました。

ただのマイク係とは違い、首相の音声を確実にマイクに届け
万が一の際は予備のマイクを用意する
首相の脇という、究極の緊張の中でマイク運用を確実に行う大切な業務です。

会議は無事に進行しました。
そしてこの極度の緊張を味わうとこの仕事の虜になるわけです。

そのような経験から、テンナインでは下記機材環境を皆様にご提供しております。

6-2.jpg

テンナインオリジナル簡易ブースです。
ブース内に携帯やPCの電源を2口用意しました。
簡易ブースは狭い環境で使いますので、頭をぶつけないようにブースの天井を70cmにしました。
ヘッドフォンもBang & Olufsenを採用し、音質、耳への装着感が向上しております。
色もテンナインのコーポレートカラーのオレンジを採用しております。(別の色も用意)

その他には、ch表示板をLEDで見やすくしました。
会議開始後はLEDを消し、運営環境に配慮いたしました。

6-3.jpg

これからもさまざまなアイディアを提案してまいります。

本年もありがとうございました。
来年も皆様にとって良い年になりますようお祈りいたします。
どうぞよいお年を!

吉岡 余真人


第5回 機材の運用例(東京モーターショー)

みなさんこんにちは。
繁忙期も、もうすぐ終わりますね!
読者のみなさんから、ブログを見てますと言われ、うれしく思います。
第5話では、11月に開催された東京モーターショーについて、ご紹介します。

日常、通訳者のみなさんがお使いになっているパナガイドは、
工場見学の使用目的として開発されました。

その一例をご紹介します。
この写真は先日開催の東京モーターショーの様子です。

「自動車ジャーナリストを廻るモーターショーツアー」です。
11月25日~29日の5日間、毎日3回、5グループに分け
自動車ジャーナリストが一般来場者に対して、自らの視点で解説するという、とても面白いイベントです。

5-1.jpg

ジャーナリストは送信機を使用して、参加者に解説の内容を聞かせます。

自動車評論家ですので、各メーカーの担当者から、自動車に対する想いや開発ストーリーなどを普段では聞くことができないコメントを聞くことができます。
また一般公開で登壇できないステージ上(写真)での観覧もできます。

機材の運用内容は、
送信機5台(5グループ)に、参加者用レシーバーをそれぞれ10台(合計50台)
貸し出しをしました。

ジャーナリストにはあらかじめ、
場内が各ブースの演出で非常に騒音が大きいため
マイクを口元に近い位置で使用するようにお伝えしました。
これも普段の運用のノウハウが生かされています。
5-2.JPG

モーターショーではワイヤレスマイクの使用について厳しく管理されており、
パナガイドは無免許での運用が可能ですが
混信を防ぐため事務局の自動車工業会様の許可を得ております。

私は、1991年第29回東京モーターショーより同時通訳機材を担当させていただいております。
電波の使用状況には細心の注意を払っており、パナガイドは簡単な機材ですが、事前準備はかなり神経を使います。
ちなみに、今回のモーターショーで14回目になります。

その他、北京・上海・広州モーターショーの同時通訳を10回以上担当しましたので
後日、お話ししたいと思います。


その他のトピックスとして

簡易ブースを広めに活用しました。

5-3.jpg

資料が多く、通常のテーブルでは通訳業務がしづらいとの指摘を受け
奥行45㎝テーブルを2本使用し、奥行90cmのテーブルとして運用しました。

ただし、簡易ブースということもあり、通訳音声の音漏れがあります。
狭い会場ではおすすめしません。

その他、機材のことでご不明な点などありましたら、私までご遠慮なく連絡ください。
メールアドレス:yoshioka@ten-nine.co.jp
よろしくお願いいたします。

では次回!


第4回 ステレオとモノラルについて

みなさんこんにちは。
このブログを読んでいただきありがとうございます。

今回は、ステレオとモノラルについてお話をしたいと思います。

みなさんが普段お使いになっているPCやステレオ機器は、左右にスピーカーがあると思います。
イヤホンも左右あると思います。

この2つから違う音が出ていたらステレオ、おなじ音が出ていたらモノラルです。

スピーカから出る音は両方からおなじ音が出ている気がしますが、
録音の仕方によって実は違ったりしています。

たとえば、左方向から右方向に走って行く蒸気機関車の音をステレオで録音すると、
左のスピーカーから右のスピーカーに音が走ってゆくように聞こえると思います。

あるバンドが演奏していて、
ギターが右に、ベースが左にいて、ボーカルが中央にいるときに
実際に演奏している現場にいくと、
ギターの音が右から、ベースの音が左から、ボーカルの声は中央から聞こえますよね。

そうなるように、ギターの音が右のスピーカーから大きく聞こえて
ベースの音が左のスピーカーから大きく聞こえて
ボーカルの声が両方から同じくらいの大きさで聞こえるように録音してやったのがステレオです。

