HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

プライベートトライアルレッスン

以前のコラムの中で、英語の勉強方法をアドバイスしたり、作成したりするようなサービスがあったら・・・という話をしました。全くそのものではないのですが、最近、通常の体験講座(通常コースにそのまま入ってもらい体験してもらうもの)に加えて、プライベートトライアルレッスンというものを始めました。

こちらは1対1または少人数の方を対象に1時間ほど授業をしながら、その方の弱点や課題の洗い出しを行っていくというサービスです。基本的には秋からのコースが始まるまで実施する体験講座的な色合いはあるのですが、その方の現状を最初に確認してから、実際に音声を使ったり、サイトラをしたり、ちょっとした日英をやっていただくと、かなりその方の特徴が見えてきます。

今の自分に足りないものは何かを明確にしてから、勉強のスケジュールを見直したいという方にはお勧めです。ただ1時間という限られた時間ではあくまでも概要レベルのお話しかできないのですが、本当の意味で細かく見ていくためには、ある程度の期間、授業の中である程度パフォーマンスを見ながら、課題を特定していく必要があります。

例えばリスニングが苦手という方でも、授業を受けていただき見ていくと、問題はリスニングではなく別のところにあるというケースもよくあります。そういったことを知らずに、リスニング対策のためにCDをひたすら聞くという練習をしていてもなかなか伸びないのです。リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングどれでもそうですが、何となくそのものの練習、たとえばリスニングだったら音声を聞く、リーディングだったらとにかく読むといったような練習だけを続けている人もいますが、ある程度行くと急に伸びなくなります。

物理的な練習量が増えると、一時的にはスキルは伸びますが、だんだん伸びが緩くなってきます。量任せの練習から緻密な分析と計画が必要なステージへと変わっていきます。残念ながら、ほとんどの人はこの量任せの練習からの移行のタイミングがわからないまま、同じ練習を続けていたり、やり方を変えようと思っても自己分析ができないで何となく勉強を続けているのです。

やはり理想的には、自分の勉強方法が見つかるまでは、いきなり独学ではなく、学校に行って勉強のやり方を身につけた方がいいと思いますし、ペースメーカーのように1か月に1回とか定期的に相談できるような場所があるとかなり効率的に勉強ができると思います。忙しい方だとどうしても通学する時間がない、またはちょっとお金に余裕がないからと自宅学習を選ばれる方も多いと思いますが、かえって成果が出るまでに何倍もの時間がかかることがあるので注意が必要です。お金の投資に関しては多くの人がかなり厳しく精査するのに、時間に投資するという概念を持っている方はまだまだ少ないようです。自分の時間だから(誰かに借りているわけでもないから)ただと思われるかもしれませんが、例えば3ヶ月でできることを1年以上かけてもまだ達成できずにいるというのは、金銭的には直接的なロスにはなりませんが、我流で勉強している時間を専門家のサポートを得ながら勉強すれば、もっと効率的に目的を達成できますし、自分ひとりでは設定できなかったような目標も設定してもらえるので、結果的には投資対効果は上がるはずです。

今回のプライベートトライアルは講座を体験してもらいながら、その方の勉強方法を見直し、方向性を決めていくところまでですが、いずれは自分以外の専門家も入れて、もう少し総合的なアプローチでカウンセリング的なサービスも提供できたらと思っています。
(2009年7月15日)


ジェネラリスト通訳とスペシャリスト通訳

通訳者は一般的には語学のスペシャリスト、特にコミュニケーションのスペシャリストであると考えられています。英語が好きな人、得意な人が語学で食っていくと考えたときに、通訳を仕事に選ぶ方が多いのもわかります。勉強して通訳になったとたん、周りから英語ができる(いわゆるペラペラ)と自動的に見なされ、この人に聞けば何でも教えてもらえるという扱いを受けるようになります。

駆け出し通訳のころは、こういうことがプレッシャーに感じたものです。通訳になったといっても、まだまだ勉強中の身。英語の雑誌を読んでもすんなりと日本語のように理解できるわけでもないし、映画だって全てわかるわけではないし、“通訳やっています”と言う時の周りの期待値がぐっと上がるあの感じが嫌で、最初はなかなか“通訳です”と言えなかったことを覚えています。

しかし最近は、通訳という仕事自体、昔ほどスペシャリストという意味合いを持たなくなっているような気がします。例えば日本語の比較的上手な外国人に“たまに私も会社で通訳します”と言われて、“どんな通訳するんだろう???”と思いつつも、今の流れとして通訳という仕事が大衆化しているのだなぁと感じます。求人を見ていても社内通訳・翻訳募集、TOEIC650点以上といった広告も珍しくありません。

昔は通訳学校に何年も通って、たくさんの宿題をこなして、先生に怒られて残った一部の人がデビューのチャンスを与えられ、通訳になるというパターンが多く、そういう意味で大手の通訳学校に入らないと通訳になれないという時代がありました。最近はどうもそうではなく、先に通訳デビューしてしまい、後から学校に通い始める方が増えているような気がします。昔だったら通訳コースに入れるか入れないかくらいの方でも、職場で通訳やっていますという方もいて、それが果たしていいことなのかどうか考えてしまうことがあります。

