HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第114回 「ネット通販」を英語で言うと?

皆さん、こんにちは。秋晴れが続いているイギリスからお届けしています。
今週のトピックは「ネット通販」。英エコノミスト誌2017年10月26日号の「The age of Amazon and Alibaba is just beginning」によると、過去10年間において毎年20%もの成長を続けて来たとのこと。人々の生活スタイルにも大きく影響を及ぼしています。今回は、同記事から気になる用語をいくつか紹介します。

1.まずは「ネット通販」の英訳はいかがでしょうか? 

「ネット」だからとすぐinternetという言葉が浮かぶかもしれません。けれども英語ではふつうonline shoppingと言います。


2.consumer goodsの和訳はいかがでしょう?

consumerと聞くと機械的に「消費者」と訳してしまうかもしれません。でも、そうすると「消費者グッズ」?! なんだかちょっと違う気がします。
consumer goodsとは「消費者が使うモノ」で「消費財」と訳します。つまり「個人が直接消費する目的で購入する財のこと」。これに対して、企業が生産目的で消費するのは「生産財(producer goods)」。


3.retailing accounts for one in nine jobsはどう訳しましょうか?

・account for - :~(の割合)を占める
・ one in - : ~に1つ(1人)
このような数字と一緒に使われる表現はIR通訳必須です!
では、上記の文の訳はいかがでしょうか。
「小売業が9つの仕事のうちの1つを占める」→「9人に1人は小売業界で働いている」

4.オンラインショップ(online shop)に対する「実店舗」は英語で何と言うでしょう?

英語では「れんがとモルタル(セメントで出来た)」という意味のbrick-and-mortarがよく使われます。れんが造りではない日本の店舗には使いにくい表現だと感じたら、physical storeとも言えます。郊外ではなく街中にある店舗の場合は、high street shopもonline shopと対比して使われます。(注:high streetはイギリス英語。米語ではmain street)

5.boonとは?
これは「好景気/急成長」のboomと似ているので要注意!
最後がmではなくてnのboonは、オックスフォード辞典でa thing that is helpful or beneficial, a favour or requestと定義されています。文脈に応じて、「朗報/利益/恩恵/お願い事/頼み事」などと訳されます。
本記事ではthis is a boon for competitionなので「これは競争には役に立つことだ」→「これによって競争が活性化される」

以上、オンラインショップの大手米アマゾン社と中国のアリババ社を取り上げた記事からいくつかの用語を紹介しました。

同記事によると、世界の小売売上高のうちネット販売が占めるのはまだ8.5%ということですが、私自身は10年以上前から買い物はほとんどネットで済ませています。支出の9割以上を占めているように思います。グリーン家の場合はこれ以上の伸びは期待できませんが、世界全体ではまだ8.5%なので、今後ますますネット販売の割合が増えていくことが予想されています。

2017年11月6日

第113回 カタルーニャ、州OR国? どうなるのか?! 

皆さん、こんにちは。今週はスペイン/カタルーニャの問題を取り上げたいと思います。「カタルーニャ」よりも「バルセロナ」のほうがきっと馴染み深い地名でしょう。州都バルセロナ(都市の名前)がカタルーニャ(州の名前)の人口や経済活動の大部分を占めています。拙訳書『ゴールは偶然の産物ではない』は、バルセロナのサッカークラブ「バルサ」がいかに破たん寸前の経営を立て直したかが書かれている経営書ですが、本書でもバルサがカタルーニャの文化や歴史を重んじてきたことが何度か言及されています。

スペインという国に属するカタルーニャ州は、もともと独自の歴史や習慣、言語を持ち、以前から独立運動の動きはありましたが、10月27日についに独立宣言を行いました。そこで英エコノミスト誌の記事「Catalonia's parliament declares independence; Spain imposes direct rule」より関連用語を取り上げます。

・まずは地名「カタルーニャ」ですが、英語ではCataloniaという綴りで「カタロニア」と発音します。通常の日本語表記「カタルーニャ」はカタルーニャ語「Catalunya」の発音に近いようです(スペイン語ではCataluñaと表記)。形容詞形はCatalan。

・parliament: カタルーニャの場合「州議会」と訳されますが、イギリス議会(国レベル)や欧州議会(超国家レベル)でもparliamentが使われます。(注:スペイン国会は通称Congress、米連邦議会もCongress、日本の国会はDiet、フランス国民議会はNational Assembly)

