HOME > LIFE > 小学校留学inニュージーランド

小学校留学inニュージーランド

第5回 インターネットでの家探し

皆様こんにちは。前回は、無事、長期留学のためのビザが下りたところまでをお伝えしました。ほっとしたのもつかの間、次はいよいよ、ニュージーランドで住む家を探さなければなりません。2週間の短期留学の時は、2回とも、市内中心部にある家具付きのアパートを借りましたが、そのときから、いつか長期滞在するときには必ず、ニュージーランドで最も一般的な、庭のある一戸建てに住みたいと思っていました。

さっそく、ニュージーランドでいちばんポピュラーなオークションサイト、Trade Me(http://www.trademe.co.nz/)で賃貸物件のチェックを開始しました。このオークションサイトでは、小さなものは子どものおもちゃから、大きなものは不動産まで、それこそ何でもTrade(トレード=売り買い)できます。実際に売買に参加するにはサイトに登録する必要があり、ニュージーランドに住所がなければなりませんが、サイトを覗きに行くだけなら誰でも可能です。

トップページにあるReal Estate(不動産)をクリックし、Residential Property(住宅)のTo Rent(賃貸物件)を選んで、さらに自分の希望する地域(Districts/Suburbs)と家のタイプ(Property Type)、ベッドルーム数(Bedrooms)、1週間あたりの賃料(Rent per week)を入力すると、該当物件が表示されます。いいな、と思う家をクリックすると、Location(住所)、Available(賃貸開始可能日)の他に、その家の外観や内部の写真、説明文などが表示されます。住所が掲載されている場合はグーグルマップも表示され、ストリートビューに切り替えれば、実際に家の立地や外観をチェックすることも可能です。

そうしていくつかピックアップするうち、小学校にごく近いところに、4ベッドルームの家を見つけました。グーグルマップの写真で真上から見ると、家の敷地の奥にはひろーい芝生の裏庭が!この家だ、とピンときました。ちなみに、この家の賃料は1週間あたり390NZドル。当初は2ベッドルームを考えていたので当然ながら予算オーバーでしたが、食費を節約したら何とかなるかな?と考えました。ただ、この家が(その他のほとんどの物件と同様に)、家具付きではないことは気がかりでした。ベッドやテーブルなど基本的な家具がないと、すぐに生活をスタートさせることができません。

そこで、この地域に生活用品のレンタルサービスがないかインターネットで調べてみると、ちゃんとヒットしました!さっそくそのサイトに、必要品のリスト(ベッド、ダイニングテーブル、椅子、冷蔵庫、洗濯機など)を送り、見積もりをしてもらうと、1週間あたり60NZドルで、生活に必要な最低限の家具と家電製品が借りられることがわかりました。そこでいよいよ心が動き、裏庭の広いその家をTrade Meに掲載していた不動産会社のウェブサイトを探して、そこから「今日本に住んでいるが、1月末にニュージーランドに到着する。1年間滞在するので、Trade Meに掲載されていた御社の物件No. XXXを借りたいが、日本から申し込むことはできるか」という旨のメールを送りました。

すると程なくして、担当者からその不動産会社のウェブサイト経由で申込書を送るよう返事がありました。そこですぐに送付しましたが、その後しばらく返信がないので、もしかしてもう入居者が決まってしまったのでは?と半ば諦めかけました。ところが担当者は単に、忘れていただけのようです!返事を催促するメールを送るとすぐに返信があり、手続きを進めるにあたり必要という理由で、日本の現在の住所、持ち家か賃貸か、ニュージーランドで収入はあるのか、といったことを聞かれました。たぶん、簡単な身上調査だったのだと思います。それに回答すると、矢継ぎ早に、今すぐ1年間契約していいか?と返信がありました。

いよいよ契約!と心は勇みましたが、実は、この物件の家の中の写真が、ウェブサイトに一枚も掲載されていなかったのです(Trade Meに掲載される賃貸物件の多くは、ベッドルームやキッチン、バスルームなどの家の中の写真を何枚も添付して閲覧者にアピールしているのに、です)。小学校に近いという立地と、グーグルマップで確認した広い裏庭は希望通りでしたが、肝心の家の中は?という不安が拭いきれなかったので、思い切って担当者に、1年でなく、最初は3か月とか半年の契約にできないか?とたずねてみました。するとオーナーにすぐ確認を取ったようで、3か月契約でスタートしてよいとの返信が来ました。そこで、めでたく3か月の契約を結びました。

