HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

資料なしって当たり前?

こんにちは。

先日の仕事のことです。セキュリティーに関する技術者向けの二日間の研修の通訳の仕事をしたのですが、いつものごとく前日の夜9時に資料の最新版(50ページくらい)がメールで送られてきました。予想外に変更も少なく今日はとりあえず寝て明日の打ち合わせに臨めるとひと安心。質問箇所にマーカーと付箋を入れて会場入りし、スピーカーとの挨拶もそこそこに質問開始しようとしたとき、スピーカーから“今朝3時までがんばって書き換えたんだよ。これ最新版でこっちを今日と明日の午前中使うから・・・。で質問ある?”と言われました。開始まであと20分くらいで、また内容が全く違う50ペー ジくらいの資料を手渡され真っ青!これまで準備してきたのは何のため???いつこの資料を使うって決められたんだろう?なんで昨日資料の最新版をメールしてきたときに、一言連絡してくれなかったんだろう?といろいろなことを考えながらも、会場に人がどんどん入ってくる中、通訳者席でパートナー通訳と必死でサイトラ。読んだというよりも、ページをめくって、さっとみてわからない用語だけをとりあえず調べるのが精一杯でした。最後の5分くらいでパートナーと用語の確認をして、本番に入りました。

以前社内通訳をしていた時には、いきなり呼ばれて通訳というケースは結構ありましたが、フリーランスになったらきちんと資料はもらえて、ブリーフィングをしてもらって通訳できると思っていました。しかし現実はそうではないことも多々あります。特にビジネス系の通訳の場合、ぎりぎりまで資料を作成するクライアントも多いので、そういう場合だと 当日内容変更というケースもあり、ひどい時など1日7本のプレゼンを2名体制で通訳をするという案件で、当日資料全部差し替えということもありました。当然、エージェントとクライアントにはこの状況での通訳のクォリティを保証できかねるという話をしますが、“そこを何とか・・・できる限り頑張っていただいて・・・”と言われるばかり。

プレゼンを聞くために集まった人にそんなことは言えませんから、必要以上の負荷の中で通訳をすることになります。全部差し替えというのは極端な例としても、現場入りして話が違うというケースはかなりあります。

通訳訓練をするときに、全くの初見で通訳をしてもらうことがあります。ほかの学校であれば、事前に単語リストを配布し、関連資料を渡すことがほとんどだと思いますが、よくよく考えると、 実際の通訳の場でほぼ初見に近い状況で通訳をすることも案外と多いので、単語リスト等なしで通訳訓練をするということも必要だと思いました。

といいつつ、今から事前資料がでないインド人技術者とのテクニカルプレゼンを電話会議で行う仕事に行ってきます!


基礎はサイトラから

みなさん、こんにちは。

通訳の秋の繁忙期でにわかに忙しくなり、結果的に先週のコラムの原稿を書く時間が全く取れませんでした。今回は“通訳者と時間”つまり“フリーランス通訳は本当にフリーか?”について書いてみたいと思います。

職業を聞かれてフリーランスで通訳をしていると答えると、“いいですね、自由で。休みたい時に休めて、自分でスケジュール決められるなんて、羨ましいです。”というコメントが返ってきます。確かに、この日は仕事をしないと決めて、ブロックしてしまうこともできますし、知り合いの通訳の中には、毎年夏休み一か月海外に行って繁忙期に備えたり、スキーが生活の中心で、冬場は何カ月も山にこもり雪がなくなったら都会に帰ってきて通訳をして、また山に帰るという人もいます。そういう話を聞くと、確かにフリーランスはフリーだなと思いますが、必ずしもそうでない部分も多いと思います。

昨日までは、“繁忙期なのに例年ほどは忙しくないのかな?”などと思っていると、いきなり仕事が入っってきてあたふたと準備をし、気づけば海外にいるというようなことが日常的に起こります。“準備”の部分でも、いろいろな仕事が同じ週に重なり、エージェントから送られてくる資料の束がどんどん机の上に積み上がってくるのを横目に見つつ、とりあえず今やらないといけないものから読み込んでいきます。途中で追加資料が入ることもよくあり、先日なんて当日の資料がバイク便で日付が変わってから送られてきました。こんな時間にバイク便でくるということはかなりの量があることが多いのですが、予想通りびっちり両面コピー。しかもパワーポイント二分割の資料が届きました。あと5時間もしたら自宅を出なければならないのに、“読む”か“寝る”かの選択です。よほどのことがない限り、“寝る”という選択肢はなく、“読めなく”てもとりあえず“資料を見て”現地入りします。

