HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第136回 ロイヤルウェディング・スペシャル

皆さん、こんにちは。先週の土曜、ついにヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式が行われました。日本ではちょうどゴールデンタイムだったのでご覧になった方も多かったのではないでしょうか。
心配されたお天気ですが、これ以上の快晴はない!というほど晴れ渡った素敵な日となりました。ということで、今回はロイヤルウェディング関連ニュースで気になった表現を取り上げます。

1.名前の表記
まず、花嫁の名前ですが、英語ではMeghan Markle。ファーストネームの発音はカタカナでは絶対に「メガン」ですが、日本語での報道は「メーガン」でほぼ統一されているようですね。また姓のMarkleは英語ではドイツ首相Merkelの英語発音と似ていますが、ドイツ首相は「メルケル」、こちらは「マークル」。細かいことですが、ちょっと気になりました。ヘンリー王子は、英語ではPrince Harry。義姉のキャサリン妃は、Kate。

2.「バージンロード」は英語で何という?
元々はメーガン・マークルさんの父親がメーガンさんとバージンロードを一緒に歩く予定でしたが、一連のメディア騒動の後、結局は健康上の理由で欠席。代わってヘンリー王子の父親チャールズ皇太子がその役を引き受たことが話題となりました。「バージンロード」とは、キリスト教の結婚式で式場の入り口から祭壇に至る通路を指します。今まで歩んできた道とも言われ、そこを父親と歩き、その先で待っている新郎に新婦(娘)を引き渡すという結婚式の重要なシーンです。では、「バージンロード」を英語では何というでしょう?
これは和製英語なのでvirgin roadでは通じず、単にthe aisle(またはthe wedding aisle)と言います。父親に付き添われて歩くことはwalking down the aisle。

3.「ハーフ」は英語で何という?
お兄さんのウィリアム王子が結婚したキャサリン妃は、大学時代の恋人同士。卒業後、5年ほど交際を続けた後での結婚。しかも、いかにも良家のお嬢様というバックグラウンドのキャサリン妃との結婚に対して反対する人はいなかったのに対して、メーガンさんは黒人との「ハーフ」で、離婚歴あり、ハリー王子より3つ年上のアメリカ人。私は、メーガンさんのことを初めて知ったとき、単に「素敵な人だな。二人はとってもお似合いで幸せそうだな」と嬉しく思ったので、上記の理由により差別発言が多くあったと聞いて驚きました。では、「ハーフ」は英語では何と言うでしょう?
こちらも和製英語ですね。英語では単にhalfだけは使わず、halfの後に「何なのか」を付け足して、イギリス人と日本人の「ハーフ」だとhalf Japanese and half Englishと言えます。ただしhalf(半分)という考え方を否定的に受け止める人も多くいます。そのためか、mixed raceという表現をよく見聞きします。メーガンさんの場合は、こちらの記事でI am half black and half whiteと言いながらもYet when your ethnicity is black and white, the dichotomy is not that clear. In fact, it creates a grey area と付け足しています。「halfとは呼ばずにdoubleと呼ぼう」と主張する人たちもいますが、なかなか浸透していないのが現実のようです。日英「ハーフ」だと、I am both Japanese and EnglishとかMy mother is Japaneseのような表現で自己紹介しています(そのことは誇りに思ってくれているようで嬉しいです)。ちなみに祖父母の一人が日本人だと、I am a quarter Japanese.
ロイヤルウェディングでは、多様性を積極的に取り入れた工夫がいくつもなされていましたね。伝統的な英国の王室にも変化が現れたことが明確となった結婚式でした。

4.「バツイチ」は英語で何という?
一度離婚したことがある人のことですが、英語ではいちいち1度か2度か...という説明はなく、She is a divorceeとか、She is divorced, She's had a previous marriage、またはwith a previous marriageなどと付け加えることができます。家族形態が多様化した時代において離婚歴を気にするのは意味がないことで、こちらも英国王室に受け入れられてよかったと思います。

