HOME > 翻訳 > 翻訳者インタビュー

翻訳者インタビュー 第一線でご活躍されている翻訳者の「仕事」「自分らしい生き方」
「プライベート」など、生の声をご紹介します。

Vol.7 実務翻訳のおもしろさ

[プロフィール]
今泉綾子さん
Ryoko Imaizumi

青山学院大学経営学部在学中、米国オレゴン大学に1年間交換留学。帰国後、米国金融経済通信社ブルームバーグニュース東京支局にインターンとして入社。大学卒業後、同支局に正式採用され、英字ニュース記者として活躍。英文で記事を書く傍ら、職務の一部として経済誌、一般誌記事の翻訳を行う。6年間の勤務を経て、2003年冬よりフリーランス翻訳者として独立、現在に至る。

英字ニュース記者としてのキャリアをスタートされたきっかけは?具体的なお仕事内容についても教えて頂けますか。
留学から帰ってきて、英語力を維持する方法はないものかと思っていたところ、ブルームバーグの募集を見つけたんです。当時はニュースルームが小さく、ブルームバーグ自体もインターンを採用し始めて間もない頃で、本当にいろんなことを経験させて頂きました。だんだん面白くなってきて、取材を重ねるうちに記者として働きたいと思い、正式に入社しました。既に出ているニュースに関しては、新聞・テレビ・他通信社が流している記事を読んで、内容の真偽を確認します。例えば、企業に関するニュースなら、企業広報部に電話して真偽を確認し、それをもとに英語で記事を書くんです。特殊・独自ネタの取材もあり、自分で「ここにニュースがあるかも」と計画を立てて、取材し記事を書くこともありました。
相当英語力が必要なのでは?
最後にネイティブエディターのチェックが入りますが、「内容を簡潔に伝えられる文章」でないと却下されます。わからないこと、疑問に感じたことは、ネイティブの記者や同僚に確認できたので、恵まれた環境を与えて頂いたと思っています。エディターチェックの際も、どうして直されるのかを隣で見ることができたので、大変勉強になりました。このお陰で、日英翻訳と英語で記事を書くことに対しては、自分でも自信が持てるようになりました。
フリーになろうと思ったきっかけは?
すごく楽しくて、いろんな経験をさせて頂きましたが、ここ1-2年ぐらい、自分にはそれほど向いてないんじゃないかなと思っていたんです。ジャーナリズムの仕事は、非常にdemandingで厳しいものです。仕事上、強引に事を進めないといけない時もあり、仕事だからと割り切れているうちはよかったんですが、これを何年も続けるとなると難しいかなと思ったんです。気持ちの上では、「この次を考えないと」と考えていたのですが、実際行動に移すまでには、1年前後かかりました。
他人の書いた文章を翻訳することについては?
ニュースだと、「ここにニュースがあるかもしれない」と考えることから始まって、取材に行き、どう見せるかを決めて記事を書きます。それに比べて、翻訳は既に原稿として完成されたものを他の言語で表す作業なので、その分「書くこと」に集中できるんです。納得いくまでリサーチする点では、どちらも同じだと思います。記事を書くにしても、わからないことは書けないし、母国語以外の言語で書くとなると、その分野についても精通していないといけません。そういう意味では、分からないことを調べる習慣やプロセスは、今の仕事に役立っているといえます。
学校に通った経験は?
