HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

お勧め自宅学習教材

学校を立ち上げてから一貫して“サイトラ”をメインにして教えるということを進めてきました。通訳訓練にしろ、一般的な英語力を上げることにしろ、サイトラで英語の記事を訳したり、日本語の記事を使って英語にしてみたり、また音声を使って短い区切りごとに訳を入れていくという音声サイトラを行ってみたりとサイトラといってもいろいろな形態で力をつけていくことができます。

この5月から様々な外部講座でもこのサイトラと取り入れたコースが始まります。こうして少しずつサイトラという訓練方法が通訳の特殊訓練としてから一般の人の英語力強化のための勉強方法として広がりを見せているのは本当に嬉しいことです。これに合わせてオリジナルの教材を作り、一般の方がよりサイトラのメリットを享受して自主学習できるような教材を提供していきたいと思っています。

サイトラをする場合、教材をどうするかという問題があります。かなり力がある方であればいろいろなところから英文記事を選び、それを前から訳していけばいいのですが、まだあまり力がない人の場合にはうまく訳せなかったり、訳自体が合っているのかわからないこともあります。勉強会を開いてお互いに訳を出し合ってチェックし合うという手もありますし、学校行ってしっかり勉強するという方法もありますが、それができない人は市販の教材を活用するのも手です。

通訳訓練を始められないレベルの方には、ジャパンタイムズが出している『NEWS DIGEST Beginners』がお勧めです。英文記事自体がかなり短く、訳もきちんとついていますし、重要語句も英日訳が付いています。しかも音声も付いていますので、サイトラだけではなく、シャドウーイングもできますし、自分で音声を切りながら音声サイトラをしていくこともできます。また余力がある方であれば、英日でしっかりと表現を押さえたあと、日英のサイトラに挑戦するのもいいでしょう。その場合に、日本語を自分で読んで、その後すぐに英語でその部分の訳を入れていくというやり方にすれば通訳訓練の導入にも有効です。その時に自分のパフォーマンスを録音し、あとでそれを書き起こして文法的な間違いを確認したり、よりよい言い回しを考えてみるのもいいと思います。

記事そのもの英文のレベルは高くありませんが、簡単なものを確実にきちんとした日本語に訳す力も必要ですし、日英でここに上がっているくらいの英語がスラスラとでてくることを当面の目標にしてみてください。

もう少しレベルの高い方であれば「The Japan Times NEWS DIGEST (The Japan Times)」がお勧めです。記事の長さがビギナーズに比べると4倍くらいになりますので、初見で声に出しながらサイトラするとかなりの量になります。同じように音声を使った訓練や日英も入れていくと一人でやるとすると2〜3時間くらいの練習量にはなると思います。また、英→日、日→英それぞれ録音し、セルフモニタリングしていくとそれ以上の練習量になると思います。

難しい英文を読みこなす練習も必要ですが、比較的平易な文章を的確な訳に変えていくという練習も同じように必要です。訳の精度やスピードを上げたい方には是非お勧めしたい勉強方法です。どちらの教材も1,000円くらいで音声まで付いていますので、かなり経済的ですから、自宅学習教材をお探しであれば一度チェックしてみてください。
(2009年3月30日)


これからの通訳者・・・

今年に入ってからの不況は底が見えないと言われるように、どこまで悪くなるのかが全く読めないという恐ろしさがあります。2009年の経済回復は見込めないという見方も多く、回復は2010年以降に持ち越されるという見方が強まってきました。今回の不況でさまざまものが破壊され、変化を余儀なくされてきています。雇用もそうですし、価格もそうです。

物価を見ると、ほんの一年前と比べ多くの商品が下方圧力を受け値崩れが起こっています。ものの場合、原材料、製造コスト、販売コスト、流通コストを始めさまざまなコストを積み上げ、それに利益を加え販売価格を決めていきます。企業は原価を割らないように企業努力で合理化・コスト削減を行い価格破壊に対抗し生き残ろうと必死です。

通訳はどうでしょうか?現在のように景気が悪く、仕事量が減る中でどこまでレートを維持できるのかは疑問です。先日、知り合いの通訳者から、「1時間の会議の通訳を半日料金ではなく、時給でやってくれないかと頼まれた」という話や「半日の会議のウィスパリングを1人でやって欲しいと言われた」という話も聞きますし、あるフリーランスの通訳者はフォーカスグループインタビューの同通を1人(普通は通訳者二人で行います)で数時間こなす人もいると聞きました。

