HOME > お仕事情報 > 登録者の声

登録者の声
F.Wさん
社内通訳経験を数年積むに従って、チームの一員として仕事をすることの楽しさ、一つの内容を深く理解できる醍醐味を味わいました。そんな中、通訳を始めてから漠然と持っていた目標が捨てきれず思い切ってフリーランスになることを決断しました。
その決断に至るまで、安定したお給料をもらえなくなること、会社と言う自分の居場所がなくなること、そしてなにより自分がプロの通訳として通用するのかなどいろんな不安がありました。そんな時に、先輩通訳にテンナインを紹介して頂きました。テンナインとの出会いが私のフリーへの決断を固いものにしたと思います。
面接では、今でも自分の中で大切にしている的確なアドバイスを沢山くださいました。「通訳とは実力はもちろんだけど、お客様のニーズをきちんと捉えそれに応えることが大切ですよ」と教えて頂いた言葉は私が仕事に行くたびに思うことの一つです。このように、通訳はただ言葉を訳す職業ではなく、コミュニケーターと考えるテンナインの姿勢はそのお仕事を通しても感じることです。
またフリーになりたての頃、自分の経験を生せるお仕事をたくさんご紹介いただき、きちんと自分の実力や得意分野を見て下さっていると言うことが大きな安心感へ繋がりました。今フリーになって一年経ち、いろいろな分野に挑戦しています。まだまだ未熟な私ですが、通訳業界として昨今ビジネス通訳が多い中、テンナインからは芸術・美術に関するお仕事も頂いております。インハウスからフリーになることを迷っていらっしゃる方は是非エージェントに相談をしてみると、道が開けてくるのではと思います。
S.Hさん
テンナインのことは、以前から「やる気のある人を育てる」会社だということは聞いていました。登録にお伺いした時は、あまり語学にはこだわらず、「安定した収入さえ得られればどんな職種でもいい」と思っていました。しかし、テンナインでは、「ここまで続けてきたのだから、通訳・翻訳の仕事で探しましょうとはっきりおっしゃってくださり、私もこの会社にかけてみようと思いました。そして登録から1ヶ月後には正社員で通訳の仕事をはじめることになりました。

現在は、外資系TV関連会社にて、社内会議の通訳が主ですが、そのほかに翻訳や、秘書の方が忙しい時には社長を始めとした役員の会議のアレンジやスケジュール調整、総務の仕事を進んでやらせていただいています。稼働日としてはフリー時代より身体的には忙しくなりました。一方で「安定」して勉強や趣味に励むことが出来る精神的な恩恵があります。そして、本当に出会ってよかったと思う上司や同僚に恵まれて、事業を成功に導こうと一緒に努力できることが、何よりありがたいことだと思っています。
Y.Kさん
会社員として法務関係の仕事に携わっていましたが、通訳学校を卒業し、通訳の仕事に就きたいと先生に相談したところテンナインを紹介していただきました。その後も会社員を辞める勇気がないという悶々とした日々をずっと送っていましたが、テンナインのアドバイスを受け、退職を決意しました。背中を押し大きな一歩を踏み出すきっかけを作ってくださったテンナインには今も本当に感謝しています。
退職後すぐにコンサルティング会社のプロジェクト付き通訳・翻訳の仕事を紹介していただき、今も続いています。現在、出産を控えており翻訳の仕事が中心ですが、通訳の現場にも徐々に復帰したいと思っています。育児をされながら通訳・翻訳の仕事をされている方が多くいらっしゃるのが、大きな励みです。
現場の緊張感を味わえる通訳、じっくりとPCや辞書と向き合う翻訳、性質の異なる仕事ではありますが、両者のバランスを取りながら仕事をしていくのが自分に合っているのではないかと感じています。
M.Tさん
友人の紹介を受けてテンナインに登録しました。テンナインは、お仕事をください!と熱意を持ってお願いすれば、必ずそれに答えてくれます。最初の頃はまだ初心者だったにも関わらず、継続的に、尚且つ少しずつレベルアップの図れるお仕事を紹介してくださったおかげで、自分で自信を持ってこなせる仕事の幅が大きく広がりました。また、自分の個人的な都合に対しても、柔軟に対応してくださったり、アドバイスしてくださったりして、登録者が仕事のしやすい環境を上手に用意してくださったのも、登録してよかった点に挙げられます。
現在は移動体通信事業会社において、システム開発を行うプロジェクトの通訳・翻訳業を行っています。これまでに数社経験してきたシステム開発案件のプロジェクトの中でも現在の仕事は規模も最大で、参加しているメンバーも最多数。通訳・翻訳仲間や、職場のメンバーから学ぶこともとても多く、また、移動体通信の専門知識や、システム開発の専門知識を得るチャンスも多くあり、充実した毎日を送っています。
N.Sさん
テンナインに登録したのは、以前一緒に働いていた人たちの多くがテンナインに登録されていたことがきっかけです。元々は正社員の仕事しか考えていなかったのですが、派遣社員でも長期で働ける仕事であれば安心だと思いました。
約6年間外資系企業数社でバイリンガルセクレタリーをしていましたが、自分が通訳として会議やイベントに参加することも頻繁にありました。きちんと訓練を受ける必要があると感じ、半年通訳学校に通いました。
通訳の専門家としてスタートする事には強い決心が必要でした。ダメもとで臨んだ最初の面接で、幸運にも職を得ることができました。
現在は、外資系スポーツ用品メーカーで社内通訳として勤務しています。大規模なDC(ディストリビューションセンター)での仕事なので、最初は業務や専門用語を理解するのが大変でした。またトップマネージメント会議やベンダーとの契約交渉など一つ一つがチャレンジの連続でした。しかし、自分が参加した会議やプロジェクトが成功した時など、セクレタリーの時には得られなかった達成感を味わうことができます。周囲の人々の暖かい応援もあり、毎日充実しています。
最近は通訳だけでなく、将来の仕事の幅を広げようと考え、前から興味のあった映像翻訳の学校にも通っています。これからも更なるステップアップを目指したいと思います。
N.Hさん
およそ2年前、登録させて頂きました。単発の仕事を少しずつこなしながらしばらく勉強に重点をおき力をつけたいと思ったこと、目標ややりたいことはたくさんあるものの予定は未定だった当時、色々と励まして頂いて、とても心強くありがたく思ったのが印象に残っています。
お仕事の問い合わせをたくさん頂き、その中から希望の仕事に就けるよう、積極的に
働きかけていただいたことも感謝しています。また、テンナインに登録されている若手からベテランの方々まで優秀な通訳者・翻訳者とご一緒できる機会もあり、とても勉強になります。
現在、通信関連企業での社内通訳として通訳翻訳をしています。今年の9月でまる2年になります。出身も母国語も様々な上司や同僚と机を並べ、日々学ぶことが多いです。
通訳翻訳の割合は、平均すると通訳7:翻訳3位。翻訳を通して調べ物もしながら訳を練ることは通訳するときにもプラスに働くことが多く、現在の私には理想的なバランスです。
翻訳は、e-mail・議事録・プレゼン資料・仕様書他。
通訳は、日英両方向の同通・ウィスパリングがほとんどです。オフィスでのちょっとした打ち合わせ、同通システムを介した少し大人数の会議、電話会議等、会議の種類は様々です。
変化のスピードが早い業界だけに、背景知識も強化しつつ、周りの方々の活発なコミュニケーションをしっかりサポートできる通訳者でありたいと思います。

↑Page Top

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A