HOME > 通訳 > やりなおし!英語道場

やりなおし英語道場

考えるは thinking about?

皆さん、2009年が始まり早や2週間が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?メディアで報道されているようにいろいろなところで暗い話ばかりが耳につきますが、こういうときこそ次のチャンスに備えて忙しい時にはできなかったことをやりたいものですね。

さて、先日約3ヶ月間の短期英語集中講座の一部を担当し、英語を使いこなすための基礎訓練をしてきました。普段TOEICの勉強をされている方たちなので、あえて試験対策ではなく英語のブラッシュアップのための授業をしようと考えていたのですが、1クラス30人近くの人数とレベルもバラバラという条件もありさてどうしたものかと考え込んでしまいました。大切なことはたくさんあり、どれもそれぞれ重要なのですが、あえて動詞に絞って3日間授業をすることにしました。

その理由は、ご存知のように英語の文は主語の後に動詞がきて、文章が構成されます。英語の場合、その動詞の部分で時制を決めて否定肯定を示し、その後に続く構文を決めていくので、そこで間違うとその後に続く文章がぐちゃぐちゃになってしまいます。この動詞でつまずく人が非常に多いのです。

通訳訓練を受けているようないわゆる英語のできる人たちですら動詞で躓くことがよくあります。自動詞と他動詞の区別が(頭の中では分かってるのかもしれませんが)できなかったり、動詞の用法を十分把握していなくて適当に前置詞をくっつけてみたりといろいろな問題があります。またある程度のレベルの人で単語を丸覚えしてきた人によくあるのが、日本語をそのまま英語にして、それをそのまま使うケースです。これは通訳訓練を受けているような人でも頻発します。

例えば先日、次のような文章を通訳の授業の中で使いました。(インタビューで司会者が市場の再編に際して)“社長はM&Aを行うこと考えていらっしゃり・・・”という日本語で、それを通訳のクラスの中で英語にしてもらったのですが、“The president is thinking about doing an M&A…”という訳された方がいました。社長=president、考えている=thinking aboutだから、そう訳されたのだと思います。もちろん文法的には全く問題ありませんが、“考える”はいつもthink aboutではないですよね。Thinkという言葉は“考える”という意味を一番広く表現できる動詞ですが、いつも日本語と1対1の関係というわけではありません。

このケースの場合は、“社長が市場の再編に当たりM&Aを考えている”をthinking aboutと進行形にすると、何となく“M&Aね〜どうだろうな〜”といった風に頭の中でだけ考えているイメージになってしまいます。経営者として再編に対応するためのM&Aを一つの選択肢として検討しているという意味で、自分ならconsiderを使うと思います。それからdoing an M&Aのところも“行う“という言葉があるからdoingを使ったのかもしれませんが、considerという動詞を使うのであれば、シャープに表現するためdoingなしで直接M&Aを持ってくると思います。社長が大きなM&Aという決断を下す前に真剣に考えている(=検討している)という気持ちを表すために、The president is considering an M&A…とすると思います。

もちろん実際のところ社長が頭の中で“M&Aどうしようかな〜”と思いを巡らせているのかもしれませんから、どちらがいいとは言えませんが、少なくとも日本語から英語に直す時は(特に動詞は)、単純に言葉の置き換えだけではうまくいかないことが多いので、日頃から日本語から英語に置き換えて、その英語の表現がどういう風に使われるのかを英英辞典や活用辞典で調べたり、ネットで用例を確認するという手間を惜しまないことが必要だと思います。


2008年を振り返って

今年も残すところ後10日程度ですね。皆さんにとって2008年はどういう年だったのでしょうか?経済的にも社会的にもそして政治的にも激動の一年だったと思います。自分にとってもいろいろな意味で変化とチャレンジの年でしたし、通訳という職業の奥深さを垣間見た年でもありました。

10年前の話ですが、オーストラリアの大学院で会議通訳の修士を取得後、帰国し行ったIT関係のトレーニングの仕事で失敗し、自分の実力のなさや通訳の難しさと怖さも一気に味わうこととなりました。駆け出しの頃は通訳と呼ばれることにまだ抵抗や違和感がありました。英語だってきちんと聞き取れるわけではなし、日本語すら会議に入るとわからないことも結構ありましたし、自分のことを”通訳です“と自信を持って言えない時期がかなり続きました。駆け出しの頃の仕事といえば簡単な内容を相手に伝えるようなものや簡単なアテンドのような仕事が多く、通訳というよりも英語のアルバイトのようなものが多かったので、仕事に対してあまり誇りを持てずにいた時期でもありました。

