HOME > LIFE > 私の未来をつくるマネー術

私の未来をつくるマネー術

第36回 ファイナンシャルプランニングとお肌の関係

皆さま、こんにちは
ファイナンシャル・アドバイザーのジャクソン展子です。

前回のコラムでお話した、お金の整理・整頓皆さんは試されてみましたか?

私は、7つのポイントと合わせて以前作成したライフプランのシートも振りかえってみました。

実は私のライフプランシートは、セミナーのサンプルにもしているのですよ。

ライフプランシートを見ながら、予定どうりに進んでいること、いかなかったことを確認していきました。

改めて1年って本当に早く過ぎていくのですよね。

このシート初めに書くのは、年齢のところになるのですが、年齢を書き直しただけでちょっと気が引き締まりました。

その他、修正が必要な箇所は一度書き直していきます。

この様にライフプランを一度作成することで、後々その時の気持ちや考えを振り返ることも出来ますし、今の立ち居地を確認することもできます。

もちろん、お金の計画も一緒に考えていきます。
収入や支出も変化しますし、経済情勢も変化しますので、定期的に見直しする必要があります。

日頃行っているセミナーでも、ライフプランの作成方法を体験できるワークの時間を設けていますので、自分ひとりでは方法が分からない方、関心がある方は是非セミナーにも足を運んでみてください。

一人で作るのは結構大変な作業ですし、ライフプランに合わせて、一人一人に合わせたファイナンシャル・プランを作ることもお手伝いしています。

また、個別相談も初回の面談ではセミナーで行うようなことをお伝えしていきます。

どちらも気楽にご利用いただければいいと思います。

ちょっと前置きが長くなりましたが、2012年1月20日(金)に開催した、「私の未来をつくるマネー術」ビジネスパーソンの為のFP講座についてレポートさせていただきます。

今回のセミナーには、ポーラ ザ ビューティ代官山店の協力により、セミナー前後に「細胞レベルで分析する無料のスキンチェック」をご希望の方(先着4名女性に限る)にお受けいただける特典がついていました。

私の友人がエステシャンをしている関係で、今回この様な機会を設けることとなったのですが、実際私も彼女にスキンチェックをしてもらって、現状を認識したことがとっても役に立ちましたし、とってもいいサービスと感じたのでこの様な機会を設けることになりました。

このスキンチェックはどのように行うかというと、頬の細胞を専用の方法で採取し、研究所にて今のお肌の状況を確認して将来の起こるシワやしみの発生に対する可能性やを診断したり、同世代の人と比べて今私の肌はどの位置にあるか?診断するというもの。

詳しくはホーラ ザ ビューティのスキンチェックのサイトを参照してくださいね
http://www.pola.co.jp/beauty/APEX-i/skincheck/index.html

実際私が受けて感じたのは、お肌もファイナンシャル・プランニングにも共通するということがあるということです。

それは、現状確認です。

ファイナンシャル・プランニングにおける現状確認は、現在の収入・支出・資産・負債を確認するというところです。

現状確認をした上で、これからどうしていくべきか?という現状分析を行い、そして今から何をすべきか対策を考え実行に移す。

一見、ファイナンシャル・プランニングもお肌も関係ないように思うかも知れませんが、プロセスは似ていると思います。


何も知らずに10年・20年経った頃には、対策を講じている人と、していない人とでは大きな差がでると思います。

実際のセミナーの様子をすこしだけご案内しますね

今回は定員を超える申込が在りましたが、お仕事の関係などで4名の方が参加されました。(定員は8名です。)

今年から大手町の三井生命本社2階のセミナールームで開催しています。
昨年まで行っていた御茶ノ水のセミナールームに比べ、会場が狭いため、4人~8人位がスペース的には丁度いい感じです。

今回もセミナーそのものにはじめて参加された方ばかりでした。
(私のセミナーには、セミナーそのものにはじめてという方が多いです。)

初めて合う方とこの様な円卓のテーブルですと皆さん、少し緊張されたかもしれませんね。

money12.01.23.jpg

みなさんライフプランのワークを行っています。
ワークに集中されています。

money12.01.23-2.jpg

セミナーではワークシートをお互いに見せ合ったり、ディスカッションを行ったりはしていませんので、初めて参加される方も安心してくださいね。


また、今回のセミナーを開催していろいろと気付きがありました。

次回からはライフプランのワークシートを改良し、より実践的な内容にバージョンアップした構成で開催する予定でいます。

また、セミナーも「ライフプラン編」と「貯蓄・保険編」と2シリーズを運営していく予定でいます。

いままで参加されたことのある方も初めての方も是非足を運んでくださいね。

また日程のなかなか合わない方は、個別相談をご予約ください。
尚初回の面談は、PMMサービスがお客さまにとって役立てるか、お客さまの夢やご不安、懸念点などお話を伺いながら確認します。この段階で、ファイナンシャル・プランの作成をご判断ください。もちろん不要と判断された場合はお断りいただいて構いません。
必要に応じてライフプランニングを作成するワークを行っていきます。
気楽にお問い合わせくださいね。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

(2012年1月23日)



第35回 2012年から始めるマネープラン

皆さま、こんにちは
ファイナンシャル・アドバイザーのジャクソン展子です。

皆さんはどの様なお正月を迎えられましたでしょうか?

