HOME > 翻訳 > 翻訳者インタビュー

翻訳者インタビュー 第一線でご活躍されている翻訳者の「仕事」「自分らしい生き方」
「プライベート」など、生の声をご紹介します。

Vol.2 手に入る情報を最大限に使ってどれだけのものが作れるか

[プロフィール]
山内祐治さん
Yuji Yamauchi
横浜市立大学文理学部文科卒業後、出版社入社。2年後NY勤務となり、アメリカ雑誌記事翻訳プロジェクトに携わる。4年半後に帰国、出版社で翻訳・編集に従事する傍ら、社内通訳をつとめる。エキスポや建設現場で通訳経験を積み、現在は社内翻訳者として外資系企業に勤務。

翻訳者を目指すようになったきっかけは?
大学時代、出版翻訳家を目指していたんです。とはいえ、いきなり翻訳出版はムリなので、まずは出版社に入ろうと思ったわけです。入社2年目にNY勤務になり、米国雑誌記事の日本語版記事製作プロジェクトに参加しました。4年半後帰国し、今度は翻訳者の手配や訳文チェックを担当することに。今思えばそれもだいそれたことなんですけどね(笑)。
訳文を見ていて、「翻訳者にもいろんなタイプがいるなあ。自分だったらこう訳すのにな」、と考えるようになったのが、翻訳者を目指した直接のきっかけでしょうか。
現在のお仕事について教えて下さい。
翻訳を頼まれると、まず分量と納期を確認し、自分一人で出来るかどうか判断します。基本的に日英が多いですね。本当は英日の方が楽なんですが。多い日は1日2,000ワードぐらい訳すこともあります。Powerpointだと1日20ページが目安でしょうか。空き時間は専門用語のリストを作ったり、ネイティブチェックで直しが入った部分を自分の翻訳と比べたりします。短期間で大量に翻訳しなければならないこともありますが、一日中翻訳をしていると、どうしてもペースもクオリティも落ちるので、うまく気分転換する必要がありますね。
愛用の辞書
お仕事上の苦労話などは......?
外資系企業だけに英語が堪能な方が多いんですよ。「なんだこんな翻訳して」と言われてクビになるんじゃないかと最初は不安でした(笑)。社内用語や専門用語については、発注元や通訳者さんに教えて頂いています。特に社内文書は、関係者同士の間では当たり前と思って書いていることでも、第三者にとっては「?」ということも少なくありません。手に入る情報を最大限に利用してどれだけのものが作れるかで翻訳者の力量が試されるので、そこは力の見せ所でもあるんですけれども。
通訳者になろうと思ったことはありますか?
もともと、通訳の仕事を探そうとエージェントに登録したんですよ。米国勤務経験を買われて、社内ではたまに通訳する機会もありましたが、専門的に教育を受けたいと思い3年前に通訳学校へ通い始めました。今は一番上のクラスですが、当時入学適正検査を受けたら一番下のクラスにも入れてもらえず、通訳準備コースからのスタートだったんです。ショックでした(笑)。今は企業内翻訳者として充実した毎日ですが、いずれは通訳者としても仕事が出来ればと思っています。通訳と翻訳は似て非なるものなので両立は難しいかもしれませんが、挑戦してみる価値はありますよね。ここだけの話、今のお仕事を頂いた時も少し悩んだんですが、企業文書の翻訳経験はいずれ通訳するときにもプラスになる、というエージェントの方の言葉を信じてスタートすることにしました。今でも、その判断は間違っていなかったと思っていますよ。
会社を辞める時は、一大決心でしたか?
10年程会社勤めをしましたが、もともと組織の中で働くことにこだわりを持っている人間ではないので、もういいかなと(笑)。夕方には家に帰って自分の時間を楽しむのが理想でした。大学時代、翻訳者を目指していたのも「職人」としての憧れがあったからなんです。自分の技術が人の役に立って、それでご飯が食べられたら一番いいなと思うんです。そう考えると、今の仕事はすごく自分に合っていると思います。
もし翻訳・通訳者になっていなかったら?最後にこれからの目標を教えてください。

あまり考えたことはありませんが、失業者かなぁ......、というのは冗談です。中学の頃から外国語が話せることがすごく楽しかったんです。英語の授業で先生にちょっと褒められると、もう嬉しくて嬉しくて。その積み重ねでここまで来たようなものですね。いずれにせよ、何かしら英語を使う仕事をしていたのではないかと思います。夢はヨーロッパで異文化に触れながら家族と生活することですね。通訳・翻訳の仕事があればベストなんですが。これはまだ大切に取っておきたい夢です。

 

編集後記
8月にパパになった山内さん、お子さんに英語で話かけることもあるのだとか。とってもお話が面白く、あっという間の1時間でした。仕事に対する真剣さはやはり「プロ」そのもの!
山内祐治さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


Vol1. 鈴木英介さん 「翻訳力」だけでは勝負できない時代

【プロフィール】
鈴木英介さん
Eisuke Suzuki 中央大学経済学部経済学科卒業。大手予備校勤務後、フランス語学留学。帰国後、輸入会社や出版社に勤務しながらフリーランスとして英・仏翻訳に従事。会社と翻訳を兼業していたが、9年前におもいきって翻訳を専業とし、現在に至る。

どうして翻訳者に?
とにかく自宅で出来る仕事がしたかったんです。語学は全く専門外でしたが、大学時代第二外国語で取った仏語が面白くて、約5年会社勤めをした後フランスに1 年間語学留学しました。帰国後何とかその経験を生かしたいと思い、翻訳の仕事を探したんですが、仏語の仕事はほとんどなくて。じゃあ英語もやってみようかと。企業で働きながら副業で翻訳をやっていましたが、やはり頼む方としても急ぎのものは頼みづらいだろうし、24時間受け入れ体制にしないと来る仕事も来ないと思い、フリーランスになりました。
もともと読書家でもないのですが、変な文章はものすごく気になるんです。好奇心も強く、分からないことがあると気になって寝られないような性分なんですよ(笑)。もしかしたらそういう性格が向いていたのかもしれませんね。
フリーになってからは順調な道のりでしたか?
いえ、最初は配送のアルバイトなどもしていたんですよ。3ヶ月経ったぐらいから翻訳トライアルに合格するようになり、それからは大体切れ目なく仕事が来るようになりましたね。学校を持っている会社の中には、仕事を与えながらビギナー翻訳者を鍛えてくれるところもあるんです。今考えると恥ずかしくなるような仕事もたくさんしていると思いますが、それでも辛抱強くつきあってくれて、フィードバックももらえたので本当に感謝しています。まさに、仕事をしながら技術も身に付けさせてもらったという感じですね。僕は一度も学校に行ったことがありませんが、そういう方法もあると思うんですよ。今は競争が激しいから、なかなか難しいのかもしれませんが。
実力アップの秘訣は何ですか?
僕の場合、仕事自体が勉強なんです。毎日仕事がなくなるかも、という恐怖心で徹夜をしながらやって来たので、改めて勉強という意味では何もしていません。時間が空くと新しいソフトを調べてみたり、パソコンのグレードアップに気を取られてしまって、脳ミソのグレードアップが遅れていますね(笑)。ただ、翻訳には語学力のみならず、それ以上に日本語力や調査力、パソコンスキルが非常に重要です。今は仕事の流れが非常に早く、インターネット納品時代。資料が全くない場合はネットを駆使して調べます。翻訳力はなかなか目に見える形で伸びませんが、調査力は割とすぐ形になって出てくると思います。その辺のバランスも、翻訳者に問われる能力の一つですね。
英日・日英の割合はどうですか?
圧倒的に英日が多いですね。日英もたまに頂きますが、英日に比べて時間がかかるので。ただ、日英をやっていると英日の勉強になるし、英日の場合も同じことが言えます。英日の場合1日400字で10枚、これがかなり安心して納品出来るペースですね。実際はそれ以上やらないと追い付かない仕事が多いのですが......。
企業内翻訳の道は考えませんでしたか?
今となってはそういう道もあるなぁと思いますが、とにかく自宅で仕事がしたかったので。当時はSOHOなんて言葉もありませんでしたが、「自営業」という響きに憧れていました。しかし実際はスケジュール管理が大変で、サラリーマンの頃のように土日休みや休日を心から楽しめなくなったというか、仕事と休みの切り替えがまだうまくいってないんですねぇ(笑)。
これからの夢について教えて下さい。
ものを扱う仕事に憧れますね。今は1日10時間以上もパソコンの前で形のないものを生み出しているので、「何でも修理屋さん」なんかになりたいですね。年金をもらえるようになったら、壊れたものを修理して人に喜んでもらえたら幸せだなあと思うんです。それも、自宅で出来ればいいですね。やっぱり家が大好きですから(笑)。

編集後記
いつも質の高い翻訳で定評のある鈴木さんですが、その控えめなご様子には頭が下がります。通訳者になりたいと思ったことは? の質問に、「ありません! 憧れますが、通訳者さんは異星人のように見えます(笑)。外国人を見るとあがってしまって......。イギリス人の友人とも日本語で会話してもらってます」とのお答えも、いかにも鈴木さんという感じでした。
鈴木英介さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


↑Page Top