HOME > LIFE > 拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ > おすすめの作品

拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ

おすすめの作品

皆様、こんにちは。
今週は通訳部よりお届けします。

昨日、ディズニー映画の「リメンバー・ミー」を観てきました。
アカデミー賞のアニメ部門賞を受賞したこともあり、話題作ですので鑑賞された方も多いのではと思います。
そして、まだの方にはぜひ観て頂きたいので素晴らしいポイントをお伝えします!

①メキシコ文化への興味が湧かせるところがすごい!
テーマとなっているメキシコの死者の日は日本でいうお盆のようなイベントですが、なじみがない人にも違和感なくストーリーが入っていくように作られています。
最近ニュースで見かける麻薬犯罪などステレオタイプな一面ではなく、多様な面が見えてくるかと思います。

②色彩がすごい!
死者の日の鮮やかな町の飾りつけ、墓地の様子、道に敷かれた花びらの色、そして、死者の国の風景...色とりどりにメキシコの町を彩り魅力的に見せています。
特に死者の国の風景の豪華絢爛さは必見です!

とてもローカルなストーリーですが、「家族」というテーマが普遍的なのでラテンアメリカに馴染みがなくても違和感なく観られるかと思います。

個人的には、学生時代にスペイン語を少し勉強していたこともあり、たまに出てくるスペイン語のセリフや、スペイン語訛りの英語にも心がときめきました。

他にもギターを弾く指の運びの描写などなど「すごい!」と思う点はたくさんありますが、長くなってしまうのでここまでに...。

子供向けとして製作された作品とは思いますが、
大人になった今の方がこの映画の重みがずっしりと響くはずです。
まだ観たばかりなので、ついつい長くなってしまいましたが、ぜひ皆さま観てみてください!


拝啓!通訳・翻訳者の皆様へ


↑Page Top

プロフィール

テンナインは通訳部、翻訳部、管理部、営業部、英語教育事業部などいくつかの部署に別れて仕事をしています。 このブログは、各部順番でお仕事で感じたこと、業界のこと、会社の取り組みやプライベートのことなど綴っていきたいと思います。