最近流行の5.1chサラウンドは
ステレオの左右の概念に音の前後の概念を取り入れたものです。
中央、前右、前左、後右、後左、臨場感のための低音専用のスピーカー(ウーハーといいます)
の5本のスピーカーと1本のウーハーでステレオ以上の臨場感を演出しています。

国際会議のブースには、通訳者操作器というマイクの音声を聞く機材がありますが
これらにはヘッドホンをつなぐジャックが機器の側面にあります。

以前は現場で通訳さんより、
この機械は
ステレオですか?
モノラルですか?
と聞かれましたが、結論はどちらでも使用可能です。
会場にあるマイクは、前述のステレオでの収音がされていません。
演劇ではありませんので。

動いている音声は必要ないため、モノラルで収音されています。

下記が形状の写真です。
上はステレオプラグ(3つに分かれているもの)
下はモノラルプラグ(2つに分かれているもの)

プラグ.jpg

ただし大きさが異なる場合があります。

フォーンプラグ.jpg

フォーンプラグの例。左より
2.5mm 2極(マイクロ)
3.5mm 2極(ミニ)
3.5mm 3極(ミニ)
6.3mm 3極(標準)

通常は3.5か6.3の2種類に大別されますので
このような標準(6.3⇒3.5mm)変換プラグがあれば、大丈夫です。

変換プラグ.jpg






このプラグはamazonなどで¥400前後で販売されています。

ご参考にしてください。

ではまた次回!


第3回 通訳者操作器とパナガイド送信機について

みなさんこんにちは。
秋の繁忙期で、お疲れのことと存じます。
あと2か月でクリスマスなので頑張ってください。

第3話では、みなさんがお使いになる通訳者操作器とパナガイド送信機について復習したいと思います。

第1話でもご説明しましたとおり、下記の写真の通り、同じチャンネルで電源を入れた場合、受信機にノイズとして聞こえてしまいます、もう1台の電源が切れていることを確認してください。

プレゼンテーション1.jpg

またマイクとの距離も、

プレゼンテーション2.jpg

写真の距離での使用が望ましいですが、30cm以上距離を開けてしまうと、他の空調や音声を拾ってしまいます。
これでは折角の通訳音声も聞こえなくなってしまいます。


次にDISという通訳ユニットをご紹介します。
Danish Interpretation SystemsのことでDenmarkで製造されている機材です。
2005年ごろより、販売されていますが、2013年に世界最大のマイクロフォンメーカー
SHURE社が買収し、日本ではヒビノ株式会社が本年10月より販売を開始しました。

先日弊社でデモンストレーションがあり、拝見しました。
印象を述べますと、通訳ユニットが小ぶりに出来ており、机上の有効活用とマイクのON・OFFスイッチが大きく操作がし易いことが挙げられます。
また、マイクスイッチは通訳ユニットを2台以上、ブースで使用した場合、後押し優先機能があることです。
弊社ではまだ現場での使用経験がありませんので、後日報告いたします。

DIS通訳ユニット  通訳1名に1台使用
③(DIS).jpg

テンナインで使用中のBOSCH通訳ユニット
④.jpg

両社の共通点ですが、通訳言語の送出チャンネルに下記のようなEngaged(隣のユニットで同一チャンネルを使用中)
この場合、BOSCHは隣のユニットのマイクをOFFにしてください。
パナガイドも同様です。
DISは後押し優先です。
⑤.jpg

先日、弊社会議室で行われたデモの様子です。
テンナインではBOSCH製の通訳機材も保有しており、機能の比較を行いました。
⑥.jpg

弊社コーディネーターは日々、探究しております。
では次回。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 次 》


↑Page Top

プロフィール

吉岡余真人

吉岡 余真人さん
東京オリンピック開催直前 1964年8月に東京葛飾金町にて産声を上げました。専門学校卒業後、稼業の理髪店を経営するが、オリンピックで開催される国際会議にあこがれ、1989年同時通訳機材会社に就職し、東京サミット、APEC大阪、ADB福岡会議の機材運営に携わる。長野オリンピックでは組織委員会にも在籍し、ローザンヌのIOC本部にも出張し、すべての会場の同時通訳機材運用を統括。第107回IOC総会、理事会、メインプレスセンター、選手村、IBC国際放送センタースポーツ調停裁判所、医事委員会などの同時通訳機材運用を統括する。
その後大手通訳会社にて通訳コーディネーターとして勤務し、社内ベンチャーで機材会社を設立。退職後2005年からは舞台を中国に移し、国際会議ディレクターにて活躍。2008年北京オリンピックでは東京五輪の招致記者会見の通訳・機材の運用に携わり中国および東南アジアでの国際会議を運営する。上海・バンコクの通訳会社にも所属し、東南アジアを駆け巡る日々を送る。
2013年に帰国後は25年の経験を生かし、テンナインコミュニケーション会議部にて海外との懸け橋になる。