HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

英語学習プランナー

皆さん、Financial Plannerという言葉はご存知でしょうか?最近では資格としても人気があるので、新聞や雑誌で見たことがある人、この資格を取得されている方が周りにいる方もいるかもしれません。このようなサービスが求められる背景としては、金融商品が多岐にわたり、かつその複雑さが日を追うごとに増しているという状況があります。金融や金融商品の知識を増やしつつ、定期的に自分のライフスタイルに合わせて、自己責任で見直し、変更か継続かの決断をする必要がありますが、個人一人で自信を持って判断していくことは実際にはかなり難しいのが現状です。

ここまで読んだ方は今回のコラムは一体どこに行くのだろうかと思われるかもしれませんが、今回のお話は同じことが英語学習にも言えるのではというお話です。英語学習者の種類もかなりありますが、その数を凌駕するくらいの教材や学校の数があります。日々、英語学習に関する新書が発売されていますし、いろいろなメソッドを宣伝する学校も山のようにあります。インターネットの普及により、ちょっと検索しただけでおびただしい数の英語学習教材が出てきます。

もちろん英語学習教材は保険や年金と比べるとはるかに個人の人生に与える影響は少ないわけですが、英語学習にかける教材費や授業料(人によっては海外留学した場合の費用)だけではなく、これまで費やしてきた時間をお金に換算したら結構な投資をしてきた人が多いのではないではと思います。しかもそのほとんど人が思ったような成果が出ず、まだまだ投資しないといけないという方が大半を占めているのではないでしょうか?

語学というのはここで終わりということはないと思いますので、究極的には勉強を継続していく必要はあると思いますが、これまでと同じ投資額とやり方をずっと続けていかないといけないのかというのはまた別の話だと思います。それぞれの学習ステージにあった勉強方法や適切な投資額というものがあると思いますが、教材のセールスや学校はできるだけ多くの方に自分たちの商品を買ってもらいたいので、自分たちの商品や学校の素晴らしさを力説しますが、個人個人のスキルアップのために他社の商品や学校を含めて提案することはほぼないですよね? そういう意味で、セールスマンとしてではなく、ある程度中立的な立場で、トータルにさまざまな商品や学校を紹介する”Financial Planner”のようなサービスが英語学習にも必要なのではと思います。

ただ難しいのは教材や学校の数の多さ以上に、目に見えないもの、つまりサービスやアドバイスにお金を払わない日本人気質にその難しさがあるような気がします。無料情報だけに頼り、自分だけの判断で全体が見えていない状態で、時間とお金を投資してしまうことがもたらす最終的なお金と時間のロスというのはかなり大きくなる可能性があると思いますが、なかなかアドバイスをもらったり、プランニングをしてもらったりすることにお金を払うところまで進んだ考え方ができる方はまだまだ少数派だと思います。

こういう部分が変わっていけば、日本人の全体の英語学習効率が上がっていくのではないかなと思うのですが、皆さんはどう思われますか?


教えて学ぶ

人間というものは不思議なもので、自分ができることは当たり前と思って、当然他人もできるはずと思い込みがちです。また、自分が今いる環境の中で自分が普通にやっていることは当たり前のことで、他の環境で他人がどうしているかなんて普段の生活の中では考えないものです。ちょっとしたきっかけで全く違う世界に足を踏み込んだり、一歩引いて現状を見てみると“あれ?”と思うことがあります。

ここ10年ほど通訳訓練・通訳業という世界に身を置いてきました。飛び込んだ当初はすごく難しい内容の新聞を読まされたり、早いテープを聞かされたりでこんなもの理解できないとショックを受けましたし、日本語から英語に直す訓練でも何をどうしていいのか試行錯誤の毎日でした。やればやるほど深みにはまっていくような感じがして、通訳の仕事でも少し慣れてきたかなと思ったら、必ずまた難しい内容の仕事が入ってきて、“また振り出しからのスタートか”という思いの繰り返しでここまできました。恐らく通訳という仕事を続けていく限り、こういったことの繰り返しなんだろうなと思います。