社内通訳を経て、フリーランスに戻りいろいろな仕事をこなしていく中で、徐々に通訳という仕事に対する認識も変わってきました。今年はこれまでやったことのないような分野での通訳が増え、先輩通訳と組ませて頂く機会に多く恵まれたお陰で、通訳という仕事を違った角度から見ることができた貴重な一年となりました。同時に自分の課題を非常に明確な形で突きつけられた年でもありました。

何度かコラムでも書きましたが、先輩通訳の素晴らしいパフォーマンスを拝見するたびに、プロの通訳と名乗るために達成すべきレベルの高さを思い知らされ、通訳とは本物の職人の仕事であると改めて確信させられました。

では何が違うのかですが、一番違うのは“正確な表現力”だと思います。多くの人は表現力を強化するために単語の数を増やすことに注力しますが、できる人は単語数に依存するのではなく、単語に対する理解の深さを追及しているように思います。深さというのは、英語であれば単語の意味だけではなく、コロケーション、用法、どういう状況で使われるべき言葉なのかを完全に把握することを指しています。深い単語の理解がベースにあると、英語を聞いた時も自然に耳に入ってくるものです。単語数依存型通訳だと、聞いた時に意味は伝わるけど、ちょっとぎこちない“翻訳調”になります。日本語もしかりです。それから話し方や言葉のレジスターもスピーカーや内容にしっかり合わせているので、英日でも日英でも、聞いた時にまるで通訳でないように聞こえるくらい自然な訳出なのです。

この正確な表現力を支えているのが、実は正確な情報分析力です。話を聞きながら何がメインポイントで、それを説明するための補助情報は何かを瞬時に分析し、どういう流れで情報を提示すればいいかまで考え、それを論理的な流れで瞬時に訳していきます。このロジックの再構成力も先輩通訳を見ていて学ばなければと思う点の一つです。

言葉に忠実であることは、出てくる単語を全て置き換えていくのではなく、発話された言葉から感じ取ったメッセージロジックをいかに忠実に再構成できるかだと思います。ただ正確な表現力や正確な情報分析力というのは、机の勉強だけで得られるものではありません。人生の中でいろいろなことを経験し、さまざまな状況に身を置くことで、どういう状況でどういう表現をどのように伝えるべきかを体感しないと通訳の時に適切な言葉は出てこないと思います。

こういったことを2009年の自分の課題としていきたいと思いますが、2009年だけで完了できるものではありません。通訳という職人であり続ける限り続けなければならない修行のようなものだと思います。

これが今年最後のコラムになりますが、来年以降もどのように英語に取り組めばいいのかや、職人通訳への道の報告も交えていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

それでは2009年が皆様にとって素晴らしい一年となりますように・・・。


リレー通訳について

いよいよ12月後半にさしかかり、通訳の繁忙期も終わり、多くの通訳の方もほっとされているのではないでしょうか?

先日、数日にまたがる農業関連のシンポジウムの通訳を行いました。通常は英語と日本語がメイン言語になるのですが、今回はあるヨーロッパ言語と日本語がメインで英語はサブのような形でヨーロッパ言語→日本語→英語というリレー形式での同通の形で行われました。日本語でのプレゼンの場合は直接英語に訳していくので気にならなかったのですが、ヨーロッパ言語からのリレーでいろいろと考えさせられることがありました。

普段同時通訳をしていると聞こえてくる言葉を訳出するに注力し、聞き手が理解する上でどういう負担がかかっているか、まで考える余裕がないことが多いのですが、今回他言語から日本語へ訳されたものをリレーで英語に訳していくというプロセスの中で、通訳を聞き理解する人の負担について改めて考えさせられました。

普段、何かを理解するために通訳を聞く機会がなかったのでヨーロッパ言語の通訳者から送られてくる日本語のアウトプットは新鮮でした。今回の通訳の方は、ほとんどがヨーロッパ言語が母国語で、日本語が第二外国語(みなほぼ完璧なバイリンガルでしたが)でした。しかし内容的にかなりテクニカルなものもあり、言葉に詰まり、あーという溜めの言葉が出てくる時や、情報を待ちに待ってやっと捉えられ、一気に訳出する時の気持ちも横で聞いていてよくわかりました。

通常のプレゼンの場合、スピーカーが何らかの理由で止まっても、通訳を聞いている人は大人しくスピーカーが話し始めるのを待ちますし、通訳が止まってもパニックにはなりません。しかしリレー通訳ではスピーカーが話しているのに、今回のようにヨーロッパ言語の通訳が止まってしまったために英語の通訳が出せず、こちらをジロっと見られることが何度かありました。以前他の通訳者が“そういうときは「ただいまリレー通訳の音声が届かず通訳不能でございます」って言えばいいのよ”と言っていましたが、いざそういう場面になるとなかなかそういうことは言えないものです。

