HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第129回 数字に強くなるために その3

皆さん、こんにちは。先週のイギリスはかなり寒さも和らぎ、日照時間が長くなるのと共に春も近いと感じられるようになりました。

さて、今回も「数字と共に使われる表現」を取り上げます。数字が使われている文章の文脈を掴むために、頻出表現をカテゴリー別に学ぶと効果的です。今回は「減少」の意で出てくる表現を学びましょう。

「減少」というと日本語ではどんな類語が思い浮かびますか?

「減る、減らす、落ち込む、先細る、下がる、縮む、下向く、引き下げる」などの大和言葉のほか、「縮小、低減、下降、減量、低下、下落、減退、削減、減額」などがあります。またその程度が激しい・または突然だと「急減、暴落、落下、激減、急落」などが使われます。徐々に減る場合は、「微減、漸減」、半分に減る場合は「半減」など。

次に、英語で考えてみましょう。

もっとも一般的に使われるのがdecrease。給料や価格、速度、人口、重量など色々な場合に使えます。increaseと同じく動詞・名詞ではアクセントの位置が異なるので気を付けましょう。on the decrease(減少中、減りつつある)という成句もよく使われます。

他にも文脈によって、decline, contract, reduce, shrink, fall, lessen, go down, downturn, abateなどが使われます。

「急減・急落」だと、drop, plunge, plummet, crash, collapse, nose-dive, tumble, sinkなど。

例えば今年のビジネスニュースでこういう見出しがありました。

Bitcoin CRASH: Cryptocurrency PLUMMETS 60 per cent in MONTH as market continues to tumble 

仮想通貨市場の暴落が続く中、ビットコインの価格が1カ月で6割も暴落したというニュースですが、ここだけでもcrash, plummet, tumbleの3つが使われています。

一方、「徐々に減る」は、decrease graduallyや品詞を変えてlead to a gradual decreaseのようにも言えますが、peter out, taper offなどの句動詞やon the waneなどの成句も覚えておくと便利です。
例:Consumer spending power is still on the wane. (消費者の購買力は依然として低下傾向にあり)この文脈では、CPI(消費者物価指数)や為替レート、インフレ率などの数値が前後で出るかもしれません。

「半減する」はdecrease by half。
以上、数字が出る文脈に強くなるために「減少」の類語を日本語と英語の両方で紹介しました。お役に立てば幸いです。

2018年3月12日

第128回 数字に強くなるために その2

皆さん、こんにちは。先週、欧州には大寒波が訪れ、大雪で学校は休校になり、交通マヒも発生し大変でした。春が待ち遠しいです。
さて、前回から「数字に強くなるために」の連載を始めました。通訳の場では、どんな分野であってもなんらかの数字が出てくるものなので、一度正面から取り組んで苦手意識を克服できるとよいと思います。

単純な数字の日<>英変換練習以外にも対策方法があります。今回は、前回取り上げた5つの点のうちの5つ目「数字と共に使われる表現」を取り上げます。

通訳をしているときに数字が聞こえると、その数字を書き取って変換することにエネルギーが費やされて、その数字がどういう文脈で使われているかを逃してしまったり、適切な動詞などがさっと出てこないことがよくあります。そこで、数字と共に使われる表現をしっかり学んでおくと、文脈の中でうまく数字を訳出しすることができるようになります。

数字が出る文脈はざっくり、「増加」「減少」「横ばい」「反発」「反落」に分けられると思います。そこで、それぞれのカテゴリーの類語を日本語・英語の両方で能動的に使えるように学んでおくと役に立ちます。

例えば「増加」の場合、日本語ではどんな類語が思い浮かびますか?

「増える、伸びる、高まる、引き上げる、上向く」のような大和言葉のほか、「上昇、増大、増量、増額、拡大」などがあります。また、その増加の程度が激しいと、「急騰、高騰、急増、急上昇、跳ね上がる」などが使われます。徐々に増える場合は、「微増、漸増」など。さらには、何かと比べて「超える、追い越す、追い抜く」などの表現も使われます。

次に、英語で考えてみましょう。

もっとも一般的に使われるのがincrease。給料や価格、速度、重量など色々な場合に使えます。動詞・名詞ではアクセントの位置が異なるので気を付けましょう。
on the increase(増加中)という成句もよく使われます。
他にも文脈によって、rise, raise, grow, enlarge, expand, appreciate, go upなどが使われます。
「急騰・急上昇」だと、soar, skyrocket, snowball, surge, jump, multiply, inflateなど。
例:Unemployment has soared. (失業率が急増した)

