HOME > LIFE > 私の未来をつくるマネー術

私の未来をつくるマネー術

第21回 タイトルやテーマを決める。

 早いもので来週から衣替えの季節ですね。環境庁が提唱する「スーパークールビズ」を導入する企業も多いのではないでしょうか。職種によってはジーンズにTシャツもOKとのことですが「スーパークールビズ」というタイトルからも、節電に向けての強い気持ちがこめられていることが伝わります。

 そうはいってもビジネスシーンでは節度のある服装が求められると思います。回りの人にも清涼感や清潔感を感じてもらえるように、みんなで過ごしやすい環境をつくっていきたいですね。

 さてタイトルやテーマの決め方ですが、例えば本や映画、お店や会社の名前、社訓や家訓などにもいろいろな思いがこめられていますよね。

 例えば、我が家の新しいお部屋のタイトルは「幸せの増える家」です。このタイトルにこめた思いは我が家の幸せというより、訪れた人の幸せの増幅感をイメージして暮らし方、住まい方を工夫していきたいと主人と話して決めました。
また別の例ですが、私の今年の美容のテーマは「ハリ・ツヤ実感-5歳」です。もちろん素敵な女優さんやタレントさんをイメージして「○○さんの様な艶感」でもいいのですが、そうするとつい背伸びをしてしまいそうなので、意識しやすいタイトルを考えました。他の人から―5歳に見えるかどうかはさておき、このタイトルを年初に決めたおかげで自然と食べ物や睡眠、休息などにも気を配ることが出来ているようです。

 この様に具体的にタイトルやテーマを決めるときのポイントはひらめきを大切にすることだと思います。

 このようにタイトルやテーマを決めることは始めるとなかなか面白いので是非皆さまも試してみてください。

 では後半は皆さまにお伝えしたいエピソードがありますのでそのお話をしていきたいと思います。

 その方(Eさん)は先日開催したセミナー「私を高めるパートナー選びの法則とお金の育て方」に参加されました。セミナーを受講後の感想をお伺いしたところ、家計全般をご主人に任せていることを反省されていました。そして後日ご夫婦でファイナンシャル・プランニングの相談(ミーティングと呼んでいます。)にいらっしゃいました。

 いつもの通りライフプラン上の夢や目標、そして思いについてお話をお伺いしました。

 Eさんの夢は近い将来カフェを経営したいとのこと、またお二人共に出身が東京なので将来は田舎暮らしをしたいとのこと、共通の趣味であるバイクで海外のツーリングに行きたいとのことでした。

 以前ペンションを開きたいとも考えたこともあったEさんご夫婦は、実際に地方の不動産を見に行ったこともあるとのことでした。これまでもいろんな思いを共有しているご様子でしたので、その後もいろんなお話を聞いていきました。

 Eさんが楽しそうに夢や思いについてお話されている間、ご主人は暖かい目で見守っていた様子が印象的でした。そういった夢の準備に立ち会うことが出来てうれしく思っています。

 その後徐々に具体的なライフプランの骨格が出来てきました。

 骨格が出来てきましたら、今度は現状の分析をしていきます。その為に必要な情報を確認して来て頂きたいことをお伝えして1回目のミーティングを終えました。

 そして最後にEさんにあるお願いをしました。

 それは「将来のお店の名前を決めてきていただく」ことでした。
ちょっと時期早々だったかも知れないとお伝えした後感じましたが、既にどの様なお店を持ちたいというイメージが出来上がっているようでしたので、夢に描いてることが具体的な目標になると思い、お願いしました。

 やはり具体的なお店の名前が決まると、目標に向けて今から準備する資金に対してもモチベーションが維持できると思いますし、想像以上にメリットがあると思います。 何事も一人では出来ませんので未来に協力者が現れるかも知れませんね。 

 私はこのコラムのタイトルにあるように、未来はつくっていくものだと思っています。 この様にテーマやタイトルを決めるのは、自分自身も考えを整理することができますし、他の人にも伝わりやすい、とっても有効的な手段だと思います。

 次回はその後Eさんご夫婦が取った行動についてお話ししたいと思います。

(2011年5月23日)

第20回 「パートナー選びの法則」と「お金の育て方」セミナー

皆さまGWはどの様に過ごされましたでしょうか?
後半はお天気にも恵まれましたので、思い思いにお過ごしになられたことと思います。

我が家は、ライフプラン・ファイナンシャル・プランで予定していた引越しをしていました。年初から数ヶ月インターネットで情報収集をしていましたが、この程住んでみたいと思っていた場所で、理想に近い部屋に出会いました。