最近、前々からやりたかった通訳訓練を一般の人に使って英語を教えるというプロジェクトを始めていろいろな気付きがありました。その中でサイトラだけではなく、本当に基本的な辞書の引き方も説明しました。名詞の場合、U(不可算名詞)とC(可算名詞)をまず見て、それも参考に意味を考えないといけないとか、動詞の場合はI(自動詞)とT(他動詞)によっても意味が違うことがあるので、辞書を引いて日本語の意味だけ見ていては誤訳になる可能性があるという話をしたら、意外にも反響があり逆にこちらがびっくりしました。

発音に関しても例えばrunとranの母音の違いについて体を使ってどうやって発音するのかを説明したところ、これまた全員が知らなくて驚くと同時に、発音記号をほとんどの人が読めないということにも驚きました。

生徒さんを含め、自分の周りにいる人たちは英語ができる人が普通にいるので、何となく自分たちがやっていることや、知っていることは当然他の人達にとっても当たり前のことと知らないうちに思い込んでいたのです。

普段、通訳訓練には、TOEICで満点近い方が普通に来られており、そういう方に慣れてしまい一般の方が英語に対してどういう知識を持っているのかの感覚が全くずれていました。通訳訓練を受けている生徒さんはなかなか思ったように通訳スキルが伸びず、まだまだという気持ちで日々練習をされていると思います。ちょっと見方を変え、外を見てみると、通訳訓練をしている方たちの多くは一般の方から見るとあこがれの存在であり、その方たちが持つ知識や学習経験というのは一般の方からすると喉から手が出るほど欲しいものなのです。

そう思うと、通訳者や通訳を目指す方が単に自己鍛練だけで知識を内部に蓄積するだけではもったいないですよね。通訳訓練を受けている方の数まで入れるとかなりの数の方がいらっしゃるので、そういう方の一部の方でも、“勉強!勉強!”の毎日から“勉強!教える!”という風になれば、日本の英語力はかなり上がるような気がするのですが、皆さんどう思われますか?他人に教えるというのは、結局は自分が学ぶということになりますし、通訳だけだと自分で何かを発信するという機会がないので、バランスを取るという意味でも教えるということを自己啓発の一環として捉えてみてもいいのではないでしょうか?


使える英文法

皆さんこんにちは。
先週に引き続き今週も少し文法の話をしたいと思います。文法を教えていたのが20代中頃でその頃には某英語学校の依頼で文法の問題集を作ったという話を前回書きました。その頃自分が理解していた英文法と最近の文法書に書かれている内容に若干違いがあり、言葉は生き物だなと思わされると同時に、自分が通訳や日常的に英語を使う時にはあまり使わない文法項目も結構あるもんだなと問題集を今回作成している中で感じています。

例えば私が学生のころ”between”というのは2つの物の間で”among”はそれ以上の物の間と習いましたし、実際受験の問題でもそれで問題が解けていました。
Oxfordから出ている”Practical English Usage”の中で、
Switzerland lies ( ) France, Italy, Austria and Germany.
という問題があり、カッコには”between”が入るとなっています。

説明によると
“We say that something is between two or more objects, people, countries and so on when we see the surrounding objects etc separately, there are not very many of them, and each one is clearly distinct from the others. “
とあります。”see〜 objects separately”や”clearly distinct from the others”といった非常に曖昧な説明になっており、これを問題にしようとして”among”と”between”を両方選択肢に入れてしまうと、説明が非常に難しくなります。私が学生のころから上記のような説明が一般的だったのかもしれませんが、このような説明をされる先生もいるようです。

また金融系の会社で社内通訳をしていた頃にも、オーストラリア人の財務担当者が書いた英文の中に不可算名詞の代表のように覚えていた”money”が”monies(moneyの複数形)”として出てきてびっくりしたことがあります。その後も何度か主に金融や法律文書の中で”monies”という表現を見かけました。

TOEIC等の試験対策としては一般的な文法知識を教えればいいのでしょうけど、実際のコミュニケーションを生業としている我々にとっては複雑な心境です。教壇に立ち説明をしながらも、頭の中で「とはいっても”monies”もあるし、”between”も2つ以上のものにも使うケースもあるんだけどな〜」という思いがグルグルと回っていながらも、一般的な試験対策の知識として”money”は不可算名詞だから数えられない名詞として常に単数扱いですと説明し、”between”も基本的には2つの物の間に使いますというちょっと歯切れの悪い説明をすることになると思います。

