HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

皆さん、ありがとうございました!

皆さん、お久しぶりです。実は今回の112回目のコラムをもって、この“やり直し英語道場”を終了することとなりました。今年に入り、定期的にコラムを書く時間を確保できなくなったため、コラムは一旦終了させていただき、また落ち着き時間的余裕ができれば、是非復活して違うコラムでまた情報を発信できたらと思っています。

さて、最後のコラムですが、これまで英語を学ぶということを軸に書いてきましたので、最後は“本当の英語力を付けるためには”について書いてみたいと思います。この答えのヒントは通訳現場にありました。最近の通訳現場を見てみると、昔と比べて英語のできる日本人の数が大幅に増えた気がします。必ずしも流暢にきれいな英語を話せる人ばかりではなく、日本人発音でちょっと文法も怪しいところはあるものの、コミュニケーションを上手に取っている人が増えました。

こういう人たちの多くは、海外経験はなく英語でコミュニケーションをしなければいけない状況に追い込まれ、必死で覚えたというタイプの人が多いようです。私も英語が一番伸びたのは、追い込まれて勉強した留学時と通訳の仕事を始めてからで、学校で勉強していた頃よりも何倍ものスピードで英語が上達しました。追いつめられて覚えた言葉と将来のためにとりあえず覚えた言葉のパワーの違いだと思います。

通訳や翻訳といった言葉のプロを目指すのではなく、英語をコミュニケーションツールとして使いこなしたいというのであれば、最低限の基礎(中学・高校くらいまでの英文法と語彙)がある程度身に付いたら、一旦覚える勉強をやめて、英語を使って何かをやってみるというマインドにシフトすべきだと思います。多くの人が勉強のためだけに、単語を覚えたり、難しい英語の雑誌を読んだり、CDを一生懸命に聞いたりしますが、すぐに伸びが感じられなくなったり、これでいいのだろうかと疑問を感じたりするようになります。そうなると、だんだんモチベーションも下がり、勉強時間も減り、停滞期に突入です。

実際には、かなりの方が“最低限の基礎”はできていると思います。先ほどの現場で覚えた人たちはまさにこのタイプで、最低限のルールや必要な語彙を覚えて、後は伝えるためにどうすればいいかに知恵を注いだ結果、しっかりとしたコミュニケーションが取れるようになったのです。まだ当然たどたどしさはありますが、最初から完璧にできる人なんていませんので、こういう形で言葉を覚えて行く方が自然だと思います。それに対して、TOEICの得点が高くてもきちんとコミュニケーションができない人を見ると“勉強を続けて知識を増やせば、いつの日か英語が自由に使いこなせるようになる”という考え方の危険性を感じます。

以前も書きましたが、英語は学問ではなく、歩くとか、話すとかと同じように体を使って行うスキルなので、“実際にやってみる”という経験が必ず必要になってきます。自分の今の力で、どこまでできるのかを知ることで、逆に今は何ができないのかが明確になり、次にどういう勉強をしないといけないのかがクリアになります。ただ“実際にやってみる”ばかりでもある程度のところで頭打ちになりますので、やってみる→覚える学習→やってみるという繰り返しが必要です。

伸び悩んでいる人の多くは“やってみる”という部分を飛ばして、“覚える学習”を長く続け過ぎてしまうあまり、実際に使ったことのない知識がどんどん増えていき、折角蓄えた知識をどう使かっていいのかわからず混乱している状態なのです。

“やってみる”というのは、実際の仕事の環境がなければできないというわけではありません。何かの英語ボランティアでもいいですし、サークルのようなものでも外国人がいるような場に行ってみるのもいいですし、英語でブログを書く、英語のサイトでショッピングをしてみるのもいいでしょう。本当に何でもいいんです。究極、音読だって立派な“やってみる”カテゴリーに入ると思います。これだけネットが生活の一部になっている環境にいるわけですから、一昔前のように周りに外国人がいないから英語を使う機会がないという言い訳はもはや通用しません。その方のライフスタイルに合った英語環境を選べる時代になったと思います。

たくさんあり過ぎて・・・という方もいるかもしれませんが、そういう方には“まずやってみましょう!”と言いたいですね。何事もやってみないとわからないですし、始まらないわけですから。自分が興味のあることから始めてみてください。英語が使えることにより得られる世界観の広がりをできるだけ多くの方に体感して頂きたいと思いますので、小さな第一歩“まずやってみる!”気持ちを持って頂けると嬉しいです。

最後になりますが、手探りで始めたコラムでは、毎回新しい自分の中の発見があったり、何気なく書いたことに対する予想外の反応に驚いたり、意外な人から“毎週読んでいますよ“と声をかけて頂けたり、人とのつながりが大きく広がった貴重な経験をさせて頂きました。今回で最後というのは寂しい気もしますが、また新しい始まりと捉え、いつか皆さんにまたここでお会いできる日を楽しみにしつつ、最後のコラムとさせて頂きます。

これまで私のコラムを読んで頂き、本当にありがとうございました。そしてこの貴重な機会を与えて頂いた109の工藤さんにも感謝致します。ありがとうございました!


