HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第124回 digiceuticalって何?

皆さん、こんにちは。まだまだ寒い日々が続いていますが、少しは日照時間が長くなり、春も遠くないと感じます。

さて、皆さんはdigiceuticalという言葉を聞いたことがありますか? これはBrexit(Britain + Exit)のように二つの言葉をくっつけて出来た新語ですが、何と何の組み合わせでしょう?

答えは、digital therapeuticです(-ceuticalは「治療」や「薬剤」の意の接尾辞)。
ここ数年でどんどん進化しているデジタルテクノロジーを利用した治療のことですが、他の健康アプリとの違いは、FDAのような規制当局によって効能が検証・承認され、医者から処方されるものを指し、センサーを使って集められたデータが治療に生かされることが多いようです。

今回は、英エコノミスト誌2018年2月1日号の「A new sort of heath app can do the job of drugs」から気になる用語を紹介します。

まず小見出しにはこう書かれています。
Smartphones are increasingly delivering verified treatments for diabetes, addictions and ADHD
(糖尿病や依存症・ADHDなどの治療にスマホ利用の効果が実証されるケース、増加)

・verify: 立証/実証/検証する
・treatment(可算名詞): 治療法
・diabetes(常にsがついている不可算名詞):糖尿病
diabeticは「糖尿病の」という意の形容詞と「糖尿病患者」という意の名詞用法があり。
・addictions: 中毒、依存症。
本記事によると、喫煙(smoking)や米国で深刻な問題化しているオピオイド中毒(opioid addiction)のほか、アルコールやコカインなどの刺激物の乱用にも効果があるアプリが開発されているという。
・ADHD:attention deficit hyperactivity disorderの略。注意欠陥・多動性障害。
注意力や自己統制力を養えるようなゲームアプリが開発されていて、承認されれば薬剤治療の代わりになるという。

同記事の冒頭では、「23年間も糖尿病を患った患者さんが2016年に処方された治療法によってやっと血糖値が下がり減量もできたのだが、その最新の治療法は新しい錠剤(a new pill)ではなくBlueStarというスマホアプリのおかげだった」というエピソードが紹介されています。

ただし、記事途中にはこのような記述もあります。
Some digiceuticals will work better alongside conventional drugs, rather than on their own--opening up possibilities for alliances between tech and pharma firms.

従来の薬剤の代用としてではなく、併用することによって効果を発揮するdigiceuticalsもあり、テック企業と製薬会社の提携の可能性も開かれる一方、患者が錠剤からソフトウェアに切り替えられるか(many patients will find it hard to believe that software can be as effective as a pill)という問題も残されているようです。

この記事を読んで、かなり前の父の言葉を思い出しました。30年ほど前に糖尿病と診断され、それ以来何人もの医師の診察を受けましたが、「どの医者も信用できない」と嘆いていました。その理由は、どの医師も薬をたくさん処方するだけで誰一人「運動しなさい」と言わなかったからでした。

新たなテクノロジーと医療との組み合わせで、効果的な治療が増えることを願っています。

2018年2月5日

第123回 economic, economy, economical...などecon-で始まる語

皆さん、こんにちは。本コラムを書き始めて123回。数字が1、2、3と並んでいてなんだか嬉しく思いました。いつもお読みくださってありがとうございます。

さて、今回は表題にあるようなecon-で始まる語について取り上げたいと思います。英語でなんとなく理解できても英訳の際に正しく使えるかどうかは別レベル。理解を深めて、使えるようになるといいですね。

1.econ: アメリカの話し言葉ではecon(「イーコン」と発音)は「経済学」のこと。大学で最初に履修する経済学をECON101(「イーコン・ワノーワン」と発音、ミクロ経済:microeconomics)、ECON102(「イーコン・ワノートゥー」と発音、マクロ経済:macroeconomics)と言います。アクセントは第1音節。

2.economy: 「経済」という訳語はご存知でしょうが、「(経済)国」という意味では使いこなせるでしょうか? 例えば「新興国」ならan emerging economy (複:emerging economies)、「経済大国トップ10」ならThe world's 10 biggest economiesなどと表現できます。
 またeconomyには「節約」という意味もあります。自動車関係の会議では「燃費」が話題になることもよくありますが、gas mileage(米)やfuel efficiency以外にfuel economyも使えます。
 いずれにしてもアクセントは第2音節。