先日書いたコラムでIR通訳について書きましたが、その週のIR会議でも明け方の3時頃エージェントから担当企業が決まったとの連絡があり、そこから準備を始めて朝からの会議に入るということもありました。また、時差の関係で夜11時スタートのテレビ会議の通訳の仕事を、夜中の2時頃までしてタクシーで帰宅、ほとんど寝る時間もなく着替えて朝9時からの別の通訳現場に入ったこともあります。

フリーランス通訳全員がこういうスケジュールで働いているわけではないと思いますし、もっとうまくタイムマネージメントをしている方も多いと思いますが、資料が届く時間等は結局、クライアント次第ですし、会議案件のスケジュールが土壇場で変わることもしょっちゅうです。フリーランス通訳の繁忙期スケジュールは通訳者がコントロールできる部分が本当に少ないような気がします。

社内通訳で残業つづきの長時間勤務をしていた時はプライベートの予定を何度もキャンセルして、友達いなくなるのではと真剣に悩んだことありましたが、フリーランスになり、繁忙期を迎えるとそんなこと悩む時間もなってしまいました。次々届く資料、次々変わる会議スケジュールに翻弄され、まさにフリーフォール生活です。

クライアントから”フリーランスですか、いいですね!“と言われるたびに、自分のフリーフォール生活を思い、まあ他人から見たらそう見えるんだろうな・・・と思いながら、“フリー ”じゃなくて“フリーフォールですけど・・・”って言いたい気持ちを抑えつつ、笑顔で“そうですね!”と答える生活が当分続きそうです。


基礎はサイトラから

こんにちは。

先々週の土曜日と先週の土曜日に英日のビジネス関連記事を使い、サイトラのワークショップを行いました。今回はレギュラーコースの生徒さん以外の方にもご参加頂きました。私のやっている学校(Accent on Communication)にお越しいただく方は“サイトラをやってみたいから”、“ビジネス通訳をやりたいから”とおっしゃる方が多いのですが、いろいろな方からお話を伺うたびにサイトラを授業としてやっているところはまだまだ少ないんだなと感じています。

書店でもスラッシュリーディングという名前でサイトラに関して書いている本もありますし、通信教材でも同時通訳方式という名で教材を販売されていますが、実際の授業の中でサイトラを定期的に行っているところは案外ないんですね。最近は、通訳学校でもサイトラをきちんと取り入れているところは少ないというのは驚きです。やはり通訳訓練となると音声を聞いて逐次訓練をやったり、同通訓練をやるといったいわゆる“通訳訓練”というのが主流のようです。生徒さんとしても早く通訳になりたいという気持ちが強いでしょうし、逐次や同通の訓練をしている方が何となく通訳になるという目標に近づいているという安心感や満足感があるのかもしれません。

通訳というのはある意味、体で覚えるスキルだと思いますので、“たくさん聞いて訳す”という訓練をして慣れていくことも確かに重要です。ただそれはかなり高度な語学運用能力がある人の話で、リスニングが弱いとか、日常会話はこなせるけど英語の理解がまだまだ不十分な人にとって本当に通訳訓練をたくさんこなすことで力が付くのかどうか疑問に思うことがあります。

通訳訓練をたくさん行う中で、リスニングや英語の理解力もアップしていきますが、逆に遠回りになる場合もよくあります。結局逐次訓練をしても、きちんと聞き取れないのであれば、わかった単語をつなぎ合わせて訳にするわけで変な癖だけがついてしまうことも珍しくありません。

TOEICの点数が高いとか、少し通訳をした経験があるとか、日常会話はうまくできるとか、といった人はすぐに通訳訓練に入りたいとおっしゃる方が多いですが、実際に通訳訓練だけで伸びていくレベルの方は案外少なく、サイトラを行うことでもっと基本的な“英語を正確に理解する”という基礎訓練が必要だと思います。基礎訓練と書きましたが、“基礎”というのは“簡単な”という意味ではなく、 “通訳訓練に入っていくために必要な”という意味での“基礎”と捉えていただければと思います。