・declares independence: 「独立を宣言する」→「独立宣言をする」

・direct rule: 「直接統治」。スペイン中央政府はこれまでカタルーニャ州に自治権を認めてきたが、独立宣言を受け、自治権を停止して直接統治をすると発表。

・Mariano Rajoy:「マリアノ・ラホイ」、2011年よりスペインの首相を務めている。

・Carles Puigdemont:「カルレス・プチデモン(プッチダモンという表記もあり)」、カタルーニャ州首相。独立宣言後、中央政府から解任を言い渡されているが、まだあきらめていない。

・announced the immediate dismissal of the Catalan government and parliament, and called a fresh regional election for December 21st: 「即、カタルーニャ自治州政府の閣僚を解任し、議会を解散、さらに12月21日に選挙を実施すると発表した」。

以上、カタルーニャ独立に関する関連用語をいくつか取り上げました。

カタルーニャだけでなく、スペインの他の地域でも独立または統一を支持する人々が抗議活動をしており、大変な混乱状態です。いくらカタルーニャが独立宣言をしても、他国や国際機関が「独立国」と認めなければ正式な国としての機能は限定的です。私が通訳者として参加した某国際会議でも主催者側が国家承認をしていない「地域」が「国の代表」として出席しようとして大混乱が起きたこともあります。Islamic State(IS)のように国家樹立を宣言していてもどこからも承認されていない場合は別として、一部の国や国際機関のみが国家承認をしている場合もあり、そもそも「国」とは何なのかを考えさせられる問題です。

カタルーニャ問題が早期円満解決することを望んでいます。

2017年10月29日

第112回 人工知能(AI)必須用語 

皆さん、こんにちは。今週はイギリスからお届けしています。約1カ月ぶりに戻ると、すっかり日が短くなっていて、木々が紅葉し秋も深まったと感じます。
さて、今週のトピックには人工知能(AI)を選びました。スマートスピーカーや自動翻訳・通訳機などAI関連の商品がどんどん新しいものが市場に出回るようになり、通訳の現場でAIが話題になることも多いことでしょう。

1.Artificial Intelligence(人工知能、AI)
まずはトピックのこの言葉から。最近やたら見聞きするようになりましたが、AIの研究は第二次世界大戦の真っ最中に始まったそうです。その後第一次ブーム(1956年~1960年代)と第二次ブーム(1980年代)を経て、現在が第三次ブーム(2010年以降)にあたるとのこと。実は意外に古い歴史があるんですね。定義も色々あるようですが、the simulation of human intelligence by machines(機械による人間の知能のシミュレーション、人工的に作られた人間のような知能)とシンプルに説明できます。

2.Machine Learning (機械学習)
AIの1分野。約60年も前に機械学習の先駆者アーサー・サミュエルがField of study that gives computers the ability to learn without being explicitly programmed(明示的にプログラムしなくても学習する能力をコンピュータに与える研究分野)と定義しています。あらかじめすべての動作をプログラムしなくても、AIがデータを解析し、法則性やパターンを見つけ出し、予測にも使われます。

3.Deep Learning(ディープラーニング、深層学習、DL)
機械学習の1分野。第三次AIブームを引き起こしたのがディープラーニングだと言われています。音声の認識や画像の特定、予測など人間が行うようなタスクを実行できるようコンピュータに学習させる手法。自分では気が付いていなくても、受信メールのスパム検知やスマホなどの顔検出、FacebookやAmazonでの商品のレコメンドなど、既に技術はかなり浸透しています。

4.Natural Language Process(自然言語処理、NLP)
人間が日常的に使っている自然言語をコンピュータに処理させる技術。日本語の「かな漢字変換」や英語のスペルチェックなどかなり前から馴染みのある技術も自然言語処理の実用例。現在の私たち翻通訳者にとっては機械翻訳や自動通訳機がどこまで発達するかに目が離せませんね。

5.Artificial General Intelligence(汎用人工知能、AGI)
AlphaGo(囲碁AI)や自動運転AIなど特化型の人工知能(Narrow AI)・弱いAI(Weak AI)に対して汎用人工知能(AGI)や強いAI(strong AI)というと、人間レベル以上の知能を指し、あらゆる分野で横断的に活用できる知能です。まだ実現していませんが、2045年には人工知能のSingularity(シンギュラリティ、技術的特異点)に達するとも言われており、人間の思考能力を超える日が来ると考えられています。

以上、これから様々な分野でさらに進化していくと考えられるAI領域における頻出用語を紹介しました。お役に立てば幸いです。

2017年10月23日

第111回 会議必須用語 apologiesとは?

