HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第134回 数字に強くなるために その6 「0の読み方」

皆さん、こんにちは。充実したゴールデンウイークを過ごされましたか。私は出張が続いていて当コラムを2週連続お休みして申し訳ございませんでした。どこに行っても出張先は快晴でイギリスに戻ると雨、ということが続いていましたが、先週後半からイギリスも快晴続きとなり嬉しいです。

ここ数カ月「数字に強くなるために」と題して通訳現場で数字が出た際になるべくスムーズに訳すための秘訣をお伝えしています。今回は、「0の読み方」を取り上げます。

「0って、単にzeroじゃないの?!」と思われたとすれば、この続きをどうぞお読みください!!

日本語では「れい」と言ったり「ゼロ」と言ったりしますが、英語では確かにふつうはzeroと読みます。ただし発音はzíərou。カタカナの「ゼロ」とはかなり響きが異なります。あえてカタカナで書くと「ズィロゥ」でしょうか。

けれども、住所や電話番号を含め、数字に0が入っているときに "Oh(オー)" または "Owe(オゥ)"と発音することもよくあります。海外のホテルではふつう「朝食券」というのはなく、レストランに入るときに部屋番号を聞かれます。「501号室」に宿泊しているとすれば、英語で何と言いますか? ネイティブならふつうfive oh oneと言うでしょう。もちろんfive zero oneとも言う人もいるでしょうし、five hundred oneでも通じますがネイティブなら言わないと思います。

スポーツの試合などで「10対0で負けた」を英語でいうといかがでしょうか?
We were beaten by ten to zero.
でも通じますが、ネイティブなら試合の得点が0の場合はnilを使います。
→They beat us ten-nil.

また特にイギリスではnought(nɔ́ːt)という言い方もよく聞きます(米語ではnaught)。
例えば、「先月の売上は0.5%増加した」を英語で言うと?

これは、Sales rose by nought point five percent last monthと言えます。
(注:書き言葉ではSales rose by 0.5% last month)
もちろん、zero point five percentとも言えますし、zeroやnoughtを省略して、単にpoint five percentと言うこともできます。ただnoughtという言い方もあることを覚えておくとよいでしょう。

自動車業界の通訳をする人も多いと思いますが、クルマの性能の話で0-100km/h(または 0 - 60mph)の加速度が話題になることもよくあります。時速100km(または時速60マイル)に達するまでに何秒かかったかで性能を比べるのに使われます。この「0-100km/h(または 0 - 60mph)」の読み方ですが、日本語では「ゼロヒャク」または「ゼロヒャッキロ」、英語ではnought to hundred (nought to sixty)。「時速」にあたる部分はふつう省略されます。

余談ですが、皆さんご存知のゲーム「三目並べ」は英語で何と言うでしょう? 3x3の格子に二人が交互に「〇」と「×」を書き込んで先に3つ並べたほうが勝ち、という子供のころ誰でも一度は遊んだゲーム。イギリスの子供も一度ははまります。日本語では「まるぺけ」や「まるばつゲーム」などとも呼ばれるそうですが、英語ではnoughts and crossesと言います。

このような「0の読み方の応用編」は使えなくても理解できると通訳現場で役立つと思います。自分が英訳するときはいつもzeroで通じたとしても、nilやnoughtが聞こえたときにちゃんと理解して訳せますから。

得点の話で使うnilは、今後ラグビーワールドカップやオリンピック通訳でも出ることでしょう。

以上、今週は「数字0の読み方」を取り上げました。少しでも皆様の学びとなれば幸いです。

2018年5月7日

第133回 貿易関連用語

皆さん、こんにちは。やっと少しは暖かくなったものの相変わらずどんより空のイギリスからお届けしています。

先月下旬から貿易戦争や貿易摩擦などという言葉をよく見聞きするようになりました。トランプ大統領が選挙公約に挙げていた「貿易不均衡の是正」として強硬な通商政策を実行に移し始めたのがきっかけです。

4月に入り、中国側は豚肉やワインなど米国からの輸入品に追加関税を課すなどの報復措置を発表しています。また先週は、「米国がTPP(環太平洋経済連携協定)に復帰検討」というニュースも流れました。そこで今回は、貿易関連用語を取り上げます。

1.貿易戦争 (trade war)
複数の国々が互いの輸入品への関税を引き上げたり、輸入制限を設けたりして保護主義的な政策を取ることを指します。トランプ大統領は自国の産業活性化を求め、貿易赤字を減らそうとして行っているようで、"trade wars are good, and easy to win" ともツィートしています。日本語では「貿易摩擦」という言葉がよく使われますが、英語メディアでtrade frictionはそれほど使われていないように思います。

