HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第177回 「わずかな額」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第177回 「わずかな額」

chicken feed (わずかな額)

The sum might sound like chicken feed to you, but I have spent some time saving the amount!

わずかな額に聞こえるかもしれませんが、その金額を貯金するのに結構かかったんですよ!)

chicken feedは文字通り訳せば「家禽の飼料」ですが、口語表現では「わずかな額」という意味もあります。小銭、はした金のことです。この表現に私が初めて出会ったにはイギリスの週刊誌The Spectatorの読者投稿欄でした。投書欄は世情を表すトピックであふれています。しかも珍しいフレーズにお目にかかることも少なくありません。英語学習にも大いに役立つことから、私は毎回楽しく読んでいます。

chicken feedは上記のようにsound like chicken feed to ... といった表現の他、for chicken feed(はした金で、ただ同然で)、pay chicken feed(小銭を払う)などの用法もあります。また、お金関連以外にも「つまらないもの(人)」という意味もあります。初めてこの単語が登場したのは1836年だそうです。

さらに辞書を読み進めたところ、「偽情報」との語義もありました。具体的には「政府が自分の使っている二重スパイや他の政府からのスパイにわざと流す誤った情報」を指すそうです。「偽情報」で思い出すのが、最近よく聞かれるfake news(偽ニュース)。ちなみにfakeはジャズ用語で「即興演奏をする」という意味もあるそうです。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。 「放送通訳者・柴原早苗のブログ」 http://sanaeshibahara.blog.
so-net.ne.jp/