通訳訓練で伸び悩んでいる方、どうしても通訳訓練を始めるところまで行けない方は、思い切ってサイトラの時間を増やしてみてください。最初は英日サイトラを行い、かなり力が付いてきたら、今度は日英のサイトラにも挑戦すれば、通訳訓練を行う基礎力が付くと思います。がむしゃらに通訳訓練に時間を使うよりも、自分の基礎力に不安があるのであれば、サイトラで基礎固めをしてみてください。正しいやり方でしっかりとサイトラをすれば、比較的短期間で成果を実感できると思います。

私の学校(Accent on Communication)のHP内で『サイトラ道場』というページでサイトラを体験していただけます。もし今までにサイトラを余りやったことがない、またはサイトラのやり方が分からないといった方はぜひのぞいてみてください。


IR通訳

こんにちは。

先週は大手外資系証券会社主催のIRコンファレンスがあり、久しぶりのIRの仕事をしてきました。IRという通訳の仕事を聞いたことがない方も案外いらっしゃるのではないでしょうか?フリーランスで通訳をしているとIRは誰もがやる通訳の一つですが、通訳を目指す方のために今回はIRという仕事について少し書いてみたいと思います。

IRというのはInvestor Relationsの略で、企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報提供するための“投資家向け広報”を指しています。投資家が日本人の場合には通訳は発生しませんが、海外の投資家に自分たちの株を買ってもらうために、企業の社長自らが海外の大手投資会社に出向き広報活動をするときや、各企業のIR担当者が外国人投資家に説明するときに通訳が発生します。IR通訳はいくつかのパターンがありますが、一番一般的なのが一人の投資家について複数の企業を回り情報収集をする際の通訳とパターンです。

今回のIRコンファレンスは通常のように投資家に付いて複数の企業を回るのではなく、特定企業を1人の通訳が担当します。入れ替わり投資家が部屋にやってきて、1時間ほどでその会社の今期業績や来期見通しを始め、競合環境、人事、財務、マーケティング、商品戦略、配当、買収等々に関する質問をして、各社のIR担当者がそれに答えていくので、そのやり取りを通訳していきます。

今回は非常に大きなIRコンファレンスなので、大量の通訳者が集められ、あちらこちらで「お久しぶりです!」の挨拶が飛びかっており、最近仕事で一緒になっていない通訳者さんと近況報告をし合う格好の場でもありました。中にはかなりベテラン通訳の方もかなりいらっしゃって、一緒の企業を担当した通訳者さんとちょっとお話をしていると、“孫がねぇ・・・”という話になり、通訳という仕事の息の長さを感じます。

IRという仕事を始めたころはエージェントから送られてくる資料の多さに圧倒されました。何社もの資料が段ボール箱に入って宅急便で送られてきたときには、何をどう準備していいのかわからず、箱をじっと見つめてしまったこともありましたが、最近では投資家がどういうところを聞きたいのかがわかってきたので準備の時間がかなり減りました。

とはいっても、企業によっては聞いたことのないような製品や技術を扱っているところもあり、そういう場合は大変です。一度、ある化学製品を扱う企業を訪問したとき、投資家が興味本位で“化学製品の原料のナフサってどういうものなんですかね?”と軽く聞き、待ってました!とばかりに担当者の横にいた技術者がつらつらと化学式を駆使し、日本語でも聞いたことがないような化学物質を並べ立てて話し始めました。“興味本位で聞いただけなのに、ここまで詳しい説明が出てくるとは・・・”とちょっと困惑した顔をしている投資家の横で聞いたことのない化学物質名(とりあえずカタカナ)を“いつまでこの話続くんだろう・・・”と冷汗ダラダラかきながら通訳し続けるようなこともありましたし、業務的に難しくないと思って余裕をかまして臨むと、最近発行した転換社債の話や今期買収した企業の‘のれん代’、‘株主への利益還元’の話になり自社株買い云々といった話になり、IRを始めた頃は“何それ??”という感じで訳していたこともありました。慣れてくるとそういう話もスラスラとこなせるようになるのですから、やっぱり経験ですね。