2.関税(tariff)
輸入品に課せられる税金を「関税」と言いますが、英語ではtariffの他にもcustoms duty, import dutyや単にlevyも使われます(levyは、levy a tax on ~と動詞用法もあり)。関税がかけられる(引き上げられる)と輸入品の値段が上がり、競争力を失います。そのため国内製品・産業の保護につながると考えられています。

3.報復(retaliation)
嫌なことをされたときに仕返しするのが報復 (retaliate動/ retaliation名)ですが、よく似た言葉にreciprocate (動) /reciprocity (名)があります(発音がちょっと難しい。動詞はrisíprəkèit と第二音節にアクセントですが名詞はrèsəprɑ́sətiと第三音節にアクセント)。こちらはどちらかと言うと恩返しのように良いことをされたときのお返し。けれども、今回中国側はAs the Chinese saying goes, it is only polite to reciprocate(中国のことわざ通り、〝お返し"しないと失礼にあたりますので)とユーモアと皮肉を込めて報復措置を発表しました。

4.貿易赤字(trade deficit)
輸入額が輸出額を超過している場合を指します。赤字(deficit)というと日本語でも英語でもマイナスの印象がありますが、必ずしもその国にとってマイナスという悪い話ではありません。輸入しなければいけないほど国内消費が旺盛であり、自国の通貨も高く評価されているために起きがちな現象だからです。したがって、トランプ大統領の貿易に対する理解が足りないと指摘する声もあります。

5.貿易黒字(trade surplus)
貿易赤字の逆で輸出が輸入を超過している場合を指します。4月13日の発表(1~3月期)では、中国は1年ぶりに貿易赤字を出しましたが、対米では貿易黒字が19.4%も上昇したとのこと。

以上、最近話題になることが多い「貿易」を取り上げました。今後の米中の動きによっては、日本にも大きな影響が及ぶことになるので、引き続き要注目のトピックです。

2018年4月16日

第132回 数字に強くなるために その5 

皆さん、こんにちは。雨続きのイギリスからお届けしています。連続の雨で近所の川の水かさが増してから、そこにいつもいた二羽の白鳥がいなくなったのが気になっています。

前回は久しぶりにBrexitを取り上げましたが、今週はまた「数字」のトピックに戻ります。

今回は、日⇔英の数字変換の応用編について紹介します。

例えば、2,500を英語で言うと?

まずはtwo thousand five hundredという言い方が基本。

では、応用編はどうでしょう? 他の言い方が思い浮かびますか?

ネイティブは2,500だとtwenty-five hundredという言い方もよくします。この表現を聞いてパッと「二千五百」と思い浮かぶでしょうか。

さらにtwenty-five hundred millionと聞こえてきたらどうでしょう?

これは2,500,000,000、つまり2.5 billionのことなので「25億」となります。a hundred millionを「1億」としっかり頭に叩き込んでおけば、twenty-five hundred millionにも対応できることでしょう。

ではtwenty-five hundred billionはいかがでしょう?

今度は2.5 trillionのことなので2.5兆となります。

次に、文で考えてみましょう。次の文を和訳すると?

The revenue for this quarter has increased by 2% to 1500 million yen.

「今四半期の売上高は2%の増加で15億円でした。」

この例文から以下も合わせて覚えておくと便利です。
・どれくらい増えたのか/減ったのかを表すときの前置詞はby。
・結果としてどういう数値になったのかを表す前置詞はto。

以上、「数字に強くなるために その5」として、英語の数字の読み方応用編を一部紹介しました。お役に立てば幸いです。

2018年4月9日

第131回 Brexit jargon(英国EU離脱関連用語)

先週末は、キリスト教系の国ではEaster weekendで4連休でしたが、日本は新しい年度の始まり。児童や学生は入学・進学、社会人も転勤や異動で新しい生活が始まる人が多い時期ですね。皆さんにとって新しい年度がそれぞれスムーズに始まっていることを願っています。

イギリス発信のメディアを追っている方は、この1週間「Brexit関連ニュース」が多かったことにお気づきでしょう。なぜ特に先週はBrexitの報道が増えたかというとイギリスが欧州連合(EU)から正式離脱するまでちょうど1年となったからです。1年前の3月29日にEU離脱の正式プロセスが開始(本コラム第88回参照)しましたが、EU基本条約第50条発動から2年後に離脱することになっているので、残り1年というわけです。

日本からイギリスへお越しの方と話すと、まだ混乱があると感じます。「もう離脱した」と思っている方や、「これからまた国民投票があって結局は離脱しない」と思っている方にときどき出会います。

