HOME > LIFE > 武藤順子の「一生青春」 > 働きながら博士号をとる方法(1)

武藤順子の「一生青春」

働きながら博士号をとる方法(1)

長かった~
ほんとに長かった~
だって大学院に入った時は
こどもが研究室のかたすみでポケモン並べて遊んでたのに
いまや、私に携帯の使い方を教えてくれる

9年っす
大学院卒業まで9年もかかってしまった。
小学一年生が中学三年生になる長い期間を
私はネズミの解剖や統計アプリの使い方を学ぶことで費やしたのか
うぉ~~ もったいない
その間、同級生は山登り、陶芸教室
歌舞伎、演劇、ミュージカルで文化的な時間をすごしたはず

でも自分で望んだ道だ
えっ ちょっと待って 
もともと修士で2年間、肥満の研究の真似事でもしようかな~
って思ったのだった
「ちょっと大学院で勉強してます」なんて
ペラッペラな思いつきで大学院にはいったのに

それでもって9年
「ここまで来たら博士号」っていう
よくある重圧にのまれてしまったのか

私みたいに流された人もいると思うけど
中には目的を持ってがんばって博士を目指している人もいる
研究したいテーマがある人もいる

そんながんばっている人に
私のつたない体験をお伝えしたいと思って
この文章を書いてます。

社会人が博士号を取るために必要なスキルって
あります!

まず、私はなぜ大学院に入ろうと思ったのか
それは、母校の社会人向講座でアルバイト講師をした時のこと
実は、受講生の学歴の高さにビックリ
しかも、偏差値の高い大学ご出身だったりして・・・
こりゃ、学部卒じゃかっこつかない!
修士くらい出ておかないと・・・

こんな軽い気持ちでした 笑

だいたい、大学院ってどうやって入るんだろう
この年で試験とかいやだな・・・
とりあえず、有名な教授にお願いしてみようかな?と
直接、大学に電話しちゃいました。
今思うと、なんとずうずうしい!
でも、これ正解

大学院って、入れてくれる研究室のめどをつけるのが大切
こうして、何にも知らない私は
とある大学院の研究室の無給研究員になったのであった。
つづく


武藤順子の「一生青春」


↑Page Top

プロフィール

武藤順子

武藤順子さん
博士(体育科学)、薬剤師(東京理科大学)。
製薬会社などで働き、医薬翻訳者として独立。メーカーの申請資料、ドクターの論文などの翻訳をする。現在スポーツ医科系大学院の博士課程研究生。脳・運動・ストレス・肥満などの研究を行う。株式会社ビーフィジカルの代表として講演、執筆、エージングマネージメントセミナー講師などとして活動。主な翻訳物:ライフサイエンス選書「米国最新治験事情—臨床研究者の成功までの道のり」。
所属学会:日本体力医学会、日本肥満学会、臨床栄養学会
運動と脳とキレイを科学する女性研究者のブログ武藤順子オフィシャルサイトB-PHYSICAL