スピーカーが話しているのにリレー通訳音声がこない場合だけではなく、こちらが訳し始めると同時にヨーロッパチームの通訳が途中で諦めてしまい、“えっ!!訳し始めたのに・・・このあとどうすればいいの??”と放置され途方に暮れる場面もありました。

今回3日間で大量の内容の異なるプレゼンが行われ、ほぼ徹夜に近い状況で準備をし、スピーカーとのブリーフィングもない条件での同時通訳ですから、完璧に訳を出し切るというのはかなり困難な状況にありました。ただ通訳という仕事の厳しさは、たとえどのような条件、状況であったしても聞いている側からすればきちんした訳出を安定的に期待されることにあります。

この“安定的に”というところが難しく、次から次への投げられてくる変化球、時には魔球のような情報を何事もないように、冷静沈着に処理して訳していくというのは今更ながら、並大抵のことではないということを再認識させられました。普段必死に出すことで全神経を使い、大量の情報を機関銃のように出すことでいかに聞き手の理解に負担を与えているのかということも今回のヨーロッパ通訳のアウトプットを聞き、振り返ることができました。また、途中で通訳を諦めて次のトピックに移ってしまうと聞き手にどのようなインパクトがあるのかも、今回身を持って体感することができました。

当たり前ですが、頑張るだけでは駄目で、時には聞こえた情報を全て出すのではなく、二次的な情報を捨て、本当に出すべき情報に絞る勇気も必要であるとも感じました。

今回のヨーロッパ通訳チームの方の名誉のために書き加えると、この厳しい条件でこれだけのプレゼンの量・質を第二外国語である日本語に、しかも素晴らしい訳出で出し切ったプロフェッショナリズムには頭が下がる思いがしますし、改めて母国語である自分の日本語のブラッシュアップの必要性を痛感させられた案件でした。


通訳とブリーフィング

通訳という仕事は資料と事前のブリーフィングがあるかないかで、パフォーマンスが大きく変わってきます。いくら語学ができるといっても、その分野の門外漢なわけですからきちんと確認しないと日本語すらわからないことも珍しくありません。

ブリーフィングでは細かい訳語や不明点の確認だけではなく、スライドの変更やQ&Aの有無の確認や、通訳者の座る場所からスライドがきちんと見え、スピーカーの音声がきちんと入ってくる場所かどうかも確認しますし、会場で急遽スピーカーが気まぐれで持ってきたビデオクリップも“ついでに”訳して欲しいと言われることもありますので、そういう地雷がないかどうかもしっかりと確認していきます。この短い時間でいかに通訳の労働環境を確保できるかで、その日の通訳のパフォーマンスが決まるといっても過言ではありません。

短い時間の中で確認することはたくさんあるのですが、必ず確認することが一つあります。それは“これまで通訳を使ったことがあるかどうか?”です。あったとしても同通なのか逐次なのかも確認して、同通でしか通訳と関わったことがない場合には、2〜3文くらいでテンポよく通訳と交代に話したほうが、プレゼンがスムーズに進みますよ・・・という風に説明し、なるべく短く切ってもらうように念押しをします。同通の場合は、普段よりゆっくり話してもらうようにお願いし、ブリーフィングの時の話すスピードを聞いてこれくらいなら大丈夫とか、早すぎますとかきちんと説明してスピード感をつかんでもらいます。

これで何割のスピーカーがブリーフィングでお願いしたことを守ってくれるのかですが、感覚的には“やられた!”というケースの方が多い気がします。あれだけ短く切るようにお願いしたのに、いざ話し始めると通訳にマイクを奪われまいと必死で話し続けるスピーカーもいて、通訳とスピーカーのマイクの争奪戦のようなプレゼンになることもあります。そうなるとどんどんお互いに話すスピードが増していくわけですから、気の毒なのはそれを聞いている人たちです。スピーカーが準備した内容をきちんと伝えたいという気持ちはよくわかりますが、いくらたくさん話しても、いくら早く話しても通訳がそれをきちんと訳さないと聞いている人にとっては単なる雑音でしかないことを話し始めて忘れてしまうのですね。

また外国人スピーカーに多いのですが、変貌型スピーカーもいます。いい人だと思ったのに・・・という人は案外たくさんいます。5分前のブリーフィングではあんなに穏やかな話し方だったのにいざマイクを握ったら、人間はここまで早く話せるのかと驚くほどのスピードで話す人もいて、速聴教材に使えるのではと思えるほどのスピードのスピーカーもいました。