実際には、正式離脱まではあと1年と決まっています。二度目の国民投票を求める声もありますが、今更後戻りすることはありません。ただし、2020年12月までは移行期間(Transition/implementation phase)と設定されており、それまでは基本的に今の状態が続きます。移行期間中に自由貿易協定を含め、様々な詳細が決定し、2021年から新しい体制が始まることになります。

Brexit関連の用語(Brexit jargon)については、本コラムでこれまで何度も取り上げてきましたが、こちらの一覧(http://www.bbc.co.uk/news/uk-43470987)を見るとまだまだたくさんあることに気が付きました。その中でも今日は、cliff edgeとEuroscepticismを解説します。

・cliff edge
直訳は「断崖絶壁」「崖っぷち」ですが、「EUと何の取り決めもないまま離脱の日を迎えると崖っぷちから転げ落ちるかのように大混乱が生じる」と懸念されており、この言葉がよく使われます。EU離脱が決まってすぐ後に英メイ首相が「No deal is better than bad deal」という発言をしたことが影響していると思います。とりあえず移行期間が合意されたことで1年後にcliff-edgeが起きることは避けられたと考えられています。

・Euroscepticism
一般的には「欧州懐疑主義」と訳されていますが、私見では「欧州統合懐疑主義」とか「EU懐疑主義」と訳すべきだと思います。なぜなら、Euroscepticismというのは「ヨーロッパ」に対する不信感ではなく「欧州統合」「欧州連合」に対する反感/懐疑心/不信感を指しているからです。Euroscepticとはヨーロッパという文化や歴史を否定する人ではなく、各国が主権を失いどんどん統合の方向に向かっているEUに対して反対している人たちを指します。Brexiteersと呼ばれる人たちは当然Euroscepticですが、ボリス・ジョンソン外相は何度も「We are leaving the EU but we are not leaving Europe」と言っています。「欧州」と「欧州連合」はしっかり分けて考える必要があります。

以上、お久しぶりにBrexit関連を取り上げました。お役に立てば幸いです。

年度替わりと言えば、個人的には日本にいる双子の姪がそれぞれ大学に入学するため引っ越しをした週末でした。赤ちゃんのときからずっと成長を見てきた姪っ子が巣立つというのは感慨深いものです。早くいいお友達ができますように!


2018年4月2日


第130回 数字に強くなるために その4 分数

皆さん、こんにちは。今日は、太陽が輝くバルセロナからお届けしています。週末のイギリスは真冬に逆戻りし、各地でかなりの雪が降りましたが、同じ欧州でも地中海側のバルセロナはさすがにすっきりと晴れ渡っていて気持ちがいいです。

さて、今回は「数字に強くなるために」のその4として「分数 (fraction)」について説明します。

本コラムをお読みの皆さんなら、分数の基本は既にご存知だと思います。分子を基数(one, two, three...)で先に言ったあと、分母を序数(first, second, third...)で言います。
・1/3=one third またはa third
分子が複数の場合は、分母の序数を複数形にします。
・2/3=two thirds

ただし、1/2の場合はone secondと言わず、one halfまたはa halfと言います。ここでoneやaを忘れないようにしましょう。

また1/4や3/4の場合、one fourth, three fourthsではなく、ふつうa quarter (one quarter), three quartersといいます。ここでも1/4のときはaやoneを忘れない、3/4のときはquartersと複数形にするのを忘れないようにしましょう。

英語圏で生活をしていると、quarterが意外なところでよく使われるのに気が付きます。
米国では25セント硬貨があるので、小銭の話でquarterが頻繁に使われます。
イギリスに来て意外に思ったのは、子供が自分の年齢を聞かれたときにI am eight and three quarters(8歳と9カ月)などと答える子がいることです。I am eight and ten monthsなどはあまり聞きませんが、年齢にa quarter, a half, three quartersは付け足しているのをときどき聞くことがあります。次の年になるのが待ちきれないのかな、とかわいらしく感じます。

ビジネスや経済の話では、この4分の1(quarter)の単位が大きな数字に使われることもよくあります。

a millionは100万、 a billionは10億と覚えていても、a quarter millionやthree quarters of a million、a quarter billion、three quarters of a billionと言われるとすっと日本語に変換できるでしょうか?

ちなみにa quarter millionは25万、three quarters of a millionは75万、a quarter billionは2億5千万、three quarters of a billionは7億5千万です。

逆も含めて、こういう変換もあせらずにさっとできるといいですね。

以上、今回は「数字に強くなるために」のその4として「分数(fraction)」について説明しました。お役に立てば幸いです。

2018年3月19日


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!