もちろん早く通訳になれれば、学習への投資コストも少なくて済みますし、現場を早く体験することで通訳そのものに慣れることは可能です。ただ通訳は慣れだけでやっていけるものではなく、やはりスキルを支える語学力や知識は不可欠です。社内で通訳をする場合には、慣れもかなり助けになりますが、それだけでは十分ではありません。

ただ、どこまでスペシャリストにこだわるかによっては、そこまでしなくてもいいのかもしれません。他の業務をやりながら通訳もたまにやるというジェネラリスト通訳もこれからは増えていくでしょう。今までのように“通訳”という言葉の中にスペシャリストたるものどんなことでも対応できないといけないという気負いはなく、“ちょっと通訳もやっています”という風に通訳が単なるサポート業務の一部で、“だいたい意味がわかれば良し”という捉えられ方がされるケースも今後は増えてくるでしょう。

ジェネラリスト通訳が増えてくる中で、スペシャリスト通訳として生計を立てるのであれば、これまで以上に研鑽してバリューを提供していかないといけない時代になってきているなと感じます。

(2009年7月7日)


通訳者と柔軟性

通訳という仕事はやってみるとサプライズ連続で、語学スペシャリストだけではなく、アドリブスペシャリストでないと務まらない仕事だとわかります。語学的にも高度なレベルが要求され、専門性に関しても(一夜漬けではあるものの)与えられた時間の中でその分野の知識を理解し現場に入りますが、その後のパフォーマンスは現場の想定外の要求にいかに柔軟に対応していけるかにもかかっています。

現場で通訳を聞いている人は、元々我々がクライアントまたはエージェントから聞いていた情報とどれくらい違っているかなんて考えもしないと思いますが、現場に行ってみて話が違う!ということはそれほど珍しいことではありません。

先日あるセミナー通訳をしたときのことです。当初は司会、プレゼン、Q&A 全て同通でやると聞いていたので、パートナーの通訳者と進行表に従って分担を分けて準備し会場に行くと、プレゼンは同通でQ&A はシステムの関係で逐次になりますと言われました。急きょ分担分けしていたパートを組み直し、一人が同通終わったら、ブースから壇上に駆け上がりQ&Aを始めるという何とも変な形での通訳となりました。

Q&A以外はみんな同通で進んでいたので、スピーカーも司会も逐次通訳になるQ&Aだけ止まるということが急にはできないようで、油断すると好きなだけ話し続けていきます。これ以上は無理というところで割って入り、スピーカーに少しむっとされながら、Q&Aをこなしまたブースに戻ってという繰り返し。事前にこのことが分かっていたら、パートナーとの分担も変わっていたし、準備もまた変わっていたと思いますが、現場で言われるとやらざるを得ないのが辛いところ。

こういったことはよくある事で、資料の当日差し替えやスピーカーの変更や追加もありますし、逐次と聞いていたら会議が盛り上がりすぎて、ウィスパリングになったり、パナガイドありますからと、パナガイドがどこからともなく出てきて、同通になったりすることもあります。また“通訳者は女性がいいんだよね”と当日の打ち合わせで言われて、“そんなこと今頃言われても・・・”と困ったこともありました。さすがにこの“女性が”というリクエストには“柔軟に”対応することはできませんでしたが・・・。こういう想定していない変更は通訳のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

フリーランスの難しいところは要求される語学レベルや専門性だけではなく、柔軟に臨機応変にいろいろなことに対応していく能力も同様に要求されることではないでしょうか。ただこればかりは準備や練習のしようがなく、場数をこなしていくしかないでしょう。そういう意味でいろいろな人生経験をしている人は強いですね。

先輩通訳者と話をしていると、何が起きても動じず、通訳をしているこの人にもこんな過去があったんだと驚くとともに、これから自分もさらなるサプライズに翻弄されながら、また一枚面の皮が厚くなっていくんだろうなとセミナー会場をあとにしました。
(2009年6月29日)


伝えてますか

通訳訓練をしている時に“訳す”ことと“伝える”ということがいかに難しいかと思うことがあります。“訳す”こと=“伝える”ということに自動的になっているのが理想ですが、多くの場合、“訳す”という部分にほとんどの力を使い、“伝える”というところまで注意が行き届かず、単に言葉を発するだけに終始していることがあります。

通訳の逐次の授業でも、生徒さんは必死で聞こえた単語をメモに取り、全神経を集中し、その単語をできるだけ正確に訳そうとするのですが、単語はほとんど取れて、正確に訳せているにもかかわらず、通訳を聞いていても何を言っているのかわからないという現象が起こります。不思議なことに、生徒さんに“結局、今の箇所はどういう意味だったのですか?”と聞くと、案外正しく情報が伝えられるのです。

文字情報がある場合はもっと深刻です。例えば記事をサイトラさせると顕著に出ますが、単語単位で訳出をして、意味不明または機械翻訳のような訳になってしまうことが本当によく起こります。普段の通訳訓練では、訳がどう伝わったかまで考えず、言い終えたことで満足してしまうので、別の生徒にその訳をまた反対言語に訳し返させると、いかに伝わっていないかよくわかります。