1人の投資家に付く場合、数日間毎日2人で行動をするという点で移動中いろいろと話をすることが多く、通常の会議に出て通訳をして帰るという仕事とは違い、人と深く関わりながら通訳をするという面白さはあります。IRという仕事の性質上、企業や各業界の大きな流れを知り、今後の展望を読むという意味での面白さや、新聞一面を飾っている内容そのものが話題になり、これから記事になっていくような内容をいち早く知ることができる面白さもあります。

IRはフリーランスになったばかりの人がやるというイメージがありますが、実際にはいろいろな意味で学ぶことが多い面白いタイプの通訳だと思います。


通訳的リスニング訓練法

先週は"リーディングの伴わないリスニング"について書きました。今週は具体的なリスニングの勉強方法について考えてみたいと思います。

私も英語の勉強を始めた頃、ほとんどの方と同じようにリスニングに対する苦手意識がありました。テープを聞き、音に慣れようとしましたが、結局聞くだけでは思ったような成果は得られませんでした。わかるところは100%わかるし、わからないところはやっぱりわからず、スクリプトを見てやっとわかるという感じで、一体どれだけ聞けば聞けるようになるんだろうと思ったものです。

オーストラリアで通訳訓練を始めてからもリスニングは頭痛の種でした。ただ音声を聞くだけではこれ以上伸びる気がしなかったので、先生にどうしたらいいか相談したことがありましたが、"たくさん聞きなさい"と言われただけで、具体的な方法は見つかりませんでした。

リスニングができないと言いつつも、通訳訓練は進んでいき、だんだん教材も難しくなり、求められる精度もだんだん高くなってきたため、放課後や週末ひたすらクラスメイトとペアで逐次の練習を続けました。クラスの半分くらいが2年度のクラスに上がれなかったため、強迫観念に駆られながら逐次訓練をしたものです。週末だと文字通り1日朝から晩まで10時間以上やることも普通にありました。この集中逐次練習をしばらく続けた頃、これまでのように"音"が聞けないことが問題なのではなく、そもそも"英語"がわからないことが問題なのだと考えられるようになりました。

結局、"音"そのものが障害になっているケースは
(1) 単語の発音を間違えて覚えている
(2) アクセントに対応できない

くらいだと思います。(2)は音声を聞くことでアクセントに慣れることはできますし、(1)に関しては、それほど数はないと思いますので、音を聞いてスクリプトと比べながら記憶している音と正しい音との差を地道に埋めていく必要があります。

先ほど、逐次をやってリスニングが伸びたと書きました。では、逐次のプロセスの何がリスニングに有効なのでしょか?

本当に多くの人が知っている単語が聞こえたら、その部分は"理解できた"と勘違いしてしまいますが、逐次では音声情報からメッセージを捉えられたかどうかを 確認でき、全ての単語がわからなくても、前後の単語から意味を類推していく力(コミュニケーション力)が身に付きます。

通訳を目指さない人の場合には、アウトプットの日本語は自然な日本語である必要は全くありません。ここまでの意味は〜、ここからここまでは〜という意味 で・・・というざっくりとした内容の確認で十分です。ポイントは音声情報を聞いて、何を言っているのか(メッセージ)がわかるかどうかを確認することで す。

シャドーイングやリプロダクション(音声を聞いてから聞いた英語を再現する)も音声認識力を強化する練習としては有効ですが、音声認識できたからといって、意味がわかるわけではないので、やはり聞き取った音声情報を理解しているかどうかの確認は必要だと思います。

逐次といっても通訳訓練ではないので、長い文章を聞き、メモを取り、情報を再現する必要はありません。長い文章の場合は、ここで意味が切れるというところ で、音を止めてそこまでの意味を言ってみるだけで十分です。サイトラに精通している人であれば、音声のサイトラ版と考えてもらえばわかりやすいと思いま す。短い文章の場合だと、1文流して確認というプロセスを繰り返してみてください。

最初は長い文章の途中で止めるのは大変だと思いますが、止める場所がわからないということは、前から出された情報を捉えきれていないということになります。 その場合はスクリプトに戻り、なぜ情報を捉え切れなかったのかを分析するというプロセスを繰り返していけば、聞きながら小出しに出てくる情報を積み重ね て、全体のメッセージをつかめるようになります。

聞きながす練習だけをやっている方は一度この"通訳的リスニング訓練法"を試してみてください。



《 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。