一方、「徐々に増える」は、to increase graduallyや品詞を変えてgradual increaseとも言えますが、tick up, edge up, inch upなどの句動詞も覚えておくと便利です。
例:The unemployment rate ticked up to 5.4% in February from 5.3% in January. (2月の失業率は、1月の5.3%から微増し5.4%だった)

「追い越す、超える」の場合は、exceed, surpass, outnumber, topなどがあります。
例:Wind speeds exceeded 90 miles per hour. (風速が時速90マイルを超えた)
  The cost for the project may top £50 million. (本プロジェクトのコストは5000万ポンドを超えるかもしれない) 

以上、数字に強くなるために「増加」の類語を日本語と英語の両方で紹介しました。お役に立てば幸いです。

2018年3月5日

第127回 数字に強くなるために その1

通訳の場では、どんな分野であっても数字が出てくることが多いのですが、数字に対して苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。そこで、数字への苦手克服のために役立つ内容を取り上げていきたいと思います。

1.数字の変換練習
まず基礎練習として数字の変換練習をする必要があります。英語での数字の読み方は、マスターしていますか? 数字を英語に変換するサイトもありますので、大きな数字や小数点以下の読み方など、まだ自信のない桁があれば確認するとよいでしょう。とび数や、万・億 (million, billion) の単位は間違えやすいので特に繰り返して練習するとよいと思います。

2.単位
数字を正しく聞き取れて日↔英変換ができても、単位を聞き取ることを忘れては通訳として意味をなさなくなります。話題になっている数は売上高なのか、販売台数なのか、顧客数なのかなど、単位と共に理解して訳しだすことが大切です。

3.文脈
数字が出ると「急に緊張して、数値を正確に書き出してちゃんと訳すことに必死になって文脈を忘れてしまう」というのはよくあることです。もちろん私も経験済みです(苦笑)。でも、文脈から「この数値は正確に訳す必要がある」のか、それとも「大まかに捉えて流れを訳せばいい」のかを判断する必要があります。
例えば、自動車部品の開発の話では小数点以下もすべて正確に訳す必要がありますが、企業の売上高の話ではthree point one two million yenを「三百万円を少し上回った」と訳しても文脈によっては問題ないかもしれません。通訳は時間との勝負であり、そのときそのときの自分のキャパシティを考慮し、数字の細かいところまで正確に訳すことで文脈を見失う可能性があるときは状況判断をして文脈を優先させたほうがよい場合があることを念頭に入れておくとよいと思います。

4.よく出る数字
通訳の場で、よく出る数字というのがあります。一般常識的な人口や株価、経済成長率、失業率などについて世界、日本、米国、その他自分がかかわる案件と関連した国の数値を確認し、英語・日本語の両方でさっと言えるように練習しておくとよいでしょう。
また、案件ごとによく出る数字というのがあります。IRなら、担当企業の売上高、利益率、配当性向など、同じ数字が何度も出てくるので、スムーズに訳せるように準備するとよいでしょう。

5.数字と共に使われる表現
数字の出る文脈でよく使われる表現というのがあります。これは本コラム第40回第44回で連載しましたが、まだまだあるので次回から数回に分けて取り上げます。ふだんから数字が出たら、その文で使われている動詞などに注目するようにすると語彙力アップにつながるでしょう。

以上、通訳現場で数字が出てもあせらずに訳せるようになるための対策を紹介しました。お役に立てば幸いです。

2018年2月26日

第126回 Brexchosisとは?

英国でEU離脱に関する国民投票が行われてから1年半以上たちましたが、今でも「結局は離脱しないんでしょう」とか「また国民投票があるんでしょう」などと言う人がいて驚きます。実際はBrexitに向けて徐々に話が進んでいます。英政権の方針が定まらないとの批判は続いていますが、今後数週間で首相や大臣らが「英国の方針」について次々と合計6回の演説をすることになっています。

その皮切りとなったのが、2月14日(バレンタインデー)に行われたボリス・ジョンソン外相の演説です。ジョンソン氏と言えば、EU離脱派の主要人物。雄弁で当然ながら強硬派。単一市場(the Single Market)からも関税同盟(the Customs Union)からも離脱し、完全な独立国としてグローバルに自由貿易を進めるべきだと主張しています(穏健離脱、強硬離脱については第65回参照)。先週の演説では "Let's unite!" と離脱に向けての団結を訴えました。

そこで今回は、そのスピーチで使われた新語Brexchosisを取り上げます。

Brexitとpsychosis ([saikóusis]と発音、pは黙字で「コゥ」にアクセント)を合わせた造語で[brekskóusis] と発音。最近のイギリス社会について、ジョンソン外相は
...in the current bout of Brexchosis we are missing the truth...
「イギリス人はBrexchosisという病にかかっていて真実が見えていない」と嘆いています。

