HOME > LIFE > ねこ好き営業レポート > 日本に進出している外資系企業の数は3000社 3

ねこ好き営業レポート

日本に進出している外資系企業の数は3000社 3


通訳・翻訳サービスのニーズは外資系企業がやはりメインです。

しかしながら、その数は意外と少なく、
日本にある外資系企業は3000社程度しかありません。

(外資系企業総覧 2017年版 東洋経済新報社)
https://store.toyokeizai.net/databook/dbs_gaishikei/


日本の企業数は421万社とされています。

http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/chushoKigyouZentai9wari.pdf
(中小企業庁)


日本企業の数に比べますと、
その数は圧倒的に少ないと言えます。

外資系の企業様は、
非常に華やかで目立つ印象があるので、
数多くある印象が強いですが、
この程度の数しかなく、
一社一社の取引が非常に大事だなと改めて思う次第です。

テンナインは、通訳・翻訳業界では後発ですが、
案外と多くの外資系企業様と接点を持っていることが上記の数字からわかります。

数少ない外資系の企業様とのリレーションは、
これからも大事にしていきたいと思います。


ねこ好き営業レポート


↑Page Top

プロフィール

武藤和宏

武藤和宏さん
東証一部上場経営コンサルティング会社、大手転職エージェント会社勤務を経て、2013年より現職。
コンサルティング会社では、主に中堅中小企業の経営者を中心に法人営業、 転職エージェントでは、多くの業種業界の、経営層・エグゼクティブ層から第二新卒まで幅広く採 用支援に携わる。採用決定実績は1000名以上。20,000人を超えるビジネスパーソンと接点を持ちながら、採用支援を行う。現在は、テンナイン・コミュニケーションにて、法人営業、人事採用、中国事業を統括。
東京亀有生まれ、神奈川県秦野市育ち、筑波大学第一学群社会学類卒業。現在、川崎市在住。猫好き。飼い猫は青森生まれのアビシニアン。