3.economicとeconomical: どちらも形容詞ですが、前者は「経済(上)の」でeconomic growth(経済成長)やeconomic reform(経済改革)などの文脈で使われるのに対し、後者は「to make effective use of money' or 'not wasteful or extravagant'(無駄使いをしないで)経済的な、節約になる」などの意味で使われます。an economical car "(維持費があまりかからない)経済的なクルマ"とモノにも使われれば、My mother is economical by nature(母は生まれつき倹約家だ)のように人の形容にも使われます(同義語:frugal, thrifty)。
 いずれにしてもアクセントは第3音節。

4.economically: economicとeconomicalは意味が違うけれども、副詞形にするとどちらもeconomically。an economically advancedのように「経済上/経済的に」と訳す場合もあれば、as economically as possibleだと「できるだけ安上がりに」でcheaplyの意となります。
 アクセントは第3音節。

5.economics: こちらは「経済学」という学問の名前。アクセントは第3音節。

6.economist: 日本語では「経済専門家」「経済学者」「エコノミスト」の違いが議論になることもありますが、どれも英訳するとeconomist。アクセントは第2音節。

以上、econ-で始まる語を解説しました。アクセントの位置をしつこく書きましたが、カタカナで日本語でよく使われる語を英語らしく発音するにはやはりアクセントの位置を正確に発音することが大切です。また冒頭のeは「エ」ではなくて「イー」、つまり「イコノミスト」とか「イコノミック」と発音する人も多いです。

世界全体で経済が順調に成長しており、イギリスでも直近で予測を上回る成長があった(UK economic growth exceeds forecasts)とニュースになったばかりです。日本では春闘の季節。経済成長が個人のお給料に反映されるといいですね。


2018年1月29日


第122回 How many words do you need to speak a language?

早くも一月下旬。この時期になると、「新年の決意は続かず、寒さは厳しく、懐が寂しい」と落ち込む人が多いそうですが、皆さまだいじょうぶでしょうか。

日本人の間でよくある新年の抱負(new year's resolution)には「今年こそ英語が話せるようになりたい!」が含まれる一方、英語圏のイギリスでは、"Learn a new language" がよく挙げられるそうです。そこで、今日はPodcastのMore or Less: Behind the Statistics (BBC Radio 4) (16'24"~)で聞いた興味深い内容をお伝えし、それに関連し辞書のお話をします。

このPodcastでHow many words a native English speaker knows and uses(英語母語話者は何語知っていて、何語使うのか)について取り上げています。一般的には、教育を受けた人が理解できる語(passive vocabulary: 受動語彙)は15,000~20,000語だそうです。
ところが英語の学習者の場合、2,000~3,000語の壁をなかなか越えられないらしく、また超えたとしても学んだ語がmost frequently used words(使用頻度の高い語)ではない問題が指摘されています。例えば、tremendousという言葉を知っていてもgreatを知らない場合などです。greatは日常的に聞く言葉ですが、同義語のtremendousはあまり聞かれないので、頻度の高い語に焦点を置いて学んだ方がいいというアドバイスです。

また最も頻度の高い800語が英語全体に占める割合はなんと75%だそうです。そしてこの800語という基礎がしっかりしていると頻度の低い語も学びやすくなるということでした。

ここで紹介したいのはロングマン英和辞典ロングマン英英辞典です。
まずロングマン現代英英辞典(LDOS、「エルドス」と発音)には次の特徴があります。
*定義語彙:すべての見出し語がThe Longman Defining Vocabularyと呼ばれる約2000語で説明されています。ですから、その2000語を知っていると同辞書の定義(definitions)が理解できるので「初めて使う英英辞典」としてお勧めの辞書です。

そして、ロングマン英和辞典とLDOSの両方で次の特徴があります。

*頻度表示:ロングマン独自のコーパスに基づき話し言葉(S)と書き言葉(W)のそれぞれの頻度上位3000語について、3段階で頻度が表示されています。コーパスとは、膨大なテキスト(話し言葉も含む)のデータベースです。英和辞典の方は、JACET(大学英語教育学会)の分類による頻度も表示されています。ここで、前述のtremendousを引くと頻度表示がないのに対し、greatにはS1、W1、J1の表示がついていることが分かります。つまりtremendousは話し言葉でも書き言葉でも上位3000語に入っていないのに対し、greatは話し言葉でも書き言葉でも上位1000語に入っているということです。

