HOME > LIFE > 武藤順子の「一生青春」 > 勝地涼を葉っぱに乗せる

武藤順子の「一生青春」

勝地涼を葉っぱに乗せる

この春は、ま~あ 忙しかったのでございます。
PTAの総会が2つでしょ
学位論文の書き直し
ファッションと脳科学のブランディング
やり直しの実験 などなど

そのほかにね
夕飯がいつも同じ問題や
口内炎が舌にできて治らない問題や
わたくし、もうだめかと思いました。

電車に乗っている間もやることの目白押しで

このままじゃ、いつか大失敗をやらかすわ。

そんな時に、NHKの「あさいち」で
「ぼんやりのパワー」というのを拝見したのでございます。

何も考えない瞑想の時間が脳を休めるとか

「寝るんじゃダメなのかしら?」

とおもいつつ見ていたら
理系の私の脳に響くこのお言葉

「瞑想をすると背内側前頭前野が活発になり
自分を客観視でき元気になる。」

え~~~そうだったの

前頭前野は頭の前側
「人間として大切な部分」なんだけど

時間の無駄みたいな瞑想に
そんな効果があったなんて知らなかったわ。

そして、電車で座った時に瞑想とやらをやってみたら
どうでもいい考えが次々と

総会の料理 → 今日の夕飯 → 母の日のプレゼント → 論文の構成 → 眉カットの予約 → 大島裕子 ・・・

連想ゲームともつかないわけのわからない考えが
どんどん湧いてくるのね。

こりゃだめだわ、とネットでやり方を探したら
「川をイメージして考えが出てきたら川の葉っぱに乗せて流す」と

次に電車に乗った時に
すぐに、川をイメージしたわよ。
そしたら、俳優の勝地涼さんが出てきましたの。

すぐさま、葉っぱに乗せて流したんですが
流すにはもったいなくてね~
なんだか一人でふっと笑ってしまい、おしまい。


そんなわたくしも
ある時、20分ほど瞑想に成功したのでございます。
そして 驚いたことに
目を開けたら3分しかたっていなかったのよ。
そのうえ、お風呂に入ったみたいに、すっきり元気

背内側前頭前野が活発になると

すごいわよ。
あなたもやってごらんなさいよ。


武藤順子の「一生青春」


↑Page Top

プロフィール

武藤順子

武藤順子さん
博士(体育科学)、薬剤師(東京理科大学)。
製薬会社などで働き、医薬翻訳者として独立。メーカーの申請資料、ドクターの論文などの翻訳をする。現在スポーツ医科系大学院の博士課程研究生。脳・運動・ストレス・肥満などの研究を行う。株式会社ビーフィジカルの代表として講演、執筆、エージングマネージメントセミナー講師などとして活動。主な翻訳物:ライフサイエンス選書「米国最新治験事情—臨床研究者の成功までの道のり」。
所属学会:日本体力医学会、日本肥満学会、臨床栄養学会
運動と脳とキレイを科学する女性研究者のブログ武藤順子オフィシャルサイトB-PHYSICAL