ここから新しい未来が広がると思うととってもワクワクしています。

さて、4月14日に開催されたセミナーについて早速レポートしていきます。
セミナー開催までの経過はこちら→http://www.hicareer.jp/life/money/post-30.html

セミナーは2部形式で行いました。
1部はブライダル作家の近藤ともこ(通称こんとも)さんによる
ウエディングの現場で見てきた、幸せな未来を引き寄せる為の「パートナー選びの法則」

あなたのベストパートナーはどんな人でしょうか? ウエディングの現場にて10年間2000組のカップルと触れ合って、パートナー選びの重要性を実感されてきたこんともさんは一生に一度のウエディングのプロセスにその秘密があるとのこと。「理想の在り方をイメージし、そこから逆算で考える」パートナー選びの法則について語っていただきました。 

money1-11.05.09.jpgのサムネール画像

セミナーの中盤では、マインドマップによるワークもありました。マインドマップアドバイザーでもあるこんともさんのリードの元、参加者方も真剣かつ楽しそうに作業をされていたのが印象的でした。 

money2-11.05.09.jpg

■セミナーに参加された方の声を一部ご紹介いたします。
「ワークショップをまじえたお話でわかりやすく楽しかったです。」 
「勉強になりました。特に選ぶ時のポイント。」
「2000組プロデュースのキャリアだけあってとってもわかりやすい。何でも話せそうな方だと思いました。」
「マインドマップは初体験でした。「○○の特に○○な事で役に立てる相手を探す」の言葉が目からウロコでした!!」
「女性エネルギー、男性エネルギーのバランスでパートナーを選ぶという考え方、ウロコがボロボロでした。私はガッツリ男性エネルギー派でした。でも仕事とプライベートでも変わりそうですね!」

2部は私が担当させていただきました。
お金の専門家が実践している、幸せな未来を引き寄せる為の「お金の育て方」

ここではライフプランとマネープランの立て方、ファイナンシャル・プランニングの基本的な考え方を体系的にお話いたしました。 私自身も活用している「未来設計図」をつくる簡単なワークショップも行いました。

money3-11.05.09.jpg

■セミナーに参加された方の声を一部ご紹介いたします。
「家計を全体的に夫に任せてしまっているので、マネープランに対して無関心になりすぎている事を反省しました。」
「一度お話を伺ったことがあるのですが、改めて考えるいい機会になりました。」
「ざっくりですが、お金の管理を人生プラン(目標)と共にきちんと計画しなくてはならないと自覚できました。
○○○貯金さっそく始めます。」

今回お起しいただいた方の中には、セミナーに参加するために午後半休を取られていらした方が数名いらっしゃいました。とってもありがたいことだと、こんともさんと話をしていました。

その他の方にも気持ちよく参加していただき、会場の雰囲気を明るくしていただきました。
ご参加いただいた皆さまに改めて御礼を申し上げたいと思います。
皆さま貴重なお時間にご参加いただき本当にありがとうございました。

また、皆さまから寄せられた感想や意見を元に、より具体的で心に響くようなわかりやすいセミナーを今後も開催していきたいと思います。

(2011年5月9日)



第19回 新年度に思うこと。

新緑が眩い季節になりましたね。

私が勤めているビルの眼下には神田川が流れています。
4月初めの頃は水面に桜の花びらがゆらゆらと流れていてロマンチックな感じも素敵でしたが、最近では川辺の木々が日に日に色濃くなって気持ちがいいです。
都心にいながら季節を感じる環境でお仕事をさせていただいていることに感謝しています。

さて、皆さんの職場では新年度に入り、一緒に仕事をするお仲間を迎えられましたでしょうか。私の職場では、私たちファイナンシャル・アドバイザーを支えていただいている
事務職に新入社員が2名配属されました。
新緑の様にキラキラ輝いている姿に、私も初心を思いだし心新たな気持ちになりました。

また多くの会社では4月から新しい年を向かえ、事業の計画や予定などを共有されていると思います。

先に予定が見えていると、準備が整いやすいですよね。

期日(目標)を決めて逆算して準備をしていく。

ライフプラン、ファイナンシャル・プランも同じ様なプロセスを歩んでいきます。個人相談やセミナーを通じて感じる事ですが、生涯のライフプランを思い描くには、相当な労力が掛かる作業だと思います。

でも、1年後の自分の姿をイメージだったらどうでしょうか?

仕事に対する取り組み方、大切な人との関わり方、自分の時間の過ごし方、など・・・・・

比較的イメージしやすいのではないでしょうか?

