HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

通訳はつらいよ

フリーランス通訳という仕事は通訳に行き、その場でのパフォーマンスだけしか見られませんが、実際には何倍もの時間の準備がかかります。

通訳をしているところしか見せないので、どういう準備をするのかという部分は知られていません。通訳だけを聞くと、言葉を置き換えているだけのように思われますが、内容によっては準備に膨大な時間がかかりますし、2時間程度のセミナーの準備で1日以上かかることも珍しくありません。よくやっている分野であれば、この程度でいいかという準備の落とし所がわかるので、準備時間も読めるのですが、やったことのない分野だと始めてみて全く進まなくて、寝ないまま仕事場に向かうこともあります。

多くの場合、エージェントから依頼が来た段階ではあまり情報がないことが多く、資料をもらって初めてこんな内容だったのかと驚くこともあります。

先日、IT系のセミナーの通訳をした時のことです。エージェントからは電磁過渡現象に関するセミナーという話は聞いていたのですが、ぎりぎりまで決まらず、直前にいつものごとく大量の資料が届いて初めてどういう技術についての話かが見えてきました。それからが大変。そもそも電磁過渡なんて聞いたことがない概念だったので、そこから始め、直流と交流の違い、オームの法則といった基本的な概念を整理して、直前に送れられてきた100ページ以上にわたるプレゼンを読み進めていきます。ただこういう自分の不慣れな分野だと英語を読んでいても、なかなか進みません。

こういったテクニカルな内容の場合、普段自分が使っている単語が違った意味で使われることが多く、“この英単語はこの分野では〜と訳す”といった縛りも結構あるので、仕事が終わるまでは、“この単語は〜と訳す”という風にきつく自分に言い聞かせていきます。例えば過渡信号は”transient”で、英語で物理をやった人には当たり前の用語なのですが、私のように物理や化学が嫌だったから文系を選んだ人間にとってはtransient=過渡信号という思考回路はできていないので、ぶつぶつと自分に言い聞かせていきます。

テクニカルで、自分の知らない分野の場合、1つの表現がわからずに何時間もネットで検索したり、知り合いに聞いたりあらゆる手段を尽くしても調べがつかないことも少なくありません。その業界独自の専門用語だったり、その会社の用語だったりすることもありますし、最悪なのはプレゼン作成者が間違っていただけで“あーごめ〜ん”で済まされてしまうケース。さすがに最近はある程度探して分からなかったら、“スピーカーに当日確認”としてそれ以上時間をかけないようにはなってきましたが、駆け出しの頃は自分の英語力が足りないためにわからないと思い込み、準備に異常に時間がかかっていました。不慣れな分野の場合、資料の準備ができても、普段使わない英語や日本語の単語リストを作るだけでは不安なので、大声で資料と単語リストを読みまくり、本番を想定してある程度言葉が出てくるまで練習します。こういう準備をした結果、クライアントから“電気関係のお仕事をされていたのですか?”というようなコメントを頂けると頑張って準備してよかったと思います。

こうして半日のセミナーの通訳のために、付け焼刃ながら必死で勉強をして本番に臨むわけですが、こういう部分はクライアントには見えない部分ですので、“通訳は料金が高い”と言われると残念な気持ちになります。ただこれから通訳者への要求度がますます上がっていくことが予想されますので、準備にどれだけ時間がかかったかこの料金は正当であるという考え方ではなく、本番でいかに納得してもらえるようなパフォーマンスができるかがこれまで以上に問われる時代になるような気がします。
(2009年6月8日)


教えることで自己発見

お久しぶりです。ここ1か月ほどバタバタとしていて、こちらのコラムを書くことができず、いろいろな方から“どうしたんですか?”とご連絡を頂きました。少しだけですが、落ち着いてきましたので、今週からまた再開したいと思います。

春からいろいろな講座を開講するため、その準備や講師の面接・研修・手配といった業務や教材作成も加わり、教える仕事がメインの生活をしていました。教える仕事は20年ほどやっており、これまでもつかず離れずのスタンスで行ってきましたが、今年に入り教える仕事の比重が急に増え、改めて”教える“ということについて考える機会も増えました。