私は、いままでになくゆったりとしたお正月を迎えました。

昨年、新築のマンションに引越ししたことや、自宅では肉料理を殆ど食べなくなったので、水周りを中心に大掃除らしいことをする必要がなかったことも、ゆったりとしたお正月を迎えたことの一つだと思います。

それでも、床を拭いて、窓ガラスも磨いたら、結構汚れていました。
一通り掃除が終わった後のお部屋の気が変わったことを感じることが出来ました。

また、前回のコラムでも書かせていただいたお金の整理・整頓の中の7つのポイントを実践しましたよ

もう一度ポイント案内しますので、よかったら参考になさってください。

1.定期的に掛かる会員費など、維持するのにコストの掛かっているものを書き出す。

2.例えば使用していないカードなどがあれば解約手続きをしたり、連絡先などをTODOリストに書き込む。

3.貯蓄金額の残高を確認する。

4.3の金額を2012年の12月の手帳に2011年末の貯蓄残高の総額として書き込む。
 
次は整頓です。

5.来年の予定の中で、予算を分けておいたほうがいい項目を月単位で書き出す。
  例えば、結婚式、旅行、習い事の発表会など

6.来年末の貯蓄目標額を4と同じく手帳に書き込む
   記入例:2011年末の貯蓄額 ○○○円
        2012年の目標額  ○○○円
        2012年の実績額  ○○○円

7.上記の情報を夫婦・家族で共有する。


この中で、一番大切なことは、現状の確認である3の貯蓄額を確認するというポイントです。

個別相談でも、家計管理を体重管理に例えてお話をするのですが、まずは現状の確認が必要です。

現在の貯金や投資の残高など、一通り確認していただきたいと思います。

でも、どこにメモをしたのか?忘れてしまっては仕方ないので、手帳に書きだすことをお奨めします。

今年も、当コラムではすぐに使える情報を提供していきたいと思います。

またセミナーも毎月一回は開催する予定でいます。コラムではどうしてもお伝えしきれない部分がありますので

是非皆さまに活用いただけたらいいと思います。

今年も1年よろしくお願いいたします。

(2012年1月10日)



第34回 お金の整理・整頓

皆さま、こんにちは
ファイナンシャル・アドバイザーのジャクソン展子です。
早いもので今年最後のコラムになりますね
皆さま、1年間ありがとうございました。

今年最後のコラムは、大掃除のシーズンにならってお金の整理・整頓です。
では、早速はじめましょう。
まず整理・整頓の意味からスタートしましょう。
整理の意味は、「要、不要を分けること」
整頓の意味は、「何であるかを明示すること、分類すること」
ここまでは、皆さんもご存じだと思います。
最近では整理・整頓の本が沢山ベストセラーになっていますしハイキャリアの読者の方も本を読んだり、実際に行動に起したことがある方もいると思います。
そういう私も、今年の1月にあの「こんまりさん」こと近藤麻理恵さんのセミナーにもいったりして、洋服だの本だの沢山整理・整頓しました。
彼女のセミナーに出て思いましたが、お金についても同じことが言えると思いました。
ではお金に置き換えると、どうなるのか?
整理については、
「自分にとって必要なものを買っている、維持しているのか?の要・不要を分ける」こと
整頓については、
「貯蓄の目的、消費の目的を明示すること。」と思ったのですが
いかかでしょうか?
かといって、「この1年間を振り返って何に使ったのか?レシートやカードの明細を振り返りましょう」
とはいいませんので、安心してください。

今回は、私が実際に年内に行う予定のお金の整理・整頓方法についてポイントを絞ってお伝えします。

まず整理です。

1.定期的に掛かる会員費など、維持するのにコストの掛かっているものを書き出す。

2.例えば使用していないカードなどがあれば解約手続きをしたり、連絡先などをTODOリストに書き込む。

3.貯蓄金額の残高を確認する。

4.3の金額を2012年の12月の手帳に2011年末の貯蓄残高の総額として書き込む。
 
次は整頓です。

5.来年の予定の中で、予算を分けておいたほうがいい項目を月単位で書き出す。
  例えば、結婚式、旅行、習い事の発表会など

6.来年末の貯蓄目標額を4と同じく手帳に書き込む
   記入例:2011年末の貯蓄額 ○○○円
        2012年の目標額  ○○○円
        2012年の実績額  ○○○円

