HOME > 翻訳 > 金融翻訳ポイント講座

金融翻訳ポイント講座

不特定多数の読者が対象となる金融翻訳では、質の高いアウトプットが求められます。 高品質の翻訳を上げるために必要なポイントを丁寧に解説します。

第3回 定番の用語と比較級の訳

こんにちは、アースです。

これまでの内容を踏まえて、今回からは原文を具体的に見て行くことにしましょう。先月の最後に以下の原文をご紹介しましたが、チャレンジしてみていただけたでしょうか。英語はさらりと読み流せても、いざ日本語にしようとすると、意外と厄介と感じた方も多いのではないでしょうか。

The nuclear deal with Iran is not yet settled, but it definitely points to, among many other things, lower oil prices. Once sanctions lift, Iran, desperate for cash, will sell all the oil it can, increasing global supplies and likely driving down prices. This one-time supply surge will, no doubt, take a while to have its full effect, until mid-2016 in all likelihood, but thereafter, slowdowns in production elsewhere in the world, including shale and tar sands in North America, should again begin to put upward pressure on the global price of crude. At this juncture, such increases promise to be moderate.(...)(2015年8月発行分)


この文章は、ある資産運用会社が様々な経済トピックを取り上げ、週次で発行しているマーケットコメントの冒頭部分です。この段落だけでも、いろいろと見るべき箇所がありますが、今回はとりあえず2点取り上げます。

1)nuclear deal with Iran/shale and tar sands(定番の用語)

●nuclear deal with Iran

英文和訳でなく、「翻訳」を少しでも勉強した人なら、完璧に訳していただきたい用語です。この文章が書かれたのは2015年8月ですので、イランの核開発を巡って同国と欧米諸国が7月に最終合意に達した後、制裁解除に向けて協議を続けていた頃のこと。よってnuclear deal with Iranは、「イランとの核取引」でもなく「イランとの核協定」でもなく、「イラン核協議」や、もう少し説明的にするなら「核問題を巡るイランとの交渉」などとします。独りよがりになることなく、複数の報道機関やニュースサイトで大体の傾向を探って、広く使用されている表現を採用します。

※(文章の背景を勘案しない)「イランとの核取引」等の訳に問題があることはお分かりかと思います。英語の読み取りとしても日本語としても、まったくおかしくないだけに厄介です。

●shale and tar sands

これも世界の原油市場の動向を追っているかいないかで、対応にやや差の出る用語です。

2000年代後半頃から、世界の原油市場の構図はがらりと変化し、特に北米地域で、従来とは採掘手法の異なる「シェールオイル」や「タールサンド(オイルサンド)」の生産が本格化しました。そのあたりの大体の流れが念頭にあれば、突然こうした言葉が出てきても戸惑うことなく、文脈の中で自然に捉えることができます。聞いたことがない、または今一つ自信がないような場合は、しっかり調査のうえ、(辞書ではなく)報道機関などで広く使用されている訳語を使用しましょう。

※例えばshaleを辞書通りに「頁岩、泥板岩」としても、まったく文意が通じません。ここではshale oilの略であることは明らかですので、「シェールオイル(油)」とします。

このように金融翻訳では、常に経済・産業、政治、社会の動きを追い、ある程度把握しておかないと、いざ訳そうとしたときに調査に時間がかかります。しかも付け焼き刃のネット調査では、訳語だけは分かっても、背後にある大局的な構図が捉えられず、実はよく分からないままに訳した末に、訳文全体の流れがなんとなく悪くなる――といった状況にもなりかねません。

したがって、新聞やテレビはもちろん、できればロイターやブルームバーグなど通信社系のサイトもチェックしておくことをお勧めします(タイトルを見るだけでも役に立ちます)。

2)lower oil prices(比較級の訳)

直訳では当然ながら「より低い原油価格」となりますが、日本語では比較対照物がないのに「より」という言葉を使うと違和感がありますから、できれば避けたいところです。やむを得ず「より」を入れる場合は、それとなく比較対照を示すという手があります。例えば今回の場合は、明らかに「現在よりも低い価格」を含意していますから、原文になくても「現在より(も)」と入れた方が、流れが良くなります。

