HOME > LIFE > 拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ

拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ

Country Blues Guitar

I've played the guitar for a fair few years now and, from time to time, people ask what kind of music I like to play. When I give the short answer "the blues", people tend to imagine something electric and based around a typical 12-bar shuffle. In fact, the music I love is the country (acoustic) blues, which in itself contains a whole wealth of styles. A few examples of some of these are below for anyone with an interest in exploring this wonderful music.

Mississippi John Hurt - Louis Collins
(https://www.youtube.com/watch?v=-90BjO3MJ_U)
It was the music of Mississippi John Hurt that opened the door to country blues for me. Based around simple first position chord shapes with a regular alternating bass, Hurt's music was simple enough for a novice not to be intimidated by, yet contained enough charm and warmth that he remains one of my favourites. Louis Collins is a great example of his work and a tune I love to play.

Blind Blake - West Coast Blues
(https://www.youtube.com/watch?v=ZayTpvm0Yho)
Blind Arthur Blake was the king of ragtime blues guitar in the 1920s. West Coast Blues, the B-side to Blake's debut recording (Early Morning Blues - 1926), is a real tour de force and showcases all of Blake's trademark tricks and techniques, from stumbling bass lines and driving rhythms to catchy melodies and tickled blue notes - enough to keep any budding bluesman busy.

Reverend Gary Davis - Slow Drag (Cincinnati Flow Rag)
(https://www.youtube.com/watch?v=ycZt7rFuWXA)
Reverend Davis was a virtuoso blues and gospel musician who created complex and unique variations based around the classic blues chord progressions. Famously using just the thumb and index finger of his right hand to pick, Davis and his masterful arrangements had a profound effect on subsequent generations of guitarists. Slow Drag (Cincinnati Flow Rag) demonstrates the Reverend's phenomenal ability to improvise ever more complex variations around a core musical idea.


次の連休は...

当ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
今回は通訳部よりお届けいたします。

ゴールデンウィークが明けましたが、皆さまどのようにお過ごしされましたか?
4月29日から9連休だった方もいらっしゃったのではないでしょうか。
テンナインは暦通りの営業でしたので、5連休でした。あっという間の5日間でした。
次の連休は7月17日の海の日まで無いので、既に待ち遠しいです。

さて、この連休、私は代々木公園で開催されていたカンボジアフェスティバル2017に行ってまいりました。

【カンボジアフェスティバル2017ホームページ】
http://www.cambodiafestival.com/

代々木公園では各国・各地域のフェスティバルが多く開催されていますが、中でもタイフェスティバル(タイフェス)が有名ではないでしょうか。
そちらに比べれば規模も小さく、開催の歴史も浅いかもしれませんが、ゴールデンウィーク真っ只中ということで大変な賑わいでした。

ステージ.jpg

こちらはカンボジア王立舞踊団による「天女の舞い」です。
きらびやかな衣装と伝統音楽が融合して、見応えのある演目でした。

カンボジアに行かなくても現地の雰囲気を楽しめるこのフェスティバル、ぜひ来年は参加してみてはいかがでしょうか?

PB.jpg

ビール片手に猫ひろしさんのパラパラを見るのもまた一興ですよ!

そしてカンボジアに興味を持たれた方は、昨年より成田‐プノンペン間で直行便が開設されましたので、ぜひ現地にも足を運んでみてください。
それでは、ここまでお読み頂き、オークンチュラン!(カンボジア語で「ありがとう」)


花と人

みなさん
こんにちは。
今週は管理部よりお届けいたします。

春草萌えいずるこの時節、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

現在、我が家の玄関前にはこの2年間、花を咲かせなかった「君子蘭」(クンシラン)が見事豪華に花を咲かせてくれました!

おととし花が咲かなかったのは、鉢が小さいからだと思いまして、大きい鉢に植え替えました。
植え替えをしたので、昨年は咲くかと信じていましたが、残念ながらどこを探しても蕾がなく、全く咲きませんでした。

昨年の夏ごろのことでしたでしょうか、
弊社によく来ていただいておりますお花屋さんに相談してみたところ、「うちにサンプルの肥料があるから、今度来るときに持って来てあげるよ。」とあたたかいお言葉を頂戴し、
後日親切に肥料を持ってきてくださいました。

直ぐに、わたしは咲かない我が家の君子蘭に肥料を与え、今春を待ちました。

そうしましたら、今年は見事に蕾をたくさんつけてくれて、オレンジの花を咲かせてくれました。

IMG_0908.jpg


花と人は似ているなあと思います。
栄養や日の光などが不足すると立派に咲くことができなくなるので、きちんとまわりが面倒を見ていかなければならないということ。
改めて今回思いました。
これからもきちんと面倒を見てあげたいと思います。

皆さま、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。



待ちに待った日・・♪

皆さま、こんにちは♪
今週は翻訳部からお届けします。

実は去年の今頃から引っ越しを考え始めていました。
そして、夏に新居が決まり、ついにこの前の土曜日に引っ越しをしました。

時間をかけて、色々悩んで決めた場所や間取り、

unnamed.jpg
ギリギリまで悩んだ壁のデザイン。

引っ越しは色々と大変ですが、楽しみなこともいっぱい。

unnamed (1).jpg

また新しい生活のスタートです。


しゃけ小島

みなさん、こんにちは。
今回は通訳部よりお届けいたします。

最近引越しをしたのですが、
引越し前に、今まで良く利用していた近所のレストランや食堂を最後に回ってみました。

その中の一つだったのが、「しゃけ小島」です。
しゃけを目玉とした食堂なのですが、
京王線「代田橋」駅より徒歩数分の沖縄タウンという沖縄料理屋が集まるエリアにあります。

以下、お店の食べログのURLですが、
なんと点数3.73!!

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13095793/

食べログを割と信用する私としては、かなり信頼をおける点数です。

店舗は昭和的な渋さがありつつもスタイリッシュな感じで、
ラジオ(当日はNHK)が流れています。
詳しくは知りませんが、どこぞのクリエイターさんがオーナーだそうです。

まずはレトロな三ツ矢サイダーを飲みつつ、上しゃけ定食の到着を待ちます(恐らく1,500円くらいだったはず)。
別途、イクラといも天も頼みました。

shake2.jpg

15分くらいかかったでしょうか、上しゃけ定食が運ばれてきました。

shake.jpg

上しゃけ、ご飯、小鉢3品(ほうれんそうのお浸し、ひじき、とろろ)、ぬか漬けと梅干、アオサのお味噌汁です。
上しゃけはもちろんのこと、写真に写っているもの全部美味しいです。上品なお味で絶品です。
ちなみに、ご飯とアオサのお味噌汁はおかわり自由です。
まずはしゃけで白米を楽しみますが、おかわり自由となりますと、豊富な小鉢と併せ、幾通りもの楽しみ方があるのです!

いも天は写真を撮り忘れましたが、じゃがいもとさつまいものミックスの天ぷらで、塩で美味しくいただきました。
イクラも良い箸休めになり、最高でした。

結構混みあうので、予約したほうが確実なお店です。
定食以外にも、しゃけの変わり種の料理や昭和風のハムカツ、ポテトサラダなどのおかずが沢山あるので、ご興味がおありのかたは是非足を運んでみてください。




《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

テンナインは通訳部、翻訳部、管理部、営業部、英語教育事業部などいくつかの部署に別れて仕事をしています。 このブログは、各部順番でお仕事で感じたこと、業界のこと、会社の取り組みやプライベートのことなど綴っていきたいと思います。