INTERPRETATION

第170回 「大喜びして」

柴原早苗

すぐ使える英語表現

like a dog with two tails 大喜びして

Since she was qualified to enter the tournament, she was like a dog with two tails..

(彼女はトーナメントの出場資格を得たため、大喜びしていました。)

今年の干支は戌ですので、今回はイヌが出てくる英語表現です。「大喜びして」は英語でlike a dog with two tailsと言います。イヌはうれしいことがあれば尻尾を振りますが、尻尾が2本あれば喜びの感情も2倍になりますよね。そのようなニュアンスです。

ただ、辞書でdogを引くと、むしろマイナス感漂う表現が多く見受けられます。たとえばrain cats and dogsは「土砂降り」、dog’s dinnerは「めちゃくちゃ」、dog eat dogは「私利私欲の戦い」です。電子辞書の成句検索でdogを入れると大量に出てきます。

ところでオンラインのOxford Learner’s Dictionariesでdogを入力したところ、南アフリカ英語も出てきました。be in the dogboxはbe in the doghouseと同義で、「非難の的になって」という意味です。世界にはたくさんのローカル英語があることに気づかされます。

Written by

記事を書いた人

柴原早苗

放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。

END