家の決定と同時に、先に調べた家具レンタルの会社に連絡すると、すぐに、入居日にすべての家具と家電製品を搬入・設置する、との返信がありました。正直、日本にいながらにして、ここまで住む家の手続きを進めることができるとは思っていませんでした!まさに、インターネットの力を実感した経験でした。

Front.jpg

1月末にニュージーランドに到着し、当初2週間は家具付きアパートに滞在。いよいよ入居の日が来て、はじめて家のカギを渡され、子どもたちと家に入ったとき、あまりの広さに驚くばかりでした。その夜は、東京の我が家の半分はあろうかという広いベッドルームに子どもたちと3人枕を並べ、広いねえ、信じられないねえ、といいながら眠りにつきました。今は子どもたちそれぞれに遊び部屋を与え、それでも余った一部屋は荷物部屋になっています。東京の自宅マンションでは、家の中を走る子どもたちをしょっちゅう叱っていましたが、ここでは走りたい放題、おもちゃも広げたい放題!お友達が遊びに来れば、家の中でかくれんぼ、裏庭ではサッカーが定番。つい最近、子どもの友達にもらった大きなトランポリンも裏庭の一角を占めています!こんなぜいたくな一軒家の経験も、ニュージーランドならではの経験です。

Backyard.jpg

それでは次回から、子どもたちと私の、ニュージーランドでの1日の過ごし方についてお伝えできればと思います。


第4回 ビザ手続き

皆様こんにちは。今回は、長期留学に必要なビザの取得経緯をざっと振り返って書きたいと思います。

子どもたちの1年間の小学校留学に必要なビザは、子どもたちそれぞれの学生ビザと、私のガーディアンビザです。ビザ申請用紙と記入の手引きは、もともとニュージーランド大使館のホームページに掲載されていましたが、2012年10月以降は、ニュージーランドのビザ申請に関する専用のウェブサイトから情報収集や用紙等のダウンロードが可能となっています(http://www.vfsglobal.com/NewZealand/Japan/Japanese/index.html)。また、ビザ申請窓口も、現在は新橋にある「ニュージーランドビザ申請センター東京」となっています。

2回目の短期留学時に、2013年に長期留学をしたいことを学校側に伝えていたので、学校とのやりとりは円滑に進みました。学生ビザの取得には、学校から入学を認める旨のレターと学費納入の領収書をもらい、ビザ申請用紙と一緒に提出する必要があります。子どもたちが通う小学校の場合、留学生(International student)の2013年の1年間の学費は、1人につき11,100 NZドルです。2012年の11月初旬に2人分の学費を納入し、入学許可レターと領収書をもらいました。その他、学校関係の手続きでは、子どもたちが医療保険に加入することが義務付けられています。ガーディアンである私の保険加入は任意ですが、私も子どもたちと同じ保険に加入できるよう学校にお願いしたところ、家族割引が適用されて、3人分の1年間の保険料は約1,520 NZドルでした。

ガーディアンビザの申請時に添付する書類は、滞在資金証明、親子関係を証明する書類(戸籍謄本と住民票の翻訳)、日本に残る夫がサインした委任状、健康診断書(結核スクリーニング)です。滞在資金は、1か月1人1,000 NZドルを目安に計算しました。また、私たちの場合は片道航空券で入国する予定だったため、滞在費用に帰りの飛行機代を上乗せした金額で銀行の残高証明書を発行してもらいました。戸籍謄本と住民票の翻訳は、第三者に依頼する必要があったため、インターネットで戸籍・住民票翻訳専門業者を探して依頼し、それぞれに翻訳証明書を付けてもらいました。委任状は形式が指定されていなかったため、委任状の形式をインターネットでざっと調べ、それを参考に私が自分で「NZ滞在中の子どもの養育は妻に委任する」旨の英文を作成し、夫のサインをもらいました。結核スクリーニングはニュージーランド大使館指定の医療機関で受ける必要があり、私は「日比谷クリニック」へ行きましたが、必要な用紙はクリニック側で用意してくださり、とても便利でした。