もう一つの対処法としては、比較級を動詞化(さらには名詞化)する方法があります。つまり「原油価格の低下」としてしまうのです。場合によっては原文の意図からずれてしまうこともありますので注意が必要ですが、今回は「現在より低い原油価格」よりも「原油価格の下落」の方が文意に沿いますので、そちらを採用した方が良さそうです。

この方法は、比較級でなくとも応用が可能で、例えばweak economic growthを「弱い経済成長」とするよりは、「経済成長の鈍化」などとした方が、日本語としてはスマートに響きます。

もちろん原文の内容によっては、「動き(弱まっていること)」ではなく「状態(弱いこと)」を含意しているかもしれませんので、文脈をよく吟味してから訳語を選定しましょう。

遅々とした歩みで申し訳ありませんが、今回はここまでとします。次回は最初の文↓
The nuclear deal with Iran is not yet settled, but it definitely points to, among many other things, lower oil prices.
を集中的に検討する予定ですので、この部分だけでも翻訳を準備してお待ちください。お楽しみに!


第2回 「日本語の練り上げ」とは

こんにちは、アースです。今回から、実際の金融翻訳について見て行きます。

前回は、長々と理由を挙げたうえで、金融翻訳では「日本語の練り上げ」が特に重要ですよ、というお話をしました。

ただし「日本語を練る」といっても、文学ではありませんので、特に凝った表現をする必要はありません。個性も不要です。しかし不特定多数の人が一度読んで理解できる(二度読みさせない)ような、平易で分かりやすい文章、しかし依頼元の企業様の格調を落とさぬよう、それなりに品位ある文章に仕上げなければなりません。

また「平易で分かりやすい」とは言っても、もちろんある程度、専門用語や時事用語は使う必要があります。定番の用語は定石通りに訳さないと、むしろ誤解を招きかねないからです。それは、他のどの分野でも同じかと思います。

それでも対象読者のレベルによっては、難解な専門用語や、日本人にはあまりなじみのない用語や概念、新語などに補足をつけたり、また場合によっては、経済的な考え方そのものに関して注釈を入れたりすることもあります(原文にbond prices to fallとあったら、「債券価格は下落(利回りは上昇)」と補足を入れるなど)。

特に新語は、翻訳時点でその日本語が一般化しているか(個人のブログ等でなく、証券会社のレポートや報道文などで見かけるかどうか)を十分検討してから使う必要があります。新語だけでなく、ごく普通の言葉であっても、一般での使用頻度が低くないか、砕け過ぎていないか、専門的過ぎないか等も、手を抜くことなく調べます。金融翻訳ではその手の確認作業が特に多いように思います。

※例えば「利食い売り」と「利益確定の売り」はほぼ同じ意味ですが、以前、「このレポートで"利食い売り"はちょっと...」と言われた経験があります。(いまはなき)「場立ち」や「株屋」を連想させ、砕け過ぎである、ということなのでしょう。

また、どの用語や概念に補足を入れるかは、読者が機関投資家か一般投資家か等によっても違いますし、依頼元の方針によっても変わります。特に詳しい人々を対象とする文章であれば、例えば略語でも、日本語を併記せず、最初から略語のみ表記というケースもあります。

どうすれば分かりやすい文章になるのか、わたしなどもまだまだ発展途上で、案件、段落、文章ごとに悩んでいる感じですが、基本的には

・長過ぎる文章は避ける。特に主語と主動詞の間が遠くなり過ぎないようにする。
 修飾句の長さも重要。
・修飾語(句)の係り位置が明確に分かる
・一文単位ではもちろん、段落単位や全体を通して見たときに流れが感じられる

ことでしょうか。特に英語の場合、関係代名詞や分詞構文で、後ろにどんどんとつなげていくことが可能ですが、それを学校英語に沿って正直に訳し上げると、恐ろしく直訳チックな文章になってしまうことは、皆さんもご承知かと思います。従って、例えば2文に分けるとか、訳し上げず、前から後ろに向かって訳して行くなど、ありとあらゆるテクニックが必要となります。