*語義の順序:もう一つのロングマン辞書の特徴は、頻度順の語義説明です。
ほとんどの見出し語(headwords)には複数の語義がありますが、ロングマンでは最も頻度が高い語義から説明されています。それに対し、言葉の歴史に重点を置くオックスフォード辞書では、etymology(語源)から説明されています。例えば、bankを両方の辞書で調べてみると、ロングマンでは「銀行」が第1語義ですが、オックスフォードでは「川岸」が第1語義となっています。

基本的な会話をするためには1000語くらいを使いこなせればいいとのことですが、通訳者は多くの専門用語も学ぶ必要がありますし、理解できるだけではなくて使えるレベルactive vocabulary (能動語彙)にしなければならず、延々と学びが続きます。

在英20年の今でも毎日悲しいくらい新しい英単語に出会います(涙)。それでも、昨日まで知らなかったことを学ぶのは喜びであり、あきらめずに頑張りたいと思います。

2018年1月22日

第121回 最近の若者の傾向とテクノロジーの関係は?

皆さん、こんにちは。毎日どんより厚い雲に覆われていて、太陽の光が恋しいイギリスからお届けしています。

さて、今週も英エコノミスト誌から気になった記事を紹介します。まずはLeaders欄のCutting adolescents' use of social media will not solve their problems、そしてInternational欄のTeenagers are better behaved and less hedonistic nowadaysです。

まず最初の記事では最近の若者がスマホ・SNSに費やす時間と精神状態の相関関係について、二つ目の記事では最近の若者の傾向とその背景・理由についての分析が書かれています。

「若者」と書きましたが、原文ではadolescentやteenagersという言葉が使われているので、やや限定的な年齢層を指していることに注意してください。adolescentはOxfordやCambridge、Merriam-Websterなどの辞書では年齢を限定していませんが(「大人への成長過程にある若者」のような表現)、Longmanは、a young person, usually between the ages of 12 and 18, who is developing into an adultと定義に年齢が含まれています。
teenagerの場合は、英語では例外なくbetween thirteen and nineteen years oldと定義されています。つまり年齢にteenが付く年齢で、日本語の「ティーンエージャー」は「十代」の意で使われることが多く、微妙に意味が違います。ですから13歳の誕生日は「I'm a teenager now」と言って喜んだり、20歳になると「I'm not a teenager any more」と寂しがったりします。ただし欧米では「20歳で成人」という統一した観念はなく、16歳や18歳、21歳で成人(coming of age)を祝う習慣です。
youthの定義も辞書や機関によって様々です。国連ではthose persons between the ages of 15 and 24 と定義していますし、先週通訳者として訪問した若者支援をする団体でも「Our definition of youth is under 25」と言っていました。雇用問題で「若者」が話題になるときは、たいていyouthという表現が使われます。

「若者」の説明が長くなりましたが、両記事にて「酒、たばこ、セックス、薬物などに快楽を求める若者の数が減少」という傾向が取り上げられています。ここでの気になる表現は、weed, cannabis, marijuanaです。どれも大麻(マリファナ)を指しますが日常会話ではweed、会議ではcannabisをよく聞きます。大麻は日本では厳しい取り締まりの対象となっていますが、「タバコより健康への害が少ない」という調査結果や病気によっては治療効果もあるとかで国や地域によっては合法化されています。イギリスでもグレーゾーンで、割と身近なところで喫煙者を見かけることがあります。

さて、最近の若者が快楽を求めなくなり(less hedonistic)規則破りも減った(break fewer rules)理由については以下が挙げられています。
1.family life has changed: 親(特に父親)が子供の面倒をみる時間が増えた。
2.more focus on school and academic work: (将来のことも考え、遊びより)学業成績に力を入れている。
3.increasingly ethnically diverse: 西洋諸国ではアフリカ、南アジア、東ヨーロッパなどの国々から移民が増加しているが、移住前の文化ではアルコール、婚前交渉、喫煙などがタブー視されているため、移住後もその文化・習慣を維持している。
4.technology has probably changed people's behaviour: スマホの影響でネット利用が拡大。SNSでゴシップや悪口も言い合っているからface-to-faceのコミュニケーションが減った。同時に親が子の居場所を追跡したり、頻繁に連絡を取り合うことも若者の行動に影響を与えている。

