HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第35回 Buzzwords 第4弾

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第35回 Buzzwords 第4弾

皆さん、こんにちは。今週は、再びイギリスからお届けしています。3月に入り、日照時間はかなり長くなったものの、まだまだ寒い毎日。昨日は牡丹雪が舞い散る中を通勤しました。

さて、先月からバズワードと呼ばれる表現をお届けしています。今回紹介するバズワードは、pre-prepare, face time, insourceの3つです。バズワードの説明は第32回をご参照ください。

1. pre-prepare: 第33回で紹介したpre-planと同様、prepareには既に「前もって」という意味が含まれているので「事前に」という意味の接頭辞pre-を付けるのは不要であり誤りだと主張する人がいる一方、「事前に」の意味を強調してpre-prepareと重要そうに語る人もいます。日本語の「準備」も事前に行うものだから「事前に準備する」という表現は冗語だと言う人もいれば、問題なしとして使う人もいるのに似ているのではないでしょうか。Pre-prepared frozen meals(調理済みの冷凍食品)のように料理について使われることも多いようです。

2. face time:これは第8回でも紹介しましたが、iPhoneのビデオ通話機能FaceTimeと混同しないようにしましょう。iPhoneでのチャットと関係ないところでface timeという言葉が使われたら、それは「対面時間」のこと。最近では同じオフィスで働く同僚にも連絡方法はメールのみで実際に話すことがない、という職場環境が増えているようです。だからこそ、メールでも電話でもなく実際に会って話をするface timeは有意義な時間といえるのでしょうね。
I hope to get more face time with my boss.
上司と会って話す時間がもっとあればいいなと思う。

3. insource: 「外部委託/外注をする」という意味のoutsourceは皆さんご存知だと思いますが、ではinsourceとはどういう意味でしょう? これは「(外注するのではなく)組織内・社内の人に頼む」という意味です。
The company A plans to insource software projects.
A社はソフトウェア・プロジェクトを社内で受け持つ予定だ。

以上、今回はpre-prepare, face time, insourceという3つのバズワードを紹介しました。お役に立てば幸いです。



ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!