例えば、以下の原文をご覧ください。

The nuclear deal with Iran is not yet settled, but it definitely points to, among many other things, lower oil prices. Once sanctions lift, Iran, desperate for cash, will sell all the oil it can, increasing global supplies and likely driving down prices. This one-time supply surge will, no doubt, take a while to have its full effect, until mid-2016 in all likelihood, but thereafter, slowdowns in production elsewhere in the world, including shale and tar sands in North America, should again begin to put upward pressure on the global price of crude. At this juncture, such increases promise to be moderate.(...)(2015年8月発行分)


これは、ある資産運用会社が様々な経済トピックを取り上げ、週次で発行しているマーケットコメントの冒頭部分です。

運用会社などが発行するレポートは、当然ながら株や債券、為替市場の動向、ファンドの運用成績、今後の投資行動などがかなりの部分を占めますが、市場に影響するマクロ経済についての文章も多くあります。

「ハウスビュー」(会社としての見解)などの形で単独で発行される場合もありますし、ファンドなどの運用報告書の冒頭部分に、「(市場)概況」として取り上げられることもあります。前の期(週、月、四半期、年など)に起きた出来事のうち、世界全体や特定のファンドの投資対象となっている国・地域の経済に関連する事柄(「イベント」「材料」「要因」)や、それに対する市場の反応について分析する部分です。

例えば上記の原文は、原油価格の動向について述べている文章で、イランの核問題を受けて、原油価格が今後どのように推移していくかを分析しています。(原文は2015年8月時点のものです)

今回はここまでとしておきますので、お時間と気力のある方は、次回までに翻訳にチャレンジしてみてください。「不特定多数の人が一度読んで理解できる(二度読みさせない)ような、平易で分かりやすい文章、しかし依頼元の企業様の品位を落とさぬよう、それなりに品位ある文章、さらに当然ながら金融業界の人が読んで違和感のない文章」が目標です。

次回以降は、具体的に原文を見て行くことにします。


第1回 金融翻訳=文芸翻訳!?

はじめまして。今月からこのHiCareerで金融翻訳について書かせていただくことになりましたアースです。

わたしが「金融翻訳者」と誰はばかることなく名乗れるようになったのは、それほど昔のことではありませんので、もっとベテランの方々から「まだヒヨッコのくせに!!」とお叱りを受けそうな気もします。が、過去に講師業を経験した者として、「人に教えるのが一番勉強になる」と考えていますので、この場を利用させていただきます(笑)。

具体的な内容は次回からにしまして、今回は、そもそも金融翻訳とはなんぞやという根本的な部分、そして他の実務翻訳分野との違いについてお話ししたいと思います。少々長くなりますが、お付き合いください。

★ ★ ★


様々な翻訳会社のホームページや、雑誌の記事、翻訳者募集、そして実際に翻訳会社さんからやってくる「金融分野の依頼」の内容を見ますと、ひとくちに「金融」といっても、人によって、会社によって、ずいぶん違いがあるものだと感じます。

例えば、一般的な社内・社外文書から財務・会計、監査、マーケティング、契約書、IR(投資家向け情報)などの企業関連、すなわち大きく「ビジネス」で括れるような内容の文書も、金融翻訳者に依頼されることが多いようです。もちろん、これらの分野と、以下に述べるような本来の金融分野は、重なる部分が多いのも事実です。

しかし、本来の意味での「金融」とは、その字の通り「お金の融通」、つまり個人・企業・政府の3つの経済主体が資金の貸し借りをする世界、さらにはその仕組みを利用して、資産の維持・拡大を目指す人たちの世界です。すなわち狭義の「金融翻訳」とは、基本的にその世界で発生する文書の翻訳であると考え、本講座では、それらの文章について見ていきたいと思います。

他の分野とのはっきりとした線引きは到底不可能ですけれども、例えば日本経済新聞の朝刊のうち「マーケット総合」欄や、Yahoo!の「ファイナンス」欄に掲載されている内容について書かれた文章が、まさにホンスジの金融翻訳分野と考えていただいて結構です。