20代で教え始めた頃は、自分の英語の勉強をしながら同時進行で教えていましたので、教えながらも、自分自身がどう英語を解釈していいのかわからないことも多く、テキストや問題と奮闘していました。通訳訓練を始め、英語をどう理解していけばいいのかが、少しずつわかってきましたし、通訳を通して、ビジネスの場を始めとした様々な場でどういう風に英語が使われるのかを目の当たりにする機会にも恵まれました。例えば、「経営者はこういう場ではこういう言葉を使う」とか、「交渉の場での表現はこれ!」とか、これまで本で勉強した英語が現場で覚えた英語へと変わってきました。今はそういう知識も交えながら20代の頃には教えられなかったことも教えられるのは楽しいですし、これまでは自分のためだけに知識を吸収してものを他の人のために還元できるというのはやりがいのあることだと感じています。

以前のコラムの中で、教えることは“気付き”であるという話をしましたが、教えることはこれまで自分が歩んできた道を振り返る内省的作業でもありますし、通訳のように与えられた情報をいかにうまく処理するかという受身の作業とは違い、ある意味ゼロの状態から情報を自分らしくプレゼンしていく非常に能動的な作業だと思います。いかにわかりやすく情報を伝えるかというのは通訳にしても教えるにしてもどちらにとっても非常に重要な要素でありますが、教えるというのは通訳以上に情報を伝える自由度が高いので、その点やりがいと同時に難しさがあります。

怖いのがその人の人間性がもろに出てしまうことです。ある人が“人は自分が育てられた親の影響を多分に受けて、子育てをする”と言っていましたが、その人の教え方を見ると、これまでどういう先生に習ってきたのか、どういう家庭に育ったのかも見えてくるから不思議です。昔厳しい先生に習った期間が長く、その先生から影響を受けると、教える時に同じような口調で生徒に話したり、生徒に厳しく接したりすることが多くあります。ご本人はそれには気付いていないので、“もう少し言い方を変えて授業した方がいいですよ。“という風に指摘して初めて気付くようです。

教え始めるといろいろな発見がありますし、追い込まれると人前でこんなこともできるんだという自分に対する驚きもあります。現在通訳をされている方で講師をお願いしている方と先日お話しする機会がありました。教えること自体は今回初めてでいろいろと試行錯誤されながら、授業に取り組んでいただいていますが、その方が“私、今回教えるという仕事のチャンスを与えていただき、頑張ったら新しい自分になれる気がします!”とおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。通訳者のように英語の知識がたくさんあるから、教えられるというわけではなく、自分の殻を打ち破るような気持ちの切り替えが必要なんだって最近何人かの先生を見ていて感じました。そうやって一皮むけるとまた違う自分が見えてきて、面白いと思います。我こそは!と思われる方は随時講師募集していますので、ご連絡ください!!
(2009年6月1日)


プロ通訳の条件

昨今の不況は通訳業界への影響は仕事の量の減少だけではなく、仕事での要求の厳しさにも表れているような気がします。企業の予算が少なくなっており、本来なら2人または3人体制でやるべきところを1人または2人というように通訳者1人当たりの負荷が大きくなっているような気がします。これが不況だけの影響なのか、構造的な変化なのか、それとも複合的な要因でこうなっているのかわかりません。

構造的な変化の例としては、社内通訳→フリーランスになる人が増え、社内通訳のノリで通訳をしてしまい、1人で何時間もウィスパリングをするとか、サービス精神からか「空いた時間に翻訳もやります!」とやってしまう方がいて、フリーランスの通訳にそういうことが要求されることがあるという話も聞くようになりました。臨機応変・顧客満足度重視という点で考えると悪いとは言えないですが、「頑張ります!」と言って1人で数時間も同通したり、空いてる時間に翻訳までやってしまうと、他の通訳者にも同じことが要求されてしまうという悪循環が生じます。

先日、知り合いから通訳者が案件の依頼を受けるべきかどうかの相談の連絡がありました。1人体制で3時間休憩なしでウィスパリングというものです。大企業の社長が数十名集まる会合で、外国人が数名おり、その外国人に通訳が必要という案件だったらしいのですが、結局、相談した結果3時間ウィスパリングをして通訳の品質が保てなかった場合、クレームになるというリスクがあるので断った方がいいという話になりました。これ以外にも海外側数名、日本人側10名以上の電話会議で一人同通という案件のオファーがあったという話もききます。

現在のコスト削減圧力はある意味仕方ないとはいえ、通訳がそれをどこまで吸収することがプロとして求められるのかは難しい問題です。今どの業界でもコストカットにより仕事で要求されることがこれまでよりも高くなっていると思いますので、通訳だけがこれまで通りの条件で仕事ができると考えるのは甘いというのはわかりますが、物理的、体力的にどこまで可能なのでしょうか?

