HOME > LIFE > 武藤順子の「一生青春」 > 働きながら博士号をとる方法(2)

武藤順子の「一生青春」

働きながら博士号をとる方法(2)

大学院って何をするところなのか
分野によって違うと思うけど
まずは、自分の研究テーマを決めるわけ
研究テーマって言っても
大概その研究室でテーマはすでに決まっていて
その中で自分の興味に近いものを選ぶって感じかな?
「好きなことをすればいいよ」
なんておっしゃる教授もいらっしゃるけど
それはそれで、後からとんでもなく大変なことになるわけ

選ぶって言ってもさ
カルチャーセンターの講座を選ぶのとはまるで違って
たとえば
「この果物が体にいいらしいから、それを研究しようかな~」
なんて言ったとしたら、
「体のどこにいいの?いいっていう定義はなに?この果物丸ごと?主成分は?」
と、山のように質問される
「記憶力とか、うつとか、脳への影響を調べたいな~」
というと
「もしかして、ほかの人が研究してたりして?測定項目は?測定はこの研究室でできるの?試薬は高いの?」
と、またまた山のように質問される

ようするに
「ほかの人がやっていない研究を探して、そこそこの研究費と院生で実験をこなして、それなりのデータが出る」そういうテーマを探す必要があるってこと
そうなると、まず最初にやる作業が
「論文のデータベースから、関係する論文をひっぱて来て
かたっぱしから読む!」

私は論文博士だったから、授業はなく研究だけ
周りの人に聞きながら、必要なスキルを少しずつ覚えていった
大学院の過程博士コースに入学すると
研究者への道をもう少し細やかに教えてくれるのかも
大学院の授業は、大学や研究室によって全く違うと思う
教授を中心とする独特な組織があって
その風土も教授の人柄で決まるんだと思うよ
教授の人柄のリサーチが実は相当重要だ

研究室によっては論文を読む勉強会がある。
この勉強会が無いところは修士2年、博士3年の5年の間に
かなり差がついてしまうかも
この地獄の勉強会は本当に地獄で
まず書いてある技術がわからないし
英語もわからない(ネイティブが書いているわけでない)
図が理解できない
だいたい、いつも前日の夜になって
「まったく理解できない・・・」とコーヒーばかり飲むことになる

いい論文にあたって
「それ、いいじゃないか!武藤さん、この測定してみたら?」
なんてことも時々ある。
ところが、論文のとおりにやっても
全く測定できないこと ありありです
小保方さんのような難しそうな実験じゃなくて
本当に簡単な原理なのに・・・
何度も挑戦して
ようやく出来た時は、ものすごい研究をしたかのような
達成感ですわ

こんなことを繰り返しつつ
徐々にテーマが決まってきたのであります


武藤順子の「一生青春」


↑Page Top

プロフィール

武藤順子

武藤順子さん
博士(体育科学)、薬剤師(東京理科大学)。
製薬会社などで働き、医薬翻訳者として独立。メーカーの申請資料、ドクターの論文などの翻訳をする。現在スポーツ医科系大学院の博士課程研究生。脳・運動・ストレス・肥満などの研究を行う。株式会社ビーフィジカルの代表として講演、執筆、エージングマネージメントセミナー講師などとして活動。主な翻訳物:ライフサイエンス選書「米国最新治験事情—臨床研究者の成功までの道のり」。
所属学会:日本体力医学会、日本肥満学会、臨床栄養学会
運動と脳とキレイを科学する女性研究者のブログ武藤順子オフィシャルサイトB-PHYSICAL