全くありません。ブルームバーグの時もそうでしたが、全てOJTです。翻訳の仕事に応募する時も、かなり悩んだんです。学校に通った経験がないと、仕事はもらえないのかと不安になって。日英はずっとやってきたので、ある程度自信はあったんですが、英日は不安でした。例えば、英語を読むときには、「なるほど、こういう表現もあるんだ」と思いながら注意して読むんですが、日本語の文章は趣味で読むぐらいの感覚だったんです。英日翻訳をスタートした時は、日本語をどの程度自然にすればいいのか、どういう仕上がりにすればいいのか、ものすごく悩みました。今も日本語表現に苦しんではいるんですが、毎回本当に勉強させて頂いています。英日の仕事をするようになって、日本語に対する接し方が変わりました。新聞を読む時にも、言葉や言い回しに注意して読むようになったので、またちょっと面白さが加わったかなと感じています。
1週間のスケジュールは?
まだフリーになったばかりなので、空いている時間はどんどん仕事を入れています。睡眠と食事の時間以外は、仕事をしていますね。依頼を頂くこと自体が今は喜びなんです。ちょっと体力的にきついなと思っても、断ろう!、とは思いません(笑)。ブルームバーグでは、常に時間に追われていて、ヘッドラインを1本送ったら、5分以内に記事が出ます。記事が出たら、15分以内に4パラグラフの記事を出さないといけなかったので、ある意味Time pressureの中で働くことには慣れています。今は逆に自分で時間配分を決められるのも楽しみの一つです。
ストレス発散方法、ご趣味は?
散歩が好きです。一日中「コンピューターと私」ではストレスがたまるので、気分転換に散歩に出かけます。外に出て初めて、「あぁ今日は晴れていたのか」と(笑)。料理も好きで、3時間後ぐらいに原稿が来るとわかっている場合、料理しながら待っているといい時間にくるんですよ。心配性なので、待つ時間はいろいろ考えてしまうんですが、料理は暇になることがないのがいいですね(笑)。
ご実家に戻られると伺いましたが。
親と暮らしてみたかったんです。10年以上東京にいて、もう十分かなと(笑)。もちろん東京じゃないとできないことはたくさんありますし、友達も増えたので名残惜しいのですが、地元のほうが自分に合っているようです。在宅翻訳をするのに場所は関係ないので、どうにかやっていけるんじゃないかと思っています。
今後の目標は?
短期的な目標としては、与えられる仕事を全力でこなしていくことです。文芸翻訳ではなく、あくまでも実務翻訳に携わっていきたいとも考えています。私が感じる実務翻訳の面白さとは、最新の情報をいち早く目にすることができるとこと。「この業界では、今こんなことが起こっているんだ!」、「まだこのニュースは誰も知らない!」と、訳しながらワクワクしてしまう自分がいます。もちろん守秘義務は厳守しますが、最新のニュースに触れられる喜びは何ものにも代え難いものです。
編集後記
一度お会いしてみたいと以前から思っていたので、感激です。北海道で新たに翻訳者生活をスタート後、将来的にはご主人のご実家であるインドに移住されるかもしれないとのこと。翻訳に場所は関係ありませんものね! 今回のインタビューでは、実務翻訳の面白さを新たな視点から教えて頂いたような気がします。
今泉綾子さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください

