HOME > LIFE > 武藤順子の「一生青春」

武藤順子の「一生青春」

うちくるぶしを温めよ

なでしこ、勝ったぁ!!
やりましたーーーー!!

アメリカやフランスとの試合を見て
パスがつながらなくてなんだかイマイチじゃないのぉ
なんて思ってましたが
華麗なパス回しで
こわーい大きいカナダのお姉さま方から勝利をもぎ取りました。

私がプレイするんじゃないけど
いつも試合見てるとおなかがすいてしまうのよね。
昨夜も白いご飯にゆかりと白ゴマを振りかけて
わしわし食べながら応援しました!
夜中が多いから
今年の五輪は完璧太りそう・・・

こんなさわやかな話題の後に悪いんだけど
今日はくるぶし温めようの話

素足でいるのが大好きで、私ついつい足を冷やしてしまうのですが
先週、整体の先生に
「武藤さん、足つめたっ!腰痛あるからくるぶしは冷やさない方がいいですよ」
って言われました。

うちくるぶしあたりを冷やすと
足の内側の筋肉が硬くなって
腰を支える筋肉も硬くなって
腰痛持ちにはいいことなし!

でも
私、嫌いなんです。
足先が包まれてるって
それに暑いし・・・

それでマルイに行って
足先が空いている靴下を2つ買ってきました。

一つは、セリーヌの「足先が空いてて足裏がレースで膝まである靴下」
1680円が40%オフでした。

あのね、これ意外といいよ

冷房の中で長時間いる場合、
いくら節電っていっても実は身体は冷えている。
そういう時に足首をいたわって
体調を崩さないように気をつけたいし
女性特有の症状も緩和される。

それから、もうひとつはワコールの「細く見せる圧着設計靴下」
ちょっと圧着しすぎるけれど
パンツの下にこの手を履くのも悪くない。

とにかく足先が出てるから快適。

一応、冷え性に効くツボでよく話に出るのが
「三陰交」(さんいんこう)、つまり内くるぶしから指幅4本分上にあるツボと、「照海」(しょうかい)という、内くるぶしから親指幅2本分下あたりにあるツボ。
ときどき押してあげましょう。

私が良くやるのが、足の指の付け根あたりを
一本一本マッサージしてあげること。
意外と痛くて気持ちいいのだ。
目の疲れも取れるし、足のむくみもとれる。

側湾症の私はいつも股関節や腰痛や足首のトラブルが多いんだけど
先日、NHK見てたら
ウサインボルトも側湾症なんだって。知ってた??
もう、すっごくすっごく励まされました。
ボルトみたいに、腹筋と背筋を鍛えて
腰痛とおさらばする方法が
ほんとは一番いいんだろうな~

オリンピックは寝不足になっても
やっぱりリアルタイムで試合見ましょう。
暑さなんかふっとぶ元気をもらえるよ。


モモンガ押しかけ女房の巻

ごめんなさい。今回はアンチエイジングお休みです。

ということで  
モモンガ 知ってる?
愛くるしいお顔で パッチリお目目
ムササビのようにマントを広げて滑空する(はず)
オーストラリアから来た有袋類
その名もフクロモモンガ

2年前の夏
突然 娘と夫がモモンガのメスを買ってきた

私はね、動物は嫌いじゃないのね
でも、夜行性の生き物じゃ、夜寝てる私と接点ないのね
人間だけでも大変なのに さらにお世話する対象が増えるなんて
絶対いやっ

そう言ってたのに
「安くなってたよ。」と、今年の五月に性懲りもなく今度は彼氏を買ってきた

メイティングってタイミングも相性もあるし
たとえ生まれても育ててくれるかどうかわからない・・・

でも、まぁ買っちゃったんだから
夫婦になってもらうしかない

最初の1カ月は、隣のケージにいれて(新しいケージもまた買った・・・)
お互いの匂いにならせる期間
最初に彼氏を来た時は
メスは興味津々で ずーーーーっとガン見
初めて自分がメスだってこと自覚した瞬間かもね
鳴き声が乙女チックになってきた

何日かたってから、彼氏の猛烈なアピールが始まった
ワン シューーッ シューーーッ (これラブコール)
彼女も悪い気はせず 「アン」って鳴いて応答
(モモンガって犬みたいにワンって鳴きます。)

1か月以上こういう状態が続くと
私 なんだか彼氏がかわいそうになって
先週末に、お見合いさせました

風呂場にケージを2つ置いて
ドアを開けて 成り行きでどちらかがどちらかの家に入ったら
そのまま同居ということで

明りを消して、懐中電灯を持って
家族はお湯のない湯船の中に座って
かたずをのんで見守っていると
まずはメスがケージから出て歩き回る
オスはケージの中からラブコールをするものの無視
ようやく外に出てきてメスを追いかける
それでこそオスだ

