HOME > 翻訳 > 枝廣淳子のNext Stage > 最終回「夢に向かって、進み続けよう」

枝廣淳子のNext Stage

同時通訳者、翻訳者、そして環境ジャーナリストとして、環境問題に関する講演、執筆、翻訳等マルチにご活躍の枝廣淳子さん。代表的な翻訳本として「不都合な真実」(アル・ゴア:著 枝廣 淳子:訳)、著書である大ヒットシリーズ、「朝2時起きで、なんでもできる!」などでも知られる枝廣さん代表の有限会社イーズでは、翻訳力アップのための自己トレーニングメール講座、「Next Stage」を開いています。 本コンテンツでは翻訳者を目指す方をNext Stageへと導く枝廣さんからの楽しくもためになるコラムを毎月第1水曜日にお届けします。乞うご期待下さい。

最終回「夢に向かって、進み続けよう」

 早いものでこのコラムの連載を始めて、1年が経ちました。今回が最終回となります!
みなさんにとって、どんな1年だったでしょうか? 

 ご自分の目標に向かって、思ったように進めた方も、想定外のさまざまな出来事や状況が起きて、なかなか進めなかった方もいらっしゃるかもしれません。でも、ときどき立ち止まって、「自分はどう進んできたかな? このまま進んでいけばよいのかな? それとも進む方向や進み方を少し変えた方がよいのかな?」と振り返ることは、だれにとっても役に立ちます。ぜひそういう時間を少しでもよいので、とってくださいね。

 私自身は、アル・ゴア氏の『私たちの選択』を訳したほか、いくつかの翻訳プロジェクトを進めることができました。その中には、「もっと進んでいるはずだった」ものもいくつかあります。さて、何が足りなかったのか? ここからどうやって進めていこうか? いろいろと考えているところです。

 この1年、私にとって大きいターニングポイントになったのは、翻訳者育成のコミュニティ『トラたまコミュニティ』を立ち上げたことでした。これまで翻訳の勉強をしようと思ったら、ン十万円もかかる翻訳学校に通うか、学習内容がすべて予め決められている通信講座で学ぶしかなかったような気がします。もっと自由に、もっと自分のやりたいことや実力にあわせて、もっと柔軟に学べる場を作りたい――その思いをカタチにすることができました。現在、トラたまでは夏期講座を開催中。それぞれ特色のある6つの短期講座で、多くの受講生が自分の力を鍛えているところです。秋からは、英語の解釈力だけではなく、日本語の語彙力をつけ、表現力を鍛える新講座もスタートする予定です。

 翻訳って本当に奥が深くて面白い! と思います。そんな世界へのトレーニングや仕事で、みなさんとどこかでごいっしょできる機会を楽しみにしています。
それぞれの夢に向かって、一歩ずつ進んでいきましょう!
1年間、どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------
仕事につながる翻訳力を継続的に楽しみながら鍛えていく「場」
トラたまコミュニティ、ただ今メンバー募集中です!
詳細はこちらからご覧ください。
http://www.es-inc.jp/toratama/

また、「2010年チャレンジの夏!」と題して、夏期講座が開講中です。
みなさんが伸ばしたいスキルや、やってみたい分野にチャレンジする機会です。
それぞれの講座の詳細はこちらからご覧いただけます。
http://www.es-inc.jp/toratama/training/index.html

この夏「トラたまコミュニティ」で、ご一緒してみませんか?


枝廣淳子のNext Stage


↑Page Top

プロフィール

枝廣淳子

枝廣淳子さん:Junko Edahiro
東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。2年間の米国生活をきっかけに29才から英語の勉強をはじめ、同時通訳者・翻訳者・環境ジャーナリストとなる。環境問題に関する講演、執筆、翻訳等の活動を通じて「伝えること、つなげること」でうねりを広げつつ、行動変容と広げるしくみづくりを研究。世界と日本をつなげる役割としての翻訳者を育て、活躍の場を提供する取り組みも行っている。