Vol.6 コーディネーターを経験したからこそ、分かること

[プロフィール]
フィリップ・グランベールさん
Philippe Grimbert
パリ第2大学経済学部卒業後、パリ国立東洋言語文化研究所日本語と日本文化と日本文学部修士課程修了。英語講師、長野オリンピック通訳翻訳、翻訳コーディネーターを経て、フリーランス日英・日仏翻訳者として独立。

翻訳者を目指すようになったきっかけは?
大学生の頃、偶然立ち寄った情報センターで「翻訳者」という職業があることを知ったんです。それで何となく興味を持ったのがきっかけです。もともと語学は得意だったんですが、当時は英語とスペイン語しか話せなくて。フランスでは、英語もスペイン語も話せる人が非常に多いんですよ。これでは食べていけないなと思い、以前から興味のあった日本語を勉強することにしました。
日本語は苦労しましたか?
非常に苦労しました(笑)。例えば、スペイン語やイタリア語なら、フランス語と似ているのでそれほど困難ではありません。日本語は語族が違うので、それはもう大変した。大学では翻訳の授業そのものはなかったものの、日本の小説を読んで翻訳をすることも多く、非常に勉強になりました。ちなみに卒業論文は、葉山嘉樹の小説翻訳と分析がテーマでした。
初めての翻訳は?
大学4年生の時に、会社を経営している友人に頼まれた日仏翻訳です。嬉しくてすぐに引き受けました! それから少しずつ仕事が増えていき、日仏翻訳をメインに請けました。日英をやるようになったのは、日本に来てからです。長野オリンピックの仕事が終わった頃、フリーランスとして独立しました。今から思えば未熟な「プロ」だったなぁと思いますが。日本で発注される仕事の多くは日英です。日仏の方が得意ですが、日英に比べると需要がそれほどないようですので。
通訳者として働かれた経験もあると伺いましたが。
そうなんです。長野オリンピックでは、コーディネーター兼通訳として、貴重な経験をさせて頂きました。ただ、通訳学校に通っていたわけではないので、自慢できるようなスキルは持ち合わせていません(笑)。もちろん私なりに、ベストを尽くしましたが。実際に通訳をやってみて分かったことですが、やはり自分は翻訳の方が向いていると思いました。
翻訳コーディネーターとしての経験が、役に立っていることはありますか?
大いにあります。コーディネーターの立場が分かるので、自分のことだけ考えないで、総合的に仕事がうまくいくよう努力します。例えば、納期は絶対守ること。コーディネーターは早く納品してくれる人がいいでしょうし、校正の方も時間をかけてチェックできます。在宅の場合は、電話で依頼が来るので、できるだけ具体的な情報を頂き、こちらも的確に情報を伝えるようにしています。コーディネーターの方とは、「一緒に仕事をする」という感覚があります。コーディネーターを経験したからこそ、感じることですね。それから翻訳そのものに関しての、商品感覚が身につきました。
毎日の平均的なスケジュールは?
今後のキャリアプランを教えて下さい。
スケジュールは日によって違いますが、朝の8時半から夜中まで翻訳していることもあります。基本的に自宅にいることが多いです。今まで企業で働いてきましたが、在宅だと翻訳だけに集中できるので、これからもフリーでやっていきたいと考えています。世界中のコミュニケーションのために、もっと役に立ちたいと思っています。 仕事をしていて一番嬉しいのは、お客さんに「助かった」と言われることです。これが一番幸せなことです!
もし、翻訳者になっていなかったら?
講師です。「ものを伝える」ことが好きです。翻訳は、他の言語で何かを伝えることですよね。例えば講師なら、知識を他の人に伝えられます。漠然としていますが、何かそういうことができればと思います。

編集後記
「今は仕事関係の資料に目を通すことが多いけれど、時間ができればもっと日本文学について勉強してみたい」、とフィリップさん。今度是非、葉山さんの作品についてお話ししたいです!
フィリップ・グランベールさんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


Vol.5 読み手を意識した文章を

[プロフィール]
谷垣麻紀子さん
Makiko Tanigaki
幼少時、英国に5年半滞在。青山学院大学文学部英米文学科卒業後、大手銀行に入社。その後、企業内翻訳者を経て、現在はフリーランスとして翻訳に従事。常に読み手を意識した、その訳文の高い完成度には定評がある。