ビザ申請用紙は一式がA4用紙15枚程度の長いもので、ところどころ何を記入するのか、または記入しないでおくべきか判断に迷うところがありました。そこで、疑問点をまとめて上記のサイトにメールで質問しましたが、しばらくたっても返信がないので、仕方なく電話をかけてみると、ビザ申請用紙の書き方については一切回答できないと断られてしまいました。必要ならビザコンサルタントを紹介します、と言われましたが、私はすべて自分で手続きしたかったので、自分の解釈で必要と思うところだけを回答し、該当しないと思われるところは空欄のまま提出することにしました。

具体的にビザ関連の準備を開始したのは9月中旬でしたが、3通の申請用紙の記入を終え、必要な添付書類をすべて揃えて、申請窓口にまとめて申請するまで丸2か月かかりました。万全を期したつもりでしたが、窓口に申請に行った日は、3通とも受け付けてもらえるかどうか気が気でなく、無事、受付が終了したときはやったー!という達成感でいっぱいでした。

ところがそこからまた、今度は無事審査を通過するか気を揉む日々。受付終了時にそれぞれの書類のID番号をもらい、それを使って審査の進捗状況をインターネットで追跡できると言われていたのに、1週間がすぎても「東京で受付済」の最初のステータスのままなのです。通常なら、申請書類は3日後には上海にあるイミグレーション・オフィスに到着して審査が開始される、とウェブサイトにあったので、不安になって電話をかけてみると、もうしばらく待つように言われました。それから2週間たってもまだステータスが変わらないので、しびれを切らして2度目の電話をかけると、なんと、すでに審査は終了して、ビザが貼付されたパスポートが東京に戻ってきているので取りに来るようにとのことでした。

結果的には、ウェブ上での追跡ができなかっただけで、ビザの審査には何の問題もなかったようです。ただし、今回許可された子どもたちの学生ビザは、有効期限が2014年の3月なのに対し、私のガーディアンビザの有効期限は、申請時からきっかり1年後の2013年11月中旬まで。東京のビザ申請窓口に問い合わせたところ、ガーディアンビザは現地で延長するようにとのことでした。このガーディアンビザの延長手続きについては、今後、また皆様にお伝えできるかと思います。

ビザ申請用紙の記入や必要書類の準備は根気のいる作業でしたが、一つ一つ説明に従い、自分で判断し、必要なものを揃えていけば、留学コンサルタントの力を借りなくても自力で十分対応できる範囲でした。申請が却下されたらどうしよう?という不安はもちろんありましたが、今にして思えば、ニュージーランドは留学生の受け入れに積極的な国。よっぽどの問題がない限り、ニュージーランドで学びたいという人を追い返すようなことはしないのではないでしょうか。

次回は、無事ビザが許可されてから出発までの間の、インターネットでのニュージーランドの家探しについて、お伝えしたいと思います。


第3回 長期留学: 出発時期をいつにするか?

皆様こんにちは。前回は、短期留学の準備と子どもたちの様子についてお伝えしましたが、今回からはいよいよ、長期留学に向けた準備を思い出しながら書き綴ってみたいと思います。

「子どもたちをニュージーランドの小学校に行かせたいんだけど」と切り出したとき、夫は特に驚くこともなく、2011年夏の初めての短期留学のときも快く送り出してくれました。帰国後、生き生きとした子どもたちの様子を伝え「子どもたちがもし1年間、ニュージーランドの小学校に行ったら英語話せるようになるよ~!」と言うと、すぐに「それもいいかもね。」という反応が返ってきました。私自身は子どもたちを長期留学させたいという気持ちが固まっていましたが、夫がそれを受け入れ、具体的な留学時期などの話し合いに積極的に応じてくれたことは、その後の長期留学準備をスタートする上で大きな励みになりました。

当初は、長期留学の開始時期を、下の息子が小学校1年生を終了する2014年3月頃と考えていました。ところが、2012年の初めに私の職場環境が大きく変わり、フルタイム勤務をやめる決心がつきました。子どもたちと長期でニュージーランドに行くなら、いつかは退職しなければならないと覚悟はしていましたが、そのタイミングは思いがけず早くやってきたのです。そして2012年5月に退職(その後すぐ、ご縁あってすぐにテンナイン・コミュニケーションの翻訳チェッカーの仕事をパートタイムでさせていただくようになりました)。これをきっかけに、留学開始時期を1年繰り上げ、息子の幼稚園の卒園と小学校の入学式をすませた後すぐに日本を発つことにしました。

