HOME > LIFE > 翻訳者・通訳者のためのサバイバル祭り > アーティストと話す

翻訳者・通訳者のためのサバイバル祭り

アーティストと話す

17(140810)サバイバル俵裕子さん.jpg

みなさん、夏休み取りましたか?
私は、ひっさしぶりに絵にかいたような夏休みを満喫!

ラフティングで富士川を下り
乗馬で八ヶ岳の森を走りぬけ(ただの乗馬体験です)
生のトウモロコシの甘さにヨロコビ

そして、一番の癒しは・・・

画家さんとのおしゃべり

俵裕子さんという女性の小さな出店で
絵とお弁当包みを購入しました。

「子どもから教わることって多いんですよ」
「キツネは意外とやせ細っててリアルに描くとちょっと・・・」
「このくまさんは、本当に出くわしたの」

作家さんは、美大を出てから今に至るまでをぽつぽつと話してくれる
私は、のんびり絵や景色を眺めながら聞いている
都会で一人コーヒー飲んでのんびりしても
この時間軸は絶対に手に入らない

聞こえるのは他のお店のオカリナの音と人の声
あの時買った絵を見ると
すっ とあの時下軸に呼び戻されます

<今日の応援団>
芸術家と話して、上質の癒しを頂く


翻訳者・通訳者のためのサバイバル祭り


↑Page Top

プロフィール

武藤順子

武藤順子さん
博士(体育科学)、薬剤師(東京理科大学)。
製薬会社などで働き、医薬翻訳者として独立。メーカーの申請資料、ドクターの論文などの翻訳をする。現在スポーツ医科系大学院の博士課程研究生。脳・運動・ストレス・肥満などの研究を行う。株式会社ビーフィジカルの代表として講演や執筆をする一方、レクリエーションスポーツのイベントなどを企画予定。主な翻訳物:ライフサイエンス選書「米国最新治験事情-臨床研究者の成功までの道のり」。所属学会:日本体力医学会、日本レジャー・レクリエーション学会。
武藤順子オフィシャルサイトB-PHYSICAL