通訳泣かせの日本語

通訳もしくは翻訳をするときに、どうしてもうまく訳せない表現があります。いわゆる日本語的表現または英語的表現です。説明をしろと言われると、背景を説明しながら、相手に理解してもらうことはできますが、A=Bという形で同等の表現が存在しないことは実はさほど珍しいことではありません。

通訳のエピソードが書かれている本の中で、“お疲れ様でした。”を“You must be tired.と訳して、クライアントに不思議な顔をされた・・・・というエピソードが挙げられていました。通訳訓練を受ける前は、”へ〜、そういうこともあるんだ。通訳は難しいんだな“と思っていましたが、今もし通訳がYou must be tired.なんて訳したら、オイオイって突っ込みをいれてしまうと思います。こんな訳をする通訳はいないと思いますが、訳そうとして”どうしよう??“と思う瞬間は少なくありません。

英語で訳しにくい単語の場合は、カタカナ処理という必殺技がありますが、日本語から英語にする場合には、そのような便法はありません。それが文化に根付いた表現の場合は、英語にしろ、日本語にしろ、お互いそういう概念や物を持たないわけですから、そもそもA=Bを探すのはかなり困難(ほとんど無理)です。

先日、授業で使った教材の中に出てきた表現で、今まで日本語的表現とは気付かなかったものがありました。それは“〜台”という表現です。よく考えると、日本人は頻繁に使いますよね。例えば、“20〜30%台“”50メートルを7秒台前半で走る“というように、普段の生活の中で何も考えることなく使っていますが、よく考えるとこれを英語にするのは案外大変です。

実際に翻訳されたものを検索してみると、range, levelといった言葉を使って訳されているケースが多いようです。 “〜台という”曖昧な表現を日本人は何も考えずに普通に使いますが、よくよく考えるとかなりファジーな表現です。例えば“20〜30%台“の対象となるのは20%〜39.99%で40%は含まないぎりぎりのところまでを指しているという感覚は日本人なら誰でもわかります。

これを訳す場合、より正確にいうのであれば、”the 20 – 39.99% range”と言えるとは思いますが、まず英語としてちょっと不自然ですし、厳密にいうと39.99 がいいのか、39.999でいいのか、それとももっと9を増やしていくべきなのか、考え出すときりがありません。何人かのネィティブに確認したら、”the 20 – 40% range”が一番いいということでしたが、ここでまた40% は含まないという問題が出てきます。

日本人としては何とも納得いかない表現ですが、英語としての自然さを取るのであれば、この、”the 20 – 40% range”という表現、厳密さを取るのであれば、”the 20 – 40% exclusive of 40%”となるという結論になりました。この”the 20 – 40% exclusive of 40%”という表現だとあまりにも具体的すぎて、日本語の持つファジーな“〜台”のもつファジー感が一気に消されてしまし、それなら最初から37%とか具体的な数字で言った方が早いよね・・・ってなってしまいます。

”50メートルを7秒台前半で走る“はどうでしょうか?こちらもまたよく考えると厄介です。こちらも例えば、”can run 50 meters in 7 to 7.5 seconds” “can run 50 meters in under 7.5 seconds”という風に訳すのがいいのではと思いますが、皆さんはどう思いますか?いづれにしても、日本語“7秒台前半”というファジーな表現を英語にするために、“無理やり定義してしまった”感がどうしても残ってしまうと感じるのは私だけでしょうか?これまでも何度となくこの”〜台“という表現を訳してきましたが、今回きちんと英語でいうとどうなるのかと考え始めた時、あらためてこの表現がとても日本的な表現(感覚)であったことに気付かされました。日本語は曖昧とよく言われますが、まさかこんなところにも曖昧さが潜んでいるとは!

もしこの”〜台“のうまい処理方法があれば、ぜひ教えていただきたいと思いますので、これは!という表現がありましたら、メールお願いします!!


プロとアマの差?