これまでフリーランスのレートは半日料金と終日料金という形で守られてきました。たとえ1時間の会議であったとしても、それまでの準備時間を考えると半日は保証してもらわないと割に合わないとか、その1時間の会議のために他の仕事が取れないという機会損失のリスクを回避したいということが背景にあったと思いますが、現在のようにクライアントの予算取りすら厳しく、予算も限られているという状況が続くとなると、これまで通訳業界で当たり前であったレートの構造も変化を余儀なくされるのかもしれません。

先日ネットで同時通訳のレートを検索していたら、時給レートで同時通訳者を手配しますというエージェントがあることがわかりびっくりしました。レート自体は半日料金を単純に3時間または4時間で割った金額ではありませんでしたが、最初の1時間がXXX円、それ以降1時間ごとにXXX円が加算されるとありました。

今大きく通訳レートが値崩れしているという話はききませんが、さまざまなものの値段が下がっている中、通訳レートだけ影響を受けずに不況を乗り切れると考えること自体甘いのかもしれません。

ただそれだけを憂いていても仕方ないので、景気が回復し仕事量が増え始めた時にいい通訳ができるよう自分の通訳レベルを上げておくよう自己鍛練は積んでおきたいものです。最近では会議出席者の多くが英語ができるという状況の中での通訳も多く、下手をすると通訳者と英語力が変わらないような方が多く会議に出席することも増えており、昔のように通訳者がいないと事が進まないという状況は逆に少なくなっています。それだけ通訳者に対する要求度が上がっていますので、常に勉強をしていかないとこれまで以上に生き残りが厳しい時代がやってくると思います。
(2009年3月24日)


英語リスニングクリニック

皆さん『英語リスニングクリニック』という本をご存じでしょうか?
2000年に研究社から出版された本で、その名の通り“リスニング力が伸びないという方のためのクリニック”の中で話が進んでいきます。著者である4人の放送通訳者が登場し、2人の生徒をこのクリニックで特訓するという設定で話が進んでいきます。この2人の生徒は全くタイプが違うのですが、どちらもよくクラスにいそうなタイプの生徒で、読者が自分と重ねて考えることができると思います。

200ページ以上ある本の中で、この生徒を4人の講師がいろいろな通訳訓練を行いながら、学習の問題点を明確に指摘し、指導していく様子が記録されているのですが、初めてこの本を読んだ時に、こういうクリニックが本当にあったら・・・と思ったものです。もちろんビジネス的に考えるとマンツーマンでここまで細やかな指導をすることはかなり困難ではありますが、ここまでできると本当の語学力をつけることができるだろうなと思います。ただこういった場を実現できないにしても、この本を読むことでもう一度基本的な通訳訓練を整理することができます。

この中で取り上げられる学習方法に“シャドーイング” “ディクテーション” “スラッシュ・リーディング” “スラッシュ・リスニング”等があり、それぞれなぜこの勉強方法を行うのかしっかりとした根拠とその効果についても説明されています。何となくこういう訓練法をやっている人や本当に効果があるの?とこういった訓練法に懐疑的な方にも読んで頂きたいですね。

この本の中では、音声学的訓練や語彙力強化といった“ことば”に焦点を当てた訓練法以外に、情報処理の重要性についても触れられています。発音訓練、ボキャビル、文法演習といった“ことば”の勉強だけではなく、英語で発信される情報をいかに理解するかについては、あまり学校では教えられないので興味深いですね。

通訳学校で訓練を受けている人であれば、“スラッシュ・リーディング(=サイトラ)”はある程度はされているので情報処理訓練というイメージはつかみやすいと思いますが、一般の方にとっては英語で発信される情報をどう処理するのかなんて考えたことないのではないでしょうか?語彙・文法力が付いていけば、力技で理解していくものと考える方も多いと思いますが、「和訳する」=「情報処理して理解する」ではないということを理解する必要があります。

