HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第103回 AIは人類を滅ぼすのか? あなたはザッカーバーグ派ORマスク派?

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第103回 AIは人類を滅ぼすのか? あなたはザッカーバーグ派ORマスク派?

皆さん、こんにちは。先週に引き続き、テクノロジーの話題です。AI(人工知能)の将来について米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOと米フェイスブックのマーク・ザッカ―バーグCEOの二人が意見の対立をし、最近話題になりました。(参照記事

マスク氏は "AI could destroy humans(AIは人類を滅ぼしうる)" と3年前から警告しているのに対し、ザッカ―バーグ氏はAIの将来について楽観視し、"In the next five to 10 years, AI is going to deliver so many improvements in the quality of our lives.(今後5~10年の間に、AIのおかげで生活の質が多くの面で向上するだろう)" と言っています。

マスク氏の悲観論を批判したザッカーバーグ氏に対し、マスク氏は "His understanding of the subject is limited(彼は分かってないね)" と真っ向から対立。

SF映画のように、AIの発達によってある日、人類が滅ぼされ、世の終わり (doomsday) が来るのでしょうか?
それとも、AIの恩恵を受けながら慎重にAIを進化させることにより人々の暮らしはどんどん良くなっていく、つまりAIのメリットはデメリットを超える (AI's benefits will outweigh its negatives) でしょうか?

私が後者を支持してマスク氏から
"Your understanding of the subject is limited!"
と批判されても言い返す言葉がありません。マスク氏のビジョンには心から感心しています。でも、このトピックに限って言うと、
"I am optimistic. I think you can build things and the world gets better."
というザッカーバーグ氏の言葉を信じたいと思います。

2017年8月7日

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!