HOME > LIFE > 拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ

拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ

川越

皆さんこんにちは。
今週は通訳部よりお届け致します。

少し前の話ですが、GW中に川越へ行ってきました。
激混むだろうと予想し、かなり朝早くに出発してお店が開店し始めるころに到着。
この作戦が功を奏して、混む頃には一通りまわりきってお昼過ぎには退散しました。

友人姉弟とその飼い犬と行ったのですが、犬がとてもかわいくて。。。💛
観光客の中には犬と一緒に来ている人も多く、たくさん話しかけてもらえました(^^♪
また機会があれば一緒にお出かけしたいです!!

image1.jpg


image2 aisu.JPG


image4 takoyaki.JPG


image5.JPG


image6.JPG


image7.JPG


久々

皆さんこんにちは!
今回は翻訳部よりお届けいたします。

昨日私が所属している社会人のアカペラサークルで、屋外のストリートイベントに出演してきました!

当日の様子

20170529.png

とある駅前の広場でステージを組んで(奥にあります)、このイベントの為に結成した各グループでそれぞれアカペラを披露するという形です。
そしてご覧いただいたように当日は快晴で気温も30度近くまで上がったので、今私の腕は日焼けで真っ赤になっています(笑)

もともと社会人になったあと5~6年前からアカペラを始めたのですが、これまで色んな所で人前で歌う機会をいただいてきました。
特に昨年は月1回以上のペースでこういったイベントに出演したのですが、今年に入ってからは少し落ち着いたのか、今回出演したのも結構久々でした(と言っても3か月ぶりですが)!

来月もまた別のライブイベントに出演が決まっているので、目下それに向けて練習中ではありますが、機会があればまたご報告したいと思います!


三つ峠山

営業部よりお届けいたします。

富士山が綺麗に見える山として、
必ず名前が挙がる三つ峠山に先月行って参りました。

登山口に行く途中の道路わきで、見慣れない動物を見つけました。
下の写真です。

IMG_4269カモシカ行き1.JPG

はじめイノシシかと思ったのですが、
よくよく見てみると、カモシカの子供でした。

大して時間もかからず、
登頂できたのですが、
肝心の展望は下の写真の通りでした。

IMG_4276三つ峠 2.JPG

山は天候が変わりやすく、特に4月は変わりやすいことが多いので、
覚悟はしていましたが、残念です。

本当は下記リンク先の写真のような展望が見られるはずでした。
http://www.fujiyama-navi.jp/yamaaruki/mitsutouge/


帰りも、ほぼ同じ場所にカモシカがいました。

IMG_4282カモシカ帰り3.JPG

子どもですし、群れからはぐれているのではと心配しましたが、
調べてみると、カモシカは単独で活動するようです。


Country Blues Guitar

I've played the guitar for a fair few years now and, from time to time, people ask what kind of music I like to play. When I give the short answer "the blues", people tend to imagine something electric and based around a typical 12-bar shuffle. In fact, the music I love is the country (acoustic) blues, which in itself contains a whole wealth of styles. A few examples of some of these are below for anyone with an interest in exploring this wonderful music.

Mississippi John Hurt - Louis Collins
(https://www.youtube.com/watch?v=-90BjO3MJ_U)
It was the music of Mississippi John Hurt that opened the door to country blues for me. Based around simple first position chord shapes with a regular alternating bass, Hurt's music was simple enough for a novice not to be intimidated by, yet contained enough charm and warmth that he remains one of my favourites. Louis Collins is a great example of his work and a tune I love to play.

Blind Blake - West Coast Blues
(https://www.youtube.com/watch?v=ZayTpvm0Yho)
Blind Arthur Blake was the king of ragtime blues guitar in the 1920s. West Coast Blues, the B-side to Blake's debut recording (Early Morning Blues - 1926), is a real tour de force and showcases all of Blake's trademark tricks and techniques, from stumbling bass lines and driving rhythms to catchy melodies and tickled blue notes - enough to keep any budding bluesman busy.

Reverend Gary Davis - Slow Drag (Cincinnati Flow Rag)
(https://www.youtube.com/watch?v=ycZt7rFuWXA)
Reverend Davis was a virtuoso blues and gospel musician who created complex and unique variations based around the classic blues chord progressions. Famously using just the thumb and index finger of his right hand to pick, Davis and his masterful arrangements had a profound effect on subsequent generations of guitarists. Slow Drag (Cincinnati Flow Rag) demonstrates the Reverend's phenomenal ability to improvise ever more complex variations around a core musical idea.


次の連休は...

当ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
今回は通訳部よりお届けいたします。

ゴールデンウィークが明けましたが、皆さまどのようにお過ごしされましたか?
4月29日から9連休だった方もいらっしゃったのではないでしょうか。
テンナインは暦通りの営業でしたので、5連休でした。あっという間の5日間でした。
次の連休は7月17日の海の日まで無いので、既に待ち遠しいです。

さて、この連休、私は代々木公園で開催されていたカンボジアフェスティバル2017に行ってまいりました。

【カンボジアフェスティバル2017ホームページ】
http://www.cambodiafestival.com/

代々木公園では各国・各地域のフェスティバルが多く開催されていますが、中でもタイフェスティバル(タイフェス)が有名ではないでしょうか。
そちらに比べれば規模も小さく、開催の歴史も浅いかもしれませんが、ゴールデンウィーク真っ只中ということで大変な賑わいでした。

ステージ.jpg

こちらはカンボジア王立舞踊団による「天女の舞い」です。
きらびやかな衣装と伝統音楽が融合して、見応えのある演目でした。

カンボジアに行かなくても現地の雰囲気を楽しめるこのフェスティバル、ぜひ来年は参加してみてはいかがでしょうか?

PB.jpg

ビール片手に猫ひろしさんのパラパラを見るのもまた一興ですよ!

そしてカンボジアに興味を持たれた方は、昨年より成田‐プノンペン間で直行便が開設されましたので、ぜひ現地にも足を運んでみてください。
それでは、ここまでお読み頂き、オークンチュラン!(カンボジア語で「ありがとう」)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

テンナインは通訳部、翻訳部、管理部、営業部、英語教育事業部などいくつかの部署に別れて仕事をしています。 このブログは、各部順番でお仕事で感じたこと、業界のこと、会社の取り組みやプライベートのことなど綴っていきたいと思います。