HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第40回 類語をまとめて覚えよう! その1 「上がる」

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第40回 類語をまとめて覚えよう! その1 「上がる」

ビジネスや経済の話では数字が欠かせません。通訳では数字が出るとまずは「ビクッ」とする通訳者も多いと思いますが(私もです!)、大切なのはその数字がどういうニュアンスで用いられているのか、その数字が「大きい」のか「小さい」のか、「増加している」のか「減少している」のかなど数字がもたらす意味を訳出すること。そこで、これから5回にわたり数字に関連して使われる用語を取り上げます。まず第1回目は「上がる」のニュアンスで使われる語を見てみましょう。

「上がる/増える」という意味の日本語だといくつ思い浮かびますか?
文脈やニュアンスにより以下のような類語があります。
• 増加
• 上昇
• 増大
• 伸びる
• 高まる
• 引き上げる
• 上向く
• 増量
• 増額
• 拡大
• 急騰
• 暴騰

では英語ではどうでしょう? 
• increase: 最も一般的。給料や価格、速度、重量など色々な場合に使える。動詞・名詞ではアクセントの位置が異なる。on the increase(増加中)もよく使われる。
• rise: ~率、料金、売り上げなどの数量が上がる。自動詞なので「(値段を)上げる」というときはraise. これもon the rise(上昇中)という表現あり。
• gain:(体重)が増える(put onとも)、(速度や価値)を上げる、というときに使う。日常会話ならI've put on 3 kg(3キロ増えちゃった)、ビジネスではThe company's shares gained 12 percent(その企業の株価は12%上がった)など。
• grow: (経済)が成長する、(企業)を拡大させる、等の文脈で使われる。動詞のみ。名詞はgrowth。
• enlarge:形を大きくすること。拡大する。例:enlarge three times(3倍に拡大する)
• snowball: 日本語では「雪だるま式に増える」と言いますが、英語ではsnowmanではなくてsnowball(雪玉)で同じ意味になるのがおもしろいですね。急速に増える/拡大する。この意味では動詞のみ。ちなみに「雪合戦」はa snowball fight。
• surge: 急上昇・急増・急騰。ふつうは名詞用法のみ。数字以外にもa surge of excitement/ love のように「感情が急に高まること」やa surge of orders(注文殺到)などの文脈でも使われる。
• multiply もともと「掛け算をする」という意味なので、「急激に(ねずみ算式に)増える」。ちなみに算数の3x4はmultiply 3 by 4という。参照:quadruple(4倍に増加する), triple(3倍に増加する), double(倍増する)
• soar: (価格・温度・コストなど)が急上昇・急騰する。ふつうは動詞用法のみ。
• inflate: 利益の水増しや支出の増大など会計関連や、価格のつり上げや通貨の暴騰にも使われる。動詞のみ。名詞はinflation。(第一回参照)
• appreciate: (価値や値段、相場)が上がる。Yen appreciated 10 % against the dollar(円の価値がドルに対して10%上がった)
• mounting: 名詞を修飾して「増える一方の、かさむ、高まる」の意で使う。mounting costs/debts(かさむ費用/負債)など。

たくさんありますね! 他にもaccrue, swell, skyrocketなど色々あります。ニュアンスや用法の違いはあれ、上記の表現すべて、逐次通訳のメモなら右上がりの矢印で表せます。矢印の角度を調整することで、上昇が急なのか緩やかなのかも一瞬で記せますね。

以上、「上がる・増える」という意味の類語を紹介しました。次は、その反対語「下がる・減る」の類語を紹介します。



ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!