3時間1人ウィスパリングや電話会議1人同通も普通にやっているという人達もいるかもしれませんが、やはり途中で集中力が持たずに通訳の質が落ち始めるというリスクは常にあります。クライアントによっては“だいたい”でいいからとか、“ざっくり要点だけをまとめてもらえばいいから”ということをおっしゃることがありますが、通訳者に“だいたい”や“ざっくり”を判断できる知識も通常ありませんし、“この程度でいいや”と決める権限もありません。

これまでの通訳条件が良すぎたのか、このような厳しい条件が今後スタンダードになっていくのか、この不況から回復したら、また前のような条件に戻るのかわかりませんが、着実に通訳者に求められているものが厳しくなってきているということと、そういう要求に対して応えている通訳者がいるという事実は事実として受け止めないといけないですね。

クライアントの中には1時間の会議で半日料金払うのはおかしいというところもでてきたりしていますが、料金体系もこれまで通り半日と終日というこれまでの料金体系が崩れてしまうことがないようにこの業界にいる人が紳士協定を守っていかないといけないと思います。
(2009年4月21日)


男性通訳案件

通訳依頼を受ける時に、たまに男性通訳だからということで依頼がくることがあります。大体は宗教がらみの中東への出張や危険な場所での通訳が多かったりするのですが、以前やった仕事で珍しい案件がありました。
この案件を引き受けたものの事前情報があまりなく、とりあえず大阪でクライアント(弁護士)に会い、黒人男性との面談で通訳をする・・・どうやらこの男性は何か民事事件にかかわっているらしいというだけで、エージェント自体もこの男性が被害者か加害者かもわからないという状況でした。クライアントは男性通訳を希望しており、その理由は黒人男性の語気が荒いためというちょっと不思議な理由でした。通常こういう情報の少ない案件は受けないことが多いのですが、大阪に帰れるという安易な動機から引き受け大阪に向かいました。
当日、大阪に着き、クライアントの弁護士と会うと、“語気が荒い”黒人男性が“凶暴な“黒人男性という説明に変わってきました。弁護士によると、この黒人男性にはある詐欺容疑があり、事件当日の状況確認を1年ほど前から続けているが、これまで通訳なしだったので、うまくコミュニケーションができなかった。今回通訳を使いコミュニケーションを改善したいというのが狙いでした。
具体的な容疑内容よりもその黒人男性が以前刃物を振り回し大立ち回りをしたとか、弁護士との面談でf word連呼で罵倒したとか、肝心な案件情報はあまりもらえず、いかにその男性が危険人物かということが滔々と語らました。
面談の場所はなぜかファミレス、ロイホ。弁護士には事務所から来たのか用心棒らしき男が一人いて、その大きな体格だけみると柔道有段者か警官にも見えましたが、挨拶もそこそこに、その黒人男性が暴れたり刃物を振り回したりした場合に備えて、どこに座らせるかを真剣に悩み、よく見ると膝はガクガク震え、握ったコーヒーもこぼれだしていました。この人以外に二人の男性がきて、こちらは総勢五名。他の男性も落ち着かない様子で時計と入口を頻繁に確認。張り詰めた緊張の中でも、淡々と必要な情報を聞き出しながら、一体どんな凶暴な人が来るんだろう?ボブサップみたいな野獣系なんだろうか?それとも曙のような巨漢が来るのだろうかと想像を膨らませる一方、過剰にビビっている男4人の姿が可笑しくなってきました。
以前、詐欺罪で訴えられた外国人の通訳を東京地裁でした時に、債権者グループから被告人が罵倒されていたことを思い出しながら、通訳という仕事は人間の様々な形の欲望、関西弁で言う“えげつない”部分を受け止める仕事だなあとしみじみ感じました。普段のビジネス通訳でも、買収にからむ通訳だと駆け引きや人間の欲望がもろに出てくるので、知らないうちにそういう感情や思いも受け止めて訳していきます。こういう場合は言葉を超えた部分で伝えていることが多いような気がします。人によって違うとは思いますが、自分の場合はこういう感情や思いがぶつかり合い人間的な部分が出てくるような場面での通訳の方が何だかドラマみたいでやりがいを感じます。
さて、予定の時間になりロイホの入口に現れた黒人男性はボブサップや曙とは程遠い自分と同じくらいの体格の男性でした。確かに眼光は鋭く、何も言わずにじっと見られると普通の日本人なら身構えてしまうでしょう。話し始めると自分がかけられている容疑を晴らしたいのに、説明しようとしても自分が黒人というだけで犯人扱いされ、まともに話すら聞いてもらえないことに対する悔しい思いを切々と訴え、初めて通訳を通して自分の思いを伝えられる喜びに堰を切ったようにこれまでに蓄積されてきた思いを吐き出すように話しました。
見た目と国籍により、日本人側にかなりの部分の思い込みがあったことは確かです。今回の話し合いで全てがクリアになったわけではないにしても、お互いの理解が大きく前進したことは確かです。
最近では、会議に呼ばれても、ほとんどの人が通訳不要で、一部の人が日本語または英語がわからないからということで通訳が使われること多く、こうして全く理解し合えず、お互いを敵視していた人たちが二時間程度の話し合いで、最後にはお互い笑顔と握手で話し合いを終えられる、そういう手助けができるというのが本来の通訳の面白さなのかもしれませんね。


