HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

リーディングを伴わないリスニング訓練

最近、リスニングどうしたらいいのでしょうか?という質問を数名の方から聞かれましたので、今回はリスニングについて考えて見たいと思います。

質問を受けると必ず“どうやって今勉強されているか”と質問します。そうするとほとんどの方が“音声を通勤途中で聞いています”と答えます。リスニングが弱いから音に慣れるため、音声を聞くというのは一見もっともなように聞こえますし、あるレベルまでは必要だと思います。ただあるレベルを超えた段階で果たして音声を聞くだけで、リスニングは伸びるのでしょうか?

よく“聞き流すだけでいい”“英語のシャワーを浴びる”というキャッチフレーズの教材が巷で持てはやされていますが、実際にこの音声インプットを増やすことでリスニングが伸びるのは、日常会話を何とかこなせればいいというレベルまでだと思います。決まり文句やフレーズを丸ごと音声的に覚えてしまうことは大変重要ですし、有効な方法だと思うのです。

日本の学校教育では文法やリーディングがメインで、リスニング練習が欠落していますので、自分のリーディングレベル(さっと読んで理解できるレベル)程度の英語を大量に聞くことで、読んでわかる情報を聞いてもわかるようにし、リーディング力とリスニング力のギャップを埋めることは可能です。

ただその先も同じように音声を聞くことでリスニング力を上げていこうとすると、急に学習曲線が緩やかになります。いわゆる“伸び悩み”です。

ではどうすればいいのでしょうか?

聞く量を増やすのがいいのでしょうか?

もちろん量を増やして、それを集中して聞くことができれば力は付くでしょう。ただこういう状況の場合、わかるところはわかるけど、わからないところは全くわからないわけですから、数回、聞き流すだけでは“わからないところはやはりそのまま”なわけです。

基本的には、日常会話レベルを超えたものに関しては、“読んでわからないものは聞いてもわからない”ということになると思います。通訳を始めたばかりのころに、2社間ライセンス契約の仕事をしたことがありました。両者弁護士をたてて交渉をしていくのですが、外国人弁護士が話し始めるとどうしてもわからず、何度も聞き返しました。スピードが速いわけでもないし、単語レベルでも聞いたことのないようなものはあまりないのに頭に入ってこないのです。音的には“聞けているはず”なのに、意味がわからないという奇妙なことが起こったのです。

その原因をよくよく考えてみると、自分がライセンス契約を日本語でも英語でもきちんと読んだことがないので、そこで使われてる用語が一般的な用語とは違っていたり、法律用語と気づかず聞き逃していたために、理解できなかったわけです。
例えば、弁護士が
“Please strike this clause.”
と言ったのを聞いて、契約交渉を英語でやったことのある人なら
“この条項を削除してください”
とわかりますが、
知らない人は“ストライク??”“打つ??”と混乱してしまうと思います。

母国語でも全く同じで、基礎知識がないことは聞いても理解できないものです。日英の通訳訓練をしていても、日本語のスピーチにも関わらず“日本語がわかりません”という生徒さんが必ずいらっしゃいます。音は取れているので、“今のところは何と言っていましたか?”と聞くと聞いた通り音声を再現できますが、“今の内容を言い換えるとどうなりますか?”と聞くと、“よくわかりません”という返答が返ってくることも珍しくありません。

リスニング訓練というと音が取れないということに重きを置きすぎで、音声認識に目を向けがちですが、本当の問題は読んでわかるレベルが聞いてわかるレベルに追いついていないことの方が多いような気がします。リーディングを伴わないリスニング訓練は効率がいい勉強方法とは言えません。

来週は具体的な対策について考えていたいと思います。


勉強方法の鮮度

こんにちは。そろそろ通訳学校のタームも終わり、次のタームまで一息ついている方や次の学校を探そうかなと思っている方もいるかもしれませんね。

この時期どう過ごしたらいいのかという質問を受けることがあります。聞かれた方によって答えは変わってくると思いますが、一般的には終わったタームを振り返り、今期行った勉強方法とその成果を検証してみるのがいいと思います。