なりたい姿から逆算する。

なりたい姿といっても、体重のように数字になっていると管理しやすいのですが、数字に出来ない部分や、気持ちの部分も同じ様に考えると、自分にとって一番大切なものが見えてくるようです。
身近にお手本になる先輩がいるとよりイメージしやすいかも知れませんね。

先日開催させていただいたセミナーの中でも、マインドマップを活用したり、簡単な未来設計図を描いたりするワークショップの時間を設けました。
私もマインドマップつくりに参加しました。ほんの数分の時間でしたが、集中して思考を巡らせたことで、物事がさらに整理できました。

少しまとまった時間が取れる時期です。このタイミングで立ち止まって思い描いたり、書き出してみるものいいかも知れませんね。

最後に少しだけセミナーの様子をご案内させていただきます。

2011年4月14日に私を高める「パートナー選びの法則」と「お金の育て方」を開催しました。
参加された皆さんのお陰で和気藹々とした雰囲気中で、あっという間の2時間でした。

参加された方の感想を一部紹介します。

第一部 ブライダル作家の近藤ともこさんによる「パートナー編」
「ワークショップをまじえたお話でわかりやすく楽しかったです。」 
「勉強になりました。特に選ぶ時のポイント。」
「2000組プロデュースのキャリアだけあってとってもわかりやすい。何でも話せそうな方だと思いました。」

第二部は私が担当した「マネー編」
「家計を全体的に夫に任せてしまっているので、マネープランに対して無関心になりすぎている事を反省しました。」
「一度お話を伺ったことがあるのですが、改めて考えるいい機会になりました。」
「ざっくりですが、お金の管理を人生プラン(目標)と共にきちんと計画しなくてはならないと自覚できました。」
今回参加できなかった方の要望もあり、予定していた6月9日(木)以外に5月24日(火)も同じ内容で開催することが決まりました。
関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

次回はセミナーの様子をもう少しご案内させていただきます。

(2011年4月25日)

第18回 大切なものを改めて考える。

 4月に入りいつの日からか桜の花もほころび始めましたね。外に出かけた時に木々を見上げて、季節の移り変わりを感じるだけでも心が和みます。

 桜といえば、日本三大桜の一つに上げられる「三春の滝桜」を福島県に住む友人に数年前に案内されて見に出かけたことがあります。(ちなみに他の2つは根尾の薄墨桜(岐阜県)山高神代桜(山梨県)とのことです。)

 樹齢1000年を超える三春の滝桜は、桜の周りは根を保護するために柵で囲ってありますが、間近でみることができます。また、周りを遊歩道で囲ってあります。遊歩道がある場所は一部小高い丘になっていますので、少し離れたところからみる滝桜も格別でした。
そして何より気持ちを豊かに幸せな気持ちにさせてくれたのは、桜の周りに集う人々の笑顔でした。一緒にまた三春の滝桜を見に訪れたいと思っています。

 震災から一月が経ちいまだ気がかりなことは多くありますが、工藤紘実社長の「ビシッと愛のムチ」3月24日付のコラムにもあるように直接被災していない人はそれぞれができることを続けていくことが大切だと思います。
  
   ・笑顔を失わない。
   ・経済活動をとめない。
   ・節電や支援金に協力する。
   ・どんな時でも希望を失わない。

 ファイナンシャル・アドバイザーとして、出来ることは限られているかもしれませんが、大切なものを改めて考え、これからの未来について何を初め、何を終わらせ、何を選び、どの様な未来をつくっていくのか、セミナーや個人相談などを通じて一緒に考えていきたいと思います。

 4月以降の新たなセミナーの日程が決定いたしました。本文後にご案内させていただいております。

 次回は、新年度にまつわるお話をさせていただきます。

(2011年4月11日)

第17回 心よりお見舞い申し上げます。

 このたびの東北地方太平洋沖地震及び長野県北部を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 また、避難生活を余儀なくされている方は、寒さが厳しい中で、生活物資やガソリンが不足するなど、大変なご苦労をされていることと思います。

 一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 今回は4月以降に開催予定のセミナーに関してお知らせをさせていただきます。
震災後も新たなお申込をいただいたりしています。
講師の方とも話し合い、予定どおり開催することにいたしました。

 セミナーに参加していただくことで、皆さんの心が少しでも元気になり、何かのお役にたてることが出来たらうれしく思っています。

 また、現在、照明や空調の使用に関して全社的に節電に努めております。
セミナーに参加していただく皆さまにおきましても、何かとご不便をおかけすることがあると思いますがご協力の程宜しくお願いいたします。

 これからも私が出来ることを続けていきたいと思います。

(2011年3月28日)


《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top