そして2012年8月。2回目の短期留学中に、留学生担当の先生に、来年(2013年)に長期留学したい旨と、開始時期は4月を考えていることを伝えました。ところが先生は、できるならニュージーランドの学期始めの2月からスタートした方がいいとおっしゃるのです。その理由は、1学期の初めに、子どもたちは自分のクラスのルールを覚え、仲間づくりをするから、とのことでした。それでも、私は息子の卒園・入学という大事な節目を飛ばしてしまってよいのか、ずいぶん悩みました。そのことを夫に話すと、行くなら早い方が良い、ニュージーランドの1学年を全部体験した方が子どもたちのためになる、と背中を押してくれたのです。結局、10月末に、1月末出発の片道航空券を購入。息子と一緒にインターネット上の購入ボタンをクリックしたとき、ああ押しちゃった。。。もう簡単には引き返せない、と自分に言い聞かせたことが、今でも印象に残っています。

今にして思えば、ニュージーランドの新学期に合わせて留学を開始したことは正解でした。子どもたちは2週間の短期留学の時のような「突然やってきたお客さん」ではなく、最初からクラスの一員として先生や仲間に受け入れられ、1学期の終わる4月末までの間に、多くのアクティビティを通じてすっかり自分のクラスに馴染み、それぞれ仲良しの友達もできました(1学期の様子については、また別の機会にお伝えしたいと思います)。また、当初想定していた留学時期より2年前倒しでスタートしたことも、結果的に良かったと感じています。日本を出たとき、娘8歳、息子6歳。まだまだ、(時には大ゲンカしながらも)遊び相手としてお互い不可欠な存在です。学校では英語環境に苦戦しても、家に帰れば分かり合える相手がいるからか、日本を発ってもうすぐ5か月になろうとする現在も、二人ともまったくホームシックになっていません。ごくたまに「日本に帰りたい!」と言いますが、理由は「抹茶のアイスが食べたい!」とか、「日本に置いてきたおもちゃで遊びたい!」とか、今のところその程度で済んでいます(笑)

iijima_#3.jpg

それでは、次回以降は、ビザ手続きなど具体的な準備について振り返ってみたいと思います。


第2回 まずは、2週間の短期留学

皆様こんにちは。前回は、ニュージーランドの小学校に短期留学が実現したところまでをお伝えしました。この2週間の短期留学の準備に関して言えば、ビザの心配はまったくありませんので、留学先の学校が決まった後の主な手続きは、学校のウェブサイトに掲載されていたカレンダーを参考に、日本の夏休み中(ニュージーランドでは真冬の3学期が始まる頃です)のニュージーランド滞在期間を決めて学校に伝えること、飛行機の手配をすること、そして滞在中の宿泊先を手配することでした。私たちの場合、滞在期間は2011年も2012年もお盆の前後2週間を選び、ニュージーランド到着後すぐ小学校へ登校という形をとりました。

最初の年、ビザは不要と言っても、実際には小学校にいろいろ書類を提出しなければならないのではと気を揉んでいましたが、事前に聞かれたのは子どもたちの名前と生年月日のみ。後は登校初日に滞在先や連絡用電話番号、日本の住所などについての書類を1枚書くように言われただけで、学校の費用(2012年の場合は1週間当たり1人260ニュージーランドドル*)もその場でお支払いしました。この辺りの手続きは、学校によって大きな差があるのかもしれません。子どもたちを受け入れてくれた学校は、Year 1(5歳)からYear 8(12歳)までの約800人が通う大規模校で、20名程度の外国人留学生の受け入れ枠を持っているようです。留学生の受け入れ手続きや、学校生活全般の面倒を見てくださる担当の先生が一人おられ、私たちもこの先生に大変お世話になっています。
*以降はNZドルと記載します