5.「馬車」は英語で何という?
結婚式を終えた後、ハリー王子とメーガンさんは馬車に乗ってウィンザー市内をパレードし、多くの人々の祝福を受けました。では、「馬車」は英語では何と言うでしょうか。
「馬が引く車」ということを説明したければ、horse-drawn carriageと言えますが、ふつうは単にcarriage。今回は、お天気にも恵まれ、ルーフのない馬車でパレードしました(Prince Harry and Meghan Markle travelled in an open carriage)。

以上、ロイヤルウェディングについて日英のニュースを視聴しながら気になった表現を取り上げました。通訳の現場でも雑談時など役立つ場面があれば幸いです。

見るからにラブラブのお二人、末永い幸せをお祈り申し上げます。

2018年5月21日

第135回 数字に強くなるために その7 「0の読み方 続編」

皆さん、こんにちは。

ここ数カ月「数字に強くなるために」と題して通訳現場で数字が出た際になるべくスムーズに訳すための秘訣をお伝えしています。今週も引き続き「0の読み方」を取り上げます。

英語での0の読み方を前回4通り紹介しましたが、覚えていらっしゃいますか? お忘れの方はまず第134回をお読みください。

4通り、つまり通常のzeroに加えて、oh(オー)やnil、noughtという言い方もありましたね。

では次の文を声に出して読んでみてください。和訳も付けると良いです(録音して自分の回答を後でチェックすると更によし)。

1. 3.14+0.2=3.34

2. There is a 0% chance of rain.

3. The temperature is -20⁰C.

4. You can reach me at 01379 813 088.

5. The score was 4-0.

では、どう発音すればいいのか数字を言葉にして紹介します。

1. 3.14+0.2=3.34
Three point one four plus nought point two makes three point three four.
0.2は、zeroやnoughtを省略してpoint twoだけでもOK.
(日本語が母語でない方のために、日本語の読み方も書いておきます。→「さんてんいちよん たす れいてんに は さんてんさんよん」)

2. There is a 0% chance of rain.
There is a zero percent chance of rain.
(降水確率は0%です)
注:こういうときの "a"、忘れないように!

3. The temperature is -20⁰C.
The temperature is twenty degrees below zero.
(気温は零下20度です)
-20⁰Cはminus twenty degreesでもいいですが、below zeroとも表せます。日本語で「マイナス20度」とも「零下20度」とも言えるのと似ていますね。Fahrenheit(華氏)かCelsius(摂氏)かを訳出しする必要がある場面ならminus twenty degrees C (fullで言うならCelsius)。degreesを省略して単にminus twentyもよく聞きます。意外なのは、below zeroのzeroを省略して単にbelowというのもありということ。つまり、The temperature is twenty degrees below.
注:米語を習っている人はtwentyを「トゥウェニー」と二つ目のtを省略して発音する傾向があります(私も一昔前まではそうでした ;^^)。でも、そういう発音はイギリス・国際的な場では低レベルとみられる傾向があるので気を付けましょう。

4. You can reach me at 01379 813 088.
You can reach me at oh one three seven nine, eight one three, oh double eight.
(私の電話番号は01379 813 088です)
注:イギリスの電話番号は最初の5桁が市外局番でその後3桁ずつ切って読みます。
You can reach me...は人に電話番号を伝えるときに使われる表現です。
ここでは0をohと発音すること以外に、88のように同じ番号が二つつながっているときはdouble eightのようにdoubleが使われることが多いのが注意点です。888のように3つ続くとtriple eight。これは私自身、渡英後に何度も混乱しながら学んだ表現法です。

5. The score was 4-0.
The score was four nil.
(得点は4対0でした)

いかがでしたか? 簡単そうで意外に難しかったのではないでしょうか。前回も書きましたが、自分が話すときはzeroで通したとしても、英語を聞くときにoh/nil/noughtという言い方も理解できることが大切です(おまけにdouble, tripleも)。理解ができるようになれば、今度は使えるようになると更にいいですね。