10年以上も前のことですが、大阪のある通訳学校に通っていたころのことです。本科に上がった最初の授業で、講師の先生が“皆さんと私の英語力は恐らくそれほど変わらないと思うけど、私と皆さんの違いは通訳力です”とおっしゃいました。その初回の授業の後、その先生の授業をほとんど受けることなく、オーストラリアに行ってしまったので、おっしゃっていた“通訳力の差”というのはどう意味だったのかを確認することはできませんでした。英語力が変わらないとおっしゃったのは、謙遜もあったのだと思いますが、最近、この“通訳力の差”というのは、理解力の差という意味でおっしゃったのではと思うことがあります。

もちろん通訳力というのは非常に曖昧な言葉ですから、人によってその定義も変わってくると思います。パフォーマンスという人もいるでしょうし、表現力や語学力という方もいるでしょう。様々なものを総合したコミュニケーション力(伝える力)が通訳力と言ってもいいのではと思います。

現場に出たことがある人とない人は通訳力の差は明らかです。現場経験者の通訳は、何を伝えないといけないのかを確定させてから、言葉を選びます。伝えるべきポイントを聞いた瞬間に整理し、通訳を始めたらそれを一気に出していきます。

しかし現場経験のない人(あっても少ない人も含めて)は、まず聞こえた言葉をとにかく書き出していきます。その時には何を伝えるかという判断はなく、聞こえた単語にほぼ全力が注がれます。いざ訳すとなると、メモを見ながら、“さて、何を書いたっけ・・・。”とこの時点で考え始めるのです。

ある程度のストーリーは頭に残っているでしょうから、何となく(危なっかしい橋を渡りながら)訳し始めますが、突然頭が真っ白になり“あれ?ここの部分って何の話だっけ?この単語って何?なんて書いてあるか読めない!!”って止まってしまいます。また折角取れた単語なので、使わないともったいないと考えるのか、最悪の場合、その単語から連想される話を適当に創作したり、“ここで、〜みたいな単語が聞こえたような気がしたのですが・・・”と途中で訳を止めてしまうケースもあります。

現場に出たことがある方であれば、そんなことは絶対にしません(できません)。逐次であれば、不明な点を確認しながら、通訳をしますが、場合によっては全体の判断で、ある部分をカットしてしまうこともあります。どこの情報をどう出し、どこをどう編集するかの判断は通訳を始める前に決めてしまいます。中途半端に誤解を招くような言い方や、途中で訳が止まってしまうようなケースも極力避けないといけません。

このような瞬時の判断は、現場に出ないとなかなか難しいかもしれませんが、通訳訓練を受けている方でも、普段の練習の視点を少し変えるだけで、かなり変わってくると思います。1つは、自分は単語を訳しているのではなく、メッセージを伝えているという視点を持つことだと思います。

確かに単語の積み重ねでメッセージが構成されますので、正確に単語を捉えることは重要です。例えば、テクニカルな内容であれば、固有名詞が怒涛のごとく飛んできますから、単語をしっかりと取れないと通訳不能になることはあります。しかし基本はやはり何を伝えるかを瞬時に整理する理解力だと思います。いくら詳細情報や固有名詞が取れても、その情報によって何を伝えないといけないのかが自分の中でクリアになっていないと、誰にも何も伝わりません。

聞こえたら何か取らないと不安になる気持ちはよくわかりますが、文脈の分からない単語をいくら集めても、混乱または創作の元になるだけです。聞きながら何を伝えないといけないかを整理する聞き方をまずは、日本語から練習することが通訳訓練の基本だと思いますが、皆さんどう思われますか?


大人の学習法

 2010年が始まり、新年の挨拶をしていたのがつい最近のような気がします。新年早々から会う方に“最近更新してないですよね・・・”と軽く突っ込まれ、早く書かないとと思っていたらもう一月も終わりですね。本当に早いです。

 今年は去年以上に教えることに力を入れていきたいと思っていますが、初仕事は社会人に英語の勉強方法を講義するという講座で、昨今の不況からか、通常より男性しかも年齢の高めの方の受講者が多いというのが特徴でした。英語の勉強が久しぶりという方がほとんどで、勉強方法の話をする前に、まず参加者がどういう勉強方法をこれまで試し、どういう方法が理想的と考えているかというテーマで少しグループディスカッションをしてもらいました。

 この質問をするたびに、メディアの影響の強さを痛感します。テレビ、雑誌、広告といったメディアのキャッチーなメッセージが繰り返し流されるので、何回も聞いていると“そうなんだ!”と信じてしまう方が多いことに改めて驚きます。

 このテーマでディスカッションをすると、必ず出てくるのが、“アメリカ人の子供(なぜかアメリカ人と生徒は言います)は読み書きができるようになる前に、リスニングから入り、次第にいろいろなことを話せるようになるから、その順番で言葉を覚える”という学習方法です。

 このような学習法が機能するためには、いくつかの条件があります。まず、子供が持っている聞こえた音を正確にコピーできる能力そして両親や周りの人間が絶えず話しかけてくれる環境です。残念ながら、我々大人にはそういうコピー能力も通常はありませんし、普段の生活の中で常に英語を話しかけられる環境にいるわけでもありません。