SNSという表現は日本語で定着しているように思いますが、英語ではSNSもSocial Networking Serviceもめったに使われないので要注意です。ふつうはsocial mediaと言います。(mediaは「メディア」ではなく「ミィーディア」と発音)

米国ではアップル社に対して「子供のスマホ中毒対策を講じるべきだ」と大手機関投資家が要求しましたが、同誌はそれを批判しています。確かにスマホやPC利用量と幸福度に相関関係(correlations)はあるようですが、因果関係(causation)があるとは言えず、朝食抜きや睡眠不足の悪影響のほうがはるかに大きいとのこと。

皆さんは、周囲を見渡して、この記事に同意されますか?

我が家のティーンエージャーは二人とも「信じられない!」という反応でした。愚息も友人たちも皆当然のようにスマホやSNSを使っていますが、リアル(現実世界)も楽しんでいるようです。何事も「ほどほど」が肝心。時間管理をしながら、SNSも楽しめるといいですね。「気が付いたら時間をムダにしていた!」という方にはポモドーロテクニック(第80回参照)がお勧めです。

2018年1月15日

第120回 新年の抱負(new year's resolutions)

新年明けましておめでとうございます。今年も皆さまにとって学び多き、充実した一年になることを願っております。

さて、新年と言えば、多くの人が「今年はXXXするぞ!」と決意をするのではないでしょうか。

皆さんの新年の抱負は何でしょう? What are your new year's resolutions?

欧米社会ではお正月よりもクリスマスを祝う習慣ですが、それでも多くの人が新年の抱負(new year's resolutions)を立てます。

よくある決意は
1) to do more exercise
2) to drink less alcohol
3) to be more organised/to learn a new language

12月は宴会(Christmas parties)が多く、運動せずに暴飲暴食を繰り返し、太りがちなので、1や2は世界共通の新年の抱負かもしれませんね。私もやはり1を掲げています(笑)。

また英エコノミスト誌のThe origin of new year's resolutionsという記事によると、新年の抱負を立てる習慣が始まったのは最近のことではなくて、なんと4000年前もだそうです。ただし、その頃の「新年」は1月に始まるのではなく、農作業が始まる時期に合わせて春分(spring equinox)頃だったそうです。そして、次第に宗教色が濃くなったという記述もあります。

"new-year resolutions"という表現が初めてメディアで使われたのは1813年。この頃には、それまでの宗教的な重々しさが失われ、冗談めいた誓いも立てられるようになったそうです。

同記事によると、英米人の約半数が新年の誓いを立てるけれども継続できるのは1割に満たないとか(around half the population of Britain and American now make resolutions--though fewer than 10% keep them)。

では今年こそ、目標を達成するためにはどうすればよいのでしょう?

まずは当たり前に聞こえるかと思いますが、「達成可能な目標を立てる」ことから始まります! 目標設定については第26回でSMART goalsについて詳しく説明していますが、Specific(具体的)で、 Measurable(測定可能)、 Achievable(達成可能)、Realistic(現実的)な目標を立て、そして Time-based(期限を設定)にします。つまり、上記 to do more exercise(運動量を増やす)はSMARTではないので、「毎日、腹筋を10分鍛える」のようにするとSMARTの要件を満たし、実行しやすくなります。

ということで、皆様もぜひSMARTな目標を立て、2018年を有意義にお過ごしください。

我が家では4、5年前からお正月に新年の抱負を書初めをし、1年間壁に貼っています。各自2~3個書きますが、だいたい達成できるのはそのうちの1つくらいです(苦笑)。下方修正したり、達成できなかった前年の目標を引き続き掲げたりもしますが、何らかの目標を立てて、それについて語り合ったり、その実現に向けて少しでも努力したりすることが楽しいなと思います。

2018年1月9日


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!