INTERPRETATION

第16回 Trash

木内裕也

Bazinga!

 Trashは「ごみ」を意味します。しかしこれを動詞で使うことができます。もちろん「捨てる」という意味で、I trashed my computer.はコンピューターを捨てた、になります。しかし、それだけではなく、Trash the environmentとすれば、環境に悪影響を与える、という意味です。また、They trashed the room.であれば、パーティーなどをして室内を汚したという意味。Trash-talkというのは、悪口のことです。They were trash-talking each other.であれば、よくプロレスの選手が試合前の会見場でお互いに「自分のほうが実力が上で、相手の選手は弱みがたくさんある」と批判しあいます。そのような状況を指します。

 ところで、Garbageも「ごみ」ですが、Trashとの違いもあります。Trashは一般的に生ごみを含みません。したがって、紙くずなどの一般的な乾いたごみがTrash。Garbageは野菜の端切れなども入ります。私が住んでいるミシガン州の片田舎では、ごみの収集は週に1度。それもごみの区別はありません。環境に気をつけている人は、リサイクルごみとして別容器に新聞紙や缶などを出していることもありますが、あまり人数は多くありません。それよりも、すべてのごみ(ダンボールから、壊れた椅子、生ごみなど)をまとめて大きなプラスチックの容器に入れ、道端に出すだけです。

Written by

記事を書いた人

木内裕也

フリーランス会議・放送通訳者。長野オリンピックでの語学ボランティア経験をきっかけに通訳者を目指す。大学2年次に同時通訳デビュー、卒業後はフリーランス会議・放送通訳者として活躍。上智大学にて通訳講座の教鞭を執った後、ミシガン州立大学(MSU)にて研究の傍らMSU学部レベルの授業を担当、2009年5月に博士号を取得。翻訳書籍に、「24時間全部幸福にしよう」、「今日を始める160の名言」、「組織を救うモティベイター・マネジメント」、「マイ・ドリーム- バラク・オバマ自伝」がある。アメリカサッカープロリーグ審判員、救急救命士資格保持。

END