HOME > 翻訳 > The Sweet Life > French Browned Butter Fruit Cake

The Sweet Life

お菓子って本当に不思議な食べ物です。疲れている時や、イライラしている時など、あま~いお菓子を食べるだけで気持ちが優しく、表情は笑顔になってしまいますよね。
ハイ・キャリア閲覧者のみなさんにもそんな素敵Happyな気分になっていただければと、新しいコーナーが誕生しました。
フリーランス通翻訳者としてご活躍中であり、かつお菓子作りのプロでもあるファリア・アンナ・マリエさんが、「季節のお菓子」、「地方ならではのお菓子」、「子供と一緒に作りたいお菓子」など毎月さまざまなテーマでお菓子を紹介しながら、みなさんに「Sweet」なひと時をお届けします。

French Browned Butter Fruit Cake

いつも素敵なお菓子レシピをご紹介いただいているファリア・アンナ・マリエさんのお菓子教室に我々ハイキャリア取材陣(工藤、渡邉)が飛び入り参加してきました。

お教室ではかわいいシエナちゃんがお出迎えしてくれます。
ファリアさんのお菓子教室はママとベビーの教室も主宰していて、ママとベビーのクラスはとっても賑やかだそうです。想像できますね。
でも、今日は落ち着いた大人6名のクラスです。
shierachan.jpg

ファリアさんとシエナちゃん

今日のレシピはクリスマスのプレゼントにぴったりのフルーツケーキ。
シロップをたっぷりぬったら日持ちもして、シュトーレンのように長く楽しめるスイーツです。


まずは計量からスタートです。

***********************************
レシピ
焦がしバター  180g
粉糖     200g
卵     3個
ベーキングパウダー  4g 
ドライフルーツ 150g

・バターを溶かし、きつね色になるまで焦がす。
・ドライフルーツをフードカッターにいれ、少し細かくなるまでまわしてから、バター以外の材料をすべて加え30秒回す。
・バターも加えてさらに回し、型に流し170℃で40分~50分焼く。
・焼きあがったら熱いうちにシロップ(100g砂糖、100gコアントロー、150g水)を刷毛で塗り、さます。
***********************************


まずは、keiryou.jpg
こんなかわいいお皿に計量します。

ナッツ.jpg
ナッツ類はお酒につかってスタンバイ状態です。
・ヘーゼルナッツ、レーズン、クランベリーなどをコアントローまたはラム酒につけておきます。

いつもは皆で一緒に作るのですが、今日のレシピは"シンプル"なので、一人ずつ順番でやりますとのこと。

butter.jpgまずはバターがきつね色になるまで焦がします。

butterin.jpg全ての材料をフードカッターにいれて最後に焦がしたバターを投入。

mazeru.jpgバターも混ぜ終わるとこんなにしっとり。
それから、型に流し込み、オーブンで焼くこと50分(分量により焼き時間は違ってきます)
オーブンで10分くらい焼いたら、まだ表面が柔らかいうちにナッツで飾り付けします。

こんなに可愛く焼きあがりました。
present.jpgプレゼントでいただいたらうれしいですね。

shishoku.jpg焼きあがったら皆で試食します。

取材当日はちょうどボジョレーの解禁日でしたので、持ち帰ったケーキはボジョレーと一緒に堪能しました!

今日のレシピはおいしくふんわりと仕上げるコツをしっかりと覚えたら自宅でも再現可能なシンプルレシピでした。クリスマスに向けて、かわいく焼いてプレゼントしてみませんか。

ファリアさんの教室は、こどもたちも一緒になって粉まみれになりながらも、気づいたら「あれ、おいしいお菓子ができちゃった」という楽しい教室なんだと思います。
very.jpg
そんなファリアさんのお菓子は雑誌の「VERY」でも紹介されています。

そして、結局一番楽しんでいたのはハイキャリア取材中の「工藤浩美の東へ西へ」の工藤だったのではないでしょうか。 kudo_san.jpg

担当:渡邉(ハイキャリア)

A big thank you to Kudo-san and Watanabe-san for joining our class! Busy Little Bee Tokyo is a small venture I run with another artist, offering cooking classes and crafts classes for children ages 0 to 3 and their mothers. The cake class that is featured in this article is an off-shoot of these classes, and I offer 2 to 3 classes per month for adults only. Each month, in the children's class, we create healthy desserts and snacks that the children help us make, with no sugar, butter, eggs, or cream. Each month is based on a different picture book. In the mom's class, we make a French pastry each month, and the older children play together while the younger babies are usually carried by their mothers as they bake.

I am also very excited to say that we will be starting a Busy Little Bee Cooperative Preschool from February 2014! Cooperative preschools are quite common in the US and Canada, but as far as I know, there are none in Japan. At our school, I will be the organizer and head teacher using a Montessori home school curriculum, and the parents of the children who will be joining us will be helping us in the classroom, leading a craft or singing songs with the children. If your child enrolled in the program 5 days per week, you would be on duty 2 days per week, leaving your child at our school 3 days per week. For now, it will be a bilingual English / Japanese program, but we would be happy to add more languages as different families from different linguistic backgrounds join us! For children, our school would provide a secure and supportive environment to learn through play, and to see their parent in a different light as a teacher and leader. For parents, our school would be an opportunity to truly focus on the children and to enjoyably spend these precious early childhood years with them in the community of other parents while also getting some much needed time off. It is often said that it takes a village to raise a child, and we hope that with this Cooperative Preschool, we will be able to create a village for our children in the big city of Tokyo!

To learn more about our classes and preschool, please visit www.busybeetokyo.com Happy Holidays and happy baking!


The Sweet Life


↑Page Top

プロフィール

ファリア・アンナ・マリエ

ファリア・アンナ・マリエさん
日本生まれ。アメリカンスクールを経て、米プリンストン大学英文科に進学。大学卒業後翻訳の仕事を開始し、大学院在学中に通訳デビューを果たす。学業と仕事を両立しながら、趣味であったお菓子作りへの興味を深め、博士課程修了後に「ピエール・エルメ」にスタージュとして参加するため渡仏。その後「リッツ・カールトン」の製菓学校でフランス菓子作りを本格的に学ぶ。半年後には日本に帰国。しかし4か月後にはNYに渡り、念願であったマカロン専門店を出店。出産を機に日本に帰国。現在はフリーランス通翻訳者として活躍しながら1歳の女の子の育児に熱心な良きママでもある。