 冷静に考えれば、子供のやり方を大人が真似てもうまくいかないことは明らかです。ただ聞くだけでいいという心地よいキャッチフレーズや“子供のように自然に学ぶ”という何となく説得力のある説明を聞くと、飛びつきたくなる気持ちはよくわかります。

 私も20年ほど前に“英語のシャワーを浴びれば、英語ができるようになる”というキャッチフレーズに惹かれて、教材を買ったことがあります。この教材は多くの方が知っている教材で、教材自体が悪いわけではありませんでしたが、結果的には最後まで続けることができませんでした。これ以外にもいろいろと教材を試して、成果があったという教材はありませんでした。

 どの教材またはテキストがいいですか?とよく聞かれますが、結局は“何“ではなく、”どうやるのか“だということがようやくわかってきたように思います。ビジネス的に考えると、目新しさや簡易性を強調したいがために、“〜だけでいい”とか“科学的に証明された〜”といったこれまでとは違うことを売りにしようとするのは理解できますが、行き着くところは、どのレベルでも使える万能学習方法は語学にはなくて、自分の今の課題をチェックし、それに対してどうしたらいいかを自分なりに考えて、試してみるしかない、つまり語学に王道なしということだと思います。

 こんな風に書いてしまうと夢も希望もなくなってしまうので、語学というのは完璧になることが目標ではなく、毎日少しずつ成長していく自分のスキルを見て、こんなこともできるようになった!というプロセスを楽しむことが大事で、目的地に到達するまでの道のりは最短にすることに捕らわれすぎず、大人が学ぶ場合には、その道中を楽しむ余裕を持てたらと思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか?


素直に続けること

今年最後のコラムとなりました。まずは1年間読んで頂いたことに感謝するとともに、また来年も引き続き読んで頂けると嬉しいです。

今年は教えるという分野において、いろいろと収穫があった年でした。通訳訓練方法を一般の方向けに使った講座を提供したり、外部講座のカリキュラムを考えたり、まだ進行中ですが、外部向けに新しい教材を作成したりと試行錯誤ではありましたが、次につながる成果もあり、そういう意味では満足いく年でした。もちろん課題も成果以上に見えましたので、それを来年は成果に変えていけたらと思っています。

また今年は通訳を目指さない方、いわゆる英語が苦手な人を教える機会にも恵まれ、自分が20代の頃に予備校で教えていたことを思い出しながらの授業となりました。予備校で教えていた頃との一番の違いは、10代の生徒から社会人に変わったことでしたが、このことが“伸びる人”と“伸びない人”の特徴を考えるきっかけになりました。10代の生徒の場合は、少し話をすれば、とりあえずやってみよう!という気持ちにすぐになってくれるのですが、大人はそうはいきません。

大人の場合は、これまでの英語学習において紆余曲折がありすぎ、素直に新しいやり方を受け入れられない人、時間がない等できない理由を延々と並べる人、少しできる人の場合、自分の実力を過大に評価しすぎ、プライドが邪魔をしてアドバイスを受け入れられない人も、残念ながら伸びません。

語学は若い方が有利と言われ、通常は記憶力や音感といった身体的な部分に注目が集まりがちですが、実際には身体的な面よりもむしろ、メンタル的な面の方が大人が語学を習得できるかどうかに与える影響は大きいと思います。また大人の場合、“こうでなければならない、こうあるべきだ”という思い込みが学習の邪魔をすることも少なくありません。

社会人に英語を教える場合、大変なのは英語そのものの知識ではなく、このようなさまざまなメンタルブロックをいかに崩すかです。これまで教えてきた社会人で英語をどんどん吸収していく人は、ある意味10代の生徒が持つ“面白そうだからやってみよう”という柔軟性と好奇心を持っています。

2010年から新しく英語を始めてみよう、学校に通ってみようと思っている方、今年思ったように伸びなかった方、来年から始めることを少なくとも3ヶ月から半年はひたすらやり抜いてください。これまで皆さん、いろいろな方法や学校を試したことと思います。その時に、どれくらい本気でそのやり方を試してみましたか?いろいろ試してみることは大切ですが、それ以上に“これだ!”と決めたら、それを愚直に続けてみることでしかわからないこともあります。今の自分の壁を越えたいと願うのであれば、これまでの自分のやり方とは違うやり方を子供のように素直に試し、続けてみてください。

今年いろいろな勉強方法をご紹介してきましたし、また来年もご紹介していきたいと思っていますが、今年最後のコラムでは“素直に続けること”というタイトルで、締めくくりたいと思います。

2010年が皆さん一人ひとりの目標が達成できる年でありますように・・・。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。