20代の頃は、英語を実生活の場、ビジネスの場で使うことがそれほどなく、あくまでも本の中での知識だけをきちんと教えればよかったのですが、それから10年近くも様々な英語を聞いたり読んだりしていくと、こういう言い方も聞いたことがあるし、読んだこともあると文法を教える上でかなりの雑音となっています。

逆に、こういった雑音を完全に排除するのではなく、雑音もある程度取り入れて単なる試験対策ではなく、本当のコミュニケーションでも通用する英文法のクラスを今月末か来月からワークショップのような形で定期的に提供していこうと思っています。どこまでの情報を提供するか現在精査中ですが、ご興味のある方はぜひご連絡ください!


本当の英語力とは?

みなさん、こんにちは。

突然ですが、皆さん文法は好きですか?通訳をしている人でも大きく分けて二種類いて、“子供のころから自然に英語を勉強して文法なんて考えたことない”っていう人と私のように“普通に日本の学校で文法から入って受験勉強をして”というタイプに分かれるとおもいます。私の場合は、通訳になる前は英語を教えていて文法の問題集を某英語学校で作っていたり、高校生から社会人の生徒さんに教壇に立って教えていたこともあるので、文法は実は嫌いではありません。

どちらかというと“なぜそうなるのか”が理解できないと納得しないタイプだったので、どうでもいいことをいろいろと文法書を紐とき分析していた時期もありました。今から思うと今の自分の日英や日英翻訳を支えてくれているのはそのことに得た知識だったような気がします。

今回、縁あってTOEIC対策のテキスト作成という仕事を頂き、他の先生がまとめてくれた原稿を確認・加筆という作業をしています。テキストは対策編+文法編に分かれていて、文法編ではTOEICを意識した内容にすべく文法解説・問題作成を行っています。TOEICを受けたのも10年前に一度だけで、それ以来いろいろと変更があったようで、最新の傾向はまたかなり当時とは違っているようです。

TOEICを専門で教えていらっしゃる先生や学校は、この文法項目は出るとかでないとか良く分析をされていて、そういう本も巷に出回っています。中には“名詞と動名詞が選択肢にある場合は名詞が正解になる!”といった英語の本来のルールとは全く関係のない情報満載の本もあります。そういう講座を受けられる生徒さんはそういうテクニックを学びたいと思って、本を買うわけですから、本を売るためにはそういうテクニックをたくさん入れた方がいいのでしょうが、私がそういうテクニックを知らないということと、そんなテクニックがあったとしても自分としては本来の英語の正しい理解があれば解けるはずだという思いがあるので入れたくないという気持ちがあります。

TOEICの専門の先生方に出る頻度に合わせてどの文法項目を入れるべきかどうかを話し合って提案してもらった時も、文法項目の並び方がほぼ同じだったことに驚きました。それくらい傾向が偏っていて、それさえやれば高得点が取れてしまうということなのですが、何か違和感を覚えます。30年ほど前、TOEICが始まった当時は本当のコミュニケーション能力を測るためにということを謳い文句にして登場したのが、今全世界90カ国年間で500万人が受けるようになり、日本でも年間150万人以上の方が受験しているそうです。それくらい市場が大きくなり、多くの分析がなされてきた結果、覚えないといけない文法と覚えなくてもいい文法ができてしまいましたし、4つの選択肢から選ぶというテストの特性上テストできる内容に偏りがあるのは仕方ないのかもしれません。

ただ年間これだけ多くの人が高得点を取るためにテクニック偏重の本や講義にお金を払うことに少し疑問を感じてしまいました。本来、きちんと英語を理解すれば小手先のテクニックは必要ないはずと思いますが、皆さんどう思われますか?それをきちんと教えられる先生の数が少ないという現状はあるのかもしれません。