究極の単語鍛錬

1月から始まった通訳講座が今月で終わります。この時期から来期講座の教材作成に入ります。5月から外部機関での講座も始まり、中には市販の教材ではなくオリジナル教材を作成しないといけない講座もあり、通訳よりも教える講座の準備に時間が取られています。

教材を作成にはさまざまなプロセスがあります。

教材コンセプト決め、市販教材チェック、素材探し、ネィティブチェック、録音、スクリプトおこし、校正等さまざまなプロセスがあります。講座の良し悪しはもちろん講師のスキルも重要な要素ですが、それと同じくらい教材の質やスタッフのスキルも成功を決める重要な要因です。

これから夏にかけて単語力強化のための教材を作成します。単語力を増やすというのは語学を学ぶものにとってある意味、永遠の課題です。どうすれば効率的かつ効果的に単語力をつけることができるのかを検討していきます。単語は単に意味だけを覚えればいいというものではなく、実際に運用力を付けていくためには、用法も押さえていかなければなりません。特に動詞はそうです。ほとんどの単語集が単語の意味を列挙し、例文を載せて終わりというものが多くなかなかそれでは本当の運用力は身につきません。特に単語のコロケーション(単語と単語の組み合わせ)の力をつけ、単語を使いこなしていくためには単純な意味の暗記だけでは対応できません。

最近、ネットでかなり売れていると言われている単語集といくつか取り寄せてみました。ほとんどの単語集は、若干アプローチは違うものの、単語リストという感じでやはり運用力を伸ばすという観点で弱いと感じましたが、一つだけユニークな単語集がありました。それが“英単語ピーナツほどおいしいものはない(清水かつぞー著:南雲堂出版)”という単語集でした。金メダルコース、銀メダルコース、銅メダルコースというように銅→銀→金というように難易度も上がっていきます。対象は大学受験生ですが、一般の人でも役に立つと思います。ここでは単語の説明というのはほとんどなく、単語の組み合わせで表現を覚え、運用力をつけるというコンセプトになっています。例えば「stale (形)新鮮でない、気の抜けた」という単語ではなく、「古くなったパン」=「stale bread」という形で語句そのものを覚えて語感を身に付けるというやり方です。

日英の練習でも・・・・法律を施行する・・・というような表現があると、多くの方が法律=law, 施行ってなんだっけ??えっと・・・という風に分けて考えて時間がかかるか、途中で諦めてしまうか、かなり適当に単語を並べてみる人が本当に多くいます。単語を分けて考えて、コロケーションを考えずに日本語の単語に英語をはめ込んで日英にしてしまう人は、こういった単語の強化方法を取り入れてみてはどうでしょうか?「煙草の吸い殻を散らかす」「欠伸をかみ殺す」「歯を食いしばる」等単語だけを単体で覚えていても訳せないような表現もたくさん入っていますので、ご興味のある方は一度書店でこの本を確認してみてください。

冒頭にも書きましたが、これから教材の作成が始まります。もし教材作成にご興味のある方、サイトラやTOEICを始め、教えることに興味のある方がいらっしゃれば是非ご連絡ください。いろいろな経験やスキルをお持ちの方と協力しながら、よりよい教材や講座を提供できたらと思っております。よろしくお願いします!
(2009年4月7日)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。