また訛りの強いとされる地域出身の人たちがスピーカーの時には特にブリーフィングの時点でどの程度訛りがきついか確認し、あまりにもきつい場合には、少しだけアクセントに注意をして話して頂くようにお願いします。ブリーフィング時点で思ったより訛りがきつくないと安心したのもつかの間、さっきまでのクリアな英語はどこにいった???さっきの英語で話してくれ!!!とブースの中で叫ばないといけないようなケースも多々あります。緊張すると訛り炸裂になり、ひどい場合には通訳不能になることもあります。なぜ見抜けなかったんだろうと自分の未熟さを恨んでも仕方ありません。サンドバックのように強烈な訛りの応酬を受け、終わったころには文字通りフラフラです。そういう仕事の帰りは、どうやったらあの訛りとあのスピードに対応できるんだろう・・・と当てのない反省スパイラルで家路につき、また次の仕事で同じようなブリーフィングルーティンを繰り返していきます。いつになったらスピーカーの品定めができるようになるんでしょうね・・・。


スピーチ原稿は通訳の味方か?

通訳という仕事はやればやるほど奥が深いと感じます。先週は求められる専門性の広さについて書きましたが、今週は“スピーチ原稿は通訳の味方か”ということについて考えてみたいと思います。

社内通訳や駆け出しの頃は、原稿なし資料なしのようなぶっつけ本番通訳が多かった(今も結構そうですけど・・)のですが、最近少しずつ通訳学校で練習したような大使や企業トップのスピーチ原稿を事前にもらって通訳をすることが増えてきました。原稿があれば楽勝!と思われるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

スピーカーが原稿通り読んでくれれば楽勝ですが、そうでないと大変なことになります。原稿があると、当然原稿に訳を付けて臨みますが、びっちり読み原稿を作ってしまうと、もし原稿通り読まなかったり、ある個所を飛ばしたり、急きょ何かコメントを挿入されるとなるとパニックです。

今まで一度だけ一言一句違わず読んでくださったスピーカーがいましたが(某国の総督でした)その方を除いては必ず本番で原稿から離れてしまい、通訳が裏であたふたする羽目になります。

実際に先日、ある国の大使のスピーチを同通するという仕事をしたのですが、前日の夜中に(10枚以上びっちり書かれた)原稿が届き準備を始めました。大使ならこういう場でどういう言葉使いをするんだろうと考えるとはたと止まってしまいました。日本語なのにどうも適切な訳が思いつかないのです。英語としては難しい表現ではないのですが、同通となるとかなり訳を簡潔にしていかないと間に合わないので、簡潔かつ適切な訳語を考えると出てこないもので困りました。私の日本語のレベルの問題もありますし、英語の理解が不十分ということも原因にあると思います。何箇所かはぎりぎりまで訳語を考えていました。

そういうしているうちに、ブースに入り開始10分前、後ろのドアが開き、“原稿差し替えです!”と大使館の人が大使の最新原稿を持ってきて手渡されました。変更箇所も教えてもらえないまま、必死で元原稿と最新原稿を見比べ、変更箇所の訳付けをしているうちに本番開始。ここで大使が大人しく読んでくれればよかったのですが、途中どんどん飛ばしていくので、どこを読んでいるのかを追うだけでも必死です。

原稿が一応あり訳も準備しているがために、それを読みたいという気持ちと、スピーチが進むにつれてはかなり飛ばして読んでいるし、用意した原稿がだんだん使えなくなっていることも同通をしながら感じ始めているので、どこかのタイミングで原稿を捨てて音だけで通訳すべきなのかを決めないといけないというジレンマに対峙しないといけません。

原稿さえなければ、こういうジレンマは存在しないので、音だけを頼りに訳すことに専念できますが、目の前に原稿(文字)があるとどうしてもそれに頼りたくなり、しかも目で見える情報をできるだけたくさん訳に盛り込みたいという気持ちも強くなるので、逆に訳がしづらくなることもあります。本来通訳のためを思って用意された原稿ですが、時には通訳の足かせとなることがあります。

また文字の誘惑だけではなく、スピーチ原稿のように練られた言葉というのは遊びが全くないという問題もあります。原稿の中のほぼ全ての言葉に役割が与えられていて、話し言葉のように思わず出てしまった無駄な言葉や無駄に繰り返される言葉もないので、通訳が休める瞬間がないのです。また原稿を読むと人の話すスピードは当然早くなります。まさに立て板に水。原稿あり同通とは内容の濃さに加えて、スピードとの戦いでもあります。

とは言うものの、原稿がないと文句を言い、原稿があってもこうして文句を言うというのは、結局は自分の力不足に他ならないんですけどね。



《 前 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
1992年大阪大学経済学部卒業後、南イリノイ大学言語学部に留学し、特許事務所翻訳者・英語講師を経て、97年にオーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士課程入学。99年同大学院の修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律、商談、セミナー等幅広い分野で活躍するとともに大手通訳学校での講師も勤める。2006 年に英語力を生かして仕事で活躍できる人材を養成するAccent on Communicationを設立。後進の指導にも力を注いでいる。