翻訳者を目指すようになったきっかけは何ですか?
小さい頃海外にいたので、何か武器になることと言えば英語かな、とは思っていたんです。結婚、出産後にこれからは自宅でもできる仕事をと考えたことも大きなきっかけでした。
言葉の面で、苦労はありましたか?
イギリスにいたのが小さい頃だったので、ほとんど英語も忘れていました。発音だけ聞くと、ネイティブだと思われるのですが、実は結構勉強しないと思い出せない部分が大きかったんです。中学生以降は、発音レベルに自分の語学力を持っていくために随分勉強しました。
企業でも翻訳通訳業務に従事していらっしゃったと伺いましたが。
プレゼンテーション資料などの翻訳をしていました。担当者が手一杯の時に、「君、確か英語できたよね」と頼まれることがあったんです。通訳は割とスムーズにできたんですが、なんせ専門教育を受けていないので、ある瞬間からがふっとできなくなる時があったんですよ。小さな会議だと、私が通訳するのを待って話してくれたんですが、大きな会議でウィスパリングをする場合は、どんどん通訳しないと遅れてしまうんです。あぁこれは担当がいないからって安易に引き受けちゃいけない、やるならもっと勉強しないと、とつくづく思いました。
翻訳学校には通われたのですか?
はい。もう本当に目から鱗でした。今までは他に誰もいないから仕方なく私に頼んでいたんだな、ということがよく分かりました(笑)。分野によって言葉使いも違うし、調べ方一つとってもどういう姿勢で臨めばいいか、どこを当たればいいか、これに関してはこういう背景知識がないとできないといったことなどまで教わりました。通った期間は短かったのですが、本当に勉強になったと思っています。
在宅とオンサイトの違いは? 何か心がけていることはありますか?
企業内だと、もし分からなくても近くの人にちょっと聞いて済ますことができたんです。もちろん、在宅でも担当者に聞くことはできますが、よっぽど調べてそれでも分からないことしか聞けません。こんなことも分からないのか、と質問内容によっては判断されるでしょうし。いざというときに、短時間で欲しい知識を得るために、自分で調べるノウハウを蓄えておく必要があります。自分が調べた結果に責任と自信をもつことも、すごく大事だと思います。
一度受けた依頼は納品後でも必ず見直しをすること。今度同じような依頼が来たときに、もっといいものが出せるよう心がけています。その他には、スケジュール管理、健康管理等にも気を配っています。
谷垣さんの翻訳は、読みやすいと評判ですが。
ありがとうございます。ただ、例えば得意なコンピュータに関しても、プロ並みの知識があるわけではないんです。翻訳学校でも、「あなたはもっと知識を蓄えなさい」と言われたぐらいですから。もちろんその努力はしていますが、逆にその時読まされた模範解答の訳文は、全然分からなかったんです。専門知識のある人が読めば分かるのかもしれませんが、私には何だかよく分からない。逆に専門知識がない人が読んで理解できる訳文なら、誰にでも受け入れられるんじゃないか、と思ったんです。というわけで、今の文体に落ち着いています。もし評価して頂いているとすれば、こういう努力が実を結んだのかなと思います(笑)。
現在読書中
在宅翻訳者としての生活はどうですか?
性格的には、家にこもって何かやるのは向いてないと思っていたんですが、やってみたら意外に調べることが好きだったんですよ。今はインターネットもあるので、何かを調べようと思ったら、本当にいくらでも調べられます。また、私は形から入るタイプなので、辞書を揃えたりするのも好きなんです。何か一つの単語をきっかけに、いろんなことが分かってきて、「そうだったのか!」と知識が広がるのが、すごく楽しくて。思いがけないところから依頼を頂いて、調べていくうちに、この会社ってこんなことやってたんだと開眼する瞬間もあります。翻訳を始めて本当によかったと思います。日々いろんな発見があります。
印象に残ったお仕事はありますか?
美術関係の翻訳です。ルイ何世など名前だけでも色々な解釈があって、すごくおもしろかったんですが、ものすごく奥が深いんです。これはもっと修行を積まないと安易に受けられないなと思いました。でも今後も是非受けてみたい内容のものなので、その時に備えて勉強することにします。
新しい技術はどこまで収得する必要があると思いますか?
私自身、お金で買える知識はどんどん増やすべきだと思っています。辞書一つでも随分言葉取りが変わってきます。例文一つ目にするだけにしても、品質があがったり、次に繋がるのであれば、決して高い投資ではありません。トラドスのようなソフトウェアも高額ですが、翻訳スピードもあがり、訳文の統一も可能です。使ってみて役に立たないと思ったら、使わなければいいだけのことです。自分のできる範囲であれば、どんどん投資すればいいと思います。最終的には、必ず自分の実力アップにつながると信じています。
まだお若いのに、ここまで登りつめてしまったら、今後はどうされるんですか。
そうはいってもまだ経験も足りないので、今後層を厚くするには今頂いているお仕事を着実にこなしていって、次につなげられるようにすることだと思うんです。今はアンテナを広くはって、辞書やソフトを充実させ、今まで関わってきた分野の雑誌記事を目にしたら、必ず目を通すようにしています。こういった努力を十年以上やってはじめてベテランと言われると思うんです。今はとにかく「努力あるのみ!」と考えています。
今後のキャリアは?
「この分野に関しては谷垣さんに」と、一番に声がかかるようになれたらと思います。十年単位での目標です。二十年単位では小説など、何か本を一冊世に出したいです。待っていてください!(笑)

編集後記
「仕事が楽しい!」とインタビュー中に何度もおっしゃっていましたが、とにかくパワフルで前向きな方です。谷垣さんにかかれば、不可能なことなんてないのでは? と思わずにはいられませんでした。小説の翻訳、楽しみにしております!
谷垣麻紀子さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


Vol.4 語学、そして「人間」に対する勉強を忘れずに

[プロフィール]
ブライアン・ルイスさん
Bryan Heath Lewis
Auckland University(ニュージーランド)卒業後、1968年来日。大学、中学校などで英語教育に携わる。その後、ニュージーランドに一旦帰国、1979年よりJustice departmentにてprobation officersの指導にあたる。1992年再来日、英語教育に携わる傍ら1998年よりフリーランス翻訳者として独立。法律関係・報告書・契約書などを得意とする。 