したがって、
●株式・債券・為替、デリバティブ、コモディティ(国際商品)や不動産などの代替
 商品(オルタナティブ商品)の市場の動き
●これらの証券や商品の運用(投資戦略)
●これらの証券や商品の値動きに影響する経済全体の動き、すなわちマクロ経済や産
 業・ 企業の動向

以上について書かれた文章が中心となります。具体的には、ファンドなどの運用報告書、市場関連の各種レポートやリサーチ、金融市場に関する報道文などです。またこれとは少し異なりますが、証券会社、資産運用会社、銀行等のホームページ、ブローシャー、プレスリリース、プレゼン資料などがあります。

その他にも、企業の合併・買収(M&A)関連、金融取引に関連する契約書や約款、官公庁への各種提出書類なども、金融翻訳者に依頼されることの多い分野です。しかしここでは、上で述べた通り、本来の意味での「金融」の内容に絞って見ていきたいと思います。

また、本講座では基本的に「英語から日本語」への翻訳を取り上げることにします。

★ ★ ★


さて、かつてはわたし自身がそうでしたのでよく分かるのですが、「金融」とか「経済」に苦手意識を持つ人は多いようです。

経済は、自給自足している人を除き、世の中のすべての人が関わりを持つ世界ですから、米国の連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長さんから、角のたこ焼き屋のおじさんまで、ありとあらゆる人が、ありとあらゆることを語り、書き、話をするので、新しい言葉や表現がどんどん発生し、省略化が進み、「誰もが知っていて当然」とされる背景や知識が文章の表面から消えていきます。母国語だけでなく、外国語でも同じようにその現象が起きるのですから、ついていくのも一苦労です。

そのため、実は極めて身近な存在なのに、外国語どころか、母国語で読んでさえも理解不能なことがあります。だからこそ「嫌われ役第1位」になるのかもしれません。

しかし、これまでのわたしの経験から言って、金融工学の絡む高度な内容の文章から、比較的理解しやすい概略的・網羅的な内容の文章まで、英語そのもので悩むことはあまりないように思います。他の実務翻訳と比較して、文学からの引用表現や凝った言い回しが若干多いのは確かですが、「箸にも棒にもかからない」原文にはあまりお目にかかったことがありません。

したがって、よほど難解な内容でない限り、普通に英語力のある人なら、「原文のまま理解する」ことはそれほど難しくないように思います(もちろん、相応の背景知識は必要)。

しかし、原文理解が簡単だから簡単に訳せるかというと、皆さんもご承知の通り、そううまくは行きません。さらにもう一歩踏み込んで言えば、仮に英語の内容を正しく映し出した日本語を作成できたとしても(それももちろん大変ですけれど)、それだけではすまないのが金融翻訳です。

金融翻訳には、非常に特徴的かつ重要なポイントがひとつあります。それは「不特定多数の人が読む文章」を訳すことが多い、ということです。その点、特定の分野、特定の人々を対象とした文章を扱うことが多い他の実務翻訳とは大きく異なり、むしろ、一般の人々が目にする文芸、映像・メディア、各種エンターテイメントなどと通じる部分があるかもしれません。

金融翻訳の依頼元の多くは証券会社、運用会社、銀行などで、翻訳対象は、それらの企業の顧客、すなわち一般投資家や機関投資家向けの文書が多くを占めます。

「機関投資家」とは、保険会社、企業年金、投資信託会社など、主に個人から預かった資金をまとめて運用する法人の投資家のことです。したがって、それなりの知識をお持ちの方々ですので、翻訳者が内容を理解しないままに変な訳を出せば、「この翻訳者、素人だな」とすぐにばれてしまいます。

「一般投資家」は、何億もの資産をお持ちで、利息だけで暮らせる優雅なマダムから、なけなしの貯金をはたいて一単元(最低口数)のさらに10分の1程度のミニ株を購入するような一市民(わたし?)、さらに最近では、投資でお小遣いを稼いでいる小中学生もいるという話ですから、そういった子どもたちまで、個人でお金を投資しているすべての人々を指します。したがって、プロはだしの個人投資家から、株式と債券の違いもいまひとつお分かりでない方々まで、まさに千差万別。

