HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第63回 「韓国人も、この日ばかりは列を作る」

先週は「土用の日」がありましたね。皆さん、うなぎを食べましたか?私は帰りにスーパーでその場で焼いていた蒲焼きを買って帰りました。外国産-国産(小)-国産(大)と並んでいて、値段はわかり易く松竹梅(しょうちくばい)。あ、国産(大)が松ですよ。

奮発して国産を買いました。やはり美味しい気がしますが、仮に外国産とすり替えられても「やっぱり国産は美味しいわ」なんて言ってそうな自分が想像できます。 韓国の「土用の日」に当たるのは、「伏日(복날/ポンナル)」ですね。

韓国では、参鶏湯(サムゲタン)など、夏バテ防止の滋養食を食す日です。そして、なんと韓国の「伏日」はワンシーズンに三回訪れるのです!

・初伏(초복/チョボッ)
・中伏(중복/チュンボッ)
・末伏(말복/マルボッ)

この三日を合わせて「三伏(삼복/サムボッ)」とも言います。
(※2018年は、初伏7月17日、中伏7月27日、末伏8月16日)

そして、この三伏は、韓国の参鶏湯人気店は大行列です。列を作るのが嫌いな韓国人も、この日ばかりは健康のために、力の付く美味しいものを食べたいのでしょうね。

줄서는 것을 싫어하는 한국 사람도 복날에는 삼계탕을 먹기 위해 줄을 섭니다.

(チュrソヌン ゴスr シロハヌン ハングk サラmド ポmナレヌン
サmゲタンウル モッキ ウィヘ チュルr ソmニダ
/並ぶのが嫌いな韓国人も伏日にはサムゲタンを食べるために列を作ります)

韓国人の、健康や美味しいものへのこだわりが感じられますね!


第62回 「便利な'~されている(された)方'」

6月末の第712号メールマガジンで、「便利な○○(職業)さん」「○○(会社名)さん」という話題を取り上げましたが、 日本語で「通訳さん」と呼ぶようなとき、

통역하시는 분(トンヨッカシヌン ブン/通訳される方)

と呼んだりする、と書きました。

さてこの「-(으)시는 분(シヌンブン/~されている方)」が、韓国語で人を呼ぶときに大変重宝するんです。

数年前、何年かぶりにソウルを訪れ、どうしてもタッカンマリが食べたく、老舗に一人でタッカンマリを食べに行きました。

韓国でもだんだん一人でご飯を食べる人が増えて来て、「おひとりさま」仕様のお店も登場しつつありますが、さすがにタッカンマリのような鍋物のお店は一人で入りにくいですよね。

しかし、何年かぶりのソウル、そして次はいつ来られるかわからない、と、一人で入りました。

まず入り口で、整理券を配布するアジュンマから、

닭한마리 혼자 먹는 거 괜찮아요?
(タッカンマリ ホンジャ モンヌンゴ クェンチャナヨ?/タッカンマリ、一人で食べるのは大丈夫ですか?)

と、憐れむような目に、眉間にしわを寄せながら聞かれました。もちろん「大丈夫」と答え、順番を待ち、入店。2階に案内されました。

すると、2階で客をさばくアジョシから、

「혼자 오셨어요?」
(ホンジャ オショッソヨ?/お一人でいらしたんですか?)と聞かれ、(周囲からの注目を浴びながら)着席。

すこし待つと、大きな声で、

「혼자 오신 분 이쪽으로 오세요!」
(ホンジャ オシンブン イッチョグロオセヨ!/お一人でいらした方、こちらへどうぞ!)

と、一人で食べていても割と居心地が良い席に案内してくれましたが......、そんなにホンジャホンジャ(ひとりひとり)言わないでー!と(笑)。近寄って、「손님(ソンニム/お客様)」と声をかけてくれれば良いのに~。

忙しくて近寄るのが面倒くさく、自分がいる場所から私を呼んだのでしょうが......。いかがでしょう。「-(으)시는 분(シヌンブン/~されている方)」「-(으)신 분(シンブン/~された方」は便利ですよね。

というわけで、いろんなシチュエーションで使えると思います。
応用してみてください!


第61回 「オールインする/韓国の高齢化社会」

先日、以前お世話になった韓国語の先生とお話していたときのこと。先生のご両親は高齢で、ソウルのマンションで夫婦二人暮らしをされているそうです。

そのご両親を兄弟で協力し合いながら支えているそうなのですが、ご兄弟はとにかく韓国国内で子供の教育費が掛かり過ぎて、経済的な支援を求めるのがなかなか難しいとおっしゃっていました。

남동생 집은 아이의 영어교육에 올인하고 있어서
경제적인 지원을 부탁하기가 힘들어요.