普段の授業では宿題だけで手一杯という方が多いので、授業がないこの時期にどういう勉強を行い、どれくらい成果があったのかを見て、来期の学習計画に反映させることができればいいですよね。思うような成果が出なかったと感じるのであれば、その原因を特定し、対策を考える必要があります。例えば、以前音読について書いたところ、早速やってみましたというメールを頂きました。音読はいいと思いますが、試された方にとって良かったのかどうかを立ち止まって自分で評価する必要があります。音読の量や頻度はどうか?音読の教材は既知のものか?初見がいいのか?音読のターゲットスピードは適切だったか?いろいろな観点で評価できると思います。がむしゃらに量をこなすだけでも最初の頃であれば、効果はあります。ただある期間、量頼みの練習をしているとこれまで感じていたような”伸びている“という感覚が薄くなってきます。

英語の勉強と筋トレは似ていると以前お話しましたが、どちらも継続していかないといけないという点はみなさんも簡単にわかると思いますが、“刺激を変える”という点も似ていると思います。筋肉もどんなに大きな刺激でも、ずっと同じ刺激を与え続けると反応しなくなります。ですから筋トレで体を変えようとするなら、ウエイトや動作頻度を変えたり、インターバルを変えて運動密度を変えたり、同じエクササイズであったとしても筋肉にとっていつも新鮮な刺激を与えることが大切です。

英語の勉強も同じで、いい勉強方法だからって同じことをずっと続けていては慣れてしまい、脳を刺激しづらくなり、何となくルーティンで行っているマンネリ勉強になってしまいます。ですから区切りのいいところで今の勉強方法から得られる刺激の鮮度をチェックしてみてください。あまり頻繁に勉強方法を変えてしまうと、そのやり方がいいのか悪いのかの判断ができませんが、ずっと何も考えずにやり続けるというのもよくありません。3ヶ月または半年くらいのスパンで自分がメインでやっている練習方法の棚卸しをしてみてはいかがでしょうか?

新しい勉強方法を探すことも大切ですが、今行っている勉強方法にちょっとした変化を持たせるだけでも、全く新しい勉強方法のようないい刺激が得られます。時間のある時期に一度勉強方法の棚卸ししてみてください。その時に必ずそれぞれの練習方法の目的をしっかり意識しながら検証し、自分のやり方が本来の目的を達成するために適切なものだったのかも検討するようにしてください。意外な発見があると思いますよ。


ネイティブライクな英語力を身に付けるには?

通訳と言う仕事柄、毎日のようにいろいろな人と会います。日本人はもちろんのこと、いろいろな国の方とお話をする中で、前々から疑問に思っていることがありました。

通訳を始めてからヨーロッパの人と接することが多くなり、彼らの英語を聞いていると“なぜヨーロッパ人はネィティブレベルで英語を運用できるのに、日本人にそこまでいける人が少ないのか?”と感じたことがたびたびありました。

もちろんヨーロッパ人全員がネィティブレベルというわけではありません。本人は英語を話しているつもりでも、ところどころフランス語やドイツ語、スペイン語に変わっていることもよくあります。ただできる人は確かにネィティブのように英語を使いこなします。日本人でもネィティブレベルの英語を話せる人がいますが、ほとんどの場合、子供の頃に海外で生活したいわゆる帰国子女です。

日本人とヨーロッパ人とのこの差は何でしょうか?英語とヨーロッパ言語との類似性も大きな要因でしょうし、日常的に英語に接する環境や義務教育での英語教育の違いもあるでしょう。でもそれだけではないように思います。ヨーロッパ人と仕事をすると、彼らは、英語は勉強するものではなく、ツールとして使いこなすものと見ていると強く感じます。例えば、日本人が英字新聞を買って読む場合、ほとんどの人が英語力をつけるためという“学習”目的で、ヨーロッパ人は“情報収集”目的で英字新聞を捉えているように思います。海外の仕事でホテルが一緒になったヨーロッパ人のクライアントと日本人のクライアントを比較すると、ヨーロッパ人のクライアントは、ほとんどの場合、ホテルが用意した英字新聞を朝食時に読み、仕入れた情報について食事をしながら又はその日の会議の中で話をします。それに対して日本人のクライアントは英字新聞には基本手を付けませんし、読んでも天気予報かスポーツ結果をさっと見るくらいで、仕事のネタを仕入れようとする人は少数派だと思います。