7.上記の情報を夫婦・家族で共有する。

以上ポイントを絞ってお伝えしました。

一年振り返り、来年の目標を立てるための、ヒントになれば幸いです。


新しい年が、皆さまにとって素敵な一年になりますように、お祈りしています。

良い年をお迎えください。

(2011年12月19日)

第33回 映画「うまれる」丸の内上映会

皆さんこんにちは、ファインシャル・アドバイザーのジャクソン展子です。

今回は、2011年12月7日に行われる映画「うまれる」の丸の内上映会についてお知らせさせていただきたいと思います。


おかげ様で各回とも定員に達したため、上映会のお申込は締め切りさせていただいております。

これまでご協力していただいている関係者、ボランティアスタッフの方々、また店頭や会社の休憩室などにチラシをご好意で置いていただいている方々にこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。

快くご協力頂き本当にありがとうございます。

この映画は全国で自主上映会を開催しておりますが、他の上映会は比較的休日の開催が多い様です。

今回の上映会は、平日のしかも都心での上映会にも関わらず、昼間のママさんタイム(11時~ 14時~)には出産後初めて我が子と映画をみるというお母さまや、小さいお子さんを連れてこられるお客さまなど、多数の申込をいただいております。

また、夜の会(19時~)には、お子様が小学生のファミリーの申込やご家族で見られる方や、既に他の上映会でご覧になった方の紹介で申込に至方も多くいらっしゃいます。

この映画は「地域を超える! 人がつながる!」というコンセプトで、自主上映会を開催しやすいように配給会社が仕組みを作っています。私たちの自主上映会も同じような思いで開催していきたいと思っています。

信頼できる方の紹介によってこの様に輪が繋がっていくというのは素晴らしいですね。

来年度も上映会を企画しています。
詳細がわかりましたらこちらのコラムでもご案内していきたいと思います。

さて、次回のコラムは大掃除シーズンに合わせて、お金の整理・整頓についてお話していきたいと思います。

お楽しみに

(2011年11月7日)

第32回 住まいのあれこれ⑤ 

皆さんこんにちは、ファインシャル・アドバイザーのジャクソン展子です。

11月に入り都内の木々も少しづつ色づいてきましたね、

今年は紅葉狩りに野山にでかける時間を持てなかったので、都内で紅葉を楽しもうと思っています。
都内であれば、神宮外苑や皇居周辺などがよさそうですね、皆さんはどこかお出かけの予定がありますか?

さて、我が家の引越しのエピソードもそろそろ大詰めです。

今回は我が家に訪れた部屋探しの転機についてお話します。

それは、予算を変更したことです。

「なんだ~!?」

というようなことで申し訳ありません。

住まいの費用が家計に与える影響が大きいことを認識しているので、相場より厳しい予算で部屋探しを続けていました。

私たちは期限があって探しているわけでもなかったのでどこかで「掘り出し物」があるんじゃないか?という淡い期待も持っていました。

食べ物もそうですが、高くて美味しいものは当たり前ですが(そうでない場合もありますが・・・・)
手ごろ価格で美味しいととってもうれしいと思います。

実際のところ掘り出し物の不動産というのはなかなか無いとは思うのですが、どこに着眼点を置くかによって価値がかわって来るように思います。

こうして予算を変更して調べたところ、1点を除いて全てが希望していた住まいの条件よりいいものでした。

その1点が、エレベーターが無いことでした。

ここが肝です。

我が家の唯一の条件は自転車を置くスペースとそこに至るまでの導線でした。

その導線に階段が存在していたのです。

ですが、既に数ヶ月部屋探しを続け、もうこれ以上希望に似合う部屋はないと確信したので、階段のことは
目を瞑っていこうと主人と話し合い主人に納得してもらいました。

そして募集している不動産の会社へ問合せをしたところ、残念ながら希望している階数には先約の方がいるとのこと。

そうなんですよね、いくら自分達が気に入って納得しても、住めるとは限らないですよね。

こうしてまた振り出しに戻ってしまいました。

そうはいっても簡単には諦められないので、2番手として2階のお部屋に申込をしました。

待つこと数ヶ月。

その後、いろんな縁が重なって、希望の2階のお部屋に住むことができることになりました。

今は快適暮らしています。

コラムを書いている間に本棚から2年前書いた夢ノート※を見つけました。

そこには、広いリビングに夫婦二人のワークスペースがあり、大きなダイニングテーブルで親しい人を手料理でおもてなしをしていると書いてありました。 

ノート存在自体をすっかり忘れていたのですが

住まいも暮らしも具体的にイメージしていたことが、いつの間にか叶っていました。

2011年も残すところあと2ヶ月弱、年末までにこの夢ノートもブラッシュアップしていこと思います。

※夢ノートとは、こうなりたいと思っている理想や想いを言葉やイラストで書いたノートです。

(2011年11月7日)


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top