先週のコラムでサイトラ講師の募集について書いたところ何人かの方からご連絡を頂きました。そういう方たちとテクニックに頼らない、本物の力が付くような講座をいろいろなところで少しずつ展開していけたらと思っています。


サイトラ講師募集中

急に寒くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?不況の影響を受けてか、通訳は例年よりもスローな感じがします。この間にこれまでできずにいたことを少しずつ始めています。

このコラムを始めた時にかなり書きました“サイトラ”ですが、今年はこのサイトラを通訳者養成のツールではなく、英語力を伸ばしたいという方やこれまでのやり方で伸び悩みを感じている方を始めとする一般の方に普及させていきたいと思っています。これまでサイトラをもっと多くの人に・・・と思っていながらも、なかなかその取り組みができずに2008年が終わってしまいました。

前回もこのコラムにも書きましたが、この年末年始に一般の方が対象の『サイトラを使ってリーディングを行う講座』を担当しました。サイトラは通訳講座の講師を始めてからずっと英語を勉強する上で重要なポイントして位置づけ教えてきましたが、対象者が通訳になりたいという方達で高度の英語力をすでに持っている方ばかりでした。今回、一般の方ということでTOEICのスコアが、下は300点程度の方から受講されていました。理論的にはどのレベルの方にでも有効であるという確信はあったものの、このレベルの方にサイトラを教えて役に立つのかどうかはある種賭けのような部分がありました。

実際の授業ではサイトラ以外に、音声を流してのディクテーション、そのスクリプトの音読、シャドウイングという流れで音声的な訓練も取り入れることで、サイトラ的に前から情報を理解し、その流れで音声の情報処理を行う感覚をつかんでもらうことを目指しました。

最初はサイトラをしてもらっても、どこで区切っていいのかがわからなかったり、後ろから返り読みすることに慣れている人にとっては、若干の抵抗はあったようですが、読み進めていくうちに、徐々に情報を出てきた順番に読んで理解するというプロセスにも皆さん慣れてきました。中には日本語に訳すことに抵抗を感じている方もいましたが、今回の授業は通訳訓練ではないので、正しい日本語ではなく、区切りそれぞれがどういう意味だと思ったかを説明してもらうという形にしました。
例えば
”… will share the 2007 Nobel Peace Prize with the United Nations Intergovernmental Panel on Climate Change”
という表現が出てきて日本語が分からなくても、それは英語のままでもよしとし、
”2007年Nobel Peace 賞を共有します/ the United Nations Intergovernmental Panel on Climate Changeとともに“
でOKとしました。わかる人は“2007年度ノーベル平和賞を共有します/国連の政府間パネル/気候変動に関する(パネル)とともに”というという風に出してもらい、訳にかなり柔軟性を与え、構文の中でそれぞれの語句がどういう役割を果たしているのかを捉えてもらうことを重視しました。

次に音声を使ってサイトラで区切ったところまでを流し、その部分だけでどういう意味かを音声だけを聞いて答えてもらうという練習をしました。この練習では、目で見たサイトラの感覚を音声でも体感してもらうことを狙っています。この練習を続けていくことで、音声を聞いて最後に聞いたことだけしか頭に残っていないというようなことはなくなりますし、全体として均等にかつ正確に情報を捉えることができるようになります。実際このクラスでは、サイトラをしたあとに音声サイトラをすることで、これまでは言葉が一瞬にして流れていっただけだったものが、前から少しずつ情報を捉えることで全く何を言っているか分からないということも少なくなり、長い文章でもある程度対応できるようになりました。

受講前と比べて実際にTOEICのスコアがリーディングだけで150点伸びたという方もいらっしゃったので、サイトラをしっかりと理解して実践し、それを音声領域にまで広げていくことでTOEICのスコアは言うに及ばず、総合的な英語力を上げていくことが、英語力がそれほど高くない人にとっても有効だということが確認できてホッとしました。

これからサイトラをもっといろいろな場に展開していきたいと思っており、現在サイトラを教えてみたい方を募集しております。サイトラを体験してみたい方も大歓迎ですし、サイトラを教えたことのない方でもできるようになるまで指導します。ご興味のある方はぜひご連絡ください。

また今後も折を見てサイトラについて書いていきます!



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。