HOME > 翻訳 > ありがとう 愛を! ―ひかりの世界の赤ちゃんからのメッセージ―

タイトル ありがとう 愛を!
―ひかりの世界の赤ちゃんからのメッセージ―
著者 葉 祥明
訳者 寺田 真理子
出版社 中央法規出版


「赤ちゃんをなくしたすべてのお母さんへ贈る、癒しの本」

日本では、毎年約100万人の赤ちゃんが生まれていますが、一方で、毎年約30万人もの赤ちゃんの命がお腹の中で終え、多くの母親たちが、悲しみにくれている現状があります。
本書は「なぜ?」「どうしてこんなことが・・・」という、母親たちの深いふかい魂からの問いかけに答える詩画集です。
葉さんの優しいイラストとともに、赤ちゃんがもって生まれた使命やお腹に誕生した意味を描きました。
流産や死産でお子様を亡くされたお母さんたちはもちろん、子育て中の母親たちにも是非てにとってほしい、命と向き合う詩画集です。


<おすすめポイント>
赤ちゃんを亡くすというご経験をされた女性は多くいらっしゃいますが、そのご経験について誰かと話し合ったりする機会はなかなかないものです。それだけに、ご自身の中でずっと悩みを抱え続けたままになっていることもあるように思います。そんな方たちに、赤ちゃんと過ごした時間の意味を見つめなおしてもらい、ふたたびご自身の人生を歩き出すきっかけにしていただけるような詩画集です。

<翻訳したきっかけ>
同姓同名の編集者である寺田真理子さんからお話をいただいたのがきっかけでした。私は認知症介護の分野で翻訳や講演をしていますが、寺田さんも同じ分野で編集をされていることから面識があり、「いつかダブル寺田真理子で本を作りたいですね」と以前からお話しておりました。今回の本は、私が取り組んでいる読書療法にもつながる内容であることから、やらせていただきました。

<翻訳中の苦労話>
詩の英訳ということで、日本語の詩の雰囲気をどれだけ英語で表現できるかに心を砕きました。行数や一行の長さなどの体裁をできるだけ揃えるために、言い回しやなるべく言葉を省いて短くすることに気を配りました。句読点の処理も悩みましたが、日本語と同様に基本的に句読点のない形式が絵の世界にきれいにはまると考えて採用しています。また、内容的には高度な知性を持った魂からのメッセージであるものの、赤ちゃんからのメッセージということで、できるだけ易しい表現を用いています。スピリチュアルな本が苦手な英語圏の方にも、赤ちゃんからのメッセージとして抵抗なく読めるようなものを意識しました。

一覧へ

↑Page Top