Brexchosisは、英エコノミスト誌によるとthe Brexit-induced psychosis afflicting the country。

・-induced: ~によって引き起こされた、誘発された
・psychosis: 精神病
・afflict: ~を苦しめる、悩ます

つまり、Brexchosisとは「英国を苦しめている、Brexitが誘発した精神的な病」。EU離脱が決まってから、必要以上にネガティブに考えている人があまりにも多いことを指しています。

これまで英国のEU離脱問題に関して多くの新語が生まれました(第52回参照)。その中では、Brexit以外にもRemainers(残留派)、Leavers/Brexiteers(離脱派)などは英社会ですっかり定着しています。

Brexchosisが今後イギリスメディアで定着するかどうかはともかく、この症状が存在することは否定できません。今後、英政府の方針が明らかになり、EUとの交渉が進む中でBrexchosis患者が完治していくことを願っています。

2018年2月19日

第125回 「春闘」関連の頻出語彙を英訳しよう

毎年この時期になると「春闘」という言葉をあちこちで聞くようになります。通訳の現場でも頻出なので、今回は「春闘」関連の英語記事から実際に使われている表現を取り上げます。日本の話題ですが、あえて英エコノミスト誌が使っている表現を知ることでより自然な表現を学ぶ機会となれば幸いです。

今回取り上げる記事は2018年2月1日付のThe Japanese government's drive to lift wages is gathering steamです。

1.まずは「春闘」を英語で言うと?
このような日本独特の概念を訳すときは、聞き手の知識レベルを推し量って適訳を探すといいと思います。日本の労使事情に詳しい人なら単にshuntoで通じることでしょう。でも一般の人には定訳のspring offensiveと言っても通じにくいので説明を加えるといいでしょう。同記事では[this year's] wage negotiation--an annual rite between employers and unions known as the shunto, or spring offensive--と書かれています。
もう少し簡潔にannual wage negotiations between management and labour unionsなどとも言えます。

2.「賃金」を英訳すると?
一般的にはsalary、pay、wageが使われますが、労使交渉の文脈ではふつうwageが使われます。salaryはふつう事務系で一定期間(月給、年棒)に支払われる報酬を指すのに対し、wageは時給で働く肉体労働者に支払われるイメージです。同記事では、春闘で対象となる賃金 (wages) の説明として以下のように記述しています。
[This figure includes] regular wages, which are made up of "base pay" and a seniority-based element that is raised automatically
賃金体系が欧米とは異なるために説明が加わっています。

3.「ベア」を英訳すると?
これは「ベースアップ」の略ですが、base-upでは通じません。pay-scale increaseやincrease in basic monthly payなどと訳されることもありますが、同記事ではそのような表現は使われていません。ただし、同じような文脈でraise wagesや increase the base wageのような動詞表現が使われています。
ちなみに「昇給」と名詞表現をするときアメリカ英語ではraiseですが、イギリス英語ではriseです。例:pay raise (米)、pay rise(英)

3.「デフレ脱却」を英訳すると?
これも定訳がなく、exit/departure from deflationや動詞表現ではget out of deflation, end deflation, pull out of deflationなどの表現が使われます。同記事ではescape deflationと書かれています。

4.「賃上げ率」を英訳すると?
「率」とあるのでwage increase rateのようにrateを付けないといけないような気がしますが、同記事では使われていません。a paltry rise of less than 1%(1%未満という微々たる賃上げ率), [Asahi Group] plans to raise wages by 3.4%(3.4%の賃上げを予定している), an average pay rise of only 2.3-2.5%(平均賃上げ率は2.3%~2.5%のみ), [He has called for] a 3% increase this year(今年は3%の賃上げを...)などのように表現されています。
(日本語でも「率」がないほうが自然な場合も多いですね)

5.「少子高齢化」を英訳すると?
日本語では頻出の表現ですが、これも定訳がないので色んな表現をみかけます。『トレンド日米表現辞典』によると「少子化」だけでもdeclining birthrate, falling birthrate, reduced birthrate, decline/decrease in the number of children, low fertility, sharp drop in the birthrateが掲載されています。ただ、このような訳に「高齢化」も加えると冗長な印象を受けます。そこで、「少子化」→「人口減少」と捉えてshrinking and aging populationのように表現するとすっきりするのではないかと思います。
同記事ではThe population is falling and getting older...と(S+V)の文で表現されていますが、「少子高齢化が進行し...」に匹敵する英語表現だと思います。

以上、「春闘」関連の表現を紹介しました。

欧州の通訳トレーニングではよくnote the ideas not the wordsと言われますが、 "idea" を理解し、品詞や単語レベルにこだわらず柔軟な表現で訳す勉強になれば幸いです。

2018年2月13日


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!