皆さん、こんにちは。今回は大阪からお届けしています。3週間半にわたる一時帰国も最後の日を迎え、感傷に浸りそうになる気持ちを抑えて執筆しています。

さて今回取り上げるのは会議での必須用語です。馴染みのある言葉も場面によっては特定の意味で使われるため知らないと適訳ができないことがあります。その一つが「apologies」。会議頻出用語ですが、先日開かれた某会議での同時通訳者が単に「おわび」とか「謝罪」と訳していたので、今回のトピックとして取り上げることにしました。(お心当たりのある通訳者さんがお読みでしたら大変恐縮です......。でも話題を提供してくださったことに感謝しております。)

具体的には、会議の冒頭や議事録で
Apologies have been received from Mr XXX and Mrs YYY.
などという表現でよく使われます。あなたならどう訳しますか。

apologyは確かに「おわび/謝罪」という意味ですが、会議の冒頭で聞こえてきたら、apologies for absenceの略で「XXX氏、YYY氏から欠席連絡がありました」という意味です。確かに「欠席できず申し訳ない」という謝罪の意味は含まれていますが、「欠席」という言葉を使わずに「XXX氏、YYY氏から謝罪がありました」と訳すと「この二人が何か悪いことをして謝罪をしているのでは」と誤解を生む可能性もあり適訳でないと思います。

また一人の場合もふつうapologiesと複数形が使われます。
例:Mr Smith has sent his apologies.(スミス氏から欠席連絡がありました)

逆に自分が欠席連絡をする場合は、どのような表現が使えるでしょうか。簡潔な表現と丁寧な長い文を考えてみましょう。

まず口語調でとても簡潔に言うと
Sorry I can't make it.

長い文だと
I would like to apologize in advance for not being able to attend the meeting due to ....
など、理由も付けて丁寧に欠席の謝罪をすることができます。

以上、今回は「欠席連絡」という意味のapologiesを取り上げました。お役に立てば幸いです。

2017年10月16日

第110回 信号機の3つの色を英語で言うと?

皆さん、こんにちは。今週も東京からお届けしています。先週は東京で開催された某国際会議でVIPの同行通訳をしていました。「VIPの同行通訳」とは経験がなくてもご想像がつく通り、ずっとVIPに付き添って必要に応じ通訳(逐次ORウィスパ)をします。大きな会議ではブースから同時通訳が入るので、その場合VIPの隣に座り、他の通訳者の同時通訳を聞くこともできるという役得があります。自分自身、通訳者として少しいやらしい行為にも思えますが、会議出席者として同通を聞けるまれなチャンスを逃すわけにはいきません。他のプロ通訳者の訳を聞きながら、「お、さすが!うまい訳だ!」や「あれ、これってXXXのことかな?」など、気が付いたことをメモ取りしながら聞いていました。ちなみにブースにいる通訳者の方とはお会いしていません。お顔を拝見することもなく、お声だけを聞かせていただきました。

今回は、そのメモの中からRAG reporting(「ラグ・レポーティング」と発音)を取り上げます。これは、プロジェクトの評価をする際に信号の色を用いて進捗状況を視覚的に示す方法のことです。

ところで、信号機で表示される3つの色は何でしょうか? 

日本語では「赤・黄・青」ですよね。

では、それを英語で言うとどうでしょう? 

もし、思いついた3つの言葉がred, yellow, blueだとすれば、どうぞ続きをお読みください! 

ヒントは、RAG reportingという言葉に隠されています。というのも3つの色、Red(赤), Amber(黄), Green(青)の頭文字を取ってRAG reportingと言われるからです。それぞれの色の意味の詳細はこちらのサイトをご覧ください。

一般的には「黄信号」にyellowも使われ、特にアメリカではRAGではなくRYG reportingとも呼ばれるそうです。
けれども「青信号」は常にgreenであり、blueは使われません。「青りんご」がgreen appleでありblue appleと言わないのと同じ原理だと思います。

先週出席した会議での同時通訳者は、amberを「アンバー」とカナカナ発音し、greenは「緑」と訳していました。文脈上、恐らく混乱するほどのことではありませんが、やはり信号機の色を使ったプロジェクト評価の文脈では、日本語で使われる信号機の色を使って訳したほうが分かりやすいと思います。

と、自分の訳の拙さを棚に上げて、恐縮ながら他の方の訳をネタにさせていただきました。かなりの罪悪感を感じながら執筆しましたが、お役に立てば幸いです。


2017年10月2日



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!