ネット検索にも同じことが言えると思います。日本人で英語がかなりできる人でもネット検索はほとんどが日本語で行い、特別な場合のみ英語で検索という場合が多いのではないでしょうか?それに対して英語のできるヨーロッパ人はネットの共通言語である英語を使って検索することが当然と考えています。このように“永遠の学習者”的な観点から英語を見ている限りは、本当の意味でのネィティブライクなコミュニケーターにはなれないのでは・・・とヨーロッパ人を見て思います。

また秋からのコースのための教材を探しに新宿の本屋に行ったときでした。書店には何列にも渡ってあらゆる観点から作られて教材や教本が所狭しと並んでいて、英語を勉強するためにこんなにたくさんの本が必要なのだろうか?と驚くと同時に、いつになったら英語学習者からコミュニケーターになれるだろうかと感じました。

言葉というものは常に変わっていくものです。英語は世界中で使用されているわけですから、日本語よりもはるかにたくさんのバリエーションがあるわけです。ですからいつまででも“勉強”しようとすればネタにこと欠く事はありません。初心者や中級者であれば、英語をツールとして使い始める前に、ツールについて知る必要がありますが、中級以上であれば学習者の意識からコミュニケーターとしての意識に変えていく必要があるのではないでしょうか。

いろいろな意見はあると思いますが、英語は学問ではなく、ツールだと思います。英語を中学で始めてから、正解を選ぶことを第一に考えて勉強をしてきましたが、この考えを捨て、(携帯のように)英語をツールとして使うことを日常的に行わない限り、ヨーロッパ人のようなネイティブライクな英語力を身に付けることはできないでしょう。

オーストラリアの大学院で通訳の勉強をしていた時に、“語学なんて結局いつまでも勉強。プロになりたいなら、いつまでもまだまだ勉強が足りないなんて甘えてないで、腹くくってプロになり、いろんなところで揉まれ力を付けなさい”と言われたことがあります。“プロになる”というところを“英語を使いこなす”に置き換えれば一般の方にも通用すると思います。さらに上を目指すために“勉強”モードをオフにするのも一つの手かもしれません。


好きこそものの上手なれ

今週は大阪の実家からこのコラムを書いていますが、オリンピックを見ながらなので、なかなか進みません。私自身、中学や高校6年間器械体操をやっていたこともあり、体操開催中は全てを中断して集中です(笑)。体操の採点方法や技のレベルも大きく変わりましたが、体操を見るたびに自分がやっていた頃にフラッシュバックしてしまいます。

派手に見える体操も結局は地味な練習の繰り返しで、同じ動作を何百回何千回も繰り返し、小さな技を今度は連続で行い、それをまた別の技につなげる練習を繰り返すのです。
体操は採点競技なので、技が出来るだけでは十分ではありません。いかにスムーズに、大きく、かつ美しく演技を行うかが得点に大きな影響を与えます。
鏡の前で、またビデオで演技を撮影し、足先や指先の動きや、姿勢や目線といったあらゆる動きを確認していきます。このように試合で演技ができるようになるまでには、一般の人の想像をはるかに越える時間をかけて練習していくのです。
一般の人からすると、あんなくそ暑い体育館で毎日毎日練習し、手の皮がずる剥けになり、軽〜く脱臼したり、筋が切れたりと、体がボロボロになるのに何が楽しいの??って思うと思います。

体操の怪我はハンパではありません。
例えば、鉄棒で大車輪中に手が離れてぴゅーっと先輩が目の前を飛んで、体育館の窓から逆スーパーマンのように飛んで行ったこともありました。また女子の床でバク転を連続後に宙返りにつなげる技のはずなのに、両手をつけず、頭から床に激突!ブレーンバスターを自分にかけるかのなと思うほどの“大技?”(ただし加点ゼロ)を意図せず披露し、最後には“泡吹きフィニッシュ”で得点を待たずに担架で運ばれたりなど、こんな話は山ほどあります。

私が、ここまでの練習に耐え試合に出られたのは、もちろん身体的に体操に向いていたということもあると思いますが、それ以上に地味なことも含めて"体操"が好きだったからという部分が大きいと思います。

何でもそうですが結局、最後まで残り極めて行く人は必ずしもその分野に秀でた人ではないと思います。その分野の派手な部分だけではなく、地味な練習にも楽しみを見出だし続けられる人だと思うのです。

通訳学校で教えていると、トライアルで来られる方や勉強を始めたばかりの方に“どれくらいで通訳になれますか?”と質問されることがあります。本当は、こういった質問をされる前に通訳になるための地味な練習や背景知識修得のための調べものを好きかどうかを自問した方がより正確な答えが得られるのではないかと思います。本当に“もの”になる方は、そういう質問をすることなく、好きで勉強を続けた結果気がつけば通訳になっているような気がします。“通訳や英語がものになるかを今気にするより、そこに到達するためのプロセスを楽しめるかどうか”を考えてみた方がいいのではないでしょうか?