実際の通訳現場だと、こういう通訳では話がどんどん予想しない方向に進行してしまい、収集がつかなくなってしまいます。現場でこういうつらい経験をしたことのある人であれば、単語に正確=伝わる通訳ではないことはよくわかるはずです。上手な人の通訳を聞くと必ずしも単語1つ1つを訳していないのに、全ての情報が無駄なく入っています。いくつかの単語をまとめて意味を出すので、単語を1つ1つ訳す場合よりも、ぎこちなさがなくすっきりと理解できる訳になるのです。

しかし、このすっきり訳はそう簡単ではありません。英語を聞いたときに英語の単語がバラバラに聞こえて、取ったメモにバラバラの単語が並んでいるようでは、このような訳は不可能です。聞いた瞬間に単語ではなく、意味のまとまりとして理解できる(感じ取れる)ことが必須となります。基本的な英語力が不足しているケースもありますが、意外と英語力の高い人でも英語をどう処理していいのかがつかみきれていないので、とりあえず単語に走り、結局機械翻訳のようなガチガチの訳になってしまうことがよくあります。

そういう場合は、数文を訳すのではなく、1文をさらに意味のかたまりの単位で音声を切って流し、聞こえた英語を再生させ、その後すぐにその部分を訳させるという練習を行うことがあります。このようにかたまりごとで聞かせ、訳させるとかなり正確で自然に訳すことができます。この練習をある程度続けていくと、単語ではなくもっと大きなかたまりで意味を捉えることができるようになり、聞こえた単語をとにかく書き出すという癖を直すことができ、以前より自然な訳が出るようになります。

現場の経験が不足していると、“伝える”という意識を持つことが難しく、どうしても単語を全部入れて“訳す”ことに傾いてしまいます。“通訳”というのは訳すという言葉と通じるという言葉も入っているように、“訳す”と“通じる(伝える)”を両立させる必要があると思います。通と訳がバランスよく提供できる通訳者でありたいものですね。
(2009年6月23日)


本当に届けるために

最近、ビジネスマンを対象としたやり直し英文法という講座を行いました。その名の通り文法に不安を感じている人のための講座で、比較的初心者の方が対象。文法というと案外英語ができる人でも不安に感じている方がいるようで、大人向けの文法講座をやりますと言うと、私も受けたいですと通訳をやっている方からも言われて少しびっくりしています。

英語を勉強していく上で文法はやはり外せない項目だと思いますが、TOEICのような試験対策ではなく、ビジネスで英語を使えるようになりたいという方にとって、どこまでの文法知識が本当に必要なのかを推し量るのはなかなか難しいものです。

理屈から言うと、品詞から始まり、もろもろの文法事項を勉強し、正確な知識が多くなればなるほど、より正確なコミュニケーションができる確率は高くなります(もちろんそれを活かしきれるだけの運用力がないと片手落ちになってしまいますが)。

今回のクラスでは、文法のやり直しということで、これだけ知っていればOKという内容のものを選んで準備し、授業に臨んだものの、いざ授業を始めてみると、必要以上の情報を提供しているのではないだろうかと自問自答してしまいました。情報量が多い方が生徒さんのためになるという思いと、これも大切だし、あれも知っておいてほしいと思い授業をしてしまったため、膨大な量の情報を生徒さんに丸投げしてしまったような気がしました。

教えるという点でいえば、情報というのは多ければ多いほどいいわけではありません。伝えたいという気持ちが先行しすぎで、相手のレベルやニーズを十分に考えず、あれもこれもと情報を与えすぎるのはかえって混乱を招き、逆効果になることがよくあります。

これは教えることだけに限ったことではありません。通訳でもそうですし、誰かに何かを説明するときも同じです。“相手のレベルとニーズを感じ取る“ことが必要なのですが、これはなかなか難しく、多くの場合、自分の経験ベースで“相手にはこれが必要だろう”と思い込み、伝える情報や伝える言葉を決めてしまうのです。その結果、空回りし、何で伝わらないんだろう???って話しながら考え込んでしまいます。

通訳でもそうですよね。“スピーカーはこう言ってますから”とそのまま訳して終わりにしてしまうと、うまく伝わらず、情報の出し方や量を変えてやっと伝わることも少なくありませんし、その逆で情報が多すぎで何を言っているのかわからないというケースもあります。通訳をしていて、何で伝わらないんだろうと思うことがたまにありますが、多くの場合は、聞き手のレベルやニーズの想定が間違っていることがその原因としてあるような気がします。

人に情報を届けるというのは本当に難しいものです。通訳や講師の仕事をしていて、情報というのは、自分の思いだけはうまく伝わらず、相手のニーズとレベルを的確に見極め、それに応じで情報を取捨選択していく勇気も必要なんだと感じます。情報過多に陥りがちな傾向を改め、思い切って情報を捨ててでも、本当に必要なものだけを確実に届けることを心掛けたいものです。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。