ところが、メスがくるりと向きを変えてオスに向かって突進
オスは逃げる 
メスは追いかける
メスはオスのケージの中に侵入
我が物顔でオスの巣箱に入り、餌も食べ
なんと巣箱におさまった
オスは帰る家がなくなりもぞもぞしているうちに
メスに呼ばれて帰宅
そしてケージは静かに

家族の前でいきなり交尾したらどうしよう とか
相性が悪くて 噛みあったらどうしよう とか
考えてたのに(笑)

同居は思いのほかスムーズ
まあ 多少は彼女のほうがかかあ天下で
彼のえさ箱の中の好物だけを食べちゃうとか悪さもするけど
傍若無人の彼女を、彼はすべて受け止めてくれるし、相性は悪くない

問題は私たち家族
完全に置き去りにされた
モモンガ社会に人間は受け入れてもらえないのか
今までおなかをマッサージしてあげていたのに
もうそれは彼氏にしかさせないのか

ほとんど巣箱の中に入って
二匹で暮らすようになって
あいつらは幸せになったのだろうか

夕方7時のラブコールもなくなり
家族は、この理解不能なモモンガのことで右往左往している
夫は、子供を産むなら栄養をちゃんと摂らないと と
モモンガのえさにヨーグルトと蜂蜜を加えて食べやすいように成形
私はひたすら「何やってんの?たまには出てこいや!おりゃ」と呼びかけている

同居したら、仲睦まじいカップルのほのぼの映像が見えると思っていたのに


お得な響きにご注意


のどが渇いたときに
「さて、何を飲もうかな~」って悩んじゃうほど
ペットボトル飲料が充実していますね。

昔の人はせいぜい麦茶かほうじ茶か水 
でも、それって幸せだったのかも。

私が最近気になっているのが
「カロリーゼロのドリンクを飲む人のほうが肥満が多い」
という報道。

そういえば、NHKでも
「糖尿病患者の中で、特保のマークがついたものを好む人が重症」
と言っていました。

みなさん、どう思いますか?
私は、やっぱりねって思っちゃった!
かくいう私も、コーラ買うならカロリーゼロ 買っちゃうのだ。

人の都合で作りだしたものって
うれしいメリットがある半面
ちゃぁんとデメリットもあったりするのかな~

現在、カロリーゼロのドリンクの危険性があちこちで言われています。

成長期に多く飲むと
高カロリー食品を好む大人になる  とか

甘いものに抵抗がなくなり 
結局太りやすくなる とか

そういうの あるかもしれません。

「カロリーゼロ」とか「特定保健用食品」って
お得な響きだけど、詳細なメカニズムを知っている人は少ない
そういう分類にはいるのかもしれません。

先日、元NHKプロデューサー「からむら・あつのり」さんが書いた文章を読んでたら
「言葉のお守り的使用法」という表現がありました。

たとえば、「グローバルスタンダード」っていう言葉を使うことで
社会に認めてもらっているような・・・
高い価値観をもつ人間になったような・・・
そんな錯覚をしがちだと。

耳触りがよく、あいまいな言葉を使うと
実は思考停止になって
本質を考えなくなると、かわむらさんは言っています。

私の周りを見ても
特保やカロリーゼロにこだわる人を見ると
食生活がちょっと個性的だったりするもんな~

やっぱり自分は何を食べて何を飲んで生きていくのか
色々悩んで思考錯誤するのがフツーであり必要でもある

実は、翻訳も同じ
カタカナ表記にしてかっこよくスルーする文章
(企業からそういう依頼をされることも多いけど)
そういう翻訳文って
実は、あまり深く理解していなくても書ける。

かわむらさんは
「流行言葉を別の言葉に置き換えてみる」ことを提案しています。
そうすることで、自分が本当に目指すものが見えてくると。

私も最近 アンチエイジングという言葉を
自分なりの言葉で、多方向で言い換えています。

「正確な文章には本質がやどる。」


自立した女性


エネルギッシュで魅力的な人がいる
そういう人って
年齢を重ねても  興味や行動力が
衰えるどころかますますアップしていくようだ

自分が年をとることがそれほど不安でないタイプ

ときどき女性誌に紹介されるジェーン・バーキンは
そういうタイプの女性だと思う

映画は見たことないし
歌も聞いたことがないのだけれど
顔写真やインタビューの内容から感じられるのは
「自分の今置かれている状況を
ありのままに引き受けている潔さ」