日経読んでますか?

皆さんは新聞を定期購読されていますか?気が向いたときにだけ、売店で買って読むという方もいらっしゃるかもしれませんし、もっぱらネットで情報を取っているという方もいるかもしれません。通訳現場の待ち時間、自宅から持ってこられた新聞を広げる通訳者の方もたくさんいらっしゃいます。

通訳という仕事柄、会議で予想外の話になることも珍しくありませんので、情報のアンテナを広げておくことはある意味通訳者の嗜みといえると思います。中には複数の新聞を日本語と英語で定期購読されている完全武装通訳者もいらっしゃいますが、ほとんどの方がいわゆる“積読”になっているのではないでしょうか?

私も日経新聞とNIKKEI WEEKLYを定期購読していますが、後者は教材作成用という位置づけで捉えており、教材作成という観点から使えるかどうかで読んでいます。日経は正直“一面を本当にさっと見る”という感じで、十分情報を取りきれていないのが現状です。よく考えると新聞の読み方って習ってないですよね?理想は一面から最後まで読んでいけばいいのでしょうけど、普通に読むだけでもかなり時間がかかりますし、それを毎日続けていくとなるとよほど意志が強い人でないと無理だと思います。

先週日曜日に知り合いの通訳者の紹介で、日経の読み方に関する1日セミナーに参加してきました。講師は細矢明信先生で、株式会社日経スタッフ教育事業部リーダーをされていた方です。日経をどのように読みこなし、知識を知恵に変えるかという研修をこれまで延20万人の方にされています。

書店に行けば、“日経の読み方”といった類の本はありますし、私自身学生のときに本を買って読んでみたことがあります。確かその本はXX面にはXXに関する情報があって、何曜日にXXというコラムが掲載されますといった新聞の構成を体系的に説明されていたような記憶があります。“興味のあるところを読んでください”とも書いてあったような気がします。新聞の構成を理解することは大切ですが、“ぶちゃけ構成がわかったところで結局は全部読まないといけないんだよね・・・”っていう話になってしまいますし、“好きなところ”といわれても、結局はわかるところをちょこっと読んで終わりになってしまいますよね。

この講座では、新聞の中見出しから読み始めて、次に右端の表のXXを確認するといった具合に、全部読むという前提ではなく、どこにどのような情報があり、どう読みこなしていけばいいのかまで教えてくれます。

同時に、経済やビジネスの基礎的な話もありますので、そういう分野が苦手な人にとってはすごく役に立ちます。例えば今の国債利回りからどう景気を読んだらいいのか、株価との関連は?といった統計や指数をどのように情報として捉えるかや、市況や商品市場の動きを数字から追っていくことで、エコノミストのように少し先の経済の姿を予想する方法も学べます。新聞からどのように情報を捉え、数字から見える事実を知恵に変えるのかを学べるわけです。

今回の講義は午後1時から5時までの4時間でしたが、これでは足りないくらいで、100円ちょっとの新聞にこんなにも情報が詰まっていて、これまで情報をこんなにも見落としていたのかと思い知らされました。まだ今回のセッションだけでは理解していない部分も多いので、また9月開催の終日講座を是非受けてみようと思っています。もう少し内容を自分でも整理できたら、またいつかこのコラムでもご紹介していきたいと思います。

今回は英語には関係ない内容でしたが、語学を勉強する上で背景知識の強化を切り離すことはできません。やみくもに新聞を読むよりも、書かれていることから自分が使える情報(インテリジェンス)に変えていく術があるのとないのとでは全く語学習得や会話のないように雲泥の差が出てきます。

ご興味のある方は www.niee.co.jp(この講座を企画運営されている会社のサイト)を一度ご覧ください。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。