通訳養成コースでは、どうしてもアウトプットの言語の精度を上げていくことに重きが置かれるので、英日の場合だとわかりやすい日本語に訳すということが求められますが、一般の人にとっては自分さえ理解できればいいわけですから、わかりやすい日本語に直す必要はないわけです。一般の方向けのコースで情報処理の訓練として英日のサイトラをやるときの注意としては、アウトプットの日本語の精度は問わず、あくまでも英語をその語順のまま理解できているかどうかだけを確認するようにすることです。場合によっては、アウトプットの日本語の中に英語が混じっていても本人が意味を理解しているのであればよしとします。英語を正しい日本語に置き換えるというのは、単に情報を理解するというプロセスと比べるとはるかに高度なプロセスだからです。

この他にも“音読即訳”という訓練方法も紹介されています。この訓練方法は自分もよく使いますが、短い英文を一度音読して内容を把握し、すぐにその内容を(英文を見ずに)日本語にするという訓練方法です。言葉に捉われ過ぎる人、リテンションが弱い人、情報処理がうまくできない人にとっては非常に有効な勉強方法です。

英語を理解するには、語彙や文法といったミクロ的な知識の蓄積も必要ですが、全体として何が言いたいのかというマクロ的なアプローチ(訓練)も必要だと思います。一般の方の勉強はどうしても前者に偏っているので、ある程度のレベルに達したらもっとマクロ的なアプローチに切り替えた勉強方法が必要なのではないかという気付きを与えてくれる一冊だと思います。
(2009年3月16日)


超えろ限界!

景気の影響で通訳自体の需要が例年と比べ落ち込んでいるので、これまでできなかったことを少しずつ行っています。“大人のためのやり直し英文法”の準備やTOEICテキストの作成もそうなのですが、去年忙しすぎであまりできなかったジムトレーニングを再開しました。

私の年代の人は軽く汗を流す程度にやる人が多いようですが、私の場合はかなりガッツリやります。トレーナーと一緒に1時間半〜2時間くらいみっちり筋トレです。気持ちいい汗を流して仕事のストレスをすっきり取る程度では飽き足らず、プロのボディービルダーについてもらい(ちなみに、ボディビルをやるつもりはありません)“もう無理!!”という限界まで追い込みます。時には途中で気持ち悪くなり、トイレに駆け込むことも・・・。中学高校で器械体操をやっていたころ以上に筋トレやっているので、周りからは“一体何がしたいん?”と関西弁で突っ込まれ、不思議がられています。

自分の性格上やろうと思ったことはかなり突き詰めていくタイプで、今のところ英語とトレーニングに関してはそういう傾向があります。トレーニングに関しては、これまでもやってきましたし、一時期トレーナーになろうかなと思い、勉強した時期もあるので、普通の人よりは知識はあるので、一人でもトレーニングをしようと思えばできます。トレーナーについてもらいメニューをこなしていく場合でも、ほぼ全て自分が普段1人でやっているメニューと変わりません。

ではなぜ、わざわざお金を払ってトレーナーにお願いするのか?それは1人でトレーニングをしていると知らないうちに、その日の体調と体力から、その日できるトレーニング量を経験から自動的に計算し、これくらいのペースでいけば最後までメニューをこなせるというふうに、逆算してしまうのです。確かにこのやり方だと自分に課したトレーニング量をこなすことはでき、その日の目標を達成することは可能です。ただこうすると、どうしても小さくまとまったトレーニングを確実に行っていくということになり、現状維持か若干向上程度に留まってしまいます。その点、トレーナーにお願いすると、自分一人だったら絶対に設定しないようなウェイトと回数で追い込んでくるので、自分の頭の中にあるsafety zoneがあっという間に破壊され、これまで自分が限界と思っていたラインが一気に行き上げられていくのを感じます。

これって英語にも当てはまると思いませんか?自分で決めた勉強の量や目標値というのは案外自分のsafety zoneに納まるように設定され、本当の限界に挑戦していないのかもしれませんよね。例えば1日1時間勉強時間があるから、“じゃあ〜をしよう!”というふうに目標値を設定してしまうと、その時間内でできることをやるというある意味safety zone内で勉強していることになりますので、飛躍的に伸びるという経験をすることは難しく、どうしても現状維持という結果に終わってしまいます。同じ1時間でも、 “今日は単語を100個覚えて、次の日は同じ時間内で120個、その次は140個・・・”と、どんどん自分に負荷をかけていく(自分の限界に挑戦する)ことが必要です。不思議なもので、人間は“できる” “やらなければ”という気持ちでやればかなりのことができてしまうものです。“できたらいいな〜”とか“とりあえず力が落ちない程度に・・・”という気持ちで勉強するとグルグルと同じところを回っている状態のままです。