私が書類を書く間に、子どもたちは先生に手を引かれ、それぞれの教室へと連れられて行きました。きっと、子どもたちにしてみれば何が何だか?という中でいきなり小学校に放り込まれたような感じだったと思います。背中を見送りながら、正直なところ「あー、私、最初の日くらい、一緒に教室に行ってやらなくていいのかな?」と思いました。でもそこは、毎日何かしら新しいことを経験している子どもたちのこと。私の不安をよそに、二人とも後ろを振り返ることなく去っていきました。その初日の月曜日から翌週の金曜日までまる2週間、子どもたちは登校拒否もせず、毎朝、喜んで登校しました!それどころか、午後3時の放課後からたっぷり1時間は校庭の遊具で遊び、「もう暗くなるから帰るよ!」というしびれをきらした私の声も耳に入らず、という調子でした。2年目の短期留学の最終日、私が学校へ迎えに行くと、子どもたちの目にはうっすらと涙。たった2週間ずつでしたが、この2回の短期留学で、子どもたちはすっかりニュージーランドの小学校に愛着がわいたようでした。

iijima_#2.jpg

それでは、次回からいよいよ、1年間の留学に向けた準備について書いていきたいと思います。


第1回 何で小学校留学?

皆様はじめまして。私は2013年の1月末から、9歳と7歳の子ども2人をニュージーランドの現地小学校へ通わせています。夫や私の海外赴任や留学ではなく、子どもたち自身が学生ビザをとっての小学校留学です。子どもたちが小さい時に、英語圏の学校を体験させたいという私の願いを夫や家族がサポートしてくれて、足掛け2年の準備期間の後に、今回の小学校留学が実現しました。ニュージーランドへ出発するまで、子どもたちはそれぞれ日本の小学校や幼稚園で充実した日々を送っていて、日本を出る必要はまったくなかったにもかかわらず、素直に新しい世界へ飛び込んでくれました。そんな私と子どもたち2人のニュージーランド小学校留学体験を、実現までの道のりや準備を含めて、気ままにお伝えできればと思います。

そもそも、何で小学校留学?それは、私自身の原体験にさかのぼります。私は高校3年生のとき、YFUという団体経由で1年間、アメリカの高校に留学しました。生まれて初めての海外旅行が1年間の高校留学。18歳でしたが、アメリカの田舎で学校やホストファミリーでの生活を通じて受けたカルチャーショックは多大でした。周りに日本人は誰もおらず、今と違ってインターネットもメールもない時代。アメリカ社会と英語にどっぷり浸かり、もし私、もっと小さい時にアメリカに来ていたら、全然違う人間になっていたかもしれない、と何度も強く感じました。そのウン十年後に、年少時に全く違う言葉と文化の中に暮らすことが人格形成に及ぼす影響を、自分の子どもで実験することになろうとは。。。

子どもたちを受け入れてくれそうな英語圏の幼稚園や小学校を探し始めたとき、第一候補は、私の大学院時代の留学先オーストラリアでした。ところが、ふとしたきっかけでニュージーランドに目が向き、調べてみると、ニュージーランドの小学校は5歳から始まるとのこと。そこで下の子どもが5歳になる2011年の初めに「近い将来、1年間子どもを留学させたいが、とりあえず今年から3年間、8月に2週間ずつ、受け入れてもらえませんか?」と、インターネットで見つけたいくつかのニュージーランドの小学校にメールを出してみました。2週間というのは、当時企業に勤めていた私が取得できる夏休みの限界です。すると、留学生の受け入れに積極的な国といえど、やはり2週間というのは短すぎるらしく、ほとんどのところからは良い返事はもらえませんでした。そんな中で、一つだけ、2週間でもいいからいらっしゃい、と返事をくれた小学校が!その時点から種々の手配を一気に進め、まずは2011年と2012年の夏休みに2週間の短期留学が実現しました。この時にたまたま出会った、同じ学校の日本人の上級生のお姉さんと同年代のお友達に助けられて、ニュージーランドの小学校って楽しい!と思えたことが、子どもたちにとって今年1年間の留学の大きな土台になったことは確かです。

次回は、1年間の留学実現までの道のりと準備について書きたいと思います。



《 前 1 2


↑Page Top

プロフィール

飯島小枝

飯島小枝さん
上智大学外国語学部英語学科卒。農水省の現・独立行政法人に勤務後、クイーンズランド大学院日本語通訳翻訳修士課程(MAJIT)を経て、通訳・翻訳エージェントに登録、約10年間、数社のインハウス通翻訳に携わる。2012年5月にフリーランス翻訳者として独立、同時にテンナイン・コミュニケーションの翻訳チェッカーとして稼働。2013年1月末から小学校低学年の子ども2人とニュージーランド滞在中。プロフィール画像は娘さんによる似顔絵。