HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第83回 OED辞書入りを果たせる新語とは?

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第83回 OED辞書入りを果たせる新語とは?

皆さん、こんにちは。2月も終わりに近づき、だんだん日が長くなるのを実感できるようになりました。日照時間が長くなると春も遠くないなと少しうきうきします。

ところで私はニュース翻訳者としてまずはこの業界に入りましたが、会議通訳・出版翻訳・大学講師の3本立てとなって早10年になります。ここ数年は通訳が中心で翻訳をほとんどしていなかったのですが、年末から久しぶりに辞書翻訳をしました。Oxford Essential Dictionaryというコンパクトな辞書をパートナー翻訳者と二人で互いの翻訳をチェックしながら丸一冊を訳し終えたところです。1つ1つの単語の定義を読みながら適切な訳語を1つずつ入れていくのは、ふだんやっている同時通訳とはまったく異なるスキルが必要となる大変地味な作業です。でも、単語1つ1つに正面から向き合い、「なるほど、つまりこういうことね」と訳語を入れていくのはなかなか楽しい側面もあります。

単語の定義はlexicographers(辞書編纂者)と呼ばれる言葉の専門家が担当しますが、lexicographersには「新語を選ぶ」という大事な任務もあります。日本語でも英語でも(きっと他の言語でも)毎年新しい言葉がどんどん生まれていますが、いわゆる「流行語」というのはふつう辞書の仲間入りはしません。ある程度定着して今後も使われると判断される場合にやっと「辞書入り」を果たします。Oxford Essential Dictionaryでは見出し語 "friend" にa person who you communicate with on a social networking websiteという新たな定義が加えられたり、hashtagやFacebookなどのSNS用語、tabletやsmartphoneなど今ではすっかり定着した「新製品」などロングマン英和辞典の編纂をしていた2005年ごろには使われていなかった用語がたくさん入っていて新鮮さを感じました。

では、具体的にどんな言葉が「辞書入り」して、どんな言葉はそれを果たせないのでしょう。

皆さんお馴染みの "Brexit" は、昨年末にめでたくOxford English Dictionary (OED)入りを果たしました! これは、皆さん納得でしょう。定義はthe (proposed) withdrawal of the United Kingdom from the European Union, and the political process associated with it. Sometimes used specifically with reference to the referendum held in the UK on 23rd June 2016, in which a majority of voters favoured withdrawal from the EU。「イギリスのEU離脱」に加え、「それに伴う政治的なプロセス」、また「昨年6月23日の国民投票」も指す場合がある、ということですね。

Brexit国民投票の直後にはBregret, Bremorse, BrexSickのような新語も生まれましたが(第52回参照)、これらの言葉はBrexitに比べると使用頻度がずっと低く、今後使われる可能性も低いと考えられるため、OED入りを果たしていません。

ではGrexitはどうでしょう? これはGreeceとExitを合わせた造語で2010年の欧州ソブリン危機の頃に生まれた言葉ですが、2012年ドラギECB総裁による「do whatever it takes(ユーロ圏を守るためにはどんな手段でもとる)」という名言の後いったん落ち着いたものの、その後も何度か騒ぎになったかと思えば沈静化しました(Brexitと同じくExitとの造語ですが、ここでは「ユーロ圏からの離脱」であり通貨は変わらないBrexitの「EU離脱」とは意味が違うので要注意です)。このGrexitという言葉は2012年にOED入りが検討されたときは却下されたものの、2016年にやっと新語として認められました。年明けにまた話題になっているので、当然辞書入りを果たして正解だったと言えるでしょう。

今年はFrexitやNexit、Italeave、Auxit/Oexit(それぞれフランス、オランダ、イタリア、オーストリアのEU離脱)の可能性も懸念される中、政治の動きとは別にどれが辞書入りを果たすのかも興味深いところです(そんなことを気にしている人はあまりいないと思いますが...)。

ところで今回OED入りを果たした言葉には、なんとtakoyakiとtonkatsu sauceが含まれます! 以前から、sushiやsashimi、tsunamiなどという日本語発祥の言葉は含まれていましたが、「たこ焼き」や「とんかつソース」がOED入りを果たしたなんて日本人としてはなんだか誇らしく思ってしまいます♪ これを機会に地元でも手に入りやすくなることを願います。

2017年2月27日

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!