ところで今度の週末は、いよいよロイヤル・ウェディングです(関連記事はこちら)! ルイ王子誕生に続く、イギリスからのおめでたいニュースをお楽しみに。


2018年5月14日


第134回 数字に強くなるために その6 「0の読み方」

皆さん、こんにちは。充実したゴールデンウイークを過ごされましたか。私は出張が続いていて当コラムを2週連続お休みして申し訳ございませんでした。どこに行っても出張先は快晴でイギリスに戻ると雨、ということが続いていましたが、先週後半からイギリスも快晴続きとなり嬉しいです。

ここ数カ月「数字に強くなるために」と題して通訳現場で数字が出た際になるべくスムーズに訳すための秘訣をお伝えしています。今回は、「0の読み方」を取り上げます。

「0って、単にzeroじゃないの?!」と思われたとすれば、この続きをどうぞお読みください!!

日本語では「れい」と言ったり「ゼロ」と言ったりしますが、英語では確かにふつうはzeroと読みます。ただし発音はzíərou。カタカナの「ゼロ」とはかなり響きが異なります。あえてカタカナで書くと「ズィロゥ」でしょうか。

けれども、住所や電話番号を含め、数字に0が入っているときに "Oh(オー)" または "Owe(オゥ)"と発音することもよくあります。海外のホテルではふつう「朝食券」というのはなく、レストランに入るときに部屋番号を聞かれます。「501号室」に宿泊しているとすれば、英語で何と言いますか? ネイティブならふつうfive oh oneと言うでしょう。もちろんfive zero oneとも言う人もいるでしょうし、five hundred oneでも通じますがネイティブなら言わないと思います。

スポーツの試合などで「10対0で負けた」を英語でいうといかがでしょうか?
We were beaten by ten to zero.
でも通じますが、ネイティブなら試合の得点が0の場合はnilを使います。
→They beat us ten-nil.

また特にイギリスではnought(nɔ́ːt)という言い方もよく聞きます(米語ではnaught)。
例えば、「先月の売上は0.5%増加した」を英語で言うと?

これは、Sales rose by nought point five percent last monthと言えます。
(注:書き言葉ではSales rose by 0.5% last month)
もちろん、zero point five percentとも言えますし、zeroやnoughtを省略して、単にpoint five percentと言うこともできます。ただnoughtという言い方もあることを覚えておくとよいでしょう。

自動車業界の通訳をする人も多いと思いますが、クルマの性能の話で0-100km/h(または 0 - 60mph)の加速度が話題になることもよくあります。時速100km(または時速60マイル)に達するまでに何秒かかったかで性能を比べるのに使われます。この「0-100km/h(または 0 - 60mph)」の読み方ですが、日本語では「ゼロヒャク」または「ゼロヒャッキロ」、英語ではnought to hundred (nought to sixty)。「時速」にあたる部分はふつう省略されます。

余談ですが、皆さんご存知のゲーム「三目並べ」は英語で何と言うでしょう? 3x3の格子に二人が交互に「〇」と「×」を書き込んで先に3つ並べたほうが勝ち、という子供のころ誰でも一度は遊んだゲーム。イギリスの子供も一度ははまります。日本語では「まるぺけ」や「まるばつゲーム」などとも呼ばれるそうですが、英語ではnoughts and crossesと言います。

このような「0の読み方の応用編」は使えなくても理解できると通訳現場で役立つと思います。自分が英訳するときはいつもzeroで通じたとしても、nilやnoughtが聞こえたときにちゃんと理解して訳せますから。

得点の話で使うnilは、今後ラグビーワールドカップやオリンピック通訳でも出ることでしょう。

以上、今週は「数字0の読み方」を取り上げました。少しでも皆様の学びとなれば幸いです。

2018年5月7日

第133回 貿易関連用語

皆さん、こんにちは。やっと少しは暖かくなったものの相変わらずどんより空のイギリスからお届けしています。

先月下旬から貿易戦争や貿易摩擦などという言葉をよく見聞きするようになりました。トランプ大統領が選挙公約に挙げていた「貿易不均衡の是正」として強硬な通商政策を実行に移し始めたのがきっかけです。

4月に入り、中国側は豚肉やワインなど米国からの輸入品に追加関税を課すなどの報復措置を発表しています。また先週は、「米国がTPP(環太平洋経済連携協定)に復帰検討」というニュースも流れました。そこで今回は、貿易関連用語を取り上げます。