通訳の仕事の場合、今日中にこの会議の資料から自分で単語集を作り、それを全て覚えてしまわなければなりません。明日覚えても遅いのです。そういう緊張感というのは勉強にも必要だと思います。己を律し常に緊張状態を維持し、勉強していくことは並大抵のことではありません。そういう意味でも私のトレーナーのように自分のsafety zoneを毎回破壊してくれるような存在は貴重です。それは学校かもしれませんし、勉強仲間かもしれませんし、現場かもしれません。いずれにせよ、定期的に自分を追い込めるような環境に身を置くことは語学力を常に向上させていく上で一つ大きなポイントになってくると思います。確かに“継続は力なり”ですが、safety zone内での継続だけでは、それほどの力にはならないのではと思います。


大人のためのやり直し英文法

今回のタイトルにあるように、来月から『大人のためのやり直し英文法』という講座を行うことにしました。コラムでも何度か文法について書いていますが、いろんな方から“どうやって文法をやり直したらいい?”とか、“文法をやり直したいけどお勧めの本ない?”などの質問をよく受けます。きちんと答えられるようにと思って書店に行き勧められる本を探してみたものの、いいと思う本は厚すぎたり、適切な薄さである場合は内容が偏っていたり、なかなか適切なものがなかったのでそれなら自分でやってしまった方が・・・という経緯で開講することにしました。

大人が英語をやり直す場合、やはり基礎となるのは文法と単語力です。この二つがある程度整えば英語の素地としては十分だと思います。あとはいろいろな訓練をしていけばどんどん伸びていきます。逆にここがしっかりしていないうちから、いろいろな訓練をしたところで空回りするか、思ったような伸びが感じられないことが多いと思います。

文法というと受験で嫌な思いをした人と、クイズ感覚で楽しめた人と大きく分かれると思いますが、前者の人は“受験”という縛りを意識し過ぎて、本来文法とは英語を使いこなすためのルールであり、文法を勉強しながら“これで〜が表現できるとか”“自分なら〜みたいな英語を話したいな”というように自分に置き換えて知識を習得しなかったからではないでしょうか?

これまで言えなかったことが言えるようになる、聞けなかったことが聞けるようになるということは単純に楽しいものです。それは大人にとっても同じではないでしょうか?“あ〜、これも覚えるの?細かい規則ばっかり。文法面倒くさい!”ではなく、“へ〜ぇ、この文法でこんな気持ちが表現できるんだ!”というように、どうやって自分の英語の幅を広げるために、そしてより正確に自分の気持ちを伝えられるかという観点から文法を見れば楽しみながら勉強できるはずです。今は受験という縛りはないわけですから、もっと自由に楽しみながら勉強してもいいのではないでしょうか?

また、文法というと膨大な量の情報を覚えないといけないというイメージもあるようで、基礎を覚えたらいきなり例外の説明をされ、混乱した経験のあるかたもいると思います。もちろん言葉ですから例外はつきものですし、覚えることも確かに少なくありません。ただそれをある程度法則化したものが文法ですから、学生のときには理解しにくかったことでも大人は論理的な情報に対しては強いので、案外やってみると“あれこんなもの?”と感じると思います。それに文法学者になるのでないなら、全ての規則を完全に覚える必要はないわけで、私も全ての文法を把握しているわけではありません。一般の人が普通に使う範囲で必要な情報となるとかなり絞り込むことができます。例えば電化製品を買って分厚いマニュアルが付いてきたとしても、普通の人は全部読まずに必要なところだけを読み、使いながらまたマニュアルに戻るように、英語も必要なところだけを勉強して後はまた使いながら確認していくというスタンスでいいと思います。

ただその“必要なところ”というのはなかなか個人では判断できないので、この講座では“これとこれは覚えてください”というように、一般の方が英語を使う上で必要なポイントだけに絞って説明していこうと思っています。

これまで文法で痛い目に合ってきた方、苦手意識のある方、もう一度やり直してみたい方ぜひ一度ご連絡いただければと思います。

よろしくお願いします!



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。