日本語との出会いは?
教会主催のボランティアプログラムに参加し、1968年に来日したのがきっかけです。当時は日本語が全く分からず、本当に苦労しました。学校に通い、5年ぐらい日本で勉強したんです。それから今まで日本とニュージーランドを行き来していますが、今も勉強は続けています。
翻訳の仕事をするようになったきっかけは?
友達に頼まれたのがきっかけなんです。昔から翻訳の仕事ができたら、と考えてはいたものの、まだまだそのレベルには達していないだろうなと思っていました。でも実際やってみたら、結構できるもんだなと(笑)。ネイティブチェックなど含め、仕事としてお金を頂くようになって6年ぐらい経ちます。
翻訳のおもしろさ、大変さは?
もともと歴史が好きなんですが、社会情勢から、身近なところでは人々の日常生活の出来事にまで幅広く関心をもっています。人々、そして社会の動きに目を向けることで、文章を読んでいてもいわんとすることが自然に分かるようになるんです。これが翻訳にも役立っています。
一番大変なのは、翻訳後のチェックです。うまく訳せた! と思っても、最終的に細かい部分まで完璧にするために何度もチェックするのが大変です。
ネイティブチェックをしていて何か感じることはありますか?
日本人は非常に努力家だと思います。英語学習に関しても、とても真剣に取り組んでいる人が多いです。ただ私の狭い経験だけで言えば、文章を本当にうまく書ける人には、まだ会っていません。翻訳トライアルの評価なども行っていますが、英語を十分に理解していても、原文に影響されすぎて、翻訳文として成り立っていない場合が多々あります。もちろん私には、その人が今までどういう勉強をしてきたか、またどういう経歴の持ち主なのかは分かりませんが。少し直せば良くなるのにと思う翻訳はたくさんあります。
教育関係のお仕事にも就かれているようですが?
いわゆる'education'というよりも、trainingやcoachingに興味があったんです。学校で何かを「教える」というよりは、小グループや個人単位のtrainingの方が好きなんです。まぁ実際には、学校での活動の方が多いのですが。
今後のキャリアプランは?
今までいろんなことをやってきましたが、これからも全部続けていけたらと思っているんです。更に上を目指して。ただ、どれか一つと言われれば、やはりtrainingやcoachingに関することでしょうね。Justice departmentでやっていたようなことができれば、と思っているんです。ニュージーランドは多民族国家ですから、本当にいろんな人がいます。例えば、Justice departmentで働くにしても、英語ができないとハンディになりますよね。そこで、私が何か役に立てるような事があればと思うんです。「教える」というと、学校の先生を思い浮かべる人が多いと思いますが、私の考えるそれは、少し違うんです。例えば誰かが何か具体的な目標を持っていて、その目標を達成するために、私が力になれることがあるなら、喜んで協力したいんです。応援したい、役に立ちたいんです。それが、educationとtrainingの違いだと思います。
ボランティアでも、そのような活動をされていると伺いましたが。
小グループでの活動や、そのtrainingをしています。個人の悩みを聞いたり、カウンセラー的なこともやっています。大抵の活動は日本語で行っていますが、こんな日本語に付き合わされるんですから、相手もたまったものじゃありませんね(笑)。
未来の翻訳者へのアドバイスをお願いいたします。

言葉を一生懸命勉強すること。母国語も含めてです。文章を書くのは人間ですから、「人間」に対しての勉強も忘れてはいけないと思います。

編集後記
日本語を勉強していて、よかったと思う瞬間は? と尋ねたら、冗談が通じたときです、とのお答えが返ってきました。 Educationとtrainingの違いについてのお話、そして人間を見つめるそのまなざしの温かさには、深い感銘を受けました。
ブライアン・ルイスさんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください


Vol.3 Communication Facilitator

[プロフィール]
立石充子さん
Atsuko Tateishi
東京大学文学部国文学専修課程卒業後、フリーランス通訳・翻訳者として活動。1991-1995年米国留学、ケンタッキー州アズベリー神学校教会音楽修士課程(オルガン専攻)及び聖書学修士課程卒業。現在はフリーランス通訳翻訳、小グループ活動などを行っている。