それらの人たちが全員読む可能性があるとなれば、英語を正しく映すだけでなく、日本語として分かりやすい文章を書くことの重要性はお分かりいただけるでしょう。さらに言えば、あまりくだけていてはダメで、ある程度の格調を備えた質の高い文章が求められます。

もうひとつ、金融翻訳に特徴的なポイントとして「短納期」があります。市場は時々刻々変化していますから、最新の内容をできるだけ早く投資家に知らせる必要があるわけです。

実際、ニューヨークか香港か南アフリカか、世界のどこかの会社で、アナリストだかストラテジストだかが書きなぐった日次・週次・月次・四半期・半期・年次から臨時のものまで、様々なレポートが届くのをPCの前で待ち、原稿がメールで届いたらすぐに翻訳に着手し、速やかに仕上げて納品する、というのが金融翻訳者の日常です。

(しかし実際には、かなりの確率で入稿が遅れます。お願いだから予定通り仕上げてね、と声を大にして言いたいところです。入稿がどれだけ遅れようと、納期を同じだけ延期してもらえることはほとんどなく、多くの場合、「いつもより時間がないけど、いつもと同じ品質に仕上げてね」と、しれっと言われるからです。それができるなら、最初からやっています。ハイ。閑話休題)

さて、仕上がった翻訳文は、翻訳会社によるチェック後、すぐに納品されるわけですが、依頼元の証券会社や運用会社は、それをただちに報告書の形に仕上げるなどして、社内のコンプライアンスプロセスや、アナリストによる査読があるならそれを通し、速やかに投資家の皆さんの元へ届けねばなりません。インターネットの普及とともに、そのサイクルがさらに速くなっていることは、容易に想像がつくのではないかと思います。

となれば、依頼元の求めるものはひとつ。「高い商品性を有し、手を入れることなく、そのまま外部に出せる文章」です。

証券会社や運用会社から見れば、各種の報告書や資料の配付は、非常に重要な顧客サービスの一部ですから(法律で交付が義務づけられている文書もあります)、おかしなものを出すことは絶対にできません。逆に顧客から見れば、なにしろお金が直接的に絡む話であり、自分の大事なお金がどうなっているか、今後どうなるかを知るために重要なものですから、質の悪いものが送られて来たり、届くまでに時間がかかったりすれば、その会社への印象を悪くします。

このような次第で、要するに「商品性が高く、ある程度の格調を備え、手を入れることなくそのまま外部に出せる文章を作成する」、これが金融翻訳者の使命となります。

従いましてこの講座では、「日本語の練り上げ」を中心に見ていくことにします。もちろん、金融翻訳で頻出する専門用語についても、わたしの能力の許す限り、取り上げるつもりです。また翻訳そのものだけでなく、金融翻訳の仕事の流れや、他の分野にはない課題などについてもお話できればと考えています。

例えば治験、法律、契約書、特許などの分野と異なり、金融翻訳というのは「型」や「流れ」というものがあまりありませんので、この講座もぶっつけ本番感満載の内容になってしまうかもしれませんが、1回の講座から何かひとつだけでも得ていただければと思います。

それでは本編をお楽しみに!



《 前 1 2 3 4


↑Page Top

プロフィール

アース(土川裕子)さん

アース(土川裕子)さん
愛知県立大学外国語学部スペイン学科卒。地方企業にて英語・西語の自動車関連マニュアル制作業務に携わった後、フリーランス翻訳者として独立。証券アナリストの資格を取得し、現在は金融分野の翻訳を専門に手掛ける。本業での質の高い訳文もさることながら、独特のアース節の効いた翻訳ブログやメルマガも好評を博する。制作に7年を要した『スペイン語経済ビジネス用語辞典』の執筆者を務めるという偉業の持ち主。

(過去のハイキャリアブログはこちらから