(ナmドンセン チブン アイエ ヨンオキョユゲ オリナゴイソソ キョンジェチョギン チウォヌル プタカギガ ヒmドゥロヨ/弟の家は子供の英語教育にすべてをつぎ込んでいて、経済的な支援をお願いするのが難しいんです)

올인하다(オリナダ/[直訳]オールインする)
→「自分の持っている金を全てかける」という、賭け事からきた言葉

これを聞き、ああ、韓国も大変だなぁ、と。高齢化が進み、そして子供の教育費が相当掛かるとあらば、韓国が大切にしてきた親を大切にするという儒教精神までもがともすると崩壊してしまいそうですね。

しかし先生は意外と割り切っていらっしゃり、次世代に投資するのは仕方がないんだと。

ええ?韓国は何が何でも親を大切にする、というイメージですけど、と私が返したところ、

あら、韓国も変わって来てるのよ。そんな時代じゃないわ。幡野さん、意外と古いのね。なんて言われてしまいました。


第60回 「フランスW杯から20年後のロシアW杯」

火曜日の明け方、私の「ぎゃ~」という叫び声が静かな家の中に響きました。サッカーワールドカップ、日本代表はベスト8(エイト)進出ならず。そろそろ後半90分が終わり延長戦かというときに、1点を入れられてしまい、あっけなく3-2で試合終了。

その前のグループリーグの最終戦では、最後の10分間、パス回しでグループリーグ敗退のリスクを回避。

게임 후반 일본 선수들이 볼을 돌리고 적극적인 게임을 안 했어요.
(ゲイm フバン イrボン ソンスドゥリ ボルr トrリゴ チョックッチョギンゲイムr アネッソヨ/試合の後半、日本の選手がパスを回し積極的な試合をしませんでした)

賛否両論ありましたが、やはりルールがある以上、そのルールに沿って目標を達成するのが勝負の世界。あそこであのような決断をした監督、忠実に指示を遂行した選手たちの精神力には逆に感嘆しました。ある意味、歴史に残るのではと思います。

上記韓国語の文章のキーワードは、
볼을 돌리다(ボルr トrリダ/ボールを回す→パスを回す)」ですね。

決勝リーグでは敗退してしまいましたが、2点のゴールシーンは爽快でした。

2 대 0으로 이겼었을 때는 8강도 꿈이 아닌 것 같았어요.
(イデヨンウロ イギョッソッスrテヌン パrガンド クミ アニンゴッ カッタッソヨ/2対0で勝っていたときはベスト8も夢ではないように思えました)

それぞれ、2(이)と、0(영)と読みます。そして、ベスト8を「8강(パrガン)」と、「○強」という表現を用いるところがポイントです。韓国代表は日韓W杯のときに「4강(サガン/ベスト4)」まで勝ち進んでいますからね。本当にすごいです。

グループリーグ敗退が決まっていても、ドイツを相手に果敢にゴールを狙い、最後に2点を取った韓国代表チーム。絶好調のベルギーを途中まで完全に封じた日本代表チーム。私の素人目で見ても、20年前のフランスW杯とは違う戦い方をしていることに時の流れを感じ、感無量でした。

その日、小学生の子供たちとワールドカップの話をしながら、自分が小学生のときは、親とこんな会話をしなかったな......、と。この子たちの同世代の子が日本代表としてワールドカップに出るころは、私たちにさらに素敵な夢を見させてくれるのかしら、と想像しました。


第59回 「便利な'○○(職業)さん''○○(会社名)さん'」

日本語の「~さん」はとても便利、と以前拙著に書いたことがあります。男女問わず、年齢もあまり問わず、上司にも部下にも使える......と。

一方韓国は、肩書をきちんとつけないといけないし、部下を呼ぶときも部下に肩書がある場合は(ある場合がほとんど)、肩書を付けて呼ぶことが多いですね。

さて、そんな日本語の「~さん」。便利さが高じて、題名のように、職業や会社名にも付けるようになりました。

「通訳さん、ちょっと来てください」
「アイケー工業さん、何時に来ますか?」

厳密に言うと日本語の文法的には誤りかも知れませんが、会話の中ではサラッと聞き流してしまうレベルまで来ましたね。

でも韓国語の場合、「~さん」を「-씨(シ)」にしただけで使えるわけではありません。

×통역사 씨 좀 와 주세요.
(トンヨkサ シ チョm ワ ジュセヨ)

×아이케이 공업 씨는 몆 시에 오시나요?
(アイケイ コンオp シヌン ミョッシエ オシナヨ?)

とてもおかしいです。韓国語にするとなると、

○통역하시는 분(통역 선생님) 좀 와 주시겠어요?
(トンヨッカシヌン ブン(トンヨk ソンセンニm)チョm ワ ジュセヨ
/通訳される方(通訳の先生)、ちょっといらしていただけますか?)

○아이케이 공업 담당자 분은 몆 시에 오시나요?
(アイケイ コンオp タmダンジャ ブヌン ミョッシエ オシナヨ?
/アイケー工業の担当者の方は何時にいらっしゃいますか?)

となります。

日本も以前は「○○(職業)さん」「○○(会社名)さん」は違和感があったはずですが、だんだん市民権を得ていることを考えると、韓国語もいつかどこかが崩れて?いくのかなぁ、と想像したりします。



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A