HOME > LIFE > フリーランスのためのTAXHELP > 第7回 Expense③

フリーランスのためのTAXHELPへ

第7回 Expense③

こんにちは。確定申告の受付期間が始まりました。
最近では個人事業者や小規模の法人向けに経理の自動化ソフトなども出ていますので、使われる方も多いのではないのでしょうか。いわゆるクラウド会計ソフトです。
これは、銀行口座やクレジットカード明細と連携して24時間会計処理をおこしてくれるといるというものです。経理業務に追われて本業がおろそかにならないために導入されてもいいかもしれませんね。

本日も経費のうち経費になる税金等、ならない税金等について説明します。皆様業務上様々な税金を支払っていると思います。経費になるものとならないものを確認しましょう。

経費にならないもの
①所得税
所得の処分としての性格があるので所得計算上、経費に含めることができないとされています。
②住民税
上記①の所得税と同じような性格のものであるため経費に含めることができません。
③罰金・交通反則金など
懲罰的な意味合いから必要経費になりません。
④業務用資産以外の資産(住宅など)に係る不動産取得税や固定資産税
単なる家事費なので必要経費になりません。
⑤国民年金や国民年金の保険料
こちらは必要経費にはなりませんが、社会保険料控除として全額所得控除できるので必要経費と同様の効果があります。
⑥同一生計親族に係る医療費
こちらも当然経費になりませんが、一定金額(大体が10万円)超支出している場合には超える部分を所得控除することができます。(医療費控除)

経費になるもの
①事業税
理由に関しては所得税や住民税との違いが難しいですが、事業を行う上での公共サービスに対する対価と考えられるため、事業税は賦課決定時(納税時)の必要経費になります。事業をやめる場合には概算金額をやめる年の必要経費にすることができます。
②事務所等に係る不動産取得税や固定資産税
業務用資産に係るものなので必要経費になります。
③印紙税や登録免許税など
業務用必要なものであれば必要経費になります。
④自動車税
仕事に使う車の自動車税は必要経費になります。ただし、プライベートと業務に使う場合(家事関連費である場合)には使用割合対応分のみ経費になります。その車の減価償却費の必要経費割合と同様が望ましいです。

読んでいただきありがとうございました。

                   税理士法人青山アカウンティングファーム
                   関 友貴


フリーランスのためのTAXHELP


↑Page Top

プロフィール

税理士法人青山アカウンティングファーム
http://www.aoyama-af.or.jp/pc/
税理士 関 友貴さん

2005年 都内会計事務所にて法人税、所得税の一般税務会計業務に携わる。
2006年-2009年 4大会計事務所の一つであるKPMGにて上場企業、国内外資系企業、海外法人の税務に携わる。
2009年-現在 松本憲二税理士事務所(現税理士法人青山アカウンティングファーム)にて中小企業経営のトータルサポート・上場企業の税務のほか、弁護士・外国人・通訳者等の個人確定申告に携わる。
2010年より株式会社テンナイン・コミュニケーションを担当。