アンチエイジングの話をしてくださいと言われるとき
いつも思うのです

自分の年齢、置かれている状況、悩み
そういったものにふたをして
明るく若々しいものだけにフォーカスをあてていないかと

ただ若々しいからという理由で
自分に合わないライフスタイルを押しつけていないか


美しく年をとっている人は
自分をよく知っている人かもしれない
自分が好きなことを自分自身よーく知っている

だから、人と比べることも少ないし
毎日がそこそこ満足できる

そして大切なことは
自分の周りのことを肯定的に受け止めることができる
もちろん自分のことも

だれでもダメな自分ってあるでしょ
あんな一言で落ち込むなんてだめだなあ
シミばかりで、こんな顔じゃだめなんじゃないかな(笑)

でも、よく考えたらずっとそうやって生きてきてるし
そこも含めた自分を快く引き受けてしまったほうが
実はずっとステキな未来図が手に入る

ここで一つ大切なことは
何のために現状を認識するのか

あきらめるためじゃなくて
自分を肯定して
自分の個性や心地いいライフスタイルを見つけるため

たとえばここに
明るくて楽しい性格でいつもアンチエイジングを心がけているAさんがいる
でも、もし年をとることの恐怖におびえながら暮らしているなら
それは今のAさんにとって本当のアンチエイジングじゃない

Aさんがもっと好きな自分を見出して
人と比べない、満足した毎日を送れるようになれば
アンチエイジングももっと楽しくなるし結果も出やすい

雑誌に出る女優さんたちは
もともと素材に恵まれているから
自分とは違うって思いがちだけど
決してそんなことはない


顔の筋トレ体験しました!


前を通るたびに気になっていて
いつかは勇気を出して入ろうと思っていた
それは

"筋肉マッサージとお顔の筋トレで若返り!"
というエステの看板

テレビでも紹介されたらしく予約がかなりはいってました。

「筋肉」や「トレーニング」、こんな言葉がエステの看板にあるって
これはわたくし、無視することはできません。

顔の筋肉って結構あって
この筋肉がこって、硬くなると
重力に従い下がってくる
だから
筋肉をほぐすとともに
自分で筋トレができるように指導してもらい
フェイスアップが実現する
とまあ、こんな趣旨の話を最初にうかがいました。

たしかに、その通り
いいところに気がついて、えらい!なんて思いながら施術

まず、クレンジングで汚れを落として
それからマッサージなんだけど・・・

これが  意外とキョーレツ!

「イタ気持ちいい」ところを教えてくださいと言われたんだけど
痛いほうが効果が出そう!
などと、めめしい考えがあって
わたくし、痛みをこらえておりました(涙)。

顔を洗濯機に入れたような そんな気分でしたが
わたくし
初めて顔の筋肉を自覚して、不思議とすがすがしかったのです。

そのあと、顔の筋肉をうごかすエクササイズを教えてもらいました。
「さしすせそ」で口周りの筋肉を動かすわけ

筋肉を動かすのに2通りがある
自分で動かすトレーニングと、
人に動かしてもらう整体やリハビリ

筋肉をつけたかったら
自分でトレーニングをするのが必須

でも、筋肉を柔らかくするとか
痛みをとるとか
機能を上げる
そういうときには
整体の施術やアスリートが受けるマッサージのように
人にやってもらうのが効果的

つまり、この二つを組み合わせたお顔の筋トレって
けっこうイケてるのかもね

身体を鍛えるのも同じ。
凝って固まった筋肉は機能が低下している。
これをそのままにしておくと、
機能低下を補おうと他の筋肉ががんばりすぎて
少しずつゆがんできたりする。

やっぱり筋肉はやわらかいのが一番!
そして、筋肉が柔らかくいい状態になってから
筋トレをして
その筋肉を大きくする。

顔の筋トレ、しばらく続けます。



《 前 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次 》


↑Page Top

プロフィール

武藤順子

武藤順子さん
博士(体育科学)、薬剤師(東京理科大学)。
製薬会社などで働き、医薬翻訳者として独立。メーカーの申請資料、ドクターの論文などの翻訳をする。現在スポーツ医科系大学院の博士課程研究生。脳・運動・ストレス・肥満などの研究を行う。株式会社ビーフィジカルの代表として講演、執筆、エージングマネージメントセミナー講師などとして活動。主な翻訳物:ライフサイエンス選書「米国最新治験事情—臨床研究者の成功までの道のり」。
所属学会:日本体力医学会、日本肥満学会、臨床栄養学会
運動と脳とキレイを科学する女性研究者のブログ武藤順子オフィシャルサイトB-PHYSICAL