HOME > 通訳 > 忙しい人のためのビジネス英語道場 > 第21回〜第25回 > 第22回 あなたはどのタイプですか?

第22回 あなたはどのタイプですか?

 皆さん、こんにちは。ビジネス英語の勉強は進んでいますか?予定通り、納得いく形で成果を実感できている人は今のやり方を続けて頂ければいいのですが、今回はいわゆる「伸び悩んでいる」人について考えていきたいと思います。明らかに勉強していない人は論外ですが、一見勉強しているように見えるのになかなか伸びない人は案外たくさんいます。これまで英語を20年以上、通訳を10年以上教えてきた経験から、いくつかのパターンに分類することができます。

 (1) あちこち浮気型
 このタイプは英語の勉強の仕方やコツに関する情報収集に相当の時間をかけるタイプで、巷で話題のメソッドや教材をいろいろと試してみるが、きちんと最後までやり遂げたことがほとんどないのが特徴です。このタイプの人は英語や英語の勉強は嫌いではありません。新しい英語の勉強方法への関心が人一倍強く、自分が伸びないのは自分に合った勉強方法や教材に出会っていないからだと考えがちです。英語にかける時間は少なくないので、いろいろな勉強方法を試すのをやめて、コツコツと何かを仕上げることに時間を集中させれば成果を上げることができると思います。

 (2) 相談安心型
 このタイプは真面目な性格の方が多く、講師や周りの人間にとにかく頻繁に相談します。いろいろと考え始めると英語の勉強よりも自分の弱点の分析にかなりの時間をかける割には、具体的にどうするのかは自分で決められません。そのため、講師に時間をかけて相談し、相談したことであたかも問題が解決したかのように、安心してしまいます。英語の勉強に関する自分の問題点の話をするのが好きなのですが、折角相談してアドバイスをもらっても、成果が出るまで勉強し続けることが苦手です。このタイプの人も自分の問題点の相談にあまり時間をかけずに、英語の勉強そのものにもっと時間を割くようにすべきだと思います。

 (3) 偏食型
 英語の勉強を細分化し、その中で自分の好きな勉強にだけ時間をかけ、それ以外はほぼ何もしないタイプです。好きな勉強というのは、往々にして自分が得意な分野に関するものが多いため、本来の自分の弱点強化にはつながりません。リーディング、ライティング、スピーキング、リスニング力のバランスが悪いのが特徴です。例えば発音はきれいだが、ライティングが弱いとか、かなり細かい文法知識があるがスピーキング力が低い。音の聞き取りはできてもリーディングの理解が不安定等いろいろなケースがあります。自分がやりたい勉強ではなく、自分が今一番やらないといけない勉強は何かを見極めて、そこに一番時間を使うようにしてください。

 (4) 思い込み愚直型
 このタイプも(2)同様、真面目で几帳面な人が多く、勉強の質や効率よりも形式にこだわるタイプです。例えば、調べたことを几帳面にノートに決まった形式で書き出すことに時間をかけたり、単語を覚える前には全て単語の発音記号や例文を調べたりというように、決めた形式に従って、勉強を進めていくことに達成感を感じるタイプです。いったん決めた方法にできるだけ忠実に従おうとするあまり、一つ一つの作業に非常に時間がかかります。全て同じやり方で進めないといけないと思い込まずに、その時の勉強の目的を明確にし、それを達成するために最低限何をすればいいのかを明確にし、臨機応変に勉強方法を変える必要があります。

 (5) アバウト型
 (4)と対照的なタイプで、多くのことにおいて詰めが甘く、"大体わかる"または"何となくできる"ことが基準になっているため、自分ができないところができるようになるまで課題を潰す努力はあまりしません。その結果同じような間違いを繰り返し、今のレベルからなかなか上達しません。趣味で英会話をするというのであれば全く問題ありませんが、ビジネス英語スキルを上げていきたいのであれば、何ができなくて、どうすればいいのかを意識し、それを実行していく必要があります。

 人によっては(1)~(5)の複合型の場合もありますが、伸び悩んでいる方の多くが上記のどれかに当てはまります。共通の解決方法としては、今の自分に必要なスキルは何か、そのスキルを得るために何をすればいいのかを常に意識することが重要です。英語に時間を割いている割には伸び悩んでいると感じている方、勉強時間を増やすだけはなく、勉強の質を上げるためにも自分がどのタイプに当てはまるのかを考えてみてください。


忙しい人のためのビジネス英語道場


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
大阪大学卒業後、オーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律を中心としたビジネス通訳として商談、セミナー等幅広い分野で活躍中。一方、予備校、通訳学校、大学でビジネス英語や通訳を20年以上教えてきのキャリアを持つ。2006 年にAccent on Communicationを設立し、通訳訓練法を使ったビジネス英語講座、TOEIC講座、通訳者養成講座を提供している。