HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第134回 数字に強くなるために その6 「0の読み方」

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第134回 数字に強くなるために その6 「0の読み方」

皆さん、こんにちは。充実したゴールデンウイークを過ごされましたか。私は出張が続いていて当コラムを2週連続お休みして申し訳ございませんでした。どこに行っても出張先は快晴でイギリスに戻ると雨、ということが続いていましたが、先週後半からイギリスも快晴続きとなり嬉しいです。

ここ数カ月「数字に強くなるために」と題して通訳現場で数字が出た際になるべくスムーズに訳すための秘訣をお伝えしています。今回は、「0の読み方」を取り上げます。

「0って、単にzeroじゃないの?!」と思われたとすれば、この続きをどうぞお読みください!!

日本語では「れい」と言ったり「ゼロ」と言ったりしますが、英語では確かにふつうはzeroと読みます。ただし発音はzíərou。カタカナの「ゼロ」とはかなり響きが異なります。あえてカタカナで書くと「ズィロゥ」でしょうか。

けれども、住所や電話番号を含め、数字に0が入っているときに "Oh(オー)" または "Owe(オゥ)"と発音することもよくあります。海外のホテルではふつう「朝食券」というのはなく、レストランに入るときに部屋番号を聞かれます。「501号室」に宿泊しているとすれば、英語で何と言いますか? ネイティブならふつうfive oh oneと言うでしょう。もちろんfive zero oneとも言う人もいるでしょうし、five hundred oneでも通じますがネイティブなら言わないと思います。

スポーツの試合などで「10対0で負けた」を英語でいうといかがでしょうか?
We were beaten by ten to zero.
でも通じますが、ネイティブなら試合の得点が0の場合はnilを使います。
→They beat us ten-nil.

また特にイギリスではnought(nɔ́ːt)という言い方もよく聞きます(米語ではnaught)。
例えば、「先月の売上は0.5%増加した」を英語で言うと?

これは、Sales rose by nought point five percent last monthと言えます。
(注:書き言葉ではSales rose by 0.5% last month)
もちろん、zero point five percentとも言えますし、zeroやnoughtを省略して、単にpoint five percentと言うこともできます。ただnoughtという言い方もあることを覚えておくとよいでしょう。

自動車業界の通訳をする人も多いと思いますが、クルマの性能の話で0-100km/h(または 0 - 60mph)の加速度が話題になることもよくあります。時速100km(または時速60マイル)に達するまでに何秒かかったかで性能を比べるのに使われます。この「0-100km/h(または 0 - 60mph)」の読み方ですが、日本語では「ゼロヒャク」または「ゼロヒャッキロ」、英語ではnought to hundred (nought to sixty)。「時速」にあたる部分はふつう省略されます。

余談ですが、皆さんご存知のゲーム「三目並べ」は英語で何と言うでしょう? 3x3の格子に二人が交互に「〇」と「×」を書き込んで先に3つ並べたほうが勝ち、という子供のころ誰でも一度は遊んだゲーム。イギリスの子供も一度ははまります。日本語では「まるぺけ」や「まるばつゲーム」などとも呼ばれるそうですが、英語ではnoughts and crossesと言います。

このような「0の読み方の応用編」は使えなくても理解できると通訳現場で役立つと思います。自分が英訳するときはいつもzeroで通じたとしても、nilやnoughtが聞こえたときにちゃんと理解して訳せますから。

得点の話で使うnilは、今後ラグビーワールドカップやオリンピック通訳でも出ることでしょう。

以上、今週は「数字0の読み方」を取り上げました。少しでも皆様の学びとなれば幸いです。

2018年5月7日

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!