HOME > LIFE > 工藤浩美の東へ西へ > 旅行

工藤浩美の東へ西へ
カテゴリ:旅行 の記事

シルバーウィークの過ごし方

[2009.09.24]カテゴリ:旅行

みなさん、シルバーウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?5日間の休みも終わってしまうと、あっという間ですね。

私は基本的に自宅でのんびり過ごしたのですが、一日だけ三浦海岸に日帰りで遊びに行きました。私の友人で、東京の家は賃貸なのですが、自分の老後住むところということで、三浦海岸に一軒家を建てたのです。

私よりまだ若いのに、しっかり老後のことまで考えるのはすごいですね。海の近くに住みたいという夢を実現したそうです。



歩いて5分ぐらいできれいな海に出られます。またお風呂からも海が見えるという絶好のロケーションでした。

私もそろそろ老後のことを考えたほうがいいなぁと思いました。60歳や70歳になってから何か新しいことを始めるのはとても大変だと思うからです。今から少しずつ準備して行こうと思いました。


大地の芸術祭パート2

[2009.09.07]カテゴリ:旅行

大地の芸術祭は、人口減少で廃校になった学校や誰も住まなくなった家をアートで蘇らせています。



アートの力で廃屋になったところにまた人を呼びこんでいきます。またこの大地の芸術祭を支えているのは、「ごへび隊」と呼ばれるボランティアの人たちです。

無償で作品の管理やガイドをやってくれています。町おこしのいいモデルケースとなっていると思います。


アートサイト直島

[2009.04.15]カテゴリ:旅行



3年ぶりに瀬戸内海のアートの島、直島を訪れました。

直島に行くのはいつも勉強会のメンバーなのですが、今回で三回目です。この島の素晴らしさは私が語るより、お時間のある時に下記HPを見てください。

http://www.naoshima-is.co.jp/

今回はベネッセハウスに泊まりました。とても天気に恵まれ、穏やかな海を見ながら、いろんなアートを体験しました。

とてもリラックスした週末でした。


ソウル二日目のディナーとその後

[2008.11.06]カテゴリ:旅行

2日目の午後は、三清洞(サンチョンドン)に伝統茶を飲みに行ったり、大きな書店に行ったりして、あっという間に夕食の時間になりました。

2日目の夕食はタックハンマリ屋さんに行きました。東大門から徒歩10分ぐらいの、裏路地にあります。行列ができるぐらいの人気店でしたが、奇跡的にすぐに入れました。

タックハンマリとは、鳥を丸ごと鍋に入れて水煮して、コチュジャンをベースに作ったたれにつけて食べます。鳥を食べた後は、うどんを入れて食べます。とても美味しかったです。

お腹がいっぱいになったところで、数人でスッカマというサウナに行きました。



後で調べてみると、スッカマはチムチルバンとは全然違うみたいです。
まるで防空壕のようで、レンガと黄土で作られた炭の余熱で暖められた汗蒸幕です。高、中、低と3つの洞窟が並んでいて、高温の部屋はみんなソックス履いてました。高温はやけどしそうに熱かったのですが、低温の部屋は気持よかったです。

外には大きなつぼに壺の中に、炭でこされた水がおいてあります。
水を飲んで外に出て、夜空を見ながら体を冷やします。(←これが寒いけど気持いい!)アカスリ15000ウォン(1200円)やったり、冷たく冷えたコーン茶飲んだり、遊んで、笑って、いざホテルに帰ろうと思ったら、タクシーが全然捕まらない。日本語がとても堪能な韓国人女性の方に何とかタクシーを見つけていただきました。


3連休!

[2008.09.15]カテゴリ:旅行

三連休真中の日曜日、日帰りで東京駅からバスに乗って河口湖に遊びに行きました。

勉強会で知り合った友人が、河口湖に別荘を買ったということで、そこにご招待していただきました。

なんと企業の保養所(300坪)を買い取ってリノベーションして個人の別荘にしたそうです。30人以上が集まって、バーベキューをして盛り上がりました。



リフォームには建築家のデザインを入れて、遊び心いっぱいの素敵な別荘に仕上がっていました。

それにしても連休だったので高速が大渋滞。片道3時間半のバスの旅はとても辛かったです。



2 3 4 5 6 7 次 》


↑Page Top

プロフィール

工藤浩美

工藤浩美
白百合女子大学国文科卒業後、総合商社勤務。
その後通訳・翻訳エージェントに2社、合計11年間勤務。通訳コーディネーターとしてこれまでに数百件の通訳現場のサポートを行なう。 2001年7月に株式会社テンナイン・コミュニケーションを設立。趣味はシナリオ執筆。