1.貿易戦争 (trade war)
複数の国々が互いの輸入品への関税を引き上げたり、輸入制限を設けたりして保護主義的な政策を取ることを指します。トランプ大統領は自国の産業活性化を求め、貿易赤字を減らそうとして行っているようで、"trade wars are good, and easy to win" ともツィートしています。日本語では「貿易摩擦」という言葉がよく使われますが、英語メディアでtrade frictionはそれほど使われていないように思います。

2.関税(tariff)
輸入品に課せられる税金を「関税」と言いますが、英語ではtariffの他にもcustoms duty, import dutyや単にlevyも使われます(levyは、levy a tax on ~と動詞用法もあり)。関税がかけられる(引き上げられる)と輸入品の値段が上がり、競争力を失います。そのため国内製品・産業の保護につながると考えられています。

3.報復(retaliation)
嫌なことをされたときに仕返しするのが報復 (retaliate動/ retaliation名)ですが、よく似た言葉にreciprocate (動) /reciprocity (名)があります(発音がちょっと難しい。動詞はrisíprəkèit と第二音節にアクセントですが名詞はrèsəprɑ́sətiと第三音節にアクセント)。こちらはどちらかと言うと恩返しのように良いことをされたときのお返し。けれども、今回中国側はAs the Chinese saying goes, it is only polite to reciprocate(中国のことわざ通り、〝お返し"しないと失礼にあたりますので)とユーモアと皮肉を込めて報復措置を発表しました。

4.貿易赤字(trade deficit)
輸入額が輸出額を超過している場合を指します。赤字(deficit)というと日本語でも英語でもマイナスの印象がありますが、必ずしもその国にとってマイナスという悪い話ではありません。輸入しなければいけないほど国内消費が旺盛であり、自国の通貨も高く評価されているために起きがちな現象だからです。したがって、トランプ大統領の貿易に対する理解が足りないと指摘する声もあります。

5.貿易黒字(trade surplus)
貿易赤字の逆で輸出が輸入を超過している場合を指します。4月13日の発表(1~3月期)では、中国は1年ぶりに貿易赤字を出しましたが、対米では貿易黒字が19.4%も上昇したとのこと。

以上、最近話題になることが多い「貿易」を取り上げました。今後の米中の動きによっては、日本にも大きな影響が及ぶことになるので、引き続き要注目のトピックです。

2018年4月16日

第132回 数字に強くなるために その5 

皆さん、こんにちは。雨続きのイギリスからお届けしています。連続の雨で近所の川の水かさが増してから、そこにいつもいた二羽の白鳥がいなくなったのが気になっています。

前回は久しぶりにBrexitを取り上げましたが、今週はまた「数字」のトピックに戻ります。

今回は、日⇔英の数字変換の応用編について紹介します。

例えば、2,500を英語で言うと?

まずはtwo thousand five hundredという言い方が基本。

では、応用編はどうでしょう? 他の言い方が思い浮かびますか?

ネイティブは2,500だとtwenty-five hundredという言い方もよくします。この表現を聞いてパッと「二千五百」と思い浮かぶでしょうか。

さらにtwenty-five hundred millionと聞こえてきたらどうでしょう?

これは2,500,000,000、つまり2.5 billionのことなので「25億」となります。a hundred millionを「1億」としっかり頭に叩き込んでおけば、twenty-five hundred millionにも対応できることでしょう。

ではtwenty-five hundred billionはいかがでしょう?

今度は2.5 trillionのことなので2.5兆となります。

次に、文で考えてみましょう。次の文を和訳すると?

The revenue for this quarter has increased by 2% to 1500 million yen.

「今四半期の売上高は2%の増加で15億円でした。」

この例文から以下も合わせて覚えておくと便利です。
・どれくらい増えたのか/減ったのかを表すときの前置詞はby。
・結果としてどういう数値になったのかを表す前置詞はto。

以上、「数字に強くなるために その5」として、英語の数字の読み方応用編を一部紹介しました。お役に立てば幸いです。

2018年4月9日


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!