翻訳者を目指すようになったきっかけは?
大学教授の一言です。「これからは日本文化を外国に発信していく人が必要になる」と言われ、「私、それやりたい!」と思ったんです。もともと「書く仕事」に憧れていたんです。ジャーナリストとか、小説家とか。とはいっても、モノ書きだけでは食べてはいけないので、翻訳をしようかなと思ったんですよ。ちょうどその頃、通訳の勉強は翻訳に関係があるという本を読んだこともあり、それなら!と大学卒業後に通訳学校の門を叩きました。
初めてのお仕事は?
通訳学校の紹介で、アセアンの見本市ブース付き通訳でした。楽しかったですね。報酬は今から考えるとほんとに少なかったんですが、私がいなければその場所ではコミュニケーションが成立しないということが、すごくおもしろくて。結構通訳向いているかも! と思った瞬間でしたね。
もともと語学がお得意だったんですか?
何カ国語もお話になるそうですが。
得意だったかどうかは分かりませんが、言葉が好きなんです。話せるのは英語・フランス語ぐらいで、イタリア語・ラテン語・ギリシャ語・ヘブル語、ドイツ語は読んで辞書を引き引き、何とか意味が分かるという程度ですね。フランス語は、本格的に勉強し始めて6年経つんですが、少しずつ仏日翻訳のお仕事を頂くようになってきました。ギリシャ語とヘブル語は、留学したときに必修科目だったんです。将来的には、まず3カ国語を仕事として使えればと思っています。理想は、死ぬまでにもう一カ国語ぐらいはやりたいかなぁと(笑)。
専門学校で出会った恩師との共訳書
多言語を勉強するのは大変では?
それぞれ相乗効果があるんですよ。フランス語をやると英語も上達するし、その逆もあります。フランス語はもともと大学で2年間やっただけでしたですが、当時は読み書きだけで、会話の訓練は受けてなかったんです。勉強を再開したときに、「もう忘れているに違いない」と思っていたんですが、意外と覚えていて、そればかりか知らないはずの単語を見ても分かるんですよ。なぜかというと、英語の単語量が増えたから。多分こういう意味なんだろうなと思うと、当たったりするんです。得した気分になりますね(笑)。
自分だけの強みは何ですか?
話し手、書き手の気持ちや特徴を伝えられること、日本語力があることです。コピーライティングにそのまま使えるようなモノを仕上げる自信はあります。あとは、他の言語が多少理解出来るとか。この人と一緒に仕事をして楽しいなと思ってもらえるようなプロを目指しているので、少しでもそう思ってくれる人が増えてくれたらいいなと思っているんです。
名刺に「Communication Facilitator」と書いてありましたが。
言葉を置き換えるのはもちろんですが、その人が伝えたいことをきちんと伝え、製品だったらよく売れるように、交渉だったらお互いの気持ちがよく通じ合うように、コミュニケーションが深くできるようになったらいいな、と思っています。そういう意味で、名刺にも書いたんです。
一週間の平均的なスケジュールは?
週2日はオンサイト翻訳、それ以外は基本的に在宅です。フリーランスなので、土日祝日が休みにならないことが悩みではありますが、自分でコントロールが効く分、私に合っているのかなと思います。
趣味・ストレス解消法は?
ボクシングを6年ぐらいやっているんですよ(笑)。フィットネスボクシングといって、本当のボクシングとはちょっと違うんですけれども。すごくストレス解消になっています。カルチャー教室で、週1回90分汗を流しています。肩こりがある人にはお勧めです。
音楽の演奏も好きなんです。結婚式などのイベントや、日曜日の教会で弾いています。
もし翻訳者になっていなかったら?
ミュージシャン? もしくは小説家でしょうか。書くことを通して、何かを発信していきたいと思います。
今後のキャリアは?

通訳翻訳は何らかの形で続けていくと思いますが、自分で翻訳した本や、書いたものを出版することも少し考えているんです。音楽の方もやっていきたいですしね。フランス語ももう少しやらないと。幅は広がりそうですが、いつまでたってもまとまらない人間かなぁなんて(笑)。

編集後記

今回はなんと、立石さんのご自宅での取材になりました! 帰宅後、私も立石さんのように他言語に挑戦!、とやる気満々でスペイン語会話の本を開いてみるものの、1日で挫折したのでした。道は遠いなぁ。

立石充子さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次 》


↑Page Top