HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第171回 「驚くべき事実がある」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第171回 「驚くべき事実がある」

have a sting in the tail 驚くべき事実がある

Although I didn't like that author before, I have found out that her stories have a sting in the tail. Now I am a great fan of her novels.

(昔はあの作家が好きではなかったのですが、ストーリーに驚くべき事実があることを知りました。今は彼女の作品の大ファンですね。)

a sting in the tail(驚くべき事実、辛辣な結末)はイギリスの略式表現です。「驚くべき事実」とは言え、どちらかと言えばあまり愉快でない結末が示唆されています。上記例文は「そうした辛辣さがあるからこそ、その作家のファンになった」という様子を描いています。

stingはハチなどの針や植物のとげを意味する名詞です。また、動詞としての用法もあり、ハチやサソリなどが「刺す」という意味になります。ただし、蚊やヘビの場合はbiteを使います。こうした違いも学習者向け英和辞典に詳しく出ていますので、ぜひ身近な単語ほど調べ直すことをお勧めします。

ところで1973年に公開された映画The Sting(ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンが主演)は邦題も「スティング」ですが、このstingは俗語で「高値をふっかける」という意味です。スコット・ジョプリンの曲The Entertainerで有名になった作品です。一方、イギリスのロックバンドThe Policeのボーカルを務めたStingの本名はGordon Matthew Thomas Sumner。若いころ、ハチを連想させる黒と黄色の上着